こおり さん プロフィール

  •  
こおりさん: ぼっちの大学生活記
ハンドル名こおり さん
ブログタイトルぼっちの大学生活記
ブログURLhttp://universolo.seesaa.net/
サイト紹介文発達障害(吃音、場面緘黙症、回避性人格障害)でぼっちを余儀なくされた大学生の日常ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 23日(平均4.9回/週) - 参加 2017/05/26 22:45

こおり さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 中間テスト
  • 先日、大学に入って初めての定期テストがあった。教科は数学2つと化学、生物の4つ。 ?結果は…はっきり言って悪い。数学が63点と40点、化学が53点。生物はまだ返ってきてないけど半分ぐらいだと思う。 ?大学では総合点で6割取れていないと単位が取れないため、テストで言えば60点がボーダーラインになる。?40点だった数学は何とかレポートで補完できればいいけど… ?実を言うと数学も理科も元々得意じゃない。最初のテスト [続きを読む]
  • サークルの規則について
  • サークルに入って間もなく、サークルでのマナーや規則についてのプリントが配られた。それにはこんなことが書かれていた。 【車でのマナー】・ドライバーが出来ないことはしてはいけない→携帯とか飲食とかかな ・乗り降りの際には「お願いします」「ありがとうございました」をしっかり言う→これは厳しい…周りの流れに乗って言えるかどうか ・先輩の車はタクシーではないので同学年だけで盛り上がらず、先輩も交えて話すよう [続きを読む]
  • サークル入部を決意
  • 合宿が終わり、バスで大学まで帰る。行きは隣にいた人もいなくなり、ほとんどの人が2人組で座っている中、自分は1人で座席に座っていた。精一杯頑張ったはずなのにこれが現実か。悲しいな。そんな事を考えてるうちに眠気に襲われて一眠り。帰りはあっという間だった。 入部届は確かにここにある。これさえ出せばもうサークルの一員になれる。せっかく手にしたチャンスを無駄にするのは良くない。限界になったらいつでも辞めればい [続きを読む]
  • ぼっち新歓合宿 その4
  • 2日目。目が覚めた瞬間、昨日のことを思い出して動悸が出始めた。まぁそのせいで二度寝しなくて済んだけども最悪の寝覚めだ。 ?周りはまだ誰も起きていない。みんなに合わせて起きたいからそれまで寝たふりしてよう。 ?約20分後、部屋の外から先輩が起こしに来た。すぐに全員起床して先輩に「おはようございます」とあいさつをする。なんかこういうのは寮みたいで苦手。 ?着替えて朝食前に朝トレーニングをやるらしいので外へ [続きを読む]
  • ぼっち新歓合宿 その3
  • 午後3時半。スキーを終え、全員レストハウスの前に集合した。 ?部長「お疲れ様でーす!」 ?全員「お疲れ様です!」 ?部長「この後は滑りたい人はまだ滑っていいです。もう疲れたって人はホテルに戻ります。1年生は必ず上級生と一緒に滑ってください!」 ?全員「はい!」  ?出来るならまだ滑りたかったけど『上級生と一緒に』と言われた瞬間仕方なく諦める。決めらてないグループじゃどっかのグループに紛れ込めそうもないし [続きを読む]
  • ぼっち新歓合宿 その2
  • 合宿当日 ?自転車に乗って集合場所の学校まで荷物を持っていく。着替えにスキーブーツにストック。さすがに板までは持って行けない。家から学校までは下り坂とはいえだいぶ重かった。 ?先輩は全部車で持ってきてるようだった。自分も早く免許取って車欲しいな。親は「大学生で車持つとかありえない!」とか言ってるけど。 ?バスに乗り、目的地のスキー場を目指す。隣の人は通路を挟んで向かい側の友達と話していたようで、あま [続きを読む]
  • ぼっち新歓合宿 その1
  • このスキーサークルではガイダンスの期間中、入部届を出す前に新歓合宿をやるらしい。 ?合宿に行くと決断にするまでにはかなり悩んだ。 ?自分のようなコミュ障陰キャがリア充、それも見ず知らずの人たちに囲まれて2日間合宿に耐えられるのか? ?たとえ耐えられなかったとしても、一度参加してしまえばもう逃げ場はない。やめといた方が身のためだ。 ?いや待て。自分は何のためにスキーサークルに来たんだ?これからサーク [続きを読む]
  • サークルのガイダンスへ
