ファチマの聖母の会 さん プロフィール

  •  
ファチマの聖母の会さん: ファチマの聖母の会・プロライフ
ハンドル名ファチマの聖母の会 さん
ブログタイトルファチマの聖母の会・プロライフ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/fatimanoseibo
サイト紹介文ファチマの聖母とプロライフは関係があります。胎児の命を守るために。日本でもマーチフォーライフ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 75日(平均6.3回/週) - 参加 2017/05/29 21:31

ファチマの聖母の会 さんのブログ記事

  • 世界で一番高齢の修道女は日本にすんでいる
  • 世界で一番高齢の修道女は日本にすんでいるLLEVA 80 AÑOS DE MISIONERA Y CELEBRA EN JAPÓN SUS 110 AÑOS CON CASTAÑUELAS Y EL ?QUE VIVA ESPAÑA? からの引用世界で一番高齢の修道女は日本にすんでいる。スペイン人修道女であるビクトリア・デ・ラ・クルス・ガルシア(Victoria de la Cruz García)は、カトリック礼拝会の会員で、日本の喜多見修道院に住み、2017年6月24日に110歳になった。イタリア人修道女のカンディー [続きを読む]
  • ドミニコ共和国の司教定例総会は堕胎を自然法に反すると非難
  • ドミニコ共和国では、マスメディアのキャンペーンに反対して、司教たちが堕胎に反対して声明を発表しました。2017年7月2日から7日まで開かれたドミニコ共和国の司教定例総会の最後に出された書簡で司教たちは堕胎合法化のキャンペーンをするマスコミを厳しく非難しました。「堕胎のための立法化は、自然法それ自体と共和国憲法とに対立する。[Legislar a favor del aborto va en contra de la misma naturaleza y de la Constituci [続きを読む]
  • 人工妊娠中絶は何故邪悪なのかについて−フランソワ・レネー神父
  • 天主の十戒の第五戒「汝殺すなかれ」についてフランソワ・レネー神父様のお説教より第四戒は、天主から私たちが受けた命を私たちに与えてくれた両親へ捧げるべき敬意について定めていましたが、次の掟は人間の命それ自体を尊重するよう私たちに命じています。「汝殺すなかれ!」(脱出[出エジプト]20章13節)。人間の命を尊重すべき根本的理由として真っ先に挙げられるのは、人間の命は天主のみわざであるからです。「天主に似せ [続きを読む]
  • 日本の2016年の年間の出生数は最少の98万1202人で、初めて100万人を切った
  • 日本人口減、過去最大30万人 8年連続 今年の人口動態調査 41道府県で減 少子化、東京集中止まらずからの引用です。●日本人は2016年の間に30万8084人減少した。●8年連続の減少。●減少幅が30万人を超えたのは1968年の調査開始以来初めて。●年間の出生数は最少の98万1202人で初めて100万人を切った。●出生数から死亡数を引いた「自然減」は過去最多の32万8313人で10年連続。●人口増トップの [続きを読む]
  • そろそろ真剣に受け止めなければ、取り返しがつかなくなる
  • 内閣府が算出した「最悪のシナリオ」これが33年後の現実だ!「人口8000万人」の日本で起きることからの引用です。●団地も高級マンションもガラガラ。●インフラは維持できない。下水道、道路は壊れたまま。救急車、パトカーもすぐ来ない。●年金は78歳から。所得税だけで50%。●食堂も学校も潰れる。教師が失業する。●街がまるごと死んでいく●静岡市のような「住みやすいごく普通の街」こそが、日本で最も急速に滅び消滅してゆ [続きを読む]
  • 厚生労働省の「人口動態統計」は、日本の老死を予告する
  • 以下は日本の人口減少が過去最大 2016年は33万人も減るからの引用です。●2016年の合計特殊出生率は1.44で、前年を0.01ポイント下回った。(人口を維持するのには、合計特殊出生率は2.07以上であることが必要。)●死亡数から出生数を引いた「自然減」は33万786人で、過去最大の減少幅。●出生数 97万6979 人 (前年比 2万8698人減少)(統計を取り始めた1899年以降、過去最少。初めて100万人を割り込んだ。)●2005年に戦後初め [続きを読む]
  • カネも絆も子供も失った日本は、どうなるのか。
