Hiroo さん プロフィール

  •  
Hirooさん: 我が妻Motokoが生きた足跡
ハンドル名Hiroo さん
ブログタイトル我が妻Motokoが生きた足跡
ブログURLhttp://motokolove.blog.fc2.com/
サイト紹介文妻、「Motoko」の想い出を忘れないよう綴っています
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 76日(平均4.9回/週) - 参加 2017/05/27 16:15

Hiroo さんのブログ記事

  • 闘病Ⅱ ビダーザ投与 2クール目開始
  • 2016年8月1日ビダーザ投与の2クール目が始まりました。ビダーザを続けるという事は、芽球の値を下げるまたは増加を抑えると言う意味であり既に完治は難しいと言う意味ではありますがMotoko的にも、身体のダルさや倦怠感は出るにしても、それ以外は特に痛みもなく、ほぼ普通の人並みに生活出きる意味では、他の病気に比べて幾分かは付き合いながら治療が出来ました。今回も順調にいけば、海の日の連休までに退院・帰宅が出来るから [続きを読む]
  • 旅行 娘 次女と一年前の滝へ
  • 今日25日は、Motokoの7回目の月命日になります。こちらは昨夜の夜中3時に急に大雨が降り出し、窓を急いで窓を閉めました。先日の日曜日に、娘の次女と滝巡りへ行きました。約1年前の2016年8月にMotokoと長女の3人で出掛けた場所になります。隣町で、クルマ約1時間半ほどの場所で「龍頭の滝(りゅうずのたき)」と呼ばれる日本滝100選にも選ばれた場所です。大きな雄滝と小さい雌滝の二つで構成されており、1年前にMotokoは体力 [続きを読む]
  • 闘病Ⅱ ビダーザ 2クール投与前の最後の夏祭り
  • 2016年7月28日Motokoが一時退院中で、翌週にはビダーザの2クルーメの投与のために再入院の予定ですが、輸血をする必要があるため病院へ行って来ました。今回は特に相性による副作用反応もなかったようで良かったと連絡が来ました。7月30日2日間にわたる地元の夏祭りが開催されました。夜には花火大会もあり、前年までは、土・日の2日間に渡って花火が打ち上げられていましたが、今年は土曜日だけとなり、本数は8000発となりまし [続きを読む]
  • 闘病Ⅱ ビダーザ投与 2クール前の一時帰宅
  • 2016年7月27日ビダーザの投与2クール目の前に一時帰宅してMotokoと、2つの用事があり、平日でしたら、僕も休暇申請を出して休みを取りました。1つ目は、高校3年生でした三女の進路指導での三者面談があり、Motokoも体調が割りと良かったので一緒に行きました。学校では3階の教室のため、さすがに階段では体力的に厳しそうなためエレベータを借りて上がりました。学校にも障害者向けとして最近はエレベーターが設置してありま [続きを読む]
  • 旅行 娘 次女と山口へ
  • 先日、夢の中にMotokoが少しだけ出て来てくれた。時間は数秒と短かったが、真っ黒い服が印象で、笑顔いっぱいの顔をしていた。目が覚めた途端に、「夢だったけど、すごくリアルで カラーだったな〜」と鮮明に覚えているほどでした。この間の3連休の日曜日に次女と日帰りで山口は「錦帯橋」へ行って来ました。観光客で混む前にと思い、夜中のうちに自宅を出て橋を渡れる8時前に到着しました。さすがに人も少なくゆっくりと歩けまし [続きを読む]
  • 闘病Ⅱ ビダーザ投与 1クール後の退院・帰宅
  • 2016年7月21日Motokoから血液検査の結果、急遽翌日に一時退院が決まったと連絡がありました。次の週に一度輸血をするために通院する前提のようですが、7月いっぱいは自宅療養をしてから、8月1日にビダーザの2クール目のために病院へ戻る予定になりました。先日までの体調が少し思わしくない様子から退院が週明けになると思っていましたが、前倒しになった事で、娘や長男も喜んでいました。約10日ほどの帰宅ですが、どうやら長女や [続きを読む]
  • 闘病Ⅱ ビダーザ投与 1クール後の経過観察
  • この時期は、週末の休日になると長女と二人で病院へ行き、Motokoと3人で話をしながら1時間〜2時間程度過ごす事が多くありました。2017年7月11日。ビダーザ投与後の観察状態が数日過ぎた頃、I先生より、今週いっぱいは、輸血も含め、体調の様子をみながらで、一時退院はそれからと言われたようで、予想していたよりも1週間ぐらいは長引きそうだと連絡がありました次の2クール目のビダーザの投与時期がほぼ決まっているため、一 [続きを読む]
  • 闘病Ⅱ ビダーザ投与 1クール目
