ドンブリはち さん プロフィール

  •  
ドンブリはちさん: はつさぽ 発達障害サポートサイト
ハンドル名ドンブリはち さん
ブログタイトルはつさぽ 発達障害サポートサイト
ブログURLhttp://donburi3hachi.com/
サイト紹介文発達障害っ子&ママがピカッと笑顔になる方法・テク等を惜しみなく紹介しています!管理人もADHDです。
自由文発達障害っ子との毎日が、今までよりもっとラクチンに、楽しくなる方法・テク・裏技などを惜しみなく紹介しています。
どうぞ、ご自由に好きなだけ情報をお持ち帰りくださいね^^
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供44回 / 29日(平均10.6回/週) - 参加 2017/05/27 15:59

ドンブリはち さんのブログ記事

  • 「家事めんどくさい」たまる主婦業を0.5日でラクラクこなせる裏技5選
  • ついつい「やるべき家事がたまる」「家事がめんどくさい」というお悩みはありませんか? ・やらなくてはいけないなぁと思いつつ、放置している作業がいくつもある・少し手をつけてはいつのまにか広告に見入ったりと脱線を繰り返してしまう・いつもだらだらしてしまい、後で結局間に合わなくなり自己嫌悪 「主婦は家事やって当たり前」という暗プレッシャーが重く、評価されることや感謝されることもなく、家事にやりがいが見出せな [続きを読む]
  • 「しつけがなってない親」偏見の目から発達障害を防衛する3つの法則
  • 発達障害のお子さんに対する「偏見の目」や「しつけがなっていない親だと思われる」ことに心を痛められていませんか? ・外で子供が奇声を出して、周りの人が振り返ることがとても気が重い・知らない人に子供の振る舞いを注意されたことが悔しくて、何日も引きずってしまう・公園で奔放に振る舞う我が子を見る、他のママたちのひきつった顔がずっと頭から離れない 発達障害のお子さんとの生活で、理不尽な指摘や、何気ない一言がグ [続きを読む]
  • 「やる気が出ない」たった1日で家事育児に活力を取り戻す5つの方法
  • やるべきことがたくさんあるのに「やる気が出ず」体が動かないことはありませんか? ・ここ数日、だらだら過ごしてしまい、時間を無駄にしている感じがする・何もかもが億劫に感じ、いろいろなことに興味を持ちにくくなった・なんとなく毎日が単調でつまらなく感じる、だるい 何をするにも体が重く、「前はもっと輝いていたのになー」と寝転びながら考えてしまうことってありますよね。 このままやるべきことを片付けられず、時間 [続きを読む]
  • 辛い出来事の乗り越え方!誰でも簡単にメンタル強化できる3つの方法
  • メンタル面が弱く辛い出来事にすぐ落ち込んでしまう、ネガティブに物事を考えてしまいがちというお悩みはありませんか? ・一度沈むと、とても時間がかかり、やっと上向きになってもまたすぐに落ち込んでしまう・「気にしないのが一番」とよく言われるけど、それができない・ささいなことがすぐ気になり、嫌だなぁとずっと考えてしまうので、いつもストレスまみれ 昼間にあった失敗を、夜に何度も思い返して寝付けなくなってしまう [続きを読む]
  • 「健常児親子と疎遠に」孤独や劣等感を3分で粉砕する5つの方法
  • 子供の発達障害がわかり、健常児の親子と疎遠になってしまってつらいというモヤモヤを抱えられていませんか? ・診断が降りたことを伝えると、遊びに誘われることが一切なくなってしまった・かかりつけ医からは「健常児との関わりは大切だから一緒に遊ばせるように」と言われるので、すごく焦っている・保護者会で「子供が療育に通っていること」を伝えてから親子で避けられるようになってしまった 自分は「障害のあるなしを気にせ [続きを読む]
  • 「発達障害とテレビ」あえて活用する効果抜群TV療育の秘訣3選
  • テレビは上手に活用すると、発達障害っ子に効果抜群の療育道具になることをご存知でしたか? ・テレビを見せると会話が一方通行になるので発達の遅れにつながると聞いた・「テレビばかり見せていると情緒が育たないよ!」と小児科で注意されたことがあって気にしている・他の子供とのつき合いもあまりないので、家でテレビをつけなければ自分と2人きりで一日中シーンとしてしまう 家事に集中したいとき、自分の体調が悪いときなど [続きを読む]
  • 「発達障害と便秘」長引く腹痛から子供を解放する5つの方法
  • お子さんの便秘が続き、悩まれていることはありませんか? ・3日出ないということもざらにある・毎度硬くなってしまい、排便の時にお尻が痛いのが嫌で、うんちを我慢してしまうという悪循環・なかなか出ずに浣腸を使っているが、体への影響が心配だ あの手この手で食べるものなど工夫しても、おなかがすっきりしないと、親子で気になってしまいますよね。 発達障害を抱えるお子さんは「偏食があったり、食事量が極端に少なかったり [続きを読む]
  • 「発達障害と偏食」子供の好き嫌いを減らす誰でも簡単な5つの方法
  • 発達障害のお子さんに「強い偏食があり、いつも食事を三角コーナーに捨てる」ことがむなしいと思われていませんか? ・少しでも味がまざるのがだめで、ほとんど同じものしか食べない・好物のカレーでもメーカーを変えると口にしてくれない・食事そのものにあまり意欲がなく、痩せ気味で心配している 時間をかけて作ってみても、あの手この手を工夫しても、一口も食べず、残飯処分するときは、ふとため息が出てしまいますよね。 な [続きを読む]
