しーちゃん さん プロフィール

  •  
しーちゃんさん: 今話題のテーマを自己流解説
ハンドル名しーちゃん さん
ブログタイトル今話題のテーマを自己流解説
ブログURLhttp://trenddoit.blog.fc2.com/
サイト紹介文今世間で話題になっているテーマや事件を自己流に解説する。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供69回 / 87日(平均5.6回/週) - 参加 2017/05/26 14:23

しーちゃん さんのブログ記事

  • 内閣改造で「お友達内閣」と言われた各閣僚はどうなった?
  • 「お友達内閣」と言われていた各閣僚は、今回の改造でどうなったのだろうか?スポンサーリンク稲田朋美防衛相  南スーダン国連平和維持活動(PKO)の日報問題の「監督責任」をとり、改造直前の7月末に辞任し、今回の人事で閣僚に起用されることはなく、党要職にも入らなかった。萩生田光一官房副長官  首相の側近中の側近ポストを歴任してきたが、学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐる問題で関与が取りざたされる中 [続きを読む]
  • あの斉藤由貴に不倫疑惑報道、文春砲がまたもさく裂 尾崎豊
  • 女優の斉藤由貴(50)に不倫疑惑が持ち上がった。報道したのは文春砲。スポンサーリンクそれによると、 相手は斉藤と同じ横浜市在住の50代開業医・A氏。斉藤には、夫と3人の子供がいるが、A氏にも妻子がいる。斉藤とA氏は平日の日中、A氏のクリニックの昼休み時間に、それぞれの自宅とは別の賃貸マンションの一室で逢瀬を重ねていた、という。斉藤由貴と言えば、「スケバン刑事」の麻宮サキ役で大ブレイクし、今も同じくらい再 [続きを読む]
  • FNNが入手した音声データが語る「森友学園8億円値引き」の真実
  • FNNは、2016年5月中旬から下旬に、籠池容疑者側と近畿財務局の担当者で交わされたやりとりの音声データを入手した。それによると、8億円値引きしてたのではなく、無償譲渡+実際のゴミの処分費が売買価格だったってことになる。スポンサーリンクこれが真実であるならば、明らかに近畿財務局員の背任行為であるが、検察はすでに財務省幹部7名への告発状を受理していて、慎重に捜査しているとのこと。同時に、国会での佐川元理財局 [続きを読む]
  • 蓮舫氏、稲田氏にみる女のケジメの付け方
  • 時を同じくして、民進党代表の蓮舫氏が代表を辞任し、稲田防衛大臣が防衛大臣を辞任した。何故か辞任後のインタビューに答えている二人の姿は、今までの小難しい顔と違い、笑顔まで見せるほどくつろいで見えた。その姿を見て、今までさぞかしつらかったのだろうとご推察申し上げる。スポンサーリンク蓮舫氏は野田幹事長に、稲田氏は安倍総理に、それぞれ支えられてきたが、どちらもお家の事情でそれが出来なくなり、辞任となってし [続きを読む]
  • 稲田氏辞任で安倍首相「国民におわび」 任命責任は認めるも
  • 南スーダンの国連平和維持活動(PKO)の日報問題をめぐり、安倍総理は、稲田朋美防衛相からの辞表を同日受理したことを明らかにし、「閣僚が辞任することになったことについて、国民の皆様に心からおわび申し上げたい」と謝罪した。スポンサーリンク安倍政権での閣僚辞任は何度目だろうか?総理は「稲田大臣から『日報をめぐる問題について、自らの責任において特別防衛監察を行い、全容解明を行ったうえで、再発防止策を講ずる [続きを読む]
  • ジャニーズ長瀬智也、錦戸亮、山下智久主演ドラマの視聴率
  • スポンサーリンクジャニーズの長瀬智也、錦戸亮、山下智久の主演ドラマがスタートした。気になる視聴率だが、長瀬主演の「ごめん、愛している」は初回9.8%、2話10.3%錦戸主演の「ウチの夫は仕事が出来ない」は初回11.3%、2話9.1%山下主演の「コードブルー」は初回16.3%であった。視聴率で見る限り、「コードブルー」の一人勝ちである。芸能評論家の分析では、「ごめん、愛している」の視聴率がイマイチな [続きを読む]