  • 2025年、全国民の10人に1人がボケている。地方都市は痴呆都市となるのか。「2025年問題」をご存知ですか? 「人口減少」「プア・ジャパニーズ急増」…もうすぐこの国に起こることからの引用です。●街に人があふれ、子供たちが学校にあふれた、古き良き日本はもうない。●カネも絆も子供も失った日本は、どうなるのか。●2025年の日本は、国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上。●2025年全国民の10人に1人がボケている。 [続きを読む]
  • マーチフォーライフ 2017 ご報告【その2】 
  • マーチフォーライフ 2017 の様子を、参加者の方がたが投稿してくださったお写真と、マーチフォーライフのフェイスブックの掲載写真の一部を引用掲載させていただいてでご紹介します。今年もファチマのマリア様とともに到着したマーチの終点の日比谷公園で、記念写真を撮って解散となりました。マーチフォーライフ 2014 歴史的第一歩の第1回目マーチフォーライフ 2016(去年)マーチフォーライフ 2017(今年)第4回目マーチフ [続きを読む]
  • マーチフォーライフ 2017 ご報告【その1】 
  • マーチフォーライフ2017のご報告今年は7月17日の"産み"の日に行われました。2017年7月17日 午後4時 築地カトリック教会を起点として、今年のマーチフォーライフが開催されました。出発する40分以上前には ファチマのマリア様の御像も薔薇や百合で美しく飾られて到着されて、教会の入り口にて参加者をお待ちくださいました。築地教会でのレオ神父様のミサが終了して 参加者やシスター方も中庭に出てこられて、また続々と参加 [続きを読む]
  • 年間20万人が孤独死!「限界国家」日本のXデー
  • 日本が胎児を闇に処分してきた結果は、日本の「姨捨(おばすて)列島」化なのか年間20万人が孤独死!「限界国家」日本のXデーからの引用です。●日本の人口減少は2008年から始まった。●2020年代には日本で620万人人口が減少する。●2030年代には820万人、40年代には900万人と減少が加速する。●単に経済の問題ではない。●日本は急速に縮小し社会のあらゆる仕組みが機能不全に陥る。●毎年500校以上の学校が日本から消失している。 [続きを読む]
  • 故糸永真一司教のカトリック時評より
  • 故糸永真一司教のカトリック時評より「ファティマの聖母とロザリオ」を引用します。過日、“The True Story of Fatima”(本当のファティマ物語―聖母ご出現の一部始終)という96ページの小冊子がファティマ・センターから送られてきた。・・・この本を読んで、今あらためてファティマのメッセージの重要性を生々しく感じた。ファティマにおける聖母のご出現は1917年5月13日に始まり、10月13日まで毎月1回、合計6回行 [続きを読む]
  • 日本の少子化は、GHQによる "人災" だった
  • 日本の少子化は、GHQによる?人災?だった河合雅司(産経新聞 論説委員)からの引用です。●人為的に人口を減らす産児制限は「民族の自殺」であり、将来的な国家の滅亡につながる。●芦田均厚相「一度出生率が減少する傾向になった場合には、いかなる民族でも、これを人口増加の傾向に回復することが困難である。」●ベビーブームの終焉は、「中絶ブーム」の到来でもあった。●70年近くも前の人工妊娠中絶の呪縛を解くことが必 [続きを読む]
  • 東京教区ニュース第344号より
  • 東京教区ニュース第344号からの引用です。■いのちの行進〜マーチフォーライフ7/17(月)築地教会で妊娠中絶を合法とする社会が「いのちの文化」に向かうことを求めて15:00 ミサ「産まれる前の子どものために」司式:レオ・シューマカ神父16:00出発〜マーチフォーライフ(March for Life) 教会を出て築地、日本橋、八重洲、銀座をデモ行進します主催:マーチフォーライフ実行委員会問合せ:e-mail:info@prolife.jpTel/0422-27- [続きを読む]
  • 3人の牧童〜ジャシンタについて
  • 「ファチマの聖母 2」 から、聖ジャシンタについて引用します。ジャシンタ(1917年10月−1920年2月20日)ジャシンタは兄のフランシスコとはかなり違った性格と気質を持っていました。兄と妹はファチマの聖母のメッセージの二つの面をそれぞれ生きる相補的な使命を摂理によって与えられたかのようでした。フレール・ミッシェルはそのことについて次のようなことを言っています。瞑想的な魂を持っていたフランシスコはとりわけ神 [続きを読む]