Y さん プロフィール

  •  
Yさん: Yさんのピアノ練習日記
ハンドル名Y さん
ブログタイトルYさんのピアノ練習日記
ブログURLhttp://ypianodiary.blogspot.jp/
サイト紹介文大人になってからピアノ&ウクレレをはじめた初心者日記です。いつかは自分のピアノほしい!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 54日(平均4.7回/週) - 参加 2017/05/27 11:49

Y さんのブログ記事

  • 形から入る
  • 指が痛くてウクレレを弾けず悶々&うずうずしています。そんななかウクレレ教本をパラパラとめくっていると著者紹介の欄で著者がアロハシャツを着てウクレレを構えていました。小さな白黒写真ですが不思議な魅力を感じて見入ってしまいました。この湧き上がってくる不思議な感情はなんだろうとしばらく考えました。この小さな白黒写真に感じた不思議な魅力は三つありました。一つ目は名前です。どうもウクレレ業界では芸名というか [続きを読む]
  • 練習メニューを見直します
  • 「ウクレレ捨ててやる」というエントリで「ピアノ趣味に関して大切な考えが浮かんだ。別の機会に書く」ともったいぶって書きましたが、今回がそのエントリとなります。これはウクレレ発の考え方で「面白くない教材」というエントリともつながってくるものです。バッハを弾くことを目指してピアノを練習していますが、果たしてその目標は正しいのか、という根本的な問題にもなります。私は音楽理論をほとんど知りません。ピアノを弾 [続きを読む]
  • ウクレレなんて捨ててやる!
  • つらいことにウクレレ練習で指を痛めてしまいました。指が痛いのは筋肉痛と思っていまして、筋肉の痛みは数日で緩和するだろうとそのまま練習を続けてました。でも実際には筋肉痛と同時に指関節も痛めていたようで、筋肉痛が回復したら指関節痛だけが残りました。そもそもウクレレはピアノ趣味を補完するための「コード学習機」として買ったものでした。コード勉強が本での座学でなく実践と勉強を兼ねるウクレレは本当に楽しくて、 [続きを読む]
  • 面白くない教材??
  • 今、プレインベンションに飽きてきて、もっとピアノが美しく聞こえる曲、弾いていてピアノが映える曲、例えばキャサリン・ロリンの「ピアノの叙情詩」からどれか易しそうなものなどを弾いてみたいなと思っています。プレ・インベンションはバッハを弾くための導入教材だと思うのですが、率直に言ってプレ・インベンションの曲はいかにも練習曲で面白くないです(おまけにピアノが美しく響く曲とも言えません)。面白くないから他の [続きを読む]
  • 【ウクレレ】アロハ・オエを撮ってみました【動画】
  • ウクレレ曲を撮ってみました。アロハ・オエという曲でハワイではとても有名で「また会える時までさようなら」というお別れの曲だそうです。お手本のYouTube動画の歌を聞くとそれはそれは素晴らしいものでハワイの景色やお別れ情感がファーっと心の中に広がります。本来はお手本動画のように歌なので器楽曲ではないのですが、ウクレレ教本にウクレレソロに編曲されたものがあったので練習をして撮影してみました(歌は音痴すぎて練 [続きを読む]
  • 楽典勉強に暗記カード
  • 右下のはウクレレのコードですコード・楽典勉強の一環として暗記カードを作ることにしました。そんなローテクなことをいまさら…と自分でも思っていたのですが、とても優秀な方が楽典勉強に昔ながらの暗記カードを作っていました。地頭の良い人がやることは自分の方法より優れていることが多いのでそれを見習うことにしました。例えばDだったら比較的なじみのあるCメジャースケールで考えやすく押すべき鍵盤や指のフォーム、レファ [続きを読む]
  • 【動画】プレ・インベンション21番を撮りました
  • プレ・インベンション21を撮影しました。手の甲が痛いのはすっかり治りました。よかったですね。21番は“Schwabisch”という題で、スイスかドイツの地名だそうです。3拍子系で、湖畔の地元舞曲のようです。日本で言えば地方の盆踊り音楽でしょうかね。3拍子で曲調もカラッと明るくて気軽でいいです。曲は短く、プレ・インベンションの中でも難易度は低めだと思います。作曲はJ.C.F バッハです。子だくさんだったバッハの子供のう [続きを読む]