  • 高校の時から大学でのサークルは何に入ろうか決めていた。 小さい頃から大好きなスポーツだったスキーのサークル。() ?というのも、小さい頃はよく父親と2人で日帰りスキーに連れて行ってもらったが、大きくなるに連れて年に1回家族旅行で行くしか滑る機会がなくなったので、スキーやりたい欲求が溜まりまくっていた。 真っ白なゲレンデを風をきって滑り降りる爽快感は最高。 ?もう一つの選択肢として自転車のサークルに入 [続きを読む]
  • 家族について
  • 家族の話が出てきたのでここらで僕の家族について紹介します。?うちは両親と妹、自分の計4人家族。 ?父親 ?一言で言えばめっちゃ優しい。一度も怒ったことはないし、とても穏やかな性格。でも少し空気を読まないところがあって母親に怒られることがある。日曜日は毎週趣味のラジコンに行くため家にいない。 ?母親 ?外では周りに明るく優しく振る舞っているが、家では自己中心的な性格。 ?パートで嫌な事があると自分に [続きを読む]
  • 入学式当日
  • 入学式の会場で親と1週間ぶりに再会。1週間も親と離れるなんて初めての経験なので急に安心感が湧いてきた。 自分「久しぶり」?母「ネクタイもっとちゃんと締めなきゃダメじゃん」 いきなりスーツの着方に指摘を受ける。?家でよく確認したはずだったのに締まってなかった。ていうかネクタイの締め方ってなんであんな複雑なの。 ?自分「このベルト1番奥にしても緩くてダメなんだけど」?母「嘘?ウエスト細すぎんだよ」?父「 [続きを読む]
  • 大学入学、そして一人暮らし
  • 場面緘黙症が治っていなかったと気づいてからしばらく鬱モードに。それでもこれから始まる新生活に胸を膨らませるうちに立ち直りつつあった。 ?現地へ出向き1人暮らし用の物件を探す。正直部屋の内装にはあまり興味がなく、安くて町中でさえなければどこでもいいと思っていた。町中だと『朝起きて窓の外を見る→建物しか見えない→朝から気分が沈む』ってなりそうだから何気に場所は重要。 ?そして見つけたのが家賃2.3万、8畳 [続きを読む]
  • 高校卒業頃
  • 合格発表も終わり、大学入学まで残り1カ月を切った。 ?気づけば高校へ行くのは卒業式の前日と当日の2日だけ。毎日同じことの繰り返しで退屈だった高校生活がようやく終わりを告げる。そう思うと清々しい気分。 ?卒業式当日。約1ヶ月半ぶりの登校。この延々と続く田んぼ道の通学路を走るのも今日で最後になる。 ?家から高校までは自転車で片道14km。往復28km。3年間雨の日も風の日も、雪の日も猛暑の日も、ただひたすらにペダ [続きを読む]
  • 高校時代
  • 高1。長い長いぼっち生活の幕開け ?無事第一志望校に入学し、新しい友達が出来ることを期待していた。 ?中学校であれだけ友達いたんだから高校でもすぐ友達出来るだろう。 ?自分と同じ中学校から進学したのは女子たった一人(Mさん)。家が近所なので小学生の時は一緒の班で登校していた。しかし中学校では三年間とも別クラスで繋がりは疎遠に。 ?8クラスあったのでMさんとは別のクラスになり、周りは完全に知らない人だらけ… [続きを読む]
  • 中学生時代
  • 中1。不安と期待を胸に入学 ?うちの小学校はバラけることなく全員が同じ中学校に進学することになっており、新しく入る子たちは隣の小学校の約半分だけ。理解者が多いので少し安心だった。 ?クラス分けが決まり、給食や掃除、係を共にする最初の班が決まる。近くの席の人と5人で作る班である。 ?ここで最高の仲間と出会う。 ?メンバーは同じ小学校からの男女1人ずつと、(A君、Bさん)違う小学校からの男女1人ずつ、(C君、D [続きを読む]
  • 幼少〜小学生時代
  • 大学生になったので、これまでの人生を振り返るという意味で半生を綴ります。 ?●幼少期 ?注射をされても、両親と離れても、中々泣かない赤ん坊だったらしい。?(この頃から我慢しやすい性格?) ?●保育園時代 ?場面緘黙症で非常に大人しかった。 ?先生に話しかけられなかったせいで、バス酔いで限界まで我慢してぶっ倒れたり、劇の鑑賞中にトイレに行きたくなって帰り道に漏らすなど、散々な目に合っていた。 ?その時の [続きを読む]
  • 初めまして
  • 初めまして、こおりです。とりあえずこれまでの流れを書いてみる。?現在大学1年生。入学して1か月余り経つが、未だに友達が1人も出来ない。正真正銘のぼっち状態。原因ははっきりしている?コミュ力が幼少期からほとんど成長しないまま大学生になってしまった事。?幼少期から場面緘黙症という障害を持っていて、今は努力の結果、底辺コミュ障までわずかに改善した。 ?しかしもう一つ、人前で声が出にくいという難発性の吃音 [続きを読む]
  • 過去の記事 …