  • 【発達障害と詐欺】買ってはいけない!3つの商品とその理由
  • 「発達障害に効果がある」サプリメントや検査、民間訓練など高額商品の購入を検討されていませんか? ・知人から「発達障害が治った」というサプリメントを勧められて気になっている・遺伝子検査を受ければ、発達障害の改善方法がすべてわかると聞いた・いつも見ているブログで強く紹介されている健康食品、本当に効果があるのかな? 「子どもの将来に少しでも役に立つなら」と願い、お金をかけたものが実は詐欺だったなんて、本当 [続きを読む]
  • 「子供の多弁・奇声」発達障害っ子の大声を抑えるシンプルな5つの方法
  • 発達障害の「お子さんの多弁や奇声、大声をなんとかしたい」とお悩みではありませんか? ・家にいるときも、一日中奇声をあげている・耳元で大声を出されるのでイライラする・人前に出たときにおしゃべりが加速する、「変な子としていじめられないか」心配 他人の大声や奇声が毎日ずっと聞こえ続けているというのは、かなりのストレスを感じてしまいますよね。また、多弁についても「この先お友だちともうまくやっていけるようにな [続きを読む]
  • 「母も妻もやめたい」窮屈な役割から即効で自由を取り戻す5つの方法
  • 毎日やらなければならないことに追われ続け、「母親も妻もやめたい」と窮屈な気持ちになることはありませんか? ・「〇〇ちゃんママ」「○○さんの奥さん」としか呼ばれなくなり、「自分がなくなったなぁ」とふと感じる時がある・我が子が発達障害を抱えているので、自立の時期が見えてこず、いつまで母親業をやらされるのだろうかと先が暗く感じる・家族を放っておいてテキトーに遊び回っている奥さんを見ると、かなりイラっとす [続きを読む]
  • 完璧主義な自分をフル活用して「イライラを消す」5つの絶対法則
  • 家事や育児が思うように進まずイライラし「完璧主義である自分を治したい」「日常をなんとかしたい」と思われることはありませんか? ・常に何かに追われているような「何かしなきゃもったいない」という焦りがある・子供と遊ぶことですら「発育や療育のタスク」ととらえてしまい、100%の効果が出るような遊び方を求めてしまう・「適当でいいんだよ」と人に言われても「適当にすることや力を抜くことがよくわからない」 家事や育 [続きを読む]
  • 「発達障害の誤診」診断名に納得できない時に取るべき3つの方法
  • 医師から告げられた、お子さんの「発達障害の診断名」に納得がいかず、「誤診ではないだろうか」と戸惑われていませんか? ・子供の様子をちらっと見ただけ、或いは聞き取りだけで、「障害があるのかどうか本当にわかったのだろうか?」納得がいかない・かかりつけ医と診断医の意見が異なるのに、「発達検査の結果だけで判断をされてしまった」ようなモヤモヤが残っている・子供の様子を聞き取りされた時に、「自分の説明の仕方が [続きを読む]
  • 「人を叩く・乱暴する」発達障害っ子の暴力を止める5つの対策
  • 発達障害の特性を持つお子さんが、お友達にしょっちゅう手をあげてしまうことで困ってしまうということはありませんか? ・カッとなってお友だちを噛んでしまうことが何度かあった・きょうだいに対して「貸して」が表現できず、おもちゃを貸してもらないと相手を叩いてしまう・園での生活など、親がついていないところで、友だちを叩いていないか心配になる お子さんがよそのお子さんに手をあげてしまうようになると、園に送り出す [続きを読む]
  • 発達障害っ子が園で仲間はずれに!4つの対策でイジメを撃退するコツ
  • 発達障害やその傾向があるお子さんが、幼稚園や保育園のお友だちの間でどうも仲間はずれにされているようだとお悩みではありませんか? ・「○○くんに話しかけたけど返事がなかった」「○○くんたちのところに行ったらみんな逃げてしまった」などと頻繁にお子さんが言っている・オウム返しや、会話が一方的になりがちでお友だちとコミュニケーションを取れているのか不安になってしまう・本人はさほど落ち込んでいないように [続きを読む]
  • 「うちの子だけできない」 親子教室でツラいママへ贈る3つの裏技テク
  • 「お子さんの発達がゆっくり」であることで新たなコミュニティ(親子遊び、療育など)に親子で参加した時に周囲のお子さんと比べてしまいすごく落ち込んだという経験はありませんか? ・市役所が主催している親子サークルに参加したが「自分の子ばかりが叫んでいてとても悲しかった」・療育プログラムに母子同伴で参加したけれども、自分の子どもは先生の話も聞けずずっとうろうろ、「恥ずかしかった。次回参加するのが憂鬱で [続きを読む]
  • 「親子ぼっちつらい」園庭解放の孤独時間とサヨナラする3つの方法
  • 発達障害のお子さんに、特定の仲良しのお友だちがいないためほかの親子たちの輪に入りづらく、園庭解放の時間が憂鬱だというお悩みはありませんか? ・園庭開放で自分だけいつもぽつんと子供を待っているのが手持ち無沙汰で辛い・ママ友グループは各地既に出来上がっていて、もう自分が入る余地はなく孤独に感じる・子供のために、自分が我慢してでもほかのママとお付き合いをしたほうがいいのかなあ考えるけれど実際にするの [続きを読む]