ころたん さん プロフィール

  •  
ころたんさん: 海外プロレスこぼれ話
ハンドル名ころたん さん
ブログタイトル海外プロレスこぼれ話
ブログURLhttp://www.unclelarry376.com/
サイト紹介文WWEなど海外プロレスのこぼれ話を集めて感想を綴っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 30日(平均7.9回/週) - 参加 2017/05/29 19:54

ころたん さんのブログ記事

  • ブルーノ・サンマルチノ伝説ほか
  • マイク・ケネリスが、6月23日のポッドキャストE&C’s Pod of Awesomenessで、WWE入りの経緯を語っています。TNAとの契約が切れた時、彼はポール・ヘイマンに相談してHHHに連絡を取ったそうです。しかし、その後なかなか進展が聞かれなかったため、TNAに戻ることを本気で考え始めたのだとか。そんな時にケビン・オーウェンスから「TNAに戻るなんて愚かな考えだぞ。こっちに来なきゃだめだ」と言われ、思い直して待っているとウィリ [続きを読む]
  • ジョン・シナ、伝説の始まり
  • ブルース・プリチャードが、6月23日のポッドキャストSomething to Wrestle with Bruce Prichardで、若き日のジョン・シナについて語っています。プリチャードはUPWのリック・バスマンにシナを紹介された時、そのあまりに見事な体つきにあらぬ疑いを抱いて、プロレスで成功したいならクリーンな体作りをすべきというようなことを言ってしまい、のちに謝罪したそうです。ビンスも初めてシナを見た時、それはあらゆる検査結果が出て完 [続きを読む]
  • ミズ&リック・フレアー
  • ジョン・モリソンが、Highspots Wrestling Networkのインタビューで、有名なミズのロッカールーム締め出し事件について語っています。ミズはレフェリーのスコット・アームストロングの旅行カバンの上でチキンを食べ、クリス・ベノワにロッカールームから追放されたらしいのですが、罰を与えたベノワが亡くなってしまったため、許してもらう相手がいなくなり、事件のあともずっと廊下で着替えていたのだとか。アンダーテイカーに何 [続きを読む]
  • HHH、Great Balls of Fireほか
  • 6月19日のポッドキャストVINCE RUSSO'S THE BRANDでビンス・ルッソが語っているところによると、ビッグ・ショーというリング・ネームをつけたのはルッソだそうです。とは言ってもESPNの番組The Big Showからパクったのだとか。6月9日のThe Taz Showで、録画だったスマックダウンでは選手もアナウンサーも事後に編集できるので余裕をもって仕事ができたという話をしたタズですが、6月20日の放送では、スマックダウンの選手がよく言 [続きを読む]
  • ボビー・ルード
  • ボビー・ルードが、6月16日のポッドキャストE&C’s Pod of Awesomenessに出演し、WWEとの縁について語っています。若い頃WWEのベロシティに脱色した金髪で出演したことをクリスチャンとエッジに冷やかされ、当時はWWEに入りたくて、注目されるためなら何でもやったと告白しています。ダーク・マッチなどで参戦するたびに、ジョニー・エースに「何か違うことをするべきだ」「こうしてみたらどうだ」と言われ、毎回髪形や衣装を変え [続きを読む]
  • ストロウマン、HHH&ビンス・マクマーン
  • リッチ・ブレナン元WWEアナウンサーのリッチ・ブレナンが、6月14日のMLW Radio with Court Bauer & MSLで、NXT時代のブラウン・ストロウマンについて語っています。ストロウマンはすごく面白い人で、人間性も素晴らしく、いつも進んで会場の準備を手伝ってくれたそうです。高いところの照明などをいじらなければならず、テーブルや椅子など踏み台を探している時に背の高いストロウマンを見つけると大助かりで、彼に言えば簡単にや [続きを読む]
  • ビッグ・ショー
  • 6月14日のTalk Is Jerichoのゲストはビッグ・ショーです。ビッグ・ショーはできるだけ体が大きく見えたほうがいいギミックだったこともあり、太っても気にすることはなく、逆にきちんと健康管理している選手を「食事制限も運動もいいけど、人間どっちみち死ぬんだぞ」とからかってきたそうです。しかし一年半くらい前、ジョークを言い合う仲のジョン・シナに「腹筋の割れた大巨人なんか誰も見たがらない」と言った時、シナに「だね [続きを読む]
