YuccaYucca さん プロフィール

  •  
YuccaYuccaさん: うちのペルー人 in OKINAWA
ハンドル名YuccaYucca さん
ブログタイトルうちのペルー人 in OKINAWA
ブログURLhttp://okinawaperuano.blogspot.jp/
サイト紹介文40代ペルー人、沖縄に移住を決意!はじめてだらけの、日本生活、育児etc.ゆるやかに奮闘中!
自由文40代のペルー人が長年住んだイタリアを後にし、妻の出身地沖縄に移住を一大決意!初めてのアジア、初めての日本。初めての子育て。なにもかもがはじめてだらけのうちのペルー人の奮闘記+育児日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 30日(平均10.5回/週) - 参加 2017/05/27 22:31

YuccaYucca さんのブログ記事

  • 甘いものの誘惑
  • 連Ola-!!連日うだるような熱さが続いている沖縄です。水分補給はしっかりしなきゃなのですが、うちのペルー人、水を飲む習慣があまりないようで、、、!なにかにつけジュースやアイス、ペルーから持って来た激甘なゼリーを食べています。彼のおうちは糖尿病のある家系、そして我が家もそうなので甘いものはなるべく控えたいところなのですが、一向に止める気配がありません、汗。最近あきらかにお腹が一回り大きいのも心配の種です [続きを読む]
  • 虫歯が11本
  • おそろしいタイトルですね・・・。あ、うちの息子ではありません。まだ、歯、1本もないので、笑。そう、うちのペルー人です。なんせ彼、生まれてこのかた歯医者に行ったことがないそうで・・・。イタリアでは歯医者って保険適用外なのでちょっとした治療でも万単位でお金がとんでいくんだそうです。それなら保険のきく今のうちに、と思い1月から歯医者にかかりはじめました。するとびっくり。虫歯が11本! ひー。こんな細菌だ [続きを読む]
  • ペルーへの出生届⑨DNIはいずこに・・・?
  • 昨日の記事に書いたのですが、領事館からの返信用封筒に、●パスポートは入っていたけど息子のDNIは入っていなかったこと。●返信用レターパックを前もって提出したのに、他の宅急便で着払い(しかも1297円)で封書が来たことなど色々と腑に落ちないことがあったので今朝一番、領事館に連絡をしてみました。するとどうやら、私が渡した返信用のレターパックはDNIのためのものでパスポートは別に送ることになっているらしい、のです [続きを読む]
  • ペルーへの里帰り準備④−アエロメヒコー
  • さて前日の記事の続きです。ANAとアエロメヒコの便を買った私たち。チケットでは沖縄ー羽田間はANA成田ーメキシコーリマまでがアエロメヒコとなっています。このチケット、買ったサイトでは座席指定ができなかったんですよね。でも今回ベビー連れ、ということもあって座席はなるべく他のお客様の迷惑になりにくい場所+私たちも過ごしやすい場所がとりたい!ということで直接各航空会社に電話してみることにしました。まずはANA [続きを読む]
  • ペルーへの里帰り準備③(航空券を購入!)
  • 前回の記事から1か月。ついに!ついに航空券を買ってしまいました・・・!里帰り決定です!初・ペルー!初・ご両親!やー、どきどきしますな。秋に2か月程の日程で夫婦二人+息子6か月(膝上)しめて29万ちょいでした。なにぶん初めてなので安いのか高いのかはわかりませんが、久しぶりの大きな買い物にもドキドキしております。。。今回航空会社はANA+のアエロメヒコという組み合わせになりました。主人がビザを取らずに済 [続きを読む]
  • ペルー人自転車に乗る!
  • うちのペルー人、最近ちょっとお仕事のお話をいただきまして。とっても魅力的なお話だったのですが、交通手段が確保できずどうしたもんかなーと話しあっておりました。私は冗談半分で、「地下にあるマウンテンバイク修理してそれでいけばー」と、いったのですが、真に受けてしまいました。←3日ほどかけ錆をおとし、メンテナンスをしたのち、じゃあ行ってくる!と家を飛び出していきました。不安だったので一応私の携帯をもたせて [続きを読む]
  • ペルーへの出生届⑧出生登録完了・・・がしかし。
  • 前回の記事から約1か月がたちました。無事申請を終え返信用封筒が帰ってくるのを待っていた私たちのもとに一通の電話がありました。領事館からだったのですが、パスポート等をすでに発送済みだったそうなのですが、宛先不明で領事館のほうに連絡がいっているとのことでした。ええーーどういうこと?ちゃんと住所かいたけどなぁ。。と思っていたらやっぱり住所はあっていて、恐らく名前でひっかかって宛先不明になっているのでは、 [続きを読む]
  • じゃがいもの茹で方が違う?!
  • Buenas dias☆こんにちは、じゃがいもの値段さがりませんねー。というか沖縄は野菜全体の値段が常に高い・・・!まぁだいぶ都会化してきたとはいえ島国なのでしょうがないのかなー。うちのペルー人、未だにスーパーに行くたびに食べ物の値札をみてはいちいち大袈裟に驚いております。とくにじゃがいもが一番高かった昨年末に来日したので、たった3個のじゃがいもに300円近く払ってる日本人は頭がおかしいと思ったに違いありません [続きを読む]
  • あんぽんまん?
  • 息子にアンパンマンをたまに見せるのですが、なぜか主人、アンパンマンのことを あんぽんまん だと思っているようです。うん、おしい!わたしが日ごろ「あんぽん!」と連発してるからかしら?あんぱんのアンは餡子のアンだよ〜日本語勉強中の主人。日本語は一字間違うと意味が全然違ってくるから大変、だそうです。(一字違いどころか同音異義語も山ほどあるんですけどね、笑)昨日もイワシのツミレと花のスミレの違い [続きを読む]
  • オムツのデザイン
  • うちではもっぱらムーニーをつかってます。(なのになぜか「パンパースかえようね〜」と、言ってしまう、笑)生後4カ月からすでにMサイズ、、、、!ところで、テレビ電話でイタリアに住んでいる主人の姉たちと話していたときのこと。オムツにデザインプリントがあることにとても驚いていました。「え!白じゃないの?プーさんだよ!かわいいねー。でもなんで?すぐ捨てるのに!」と、こんな感じ、笑。こっちはむしろ真っ白のオムツ [続きを読む]
  • 結婚式②
  • つづきです。今回たまたまですがイタリアの法の下で、フィレンツェで市役所婚をすることになりもちろん大変なこともありましたが、私的にとても嬉しかったのはフィレンツェで知り合った日本人の友人家族に祝ってもらえたこととヴェッキオ宮殿でお式をあげられたことです。フィレンツェで市役所婚をするとこんなところでお式をあげられちゃいます。↓↓↓『ヴェッキオ宮殿・サーラロッサ(赤の広間)』素敵すぎてほんと夢のようでし [続きを読む]
  • うちのマメ男
  • こんばんは!今日は我が家の豆男について。ほんとは結婚式ネタの続きを書きたかったのだけれど、blogger、携帯からだと写真のアップロードがうまくできないんですよね。パソコン開くのもなんだかなのでどうでもいい小ネタを、笑。私の勝手な偏見ですがラテンな方々っておおざっぱーなイメージがありました。そう、彼と出会うまで。一緒に暮らしてみてわかったんですが、こと生活に関してはすっごーーくキチッとしています。ざっく [続きを読む]
  • はじめてのお熱
  • 息子、生後5ヵ月にして初めての熱発です、、、!(しかもよりによって週末ー!)下痢も鼻水もでてたから風邪かしら。本人ダルそうですが機嫌もそんなには悪くないので様子を見ることにしました。はやくよくなりますように。さて、日本ではお馴染み、お熱のお供といえば、、、!熱さまシート!最近は赤ちゃん用もあるんですねー!すごく便利。ただしすぐ剥がされるので息子が眠っている時限定ですけどね、、。なぜか我が家のペルー [続きを読む]
  • 結婚式①
  • 前回からだいぶたってしまいましたが、、、つづきです。そしていよいよ迎えた結婚式!しかし最後までトラブルは続きました、笑前日は朝から、お風呂に入って、ネイルをして、と計画を立てていたのにもかかわらず、朝から水がでなーーい!何?!急に水道工事でもしてんのか?!と思ってしぶしぶ他の準備をしつつテレビを見ていると、なんと、アルノ川沿いの巨大な水道管が破損(?)して川沿い数十メートルにわたって道路が陥没して [続きを読む]
  • うりずんの海風
  • 久しぶりに家族三人で海岸沿いを散歩してきました。 フィレンツェでは海まで電車を乗り継ぎ歩いて2時間近くかかっていたので、山より海派の私とペルー人には海が身近にある沖縄の暮らしは何よりの贅沢です。干潮で潮が引いていたので足をつけたり、ヤドカリをなでなでしたりして、息子も楽しめたよう。足を砂まみれにしてはしゃいでました。 それにしてもだんだん暑くなってきてる〜!沖縄の日差しで家族三人、どんどん黒くなって [続きを読む]
  • ペルー人夫の苦手なたべもの
  • ペルー人夫が日本にきてもうすぐ半年がたとうとしています。うちは現在わたしの両親と同居中なので、ディープな日本食・沖縄料理に触れることも多く、好きなものもあれば、どうしてもこれはムリ!という食べ物もありました。これまでに食べたものの中で彼がうけつけなかったものとは・・・・わさび(鼻にくるのが苦手らしい)・和からし(上に同じ)・納豆(匂いと見た目?)・梅干し(とにかく酸っぱい)・ゴーヤー(苦い!おかげ [続きを読む]
  • ペルーへの出生届⑦(いよいよ登録へ!)
  • 今日はいよいよ、出生届の登録のために領事館ではなく出張で沖縄まで出向いてくださったので、登録会場まで家族3人でいってきました。少し早めについたのが功をそうしたのか、一番目に登録できることに。書類の確認をして、息子の足型(両足)登録をしたのですが(本来指紋ですが、赤ちゃんは難しいので足型で登録するそうです)足にべったりインクが付いた状態でまー動くこと!とーちゃんの(よりによって)白いズボンをインクで [続きを読む]
  • 息子の日本での名前(ペルー人は名前が長い!)
  • 妊娠中かなり頭を悩ました問題がありました。それは、、、、、息子の名前彼と出会ってから知ったのですが、ペルー人って名前が長いんですねー彼らの名前の構成って父親の一つ目の姓 母親の一つ目の姓 名前1 名前2ってな具合です。つまり姓が2つ、名前が2つ!!この時点で日本人の2倍!ちなみに結婚するとき女性は父方の姓のみを残しそこに夫の父方の姓を合わせます。そして子どもの名前はというと父親の1番目の姓 母親の1番目の姓 [続きを読む]
  • 主人が息子につけたあだ名
  • うちの主人、ことあるごとに息子にあだ名をつけています。最近よく使っているのは、チッチョベッロ ciccio bello (かわいいおデブちゃん的な?)ミニスモー mini sumò(ちっちゃいおすもうさん)チョロローノ chololono (おばかさん)ファッブリカ ディ ボンバ fabbrica di bomba(爆弾製造工場←恐らく一時期強烈に臭いオナラを連発していたため)などです。うーん。ろくな呼び名がない、笑。教育上いかがなものかしら。でき [続きを読む]
  • ペルーへの出生届⑥(出産の記録の翻訳)
  • 前回は出生届受理証明書の翻訳について書きました。今回は母子手帳の出産の記録について書きたいと思います。ただ母子手帳は市町村によって違うかと思いますので、参考になりそうな言葉だけをかいつまんで載せておきます。※私はスペイン語をほとんど解しませんし、主人⇔私間はイタリア語で意思疎通をしているので、言葉におかしなところがあるかもしれません。あくまでもこれで申請が通ったよ、という一例としての掲載です。●出 [続きを読む]
  • ペルーへの出生届⑤(出生届受理証明書の翻訳)
  • 領事館に提出するための出生届受理証明書の翻訳。以前に主人の出生証明書を翻訳しなければならなかったときは、出生証明書自体が手書き&コピーで字が薄れて主人も私も読めず・・・・エスプレッソという翻訳を専門にしている会社に依頼をして翻訳していただきました。さすがプロ!見事な翻訳でした。レスポンスもとても速かったのでペルーの書類を翻訳したい場合はおススメです☆今回は読める書類だし字数もたいしたことなかったの [続きを読む]
  • ペルーへの出生届④
  • 外務省の公印確認を終えた書類が無事に帰ってきたその後。残りの必要書類を揃え、スキャンし、領事館にメールで送りこれでいいか確認してもらいました。送ったのは、①公印確認済みの出生届受理証明書②上記の翻訳文書(主人と私で翻訳)③母子手帳の出産記録のページのコピー④上記の翻訳文書(主人と私で翻訳)⑤主人のDNI(身分証明書)のスキャン⑥息子の証明写真(家で白背景で撮影、携帯アプリを使ってコンビニで印刷)⑦ [続きを読む]
  • ペルーへの里帰り準備②(航空券について)
  • ペルー行の航空券を検索していてわかったこと。ペルーに行くためにはざっくり4通りの方法がありました。①アメリカ経由(1番安い)②カナダ経由③メキシコ経由④ヨーロッパ経由(パリかオランダ)①と②に関して、ペルー人はトランジット(通過)するにも要ビザです。なんてめんどくさいんだ!ペルー人よ。①はもちろんアメリカ領事館。幸い私たちは沖縄に住んでいるので県内で済ませることができます。費用は160ドル。日本円 [続きを読む]
  • ペルーへの里帰り準備①
  • 去年の11月末に日本にきたうちのペルー人。はやくも里帰り願望を持ち出してきました。なんでも、①息子を高齢の両親に見せてあげたい。(お父様が御年80越えの糖尿病患者)②9月にある姪っ子の15歳の誕生日の証人(ペルーでは、男性1人、女性1人が承認になるのが慣習らしい)になる約束をどうやら私と主人は去年イタリアにいる際に彼女としたらしい。←まったく記憶にない。※ペルーでは女の子の15歳の誕生日パーティーはそれは [続きを読む]
  • 結婚記念日
  • すっかり忘れていたのですが、先日、結婚して1年がたちました。何せ忘れていたので、(正確には、私は忘れていて、主人は一日違いで前日だと記憶していました。)夕方思い出した私たちは息子を連れて散歩がてらにケーキやらチキンやらビール(私はノンアルコール)を買ってささやかなお祝いをしました。お祝いといっても二人とも、「来年も一緒にいるかはわからないから、とりあえず祝っておこう〜」なんて、憎まれ口をたたきなが [続きを読む]