motaco さん プロフィール

  •  
motacoさん: 統失女の催眠療法日記
ハンドル名motaco さん
ブログタイトル統失女の催眠療法日記
ブログURLhttp://sz.hateblo.jp/
サイト紹介文寛解を諦めた統合失調症のWebデザイナーが、催眠療法にて元気になることを夢見るブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 80日(平均4.0回/週) - 参加 2017/05/29 22:27

motaco さんのブログ記事

  • 軽躁状態の終わりが近づいてきた
  • 疲れた。やりたいことはある。やる元気はない。死にたいわけではない。しかし、動ける状態でもない。今までの私は生きてて困らない程度のハイ状態”軽躁状態”だったのだろう。しかし、爆発していたエネルギーがなくなってきた。やりたいことがやれない。つらい。今までできてたことがだいぶ億劫になる。つらい。しかし浪費活動は止まらない。オリジナルグッズをどんどん生産する。売れる目処も立っていないのに。うつ状態 [続きを読む]
  • 仮初めの元気
  • 落ち着く日は来るのか。今、飲んでいる薬のメモ・レクサプロ錠10mg(2錠) 抗うつ剤・フルボキサミンマイレン酸塩錠50mg(1錠) 抗うつ剤・ブロムペリドール錠1mg(1錠) 統合失調症の薬・リボトリール錠1mg(1錠) 抗けいれん剤・【頓服】アルプラゾラム錠0.4mg(1錠) 精神安定剤寝る前に足を動かすのがやめられない。そう先生に相談したら、リボトリールの量が倍になった。これですんなり眠れるなら良いのだけど。 [続きを読む]
  • 続く躁状態
  • 充実した毎日。寝てばかりだった私にやりたいことができた。それは、うさぎオリジナルグッズの制作・販売だ。まずレジンにハマり、ちまちまとキーホルダーを作っている。そして缶バッチにアクリルキーホルダー。こっちはデザインできたら入稿するだけなので楽チンだ。その分、お金はかかるが。そしてSHOPカードの作成。物作りがやめられない私は、やっぱりクリエイターなんだと再認識した。8月の中旬には通販サイトが公開で [続きを読む]
  • 満ち足りた世界
  • 完全なる多幸感。生きていることの奇跡。どうにも躁状態が激しい。世界のすべてが愛おしいと言っても過言ではない。なにせ、普通に生きていて苦しくないのだ。過呼吸にもならなければ、胸が締め付けられることもない。なんて幸せなんだ。私は解き放たれたようだ。これがずっと続けばいいのに。初めて働いていた頃はずっとこんな感じだった。青い空。爽やかな空気。仕事がある充実感。とにかく幸せだった。(すでに病気になっ [続きを読む]
  • 2017年7月18日の症状
  • 元気がありあまっている。今、飲んでいる薬のメモ・レクサプロ錠10mg(2錠) 抗うつ剤・フルボキサミンマイレン酸塩錠50mg(1錠) 抗うつ剤・ブロムペリドール錠1mg(1錠) 統合失調症の薬・リボトリール錠0.5mg(1錠) 抗けいれん剤・【頓服】アルプラゾラム錠0.4mg(1錠) 精神安定剤リボトリールのおかげで足のむずむず感はだいぶ緩和された。しかし、もぞもぞと動かすのはなかなかやめられない。それでも、睡眠薬な [続きを読む]
  • 双極性障害の疑い
  • 躁うつも併発しているのだろうか。私は統合失調症患者だ。しかし、それだけではない気がしてきた。約1ヶ月ごとにハイテンションの月とローテンションの月が交互に来るのだ。そんな私の様子を見て、母は「双極性障害ってやつじゃないの?」と言ってきた。そっくりの症状が雑誌にあったそうだ。6月はローテンション、うつの時期だった。仕事が怖くて、外出が怖くて、何もかもが億劫だった。そして、7月はハイテンション、躁の [続きを読む]
  • 6回目の催眠療法(ヒプノセラピー)
  • もうセラピーに通いたくない。困ったことになった。結論から書くと、セラピスト社長が嫌いになった。なので、セラピーで一緒の空間にいることが苦痛だ。声も聞きたくない。しかし、そんなことは本人に話せない。どうするべきか。なぜ嫌いになってしまったかは省くが、これは今後のセラピーに大きく関わってくることだと思う。何を話されても胡散臭いとしか思えない。私に話しかけないでくれとしか思わない。こんな状態で続け [続きを読む]
  • 手足がむずむずして眠れない
  • お願いだからじっとして。今、飲んでいる薬のメモ・レクサプロ錠10mg(2錠) 抗うつ剤・フルボキサミンマイレン酸塩錠50mg(1錠) 抗うつ剤・ブロムペリドール錠1mg(1錠) 統合失調症の薬・リボトリール錠0.5mg(1錠) 抗けいれん剤・【頓服】アルプラゾラム錠0.4mg(1錠) 精神安定剤先週の土曜日から、睡眠薬を飲んでも2時間以上寝付けない日が続いた。なので、いっそ飲まないことにしてみたら、案外問題なかった。 [続きを読む]
