きみちゃん さん プロフィール

  •  
きみちゃんさん: 富裕層への近道をさぐる
ハンドル名きみちゃん さん
ブログタイトル富裕層への近道をさぐる
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/minibiz/
サイト紹介文貧困層の生態や習性を知り、「富裕層への近道」をさぐります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 73日(平均3.0回/週) - 参加 2017/05/31 14:49

きみちゃん さんのブログ記事

  • 私たちの資産が目減りしている
  • 私たちの資産が目減りしていると言うことは、資産の価値が下がっていると言うことです。1000万円のお金を持っていたとしても、少し前の1000万円として使えないのです。ダブついて発行される紙幣、増え続ける国の借金、価値のない不動産の著しい値下がり・・・それらが私たちの資産の価値を下げる要因になっています。景気刺激策としての物価の上昇があります。物価の上昇は巧妙に行われています。品質を落とし、数量を減ら [続きを読む]
  • 私たちの資産が目減りしている実際
  • 富裕層の人の金融資産は、級数的に増えています。一方で私たちの資産(?)は確実に目減りしています。まず、日銀や政府が大量の紙幣を印刷していることです。世間に出回るお金が増えれば、当然お金の価値が下がります。私たちのお金の価値は、送料との比較で決まりますから、世間に出回るお金が増えれば、価値が下がります。とは言っても、表の数字が変わっていませんから、目減りの実態が見えません。次に、国の借金が確実に増え [続きを読む]
  • 「貧困層ではないと思っていたい!」と言う私たち
  • 富裕層と貧困層を区分したとき、上側の人は、金融資産が日々級数的に増えています。それ以外の人は、保有している金融資産が目減りしています。私たちは、この金融資産が日々級数的に増える人のことを「富裕層」と呼んでいます。この世の中を二極に分化したとき、あなたはどちら側に所属していますか。バブル以前は、中産階級と言われる中間層がありましたが、今はほぼ二極分化しています。そして、上側の人の条件を考えると、金融 [続きを読む]
  • 貧困層と呼ばれて、逃げないでください
  • 貧困層!嫌な言葉ですね!心は清らかでも、ちょっと経済的に余裕がないばかりに、貧困層と呼ばれて・・・そのためなのか、多くの人は貧困層という言葉を避けているように感じます。あなたも貧困層。隣りに居る人も貧困層。仕方がありません。90%の人が貧困層なのですから・・・それなのに、貧困層を自覚しない私たちです。いま、資産を活かして金融資産を級数的に増やしている人がいます。それ以外の人は、目減りしています。た [続きを読む]
  • 「貧困層ではないと思っていたい!」という私たち
  • 「貧困層の人、手を挙げてください!」と言われて、手を挙げる人はほとんどいない。すでに貧困層を自覚していれば、堂々と挙げる人もいますが、・・・貧困層と呼ばれて手を挙げないのは、勝手に貧困層のラインを決めているからです。通常、私たちは、飢餓的な状況に達した場合、貧困層を自覚します。しかし、預貯金が無くても、適当に食べられて、適当に遊んでいられれば、「貧困層」などとは呼ばれたくないと思っています。今日の [続きを読む]
  • 富裕層と貧困層を再確認する
  • あなたが、労働者よりはるかに高額な報酬を得て、それが級数的に増えているようであれば富裕層であると言うことができます。真に富裕層であれば、このようなブログを読む必要はありません。越えてしまっている人には、このブログはゴミです。資産が級数的に増えていない人は、おおむね貧困層です。富裕層の入り口にいる人もいますが、間違えた歩き方をすると貧困層のどん底に落ちてしまいます。そうでなければ、みな貧困層です。或 [続きを読む]
  • 得られる情報の質は、みな同じ!ではない
  • 富裕層の人は、情報の価値をよく知っています。ところが、貧困層の人は、「得られる情報の質は、みな同じ!」と思っています。優位な情報がある特定の領域の中で行き交っていることを、貧困層の人は知らないのです。さて、改めてご説明します。このブログでは、少し甘く見て2割の人が富裕層とします。残りの8割は貧困層、或いは貧困層予備軍です。言えば、8割の人が貧困層なのですが、自覚がありません。自覚がありませんから、 [続きを読む]
  • 優位な経済情報を提供していただくために
  • 経済情報でなくても、重要なことを教えてあげようと思える人とは、どのような人ですか?また、グループで旅行に誘いたいと思える人は、どのような人ですか?富裕層への近道はこんなところから始まります。誰も、好きでない人に重要なことを教えてあげたいとは思わないはずです。また、好きでない人と一緒に旅行をしたいとも思わないはずです。これは友人関係だから、好きとか嫌いが選別の要素になります。では、経済情報の場合はど [続きを読む]
  • 金融機関で富裕層の近道をさぐる(7)
  • この信用金庫は、預金してくれた毎回の金額が重要ではありません。重要なのは、定期的に預金していることです。そして、それが継続されていることです。さらに、本人が来ていることです。考えてみれば、職業不審、人物像も不審です。信用金庫にとって価値があるかどうかを確認しておく必要があります。そして、キッカケは、「まとまった金額」に近付いているからです。本当に不思議です。継続性も重要ですが、「まとまった金額」の [続きを読む]