  • コーディ・ローズほか
  • コーディ・ローズ6月8日のSam Roberts Wrestling Podcastで、コーディ・ローズがシェイン・マクマーンのちょっとした裏話を披露しています。WWEのビデオ・ゲーム製作に際してはモーション・キャプチャーを担当する人たちが雇われるらしいのですが、シェインだけはゲーム内の自分の動きを正確にしたくて、他人に任せず自分でやっていたそうです。わざわざ自分からあのセンサーのいっぱいついたスーツを着て動き回るシェイン・・・イ [続きを読む]
  • エッジ&クリスチャン
  • エッジとクリスチャンが、6月9日のポッドキャストE&C’s Pod of Awesomenessで、インターコンチネンタル王座を巡って二人が争った頃を回想し、親しい選手と戦う時ほど強い攻撃をすることがあるという話をしています。クリスチャンは、付き合いが長いと過去の腹の立つ思い出がよみがえって、つい荒っぽい攻撃を仕掛けてしまうのではと推測。クリスチャンは子供の頃、かなり入手困難なリック・マーテルのアクション・フィギュアを持 [続きを読む]
  • AJスタイルズ、サーシャ・バンクス&エリック・ビショフ
  • エリック・ビショフエリック・ビショフがポッドキャストBischoff on Wrestlingで、WWEのオーディションでほうきにインタビューさせられたという有名な話について語っています。それはWCW入りする前の話で、ビンス・マクマーンはオズの魔法使いに出てくるカーテンの後ろの男のように姿を見せず、スピーカーから指示されたとか。彼がどれほど困惑したかは想像に難くないですが、そうした異常な事態への即時的な対応力はプロレスの世 [続きを読む]
  • ロード・ドッグ
  • スマックダウンのvice presidentでリード・ライターを務めているというロード・ドッグが、6月7日のAfterBuzz TV’s X-Pac 1,2,360に出演し、ザ・ロックについて語っています。。彼はかつてロックによくない態度を取っていたことを認め、今思えばそれはロックの才能や境遇に嫉妬や脅威を感じていたためだったと明かしています。彼とロックはキャリア初期からの知り合いでしたが、置かれていた状況はかなり違っていて、彼から見れば [続きを読む]
  • ジェリー・ローラー
  • WWEがPPV「Great Balls of Fire」の宣伝に、ジェリー・リー・ルイスの同名の大ヒット曲を使用するようになりましたが、ジェリー・ローラーがポッドキャストDinner With The Kingで語っているところによると、ローラーがその使用権についての話し合いを取り持ったそうです。ローラーはジェリー・リー・ルイスと同じ弁護士を雇っていて、WWEのPPVタイトル発表を知ったその弁護士から「ジェリー・リーがGreat Balls of Fireというフレ [続きを読む]
  • ナタリア
  • 6月2日のポッドキャストE&C’s Pod of Awesomenessのゲストはナッティ・ナイドハートですが、ナタリアとエッジ、クリスチャンの三人はとても仲が良く、かつてはお互いに変な動物のニックネームをつけ合っていたそうです。ナタリアはwackyなウォンバット、エッジはmangyなライオン、クリスチャンはマングースだとか。エッジのライオンはルックス的によくわかる気がします。さらにナタリアとクリスチャンの二人はクレイジーなほどの [続きを読む]
  • ビンス・ルッソ&エリック・ビショフ
  • ビンス・ルッソが、6月5日のポッドキャストVince Russo's The Brandで、WCW時代のブッキングへの批判に反論しています。彼によると、WCWでは視聴率によってボーナスがもらえる契約になっていたそうです。だから長期的なプランよりも奇抜なストーリーに取り組み、事実WCWはルッソ加入で視聴率が上がったとのこと。また「PPVでやるべき大試合を普段のテレビ放送でやっていた」とよく言われるが、テレビ視聴率とは違ってPPVの売り上げ [続きを読む]
  • ジャック・スワガー
  • 6月2日のポッドキャストTwo Man Power Trip of Wrestlingに出演したジャック・スワガーが、胸に手を当てた独特のデザインで話題になった「We The People」Tシャツ発売に至った経緯について語っています。なんとあのデザインはスワガー自身によるもので、WWEに何度も売り込んだものの発売してもらえず、苦肉の策で自分で作ってそれを着てPPVに出たそうです。すると、試合を終えてバックステージに戻るや、すぐに本社からの指示を受 [続きを読む]