  • 5回目の催眠療法(ヒプノセラピー)
  • 効果があるのかないのか焦ってしまう時期。セラピーを受けに行くのに1時間弱の電車移動がある。これがどうにも苦痛で、セラピスト社長の元に着いたころにはヘトヘトになっている。同じように、普段の買い物に行くときも似たような苦痛がある。いつかは改善されるのだろうか。今日は早めの時間にお願いしたため、3回もやってもらえた。1回目から眠りにつき、とても驚いた。今までは2回目でないと眠ったりなんかしないからだ [続きを読む]
  • 精神障害者の定義と私の選民意識
  • 自覚と差別。私は自分のことを精神障害者だと思っている。手帳は持っていない。障害年金は申請準備中だ。精神障害者とはどういう人を指すのか?友人と話したことがある。ある子は「手帳を持っている人のこと」と言い、ある子は「健常者と生きてる世界が変わってしまった人のこと」と言った。また、父は「精神病で苦しんでいる人のこと」と言った。私も「健常者と生きてる世界が変わってしまった人のこと」のことだと思う。 [続きを読む]
  • 4回目の催眠療法(ヒプノセラピー)
  • 内なる「声」との戦い。今回は催眠状態に入ってすぐにアクシデントに見舞われた。今まで黙ってた「声」が聞こえてきたのだ。「このセラピストは、本当に信用たる人物なのか?」うるさい。やめろ。私は必死に抵抗した。セラピスト社長曰く、こういった現象は初回のうちはままあることらしい。今回まで出てこなかったほうが不思議なんだとか。今は仕事を回されてないとは言え、社長と会うと仕事のことを意識してしまう。セラピ [続きを読む]
  • 社会的に死に至る病
  • 障害者になった私は、健常者とは相容れない存在だ。統合失調症を色んな人に理解してもらいたいか?答えはNOだ。中途半端な知識を与えて勘違いしてもらいたくない。「なんかよくわからんけど苦しいらしい脳の病気」という認識さえしてくれればいいのだ。監視が怖い、幻聴が聞こえる、とても不安だ、過呼吸になる。私はそんな症状だが、これだって人によっては違うのだ。「統合失調症ってこういうのでしょ」なんて私について知 [続きを読む]
  • 苦しいと連呼することで生まれる脳の錯覚
  • 楽しい時間をもっと増やしたい。苦しい日々が続くのは何故なのか。最近どうにも苦しい時間が増えている気がする。旦那が帰ってくると「苦しい、苦しい」と訴え、過呼吸になる。何故こんなに苦しくなってしまったのか。疑問に思っていると、こんなツイートを見かけた。寝る前に長女に「今日はどうだった?」と聞くと、「楽しかった!」と毎回言うので、「本当に?」と聞くと、「脳みそが動く前に大きな声で『楽しかったー [続きを読む]
  • 2017年6月27日の症状
  • 旦那がいると頑張れる。今、飲んでいる薬のメモ・レクサプロ錠10mg(2錠) 抗うつ剤・フルボキサミンマイレン酸塩錠50mg(1錠) 抗うつ剤・ブロムペリドール錠1mg(1錠) 統合失調症の薬・ゾピクロン錠7.5mg(1錠) 睡眠薬・【頓服】アルプラゾラム錠0.4mg(1錠) 精神安定剤新しい睡眠薬のおかげか飲んで1時間ほどで眠れるようになった。しかし、朝は6時や7時に目が覚めてしまう。その後、アラームの鳴る8時まで5分10 [続きを読む]
  • 3回目の催眠療法(ヒプノセラピー)
  • 会議への恐怖感が和らいだ。土曜日の午前に催眠療法、午後に仕事の会議をしてきた。社員全員が集まる会議だったので、緊張感がすさまじく、恐怖すら感じていた。そんな状態での催眠療法だった。前回のように意識の海に潜る感じは味わえなかった。やはり、緊張していたからだろうか。しかし、3回やってもらって3回ともすごくリラックスできた。今回は眠れない・眠るのが怖い私のために、スッと眠れるようになる催眠をかけて [続きを読む]
  • 2回目の催眠療法(ヒプノセラピー)
  • 意識の海の潜っていた。社長が緊急入院したため、延び延びになってしまった催眠療法。社長に会う=仕事を思い出す恐怖でガチガチになりながら訪問した。前回の記事で書いたようなことを社長に話すと、その内容をカウンセラーに話さないでね、と言われた。なぜなら、ネガティブな記憶を引っ張り出しても嫌な思いをするだけで、もっとハッピーな気持ちでいっぱいにする方が良いから、だそうだ。親が関わっている問題なら、その [続きを読む]
  • 父親に認められたい失敗作の話
