わたあめ さん プロフィール

  •  
わたあめさん: 弱かった僕が格闘技でチャンピオンになった理由
ハンドル名わたあめ さん
ブログタイトル弱かった僕が格闘技でチャンピオンになった理由
ブログURLhttp://fanblogs.jp/watacyan/
サイト紹介文弱かった僕が格闘技でチャンピオンになることができました。
自由文弱かった僕が格闘技でチャンピオンになることができました。
スポーツや格闘技には強くなる為の心の作り方があります。
僕が特別だったわけではなく、その心になる事ができれば誰でも
強くなる事ができます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 77日(平均1.1回/週) - 参加 2017/05/27 18:50

わたあめ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 自分に合ったやり方を見つける
  • 自分に良く合うやり方を見つかるとどんどん結果がでてきます。良く合う方法の意味は2つあって①自分の特性を活かした戦い方。②自分にあった練習方法。まずは①が見つかる事が先決です。①の自分の特性は人によっては「無い様にも見えます」ところが、必ず自分の特性はあります。それは意外と不利に見えることが多いです。短所に見えることの先に自分の特性や強みが見えてきます。いろんなことに挑戦し、失敗を恐れず、経験してく [続きを読む]
  • 目の前のことをがんばる。
  • 強くなる方法は、特別な練習や、特別な方法がある気がします。実際、フェイスブックやユーチューブなどの格闘家のトレーニングを見るとすごい事をやっていることが多いです。あんまりそこは気にしないほうが良いです。意外と大事な練習はそのすごい事ではなく、意外と誰でもできる地味なことが多いです。では大事な練習とはなにか。その時、自分に必要でやりたくてしょうがない事です。その必要でやりたくてしょうがない事を続けま [続きを読む]
  • 前半の数年は楽しむ。準備期間でした。
  • 格闘技をはじめて前半の数年は、ほとんど強くなりませんでした。というより、もともとが「へなちょこ」だったので、つよくはなっていたと思いますが、「ハシにも棒にもかからない」やつでした。でも、格闘技が好きでその時が一番純粋で楽しかったように思います。その時が充電期間で、その充電があったからこそその後のハードな練習にモチベーションを失うことなく、やる気を維持できていたのだと思います。チャンピオンに手が届く [続きを読む]
  • 遊びのようにやる
  • 格闘技に対して真剣だったとは思いますが、遊びのように楽しくて、楽しいから真剣でした。若かったこともあり、周りに同じような世代で、同じような感覚の人がたくさんいたので、楽しく遊びのようにやっていました。そう、お酒を飲むよりも、ゲームをするよりも、ショッピングをするよりも、仲間と練習する時間は楽しかったです。本格的にやりだしてからも、「充実」する楽しさがあり、時間をわすれて没頭していたように、思います [続きを読む]
  • 感動する
  • 「アクション映画を観て感動する」「ヒーロードラマを観て感動する」「スポーツの祭典を観て感動する」格闘技だけでなく、感動する瞬間は日常、メディアを通して色々なところで心が動かされる瞬間があると思います。強くなっていく心が刺激されていく事でその思いは強くなっていきます。なんてむずかしく書きましたが、ようするに「好きなことを観にいったりすること」が休日好んで皆さんもやっている事と思いますが、それが自分に [続きを読む]
  • まわりの意見はあまり重要でないときもある
  • さて格闘技を始めたはよいものの、私の場合、よわかったもので、自分の志はよそに、まわりの「親」「友達」「知り合い」はその不釣合いな習い事に違和感を感じていたようです。そりゃそうです。「よわかった」んだもん。誰もその時点で人生の生業になっていくなどとは自分自身でも予想はしていなかったのです。なので友達からは「お前が格闘技かよー」「もう強くなった気でいるのかよー」と散々馬鹿にされました。その時はむかつい [続きを読む]
  • 仲間がいる
  • 格闘技をはじめてよく雑誌を読んだことは書かせていただきましたが、雑誌の選手の記事にや選手名鑑の「格闘技を始めて得たもの」のアンケートに「多くの仲間」という回答が多くて、ふーんそうなんだーと「優等生の回答みたいだなー」くらいにしか思っていませんでした。格闘技やスポーツをやってみるとわかりますが、気づくと多くの仲間がいます。そしておなじ「目標」「志」を共有しています。本当に学校では見つけられなかった、 [続きを読む]
  • 先生や先輩の話が楽しく、素直に聞くことができた。
  • とにかく自分がよわかったもんで、「先生」や「先輩たち」が強くてかっこよくみえました。なので、アドバイスを「素直」に聞く事ができたので、たくさん吸収ができた気がします。あるとき先輩に「〇〇は素直だから良いな・・。」「強くなるには素直じゃないとな!」といっていたことがあり、率直に「素直に聞けない人なんているのかな、、、?」と、思っていました。それだけ純粋でした。というより、よわかったので、こだわりや変 [続きを読む]
  • 憧れの選手がいる。
  • 格闘技を始めてしばらくは、「好きな選手のまねをしていた。」ひたすらそれだけでした。いわば子供がウルトラマンや戦隊ヒーローのまねをして遊んでいるようなものです。「真似をしたくてしょうがなかった」憧れの選手が自分の中で<ヒーロー>だったのですね。今思うとそれが一番効果的な練習だったのです。憧れの選手や自分のヒーローがいる人はもう50%強くなったようなものです。僕のヒーローの一人は極真空手の人でした。仲 [続きを読む]
  • その競技にくわしくなる。
  • よわかったせいか、強さに対する憧れは「人一倍」つよかったと思います。暇さえあれば、格闘技の雑誌を読みあさっていました。当時は「格闘技通信」「ゴング格闘技」など格闘技雑誌がたくさんあってブームだったと思います。学校の勉強をそのくらい熱心にやったら、かなりのものだったのではないでしょうか。(笑)なので自然と格闘技の知識や強い選手が「どのようにして」「どのタイミング」で強くなっていったのかが分かってきま [続きを読む]
  • 誰にでもできることをつづける
  • 格闘技などをはじめると「はやくつよくなりたい」「ハードなトレーニングをしよう!」などど焦ってしまい、無理をしてしまう事が多いと思います。その点、ぼくは体力も自信も何も無かったので(苦笑)そのような考えに及ぶことは無かったです。大事なことは今、自分ができることだけをやり、自分のペースで無理をしないということです。腕立てふせが10回ならばそれをできる範囲で続けていく事が意外と近道です。そうすると気づい [続きを読む]
  • 19歳で格闘技をはじめるまで運動経験はゼロ
  • 19歳で格闘技をはじめるまで運動経験はゼロ!部活動も続きませんし、外で運動する事もありませんでした。いわば、「もやしっこ」学生時代はいじめに合う事も多々ありました。漫画を読む事が唯一の楽しみ。そんな僕が格闘技を始めようと思った理由。「自分を変えたかった」「強い人がカッコよかった」このことでした。その2年後に小さな団体のチャンピオンになる事ができ、紆余曲折はありますが、そのままとり続けその4年後には大 [続きを読む]
  • 過去の記事 …