  • ウクレレ消音DIY
  • Leho社製ウクレレ 「レホ太」浮気相手のレホ太くん、ソプラノタイプ(ウクレレは大きさが大中小3種あってソプラノは小型です。音量も小さめです)で音量は大きくないのですが、それでもアコースティック楽器ですからそれなりの音量は出ます。夜の練習では減音をしたほうがよさそうです。弦楽器の消音といえばブリッジ近くにスポンジを挟むタイプや、ずばりサイレントウクレレを買うが定番ですが、とりあえず手近にある素材で消音 [続きを読む]
  • 答えはひとつではない?【楽典】
  • 現在、プレ・インベンション21の譜読みを進めています。指の練習が中心ではありますが、楽典勉強の一環でコード推測もしています。21番はFメジャーキーですから、Fが【I】、B♭が【IV】、Cが【V】になると思います。全部単純に【I→V→I】【I→IV→I】【I→IV→V→I】の形に収まってくれれば簡単なのですが、どうもしっくりこない部分や考えてもわからないところが出てきます(プレ・インベンションは難しい音楽じゃないのに!)。 [続きを読む]
  • 音楽理論でひとつ納得
  • 一見遠回りに見える音楽理論の勉強こそ、最終的には一番の近道、すなわち王道である!と思って楽典勉強に力を入れ始めています。ウクレレも実は浮気ではなくて楽典勉強の一環なのです。さて、先日勉強したのはトニカ、サブドミナント、ドミナントの「連用」です。I(C)とVI(Am)をつなげて一つのトニカとして扱っていいですよ、というものでした。ドミソとラドミで構成音が似ているからIとVIは似た者同士として「連用」されるよ [続きを読む]
  • 憧れの曲 弾くとつまらない曲
  • ピアノを練習していてふと思うことがありますので、思ったままに書いてみます。私はいずれはバッハを弾きたくて、今はその準備段階としてプレ・インベンションをメインの教材としています。バッハを聞いていると、巨大構築物を目にしたときのような圧倒される感覚があります。その感覚が好きだから自分でも弾いてみたいと思ったのです(ベートーヴェンやショパンは指の動きが難しそうなので弾いてみたいと思うこともありません…) [続きを読む]
  • こちらが浮気相手です…
  • ウクレレに浮気をしていると書きましたが、写真が浮気相手でLehoというメーカーの入門ウクレレです。26,000円の中国製です。最初の一本は2万円クラスから外見で選べばよいそうなので、楽器店で見て、色や艶や木材の外見が好みだったのでこのウクレレにしました。素材はマンゴーの木で南国っぽいイメージがしていいですね(果物のにおいはしません)。木の素材感がそのまま目に見えるのが木製のうれしいところです。ちなみに私の電 [続きを読む]
  • 【動画】プレ・インベンション20番を撮りました
  • プレ・インベンション20番を撮影しました。譜読みの開始から撮影まで10日かからないくらいで、動画はテイク4か5で済みました。19番と比べると難易度は低く感じました。この曲を練習している間に手の痛みがほとんどなくなりました。20番はカラッと明るく、リズムもシンプルで、曲調に勢いもあります。遊園地か動物園ではしゃぐ子供のような感じです。途中短調に移りますが、ソフトクリームを落として泣いているくらいの軽さでそれも [続きを読む]
  • ウクレレに浮気しています…
  • 私には楽典の理解が欠けていて、とりわけ和声とスケールが分かっていません。和声進行は音楽の核心部分だとうすうす感じながらも、その核を理解しないままピアノ曲を練習しています。同時に「私はピアノで音楽を弾いているのではなくて、ピアノを弾く動作を猿まねしているだけではないか」と心の底では疑っています。そう疑いながら練習を続けていましたが、やはり楽典の勉強は必要だと思います。楽典の勉強「も」ではなくて、むし [続きを読む]
  • マイピアノが欲しい!(住宅は?)