  • 2016年7月ビダーザが投与開始となりましたが、Motokoが前日から微熱が出始めたせいで、病院へ顔を出しても余り元気がなくずっと横になったままでした。点滴で少しは熱が下がっているようですが、気分が優れない状態で少し辛そうでした。それから1週間が経過して、土日を除いて7日連続でビダーザを投薬しましたが、輸血や抑制剤とあわせながら投薬していたためその間、腕にずっと針を刺した状態ですが、今日一時的に外されたよう [続きを読む]
  • 闘病Ⅱ ビダーザ投与が開始
  • 2016年6月入院したものの、血液検査の値が思わしくないため先にMotoko用の血小板の輸血をしてから治療になったのですが、翌日の夕方に改めてMotokoから「特別仕様の血小板が翌日には届く事に 早まったから、ビダーザもその日の 輸血後にすぐ投与する事になったよ」と。前日に聞いてたより、2日以上早かったおかげで当初予定と比べると1日遅れぐらいで投与される事になり、Motokoも安心した様子でした。6月29日。前日の連絡にあ [続きを読む]
  • 闘病Ⅱ ビダーザ投与スケジュール
  • 2016年6月27日。勤務先での慌しい期末の中でしたが、入院するため休暇を取り、午前中から長女も一緒に病院へ同行しました。入院手続きや荷物を運び込んだりして11時には一通りが片付きましたので、Motokoを残して帰宅しました。朝はあれほど快晴だった空が、午後には薄暗い曇り空に変わっていました。帰宅してしばらくすると、MotokoからLINEでメッセージが届きました。血液検査をした結果、数値が思いのほか下がっていたため、翌 [続きを読む]
  • 闘病Ⅱ 次の入院までの一時帰宅中の様子
  • 2016年6月。Motokoが次のビダーザの投与治療までの2週間ほどの間、自宅に戻って過ごしているにも関らず、僕は相変わらず期末の残業で追われる日々を過ごしていました。帰宅中のMotokoは、体調が良いせいか以前と変らず、キッチンに立って食事の用意をしてくれます。休日出勤で定時に上がって来た日には僕の好物の「焼き鳥」を作ってくれました。串を刺すのが非常に手間が掛かるのに頑張って作ってくれました。もちろん味はお墨付 [続きを読む]
  • 闘病Ⅱ 経過観察後の一時帰宅
  • 2016年6月僕も勤務先の決算が6月のため5月から残業が増加傾向だったが、時折徹夜の時もあり家の用事については、Uターンしてくれていた長女がいてくれて本当に安心して過ごせていました。中々、Motokoの入院先の病院にも足が運べない日もありその面でも、長女がいて本当助かりました。ですが 今、振り返ればMotokoが半年後に逝くと分かっていたなら少しでもMotokoの傍で過ごす時間が多く取っていたかったと思わざるえないが、そ [続きを読む]
  • 闘病Ⅱ 続・リンパ球移植結果
  • 2016年6月10日前回、リンパ球の投与で目に見えるような効果が見られなかった為、追加で再度リンパ球を投与した結果についてI先生から説明の場がありました。追加で投与した結果でも特に効果がみられず、次の手として、骨髄移植前に行っていました「ビダーザ」を投与する治療に切り替えると言う内容でした。ビダーザは、唯一MDSには効果がある薬ですがあくまでも現在の値を改善又は維持する程度の効果しかなく、完治を目指すのは難 [続きを読む]
  • 闘病Ⅱ リンパ球移植2度の結果
  • 2016年5月30日リンパ球移植を行ってから10日余りが経過し、入院してから20日ほどが経過しました。今回はドナーさんから容量としては「30cc」のリンパ球を採取して頂いたようですが、6/19の時には、わずか「3cc」を投与しただけで血液検査をする限りでは、入院時の値まで下がってくれたようでしたが、期待したほどの効果ではありませんでした。その後の治療について、I先生からは「追加で「9cc」を投与しましょう」と説明があり、 [続きを読む]
  • 闘病Ⅱ 1年ぶりの入院とリンパ球移植
  • 2016年6月16日。週末を家族で過ごした翌日。この日は平日のため、義母(この時長女はまだ運転免許が持っていなかったため)にクルマで病院へ送って貰い、約1年ぶりとなる、以前と同じ病棟に入院しました。Motokoから「2人部屋の○号室になりました」と勤務中の僕宛にLINEで連絡がありました。この日から、Uターンしてくれた長女が弁当を含めて、僕ら家族の食事の準備と、Motokoの病院へ訪問してくれる事となりました。僕の勤務先 [続きを読む]
  • 闘病Ⅱ リンパ移植のための入院日の決定(長女の問題)
  • 2016年5月ゴールデンウィーク明けの6日にMotokoが病院へ診察へ行き、今後の治療の予定について説明を聞きに行ってくれました。まず、リンパ球移植について、前回のドナーさんが今回も協力頂ける返答があり、16日に入院し、19日には移植する予定になりました。今回の検査で、また血液内の血小板の値が先月時点より半減していたようで、そのことがMotokoにとって、とてもショックだったようで、帰宅してからはしばらく横になりながら [続きを読む]
  • 闘病Ⅱ Motokoの最後の誕生日