  • 火災保険の見直しをして激変する自然災害から身を守ろう
  • 東京で大粒のひょうが降った。一体、日本の天候はどうなったんだ。各地で豪雨による被害が後を絶たないが、こういった被害に火災保険は対応してくれるのだろうか?スポンサーリンク一生懸命調べてみた。ひょうによる被害も火災保険で補償されることがわかった。但し、10年以上前の火災保険には条件が付くこともわかった。以下、簡単に説明していく。最初に火災保険の補償内容について。火災保険だから火災以外の損害には保険金が [続きを読む]
  • 今日の閉会中審査会は何だったんだろう?
  • 何とも歯がゆい審査会であった。全くもって新しい事実は発見出来なかった。スポンサーリンクそれもその筈、野党議員は前川氏の証言を頼りに萩生田副長官等を追及するもんだから、以前と同じ答弁で済ますことが出来てしまう。前川氏も既に語り尽くした話ししか披露することが出来ず、逆に与党議員からの標的にされてしまった。それにしても衆議院での民進党の質問者は酷かった。特に福島氏の次に質問に立った議員はテレビカメラを意 [続きを読む]
  • 安倍内閣の支持率が続落 第2次安倍政権発足以来最低
  • 安倍政権の支持率低下が止まらない。NNNが7〜9日に行った世論調査・安倍内閣を支持する   31.9%(前回より7.9ポイント下落)・安倍内閣を支持しない  49.2%(前回より7.4ポイント増加)読売新聞社が7〜9日に行った世論調査・安倍内閣を支持する   36.0%(前回より13ポイント下落)・安倍内閣を支持しない  52.0%(前回より11ポイント増加)この2か月で支持率が25ポイントもの大幅 [続きを読む]
  • 自民党の要職候補の甘利氏が犯した罪
  • 来る自民党の改造人事で甘利氏の復帰が囁かれている。甘利氏と言えばTPP担当大臣を贈収賄疑惑で辞任に追い込まれた人物である。同時に安倍総理に近い人物としても知れ渡っていて、先日の都議選の開票日の夜、フレンチレストランで安倍総理を囲んだメンバーの一人でもある。スポンサーリンクまだ記憶に新しいと思うが、甘利氏は贈収賄疑惑が持ち上げるや否や、暫くして大臣を辞任し、説明責任を果たさず病院に入院してしまった。そ [続きを読む]
  • 安倍政権は総論と各論のミスマッチ政権
  • 国民の皆様に丁寧に説明していく、安倍総理はことあるごとにこの言葉を使う。但し、残念ながら今のところこの約束は果たされてない。スポンサーリンク国民の多くは、この言葉がその場しのぎの言葉であることに気づいてしまった。特に、森友問題、加計問題の疑惑について誠実に答えてはいない。菅官房長官にいたっては、問題ないといった相変わらず紋切り型の答弁を繰り返している。とてもどなたかが言っている丁寧な説明から真逆の [続きを読む]
  • 案外脆い安倍政権 都議会議員選挙の結果 逢沢一郎衆議院議員
  • 安倍自民党の脆さが露呈した都議会議員選挙であった。公明党の選挙協力と都民ファーストの会のような受け皿が出来れば、今の自民党はこんなものであろう。このブログで再三書いてきたが、安倍政権を支持している理由の最も多いのが、他に適当な人がいないからであった。他に適当な人が出てくれば、簡単に沈没する船であった。スポンサーリンクそれにしても、安倍総理の姿勢は、選挙結果を謙虚に受け止め改めるとか口ではいいながら [続きを読む]
  • 都議会選挙が目前に迫り 小池都知事の知事選挙を振り返る
  • 都知事選での小池百合子都知事の公約は3つあった。まず最初に、都議会の「冒頭解散」が物議を呼んだ。物理的には出来もしないことを公約にあげて、何を考えているのかと批評されていましたが、そこは、それだけの覚悟を持ってやるという決意の表れとして、私は評価した。スポンサーリンク2番目の「ブラックボックス」、3番目の「舛添問題」しかり、今の自民党都議会、否自民党にはうんざりしている都民がほとんどだと思う。都議 [続きを読む]