  • 私の人生の大きな目標の一つに「いつかは本物のマイピアノ」があります。ピアノを買うだけなら自動車と同じくらいの価格なのでそれほど難しいことではないかもしれませんが、ピアノを弾ける環境を用意するのが大変です。ピアノを弾ける環境とは…防音室を備えた住宅です。賃貸なのか持ち家なのか、マンションなのか戸建てなのか、都心なのか郊外なのか。いろいろな組み合わせがあり、未来のライフスタイルの変化を考えれば簡単に決 [続きを読む]
  • ブログを書く理由
  • ブログを始めてから1ヶ月がたちました。最初は続けられるかわかりませんでしたが、三日坊主にはならずに済んでいます。なぜブログを始めたのかというところを書いておきたいと思います。まず第一には日記です。記憶に頼るのではなくログをつけておくこと。あの時はこう思っていた、ここで苦労していた、などを記録しておくと後で振り返った時に成長を感じたり弱点が分かったりします。次に動画です。動画にするくらいに完成度を上 [続きを読む]
  • 練習メニューを忘れないように
  • ピアノへの情熱が高まっていて、好きなことをするだけではなくていろいろな練習メニューに手を広げています。しかし、頭の中で練習を組み立てて日々を過ごしていくうちに自然とおろそかになったり抜けたりする項目が出てきて、いつの間にか練習メニューから外れてしまったりします。そこで毎日少しでもやっておきたいものは紙に書き出して貼っておけばいいと思いつき、さっそく貼りました。ハノン(スケール含む)----------指の体 [続きを読む]
  • 新しいクラビノーバを見てきました
  • ヤマハ・クラビノーバがモデルチェンジをしました。モデルチェンジの目玉は新設計の鍵盤だそうです。よりグランドピアノに感触が近づいたとか。それでもカシオGP-500のような本物の鍵盤を再現したものではなくて、従来のクラビノーバ鍵盤の改良のようです。現在、デジタルピアノの買い替えを考えています。デジピは10年くらい使うものですから自分で納得した機種を選びたいので興味津々です。今のところはカシオGP-500にするつもり [続きを読む]
  • ハイフィンガー奏法と重力奏法
  • ハノンをやりはじめた途端に手が痛くなり、動画で見れば自分のフォームが汚かったりでどういう風に鍵盤を押せばいいのだろうと今になって模索し始めました。もし先生に習っていれば汚いフォームは指摘してもらえることなのですが、独学では改善すべき所に気付くこともできません。私は全部が自己流で、ピアノのフォームは何が標準的なのかというところも知りませんのでネットで調べていたところ、ハイフィンガー奏法と重力奏法とい [続きを読む]
  • 音楽理論が足りないです
  • ハノンを始めてすぐに手の甲に違和感がでたので、今はピアノの練習は控えめにしています。痛みを軽視して症状を重くすると回復に余計に時間がかかり練習できない時間も長くなってしまうので、症状は軽いうちに対処するに限ります。今は手に負担がかからない、ソルフェージュや音楽理論の勉強を取り入れています。私は残念なことに楽典知識がほとんどゼロです。これまで何度も教材を買っては読んでみましたが、実になったことはあり [続きを読む]
  • 【動画】プレ・インベンション19番ですよ
  • 好きになれない、難しいと愚痴ったプレ・インベンション19ですが、動画撮影までどうにかこぎつけました。右手に腱鞘炎(?)の痛みが出て練習がはかどらずに譜読み開始から撮影まで2週間くらいかかりました。動画はこの程度のクオリティでも結構な時間をかけて撮り直しをしました。デュナーミク全般は楽譜通りにできませんでしたが、さっさと動画撮影のアリバイを作って次に進むことにしました。シンコペーション(?)、タイ、ス [続きを読む]
  • 「もう一生ピアノが弾けなくなるんじゃないか」とくよくよ
  • 右手の甲が痛くて満足にピアノ練習ができない日々です。「もう一生ピアノが弾けなくなるんじゃないか」とくよくよしがちです。手が痛いということ以外にも、くよくよしたり、悶々としたり、良くない考えが頭を巡ったりするのが人生というものでして、そういうときには…ビッグマックを食べるコカ・コーラを飲む首都高をグルグル回るとりあえず寝て、朝日を浴びてからもう一度考えるジョギングをするこれらをやっている間に考えがま [続きを読む]
  • 新しいデジピほしい!
  • ピアノ趣味への情熱がだんだんと高まっていて、今のデジタルピアノ(安物です)に不満がある今日このごろです。特に不満なのはペダルと音源とスピーカーの音質です。意外にも、プラスチッキーな鍵盤の材質や、鍵盤タッチにはそれほど不満はありません。材質やタッチは住めば都ですっかり慣れてしまいましたが、音質(音源とスピーカー両方)とペダルは許せなくなってきています。デジタルピアノを買い替えるとしたらだいぶお高いの [続きを読む]
  • アコピを持っている人の風習
  • ピアノを持っている人の間では自分のピアノに名前をつけるという話を聞きました。アコースティックピアノともなると愛着がわいて名前をつけたくなるのだと思います。デジピ族の私には全く想像すら及ばなかった話なので初めて耳にしたときはなるほどと膝を打ちました。なにしろ今のデジタルピアノは「あれ」「これ」「この安物」などと吐き捨てるように呼んでいますし、愛着は皆無です。アコースティックピアノ所有者の方々は「ジャ [続きを読む]
  • くよくよしている時間はありませんよ
  • ハノンを導入したとたんに手の甲が痛くなってしましました。自分では加減して練習をしていたつもりでしたが、実際に手が痛くなったのですから負荷がかかりすぎたのでしょう。ハノンを始めるくらいに情熱が高まっていたので練習ができなくなり生活が味気なくなりました。「永遠に手が痛いままでピアノが弾けなくなるんじゃないか」と悲観的になります。ピアノと防音室のための貯金・節約も全く無意味に思えてきます。これが情熱が低 [続きを読む]