  • 私は失敗作なのだ。深い深い罪悪感。期待に答えなきゃという気持ち。ぐるぐるぐる。私は父に「子育てに失敗した」と言われたことがある。これがなかなかのトラウマと化しているのではと推測される。小学校のころ、私は塾や習い事に通うこともなく遊び暮らしていた。小学6年生になったある日、算数の授業で当てられて全く答えがわからず、自分のバカさ加減にやっと気づいたのだ。そこで私は進研ゼミをやらせてくれないかとお [続きを読む]
  • 自分に合うカウンセラーを探すのは難しい
  • 今回のカウンセラーはハズレだった。私はおしゃべりが大好きだ。しかし、先生にはなかなか自分の症状を話せない。なぜか。時間を取ってはいけないと思うのだ。そして、案外自分の苦しんでいることに気づかないのだ。そこで私が思いついたのはカウンセラーにカウンセリングをしてもらう、ということだった。こちらはお金を払っているんだから、と遠慮なく話すことができる。カウンセラーの資格を取ったという専門学校の恩師に [続きを読む]
  • 食事に対しての意識
  • 食事をしなくても生きていられる体になりたい。私には小さい頃から定期的に、極端に食欲がなくなる時期が来る。「食べたい」という気持ちがなくなり、ただ義務的に食事をしていた。それが、昨年あたりから悪化したのだ。「何も食べたくない」そう、食事をしたくないのだ。体がふらつくから仕方なく食事をしているが、これが面倒でならない。仕事をやめてから1人での食事が苦手だった。旦那とともにする夕飯はともかく、 [続きを読む]
  • 精神障害者であることの自覚
  • 私は精神障害者だ。今まで私は、自分はまだ健常者であると思っていた。しかし、バスツアーにて”普通”を思い出したとき、私は普通じゃないことを認めたのだ。それについては、その日の記事を読んで欲しい。普通でない私たちの救われる道とは - 統失女の催眠療法日記以前、私は障害者手帳をもらうまでは健常者だと思っていた。しかし、手帳を持とうが持たまいが障害者並みの症状に苦しんでいるなら、それは障害者だという持 [続きを読む]
  • どれだけ周りを頼って良いのかわからない
  • 周りの人は優しい。ゆえに、限度がわからなくなる。私は今、全力で周りに頼っている。Twitterのフォロワーさん、友達、旦那、ツイキャスのリスナーさん。苦しくなったらすぐに色々なところで喚き散らしている。そうすると、たいてい誰かが助けてくれる。話を聞いてもらう。通話をしてもらう。そんなことで苦しみは緩和される。しかし、その後に襲ってくるのは「こんなに頼って良いのか?」という罪悪感だ。これだけの迷惑を [続きを読む]
  • 統失患者でも子供が欲しい
  • 統合失調症は遺伝するのか私の母は統合失調症患者である。しかし、そう告知されて悪化したため、現在は別の病気を告知されている。私は自ら統失になったと思ってはいるが、なる要因のひとつに”母が統失”と言うこともあるんじゃないか。そうなると、子供を作りたいと思っている私は、本当に産んでも良いのか。いつか、来年か再来年には子作りを始めたい。うさぎという家族はいるが、そろそろ人間の家族を増やしたいのだ。 [続きを読む]
  • 息切れという症状の悪化
  • 私を開放してくれ。息切れが止まらない。ゆっくりとした過呼吸のようで、だんだんふらふらしてくる。日に日に悪くなっているような気さえしてくる。私は悪くなっているのだろうか。仕事を始めてしまった代償がまだ続いているのだろうか。今飲んでいる薬をメモしておこう。・レクサプロ錠10mg(2錠) 抗うつ剤・フルボキサミンマイレン酸塩錠50mg(1錠) 抗うつ剤・ブロムペリドール錠1mg(1錠) 統合失調症の薬・ルネスタ錠2mg [続きを読む]
  • 精神病は薬では治らない
  • 自分の力で治すのだ「うつは心の風邪」なんて言葉がある。私は、それをぼんやりとしか認識していなかった。しかし、よくよく考えてみるとまさにその通りだなと感じた。今日はそれを書いていこうと思う。私は統失患者だが抑うつ状態でもあると診断されている。なので、抗うつ剤を含む薬を毎晩飲んでいる。そして、薬さえ飲んでいれば寛解するものだと思っていた。ふと気づいたのだ。私が飲んでいるのは”治すための薬”では [続きを読む]
  • 病気のことで親には頼れない
  • ”統失の私”はいらないのだ。旦那と暮らしている今、辛いときは旦那に頼っている。旦那が会社に行っている間に苦しくなったとき、すぐ近くの実家に帰ったが、後悔する羽目になったことがある。私への対応に困っていたのだ。「つらい。死にたい」そう言ったとき、母は「誰がうさぎの世話をするの」と返してきた。死にたいほど辛いと思っている私への心配ではなく、うさぎの世話の心配をしたのだ。これに私は絶望した。思い [続きを読む]