  • アンダーテイカーほか
  • タズ人間スープレックス・マシーンことタズが、スマックダウンの実況をやっていた頃、ビンス・マクマーンにブロック・レスナー戦での復帰を打診されていたことを、5月30日のポッドキャストThe Taz Showで明かしています。ビンスはタズにマジソン・スクエア・ガーデンでのカムバック戦を提案し、タズの体調面の不安も考慮すると説得したそうですが、タズはそれでも無理だと断ったとのこと。ビンスは納得したものの、「ビジネスの下 [続きを読む]
  • スワグル(ホーンスワグル)
  • スワグル(ホーンスワグル)がポッドキャストBischoff on Wrestlingに出演し、2012年のRAWの匿名GMについて語っています。彼が匿名GMの打診を受けたのは、なんと土曜の夜。つまり匿名GMの正体が明かされる月曜のRAWの二日前に「ニュージャージー出身のビッグ・ニックというヒールGMをやって欲しいので、ニュージャージー訛りを覚えてくれ」と電話を受けたそうです。唐突だしニュージャージー訛りなんてできないので戸惑ったらしいの [続きを読む]
  • ショーン・マイケルズほか
  • ライバックコーディ・ローズが「ライバックはターミネーターの一作目を知らず、ターミネーター2はターミネーターが2体登場するからタイトルに「2」がついてると思ってた」と言ったことに対し、ライバック本人が5月15日のポッドキャストConversation With The Big Guyで否定しています。ジョークとして面白がるのはいいけど、聞いた人は冗談とはわからず信じてしまうので、言いっぱなしはやめてジョークだとちゃんと言って欲しいそ [続きを読む]
  • ケン・アンダーソン(ミスター・ケネディ)
  • コルト・カバーナのポッドキャストThe Art of Wrestling with Colt Cabanaで、ケン・アンダーソン(ミスター・ケネディ)のWrestleConでのインタビューを聞くことができます。彼はそこで、レッスルマニアの素晴らしい思い出を語っています。彼はレッスルマニア23のマネー・イン・ザ・バンク戦で、激しい闘いを制して見事ブリーフ・ケースを獲得しましたが、その試合で最後まで競り合ったCMパンクとは、お互いデビュー間もない頃、ア [続きを読む]
  • ブラウン・ストロウマン
  • ブラウン・ストロウマンが5月27日のThe Masked Man Showに出演し、その肉体の秘密について語っています。彼は17歳の時すでに2メートル近くあり、体重も140キロに達しようかというくらいの巨体の持ち主だったそうですが、現在の食生活も思うがまま、食べたいときに食べたいだけ食べていると言っています。チポトレというメキシコ料理の人気ファースト・フード店が大好きなようで、お腹がすいたらそこでたらふく食べまくり、さらに食 [続きを読む]
  • ディーン・アンブローズ
  • 5月26日のポッドキャストTalk Is Jerichoに、ジェフ・ハーディとディーン・アンブローズが出演しています。アンブローズはスマックダウンが本当に大好きになっていたので、RAWに移籍したくなかったそうです。スマックダウンの選手はみんな帰属意識が強く、誇りを持っているとか。クリス・ジェリコによれば、RAWとスマックダウンはほとんど別の会社のようなもので、同じブランドで毎回のように対戦していたアンブローズとも、ブラン [続きを読む]
  • CMパンク
  • 5月12日付のポッドキャストSomething to Wrestle with Bruce Prichardで、ブルース・プリチャードがWWECW時代のCMパンクについて興味深い話をしています。彼によると、パンクはポール・ヘイマンにあまりに高く買われていたために、周囲の反感を買ってプッシュが遅れたというのです。ヘイマンはディセンバー・トゥ・ディスメンバーのエリミネーション・チェンバー戦で、パンクがビッグ・ショーを始め参加選手を片っ端からアナコンダ [続きを読む]
  • ライバック
  • スマックダウン放送中のコマーシャルに、ピクチャー・イン・ピクチャーという形式が導入されて話題になっています。画面を完全にコマーシャルに切り替えるのではなく、コマーシャル中も画面の端の小さなスクリーンで試合が見られるというやり方です。何度か試験的にこのテクノロジーを使ったところ、いい結果が出たらしく、本格的な採用が決まったようです。コマーシャル中にチャンネルを替えたりトイレに行ったりする人は減るだろ [続きを読む]