  • 2016年3月30日この日は、Motokoの49回目の誕生日1年前は、2月の骨髄移植を終えた直後の吐血によりICUへ運ばれ、病院内で誕生日を迎えました。この年は、再発発覚後でしたが、治療前でまだ自宅で過ごせていたため自宅で誕生日を迎える事が出来ました。誕生日は、ここ数年、僕がワインとミニケーキを買って来てお祝いする形が定着していました。その日も勤務先から帰宅する前に、市内のスーパーへ寄り、Motokoの好みの「イチゴ系」の [続きを読む]
  • 闘病Ⅱ 再発
  • 2016年3月14日先日の再検査の結果の話しを含め、約1年ぶりに、主治医のI先生と面会しました。Motokoと僕と次女の3人で。半年間ほど入院していた9階の病棟へ1年ぶりに上がり、懐かしくも思えました。多分、移植も成功し無事退院出来たためそれほど悪い印象では無かったせいだと思います。まずは先日の検査結果についての説明があり、移植前のMotoko本人の「悪い細胞」が10%とある数値の値が急激に上昇していました。一時は100 [続きを読む]
  • 闘病 退院後とその後
  • 2015年4月に骨髄移植に成功し無事に退院してくれました。退院後は、最初は2週間に1度のペースで外来で診察すると聞いていましたが、実際には、1週間に1度のペースで病院へ行き血液の値が下がって来たら、定期的に輸血もしながらという生活を続けていました。流石に、パート先には復帰する事は難しく自宅で家事をしてくれながら、ほぼ病気が発病する以前の状態まで、普段の生活を送れていました。その年の年末も年始も以前と同 [続きを読む]
  • 闘病 移植後 退院
  • 予想よりも前倒しとなった「退院」という言葉に平日だったが、職場や学校から帰って来て、僕も子供達も協力して、家族総出で前夜のうちに自宅を大掃除しました。年末にも外泊許可で帰って来るまえに、出来る限り綺麗にしたつもりでしたが、3ヶ月ほどで部屋の隅にあっと言う間にホコリとかが溜まっていたのを見つけた時に、それを何食わぬ顔で過ごしていた子供達も、ヒヤ〜っと悲鳴に近い声を上げながらも頑張って綺麗にしてくれま [続きを読む]
  • 闘病 移植後 経過確認(6)
  • 2015年4月2014年10月から移植に向けて入院してからちょうど半年が過ぎた頃となりました。4月3日クリーンルームから大部屋(4人部屋)への移動となりまた1歩前進しました。ようやく点滴用のカテーテルなどが全て外れMotokoも「あ〜これでかなり楽になる〜」と開放感に浸っている様子でした。トイレに行く時も自分の身ひとつでの移動だったり、寝る時もチューブを気にする事なく動けるようになり徐々に退院へ向けてはやる気持ちが押 [続きを読む]
  • 闘病 移植後 経過確認(5)
  • 2015年3月20日この日は、高校受験だった長男の合格発表日でした。会場へ確認しに出掛けた長男から時間を過ぎても息子からは連絡がなく・・Motokoとも、やっぱりダメだったかと話いていた矢先、長男から「受かってた!それも第1希望が!」と喜びの連絡が。まさか!それも第一希望が?まるで3流の代打の選手が逆転満塁ホームランを打ったような気持ちで、結果よろければ全て良しで最後の追い込みも一人で本当頑張ってくれました。Mo [続きを読む]
  • 小林麻央さんの訃報を聞いて
  • 先週末、小林麻央さんが亡くなられたニュースを勤務先の昼休みのニュースで知りました。姉の小林麻耶さんも看病生活から最近テレビに復帰されたので、まだしばらくは元気でおられるのかと思ってしまっていたので、余りにも急な訃報にびっくりするとともに、とても悲しい気持ちになりました。海老蔵さんが舞台の合間をぬっての記者会見の様子を帰宅してネットで観ました。34歳。確かに若いですし、遺された二人のお子様もまだまだ幼 [続きを読む]
  • 闘病 移植後 経過確認(4) 脱ICU
  • 2015年3月12日次女が午後に病院へ様子を見に行ってくれた時にリハビリセンターがある階へ車椅子でMotokoを連れて行ってくれたようでした。ICUを出て2週間ぶりに見る外の世界に少し穏やかになれたようでした。僕が夕方に顔を出した頃には、今夜から流動食になるようでようやく自分の口から食べ物が摂れるようになりました。おかゆとインスタント味噌汁でしたが、久しぶりに口にした食事は、かなり酸っぱいと感じたようでした [続きを読む]
  • 闘病 移植後 経過確認(3)
  • 2015年3月吐血によりICU(集中治療室)へ運ばれてから数日間の間は、気管支へ呼吸を補佐するためのチューブが口から入れられたままで、喉や鼻にツバが溜まるのを30分おきに看護師さんにバキュームの装置で吸い取って貰っていた。その様子を見てるいると正直可愛そうで辛くなりますそんな中、3月3日は、僕ら二人の24回目の結婚記念日でした。チューブが入ったままのため、その年は会話でお祝いする事は出来ませんでしたが、お互いア [続きを読む]