  • 金融機関で富裕層の近道をさぐる(6)
  • いろいろ忙しくて記事に掲載が遅くなってしまいました。定期預金、16回目、定期預金の総額は80万円。期間は、4ヶ月を過ぎています。そのころになると、信用金庫内の空気や視線が温かく感じてきます。次に5万円の定期預金をしようと窓口に出向きました。すると、なんだか空気が違っています。番号札を取っていると、職員が耳打ちしています。そして用事が終わらないうちに、少し奥の方に座っていた人がカウンター席の内側に座 [続きを読む]
  • 金融機関で富裕層への近道をさぐる(5)
  • ここまでの話の中で、何かをお気付きですか?何に気付いたのですか?この金融機関で富裕層への道をさぐる話は、経済学やマーケティング学の原論的なことが含まれていることです。行動の重要な要素がいくつかあります。さりげなく16週間(16回、4か月以上)まで続いているのですから、気が付かないことのほうがおかしいと思うべきです。それは、5万円ずつの定期預金では合理的な行動ではないし、直接的な利益にはならないから [続きを読む]
  • 金融機関で富裕層への近道をさぐる(4)
  • 毎週5万円ずつの定期預金!何回目になりましたでしょうか。10回で合計50万円!約2ヶ月半です。信用金庫に行くと、窓口の女性職員がなんとなく会釈してくれたような気がします。でも、あなたは、まだ表情を変えてはいけません。会釈するでもなく、無視するわけでもなく・・・さりげなく!さて、どこまで続ければいいのでしょう!15回までいきました。約4か月です。5万円の定期預金が15口、75万円になりました。毎週5 [続きを読む]
  • 金融機関で富裕層への近道をさぐる(3)
  • 数日間忙しかったもので、更新ができませんでした。ご勘弁ください。預金通帳の普通預金のページに6万円が記録されています。できれば、同じ曜日の同じ時間に信用金庫に行きます。やることは、前回と全く同じです。5万円を普通預金から引き出して、定期預金にする。これを前回と同様窓口で行います。行動は、いつものように、さりげなく、さりげなく・・・実際、信用金庫で威張れるような金額ではありませんので、何しろ静かに、 [続きを読む]
  • 金融機関で富裕層への近道をさぐる(2)
  • あなたの近くに信用金庫はありますか?できれば信用金庫です。その信用金庫に、忙しそうでない時間に行きます。忙しくない時間は、昼時です。11時から13時ころです。職員も少ないですが、お客様も多くはありません。その時間に行くと、まず目立ちます。さりげなく目立つことが重要です。その信用金庫に普通預金通帳はありますか?無ければ、普通預金通帳を作ります。1円でもいいのですが、1万円で通帳を作ります。たぶん、ポ [続きを読む]
  • 金融機関で富裕層への近道をさぐる(1)
  • 貧困層の人が富裕層を試みる方法は、ホテルや旅館だけではありません。お金の商売をしているところ、そう、金融機関です。まず、金融機関が好むお客様像を考えてみます。金融機関に好かれるか、好かれないかは、富裕層への道をこれから歩こうと考えている人にはとても大切なことです。富裕層を試す金融機関は、小さな目のところが良さそうです。少ないお金でも相手にしてくれそうだからです。その前に、ちょっとお勉強です。日本で [続きを読む]
  • プチ富裕層、ホテルや旅館で富裕層への対応を確認
  • 料金が高いホテルや旅館は、そもそもシステムが違っている場合がおおい。その顧客対応のシステムを確認するといい。同じ廊下や施設を利用できないホテルや旅館も多い。施設を分けて利用していただくことで、富裕層を体感させる狙いがある。で、あなたがちょっとレベルの高いお客として、他のお客様をどのように扱っているかを観察。さりげなく、さりげなく・・・見学できるのであれば、施設のすべてを見学する。レベルが高いホテル [続きを読む]
  • 富裕層への近道は、富裕層を試すことも必要!
  • 富裕層への近道を見つけるために、富裕層を試してみる。富裕層がいかに優位な状況にあるのか、富裕層が有利なのか、いろいろなことが見えてくる。プチ富裕層!お試し富裕層!貧困層が富裕層を演じるのですから、大したことはできないが、富裕層が優位で、有利なことの一端が見えてくる。そうであれば、やはり富裕層を目指すべきです。富裕層の優位さや有利さを感じ取れない方は、もう少し貧困層で静かにしていて欲しい。そして、「 [続きを読む]
  • 数%の人が金融資産70%以上を保有しているというのに
  • いつも不思議に思っています。わずか数%の人が金融資産の70%以上を保有していると言われているのに、そのような社会にあって、自分を貧困層だと自覚していないことには驚きを感じます。別に悲観することではありませんが、事実を知り、自分がどこの位置にいるのかを自覚することは重要なことです。これからの戦略が明確になるからです。貧困層に安住していることを指摘されても、実感がない。自分を貧困層だと自覚していないか [続きを読む]
  • ビジネスの成功に、秘密などない!
  • 先日、「お金持ちになるためには、お金持ちの話を喜んで聞く!」と書きました。もちろん特に反響はありません。すでに多くの人が知っていることだからです。ですが、できないから金持ちにもなれないし、富裕層の仲間入りもできないわけです。私のメモの中にも似たようなものが見つかりました。ハーバード大学の先生の話です。どこから引用したのかわかりませんが、メモとして残っていました。「ビジネスの成功に秘密などない!大事 [続きを読む]
  • 富裕層の人間が多い社会、多くなる社会は・・・
  • