みなぎ さん プロフィール

  •  
みなぎさん: 人の金で美術館に行きたい
ハンドル名みなぎ さん
ブログタイトル人の金で美術館に行きたい
ブログURLhttp://minnagi.hatenablog.com/
サイト紹介文美術館に行ってほぼ毎日絵が好きだという話をしている。猫もいる。黒い。かわいい。
自由文アルファブロガーになって内覧会に行きたい。ひたすら美術展に行って絵が好きだという話がしたい。あと、猫がいます。猫かわいいです。マジかわいい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 116日(平均6.2回/週) - 参加 2017/05/27 23:57

みなぎ さんのブログ記事

  • 簡単更新 六星の会
  • 引っ越し作業も大詰めで、転出届けを出そうとしたらマイナンバーがわかんなくて出せなかったよ。時間が余ったので、新宿小田急デパートに行ってみた。六星の会。河本 真里さんの「岩竜胆」かわいい。あと、ポストカードには無いけど手 塚華さんのimitateてのがよかった。柔らかな画風で、北海道の熊の彫り物、あの鮭咥えたの名前に若鮎って和菓子を並べた絵。可愛らしいし、イミテーションというタイトルにニヤリとする。最近こ [続きを読む]
  • 踊る人形 フィリップ・アペロワ展
  • 本ブログ2回目となる銀座グラフィックギャラリーに土曜行って来た。www.dnp.co.jpフィリップ・アペロワ展が16日までというので、今日を逃すと もう行く暇がねぇ!!と午後からの待ち合わせ前に駆け込みで見て来たけど、日曜ぽっかり予定が空いてあらー?ってなってるありがちなやつ。1回はこんな感じ。特に作品タイトルや説明もなく置いてあるだけなので、パンフレットと突き合わせてコレか?て自分で判断する。と言ってもどれがど [続きを読む]
  • エルメスの竹とんぼ 小ネタ@銀座
  • エルメス銀座ビルのこんな地上からまともに見えないところにモビールっぽいオブジェと乗馬像があるのに初めて気づいた。東急プラザの屋上からの写真です。このエルメスの横の道結構細くて、真下から見上げるくらいの角度でしか見えないと思う。手前のビルの再開発が完了したら多分見えなくなるんじゃないかなぁ。もうちょっと設置場所考えようぜ?と流石に思った。 [続きを読む]
  • 猫日記
  • 引っ越しは9月後半なのだが、何もしないと不安なのでもう準備は始めている。とりあえず、インフラ系の解約予約は完了。本も全部箱詰め完了。美術書や図録もである。なので、前行った美術館の話はできない。週末は買い物をしたり京都人と実家に行ったりするのに忙しいので、新しく美術展にも行かないと思う。落ち着かない。なので、猫を見るといいよ。一人遊びをするかわいい猫だよ。何だその足は。たまんないね。 [続きを読む]
  • プチ更新 流行のタイル画
  • 先日新宿西口をうろうろしている時に見つけたモザイクタイル画。新宿センタービルの地下から1階にかかるエスカレーター脇にあります。赤いのだけ「瑞雲」と題があるけれど、一枚だけのタイトルなのか連作としてのタイトルなのか不明。作者名も書いていません。最初に見るのが青い絵だから海かな?と思ったけど空の絵なのだね。青空、朝焼け、夕焼けかな。並び順が微妙だな。軽く調べたけど詳細出てこないです。昔のビルって割と [続きを読む]
  • お前を見ている 新宿の目
  • 新宿駅で一番おっきいアート作品ってなーんだ。と言ったらこれだよね。宮下 芳子 「新宿の目」新宿駅利用者なら知らない人はいないと思う。西口のスバルビル地下一階壁面にある巨大オブジェです。虹彩が地球になっててくるくる回っている。このスバルビルというのは名前の通り自動車会社のスバル、富士重工が入っていたビルなのですが、会社が移転してしまいまして。そのほかにもテナントがいっぱい入っていたのに一つ減り二つ減 [続きを読む]
  • 方向修正?
  • 今までひたすら美術と猫の話だけをしてきたブログだけれど、少し方向転換をするかもしれない。単純に言って、いくら都内一人暮らしという恵まれた環境でも、毎日ブログのネタにするほど週5つ美術展に行けるわけがないwブログのために行くのももちろんどうかしている。ついでに言うと、日記とかエッセイとか小説風のものとかを他の所に書いていたりしたけれど、あちこちに書くのもどうかなと思うし、そのサービスももう酷いなと [続きを読む]
  • 歪む自己と完璧な夏 うるしのかたち展
  • 東京藝術大学の「うるしのかたち展に行ってきた。めっちゃフォトジェニックな展示館の中でやっている無料の展示。入ったらパンフが置いてあって、この厚さなら500円くらいかな?て思ったら名前書けば無料でくれるって言われてびっくりした。超綺麗じゃない?クオリティ高くない?ピッカピカで漆みたいじゃない?こんなしっかりした冊子無料で配って大丈夫なの??学生や教授陣が作成した漆工芸が40点ほど見ることができます。大 [続きを読む]
  • 新宿謎のビル
  • 新宿西口に、なんのキャプションもなく唐突に芸術品飾ってあるビルがあるの、知ってる?これは松岡セントラルビルディング。三井住友銀行とか入っているビルです。これは、まさに銀行の地下入り口に置いてあるのだけれど、作者名も作品名もナーーンにも書いてない。ものが良さそうなのはなんとなくわかるぞ。さらにすごいのが一階。銀行の出入り口脇にやはりなんの説明もなく大理石像が。羊の毛皮とか結構すごいぞ。弓矢を持って [続きを読む]
  • (?? ?? ?)?? hand of peace
  • 今日は通院で半休とったけど、病院空いてるから時間あまりまくるんだよね。だから損保ジャパン行こうかと思ったんだけど。ちょっとどうしたの?土日でもこんなに混まないよね?シルバー無料デーとか??てくらい混んでたから挫折した。時間が読めないのは困る。ちぇっどうしようかなーと思って外に出たら、なんか見覚えのないものが隣のビルに。あ、2017って書いてある。鎌田 恵務 「Hand of Peace」新宿クリエイターズ・フェス [続きを読む]
  • アプリ買い日記
  • 直近で行ったら美術展の話は終わったし、今週末は用事があるので美術展に行けるか怪しい。なのでしばらくネタがない。前行った美術展の話をするかもしれないし、猫の話をするかもしれないし、すっぱり休むかもしれない。こないだ買ったアプリの話をしたいMediachance「FrontView」FrontViewを App Store で120円だったけどこういうの値段割とコロコロ変わるから参考価格ねこういう最近よく美術展の出口にあるやつを撮影して取り [続きを読む]
  • 聖アントニウスの誘惑
  • キリスト教の聖人で、聖書に出てこないのに絵画によく出るのは聖カテリナ、聖ゲオルギウス、聖セバスティアヌス、それになんと言っても聖アントニウスだろうと思う。これら聖人はだいたい絵画の中にいきなり現れるので、それが誰かを判別するアトリビュートの知識は西洋古典絵画で必須である、というのは前も書いた話。こないだ聖クリストフォロスの話を書いたときに軽く出てきたし、次は聖アントニウスの話をしたいねぇと思ってず [続きを読む]
  • 19世紀末最高 ボストン美術館の至宝展
  • 東京都美術館に、ボストン美術館展を見に行った。最近都美に行くたびに、前の広場で○○国フェアをやっていて、珍しい屋台が出ているのでついご飯を買ってしまう。週末はパキスタンフェアをやっていた。罠だ。公から資金援助を受けずに有志の寄贈で成り立っているという美術館の性質からか、各作品を寄贈したコレクターの紹介があるのが面白かった。入ってすぐにエジプト考古学、次いで古代中国に日本画、印象派の頃のフランス絵画 [続きを読む]
  • ギラギラ光る 佐々木達郎 漆芸展
  • 日本橋三越のギャラリーで、アヴァンギャルドな漆芸展示をやってた。漆芸家 佐々木達郎 漆 美の世界 展覧会情報 What's new新しい漆芸だよね。こういうのいいと思う。右のとか、宇宙みたいで好きだ。すごく新しいし、新しいだけじゃなくて漆芸の良さが活かされているし、突飛なだけで終わらず確実に美しい。雅貼り(みやびばり)というオリジナルの様式なのだそうです。大胆で力強い。パンフになかったけど、兎柄のお皿?がとて [続きを読む]
  • 夏休みの朝みたいな treasure hunting -宝物を探しに-
  • わざわざ東京市部から日本橋まで行ったのだもの、1個見て終わりにはしないよね。というわけで、日本橋高島屋の美術画廊X日本橋タカシマヤ|催し・美術画廊 詳細---淀川テクニック 「イワトビペンギンNo.1」入口にあるオブジェは、ごみを再利用したものということ。なかなかリアルに作成されています。---大畑 伸太郎 「虹」絵画と立体を組み合わせた作品。すごい。どの角度から見てもきっちり見える。こうして写真に撮ると、 [続きを読む]
  • SAMURAI9 新宿京王プラザホテル 気鋭作家9人、魅惑の絵画展
  • 日本橋で絵画展を見た(一昨日のブログ)ら、出口にこんなチラシがあって。なんだ、同じ人たちの展示じゃないか。京王プラザホテルって帰り道だし無料っぽいな?と思ったのでついでに行ってきた。こんな感じでホテルの一角にどどんと飾られています。---濱田 富貴 「星繭」虫の卵をモチーフにしているそうです、というのは高島屋の方のキャプション。こっちは特に説明なく作者の略歴と置いてあるだけ。草の実みたいできれいなん [続きを読む]
  • アイアン・メイデン 明治大学博物館
  • 明大博物館に行った話には続きがある。www.meiji.ac.jp常設展の話をしていないじゃないか。明大を建てるときに色々発掘されたというものが展示されている。おままごとセット、かわいい。庶民が使用していたものだろうけれど、意外と精巧にできている。しかしここが何で有名かというと、刑事部門ですよ、刑事部門。===図解五十五箇条(えときごじゅうごかじょう)庶民が守るべき規律的なものが描かれています。なんだろう、江戸 [続きを読む]
  • 空虚の恐怖 資生堂ギャラリー 菅亮平展
  • 資生堂ギャラリーに行った。今やってるのは「菅亮平展 <インスタレーション>」www.shiseidogroup.jp今や世界各所に存在するようになった美術館やギャラリーに特有の展示スペースである「ホワイトキューブ」をモチーフとして作品を制作します。当然そこにあるものだと想定される美術作品が消し去られた空虚な空間が展示スペースの壁を越えて、際限のないイメージとして連続していきます。CGなのかなぁ、壁一面に投影される映 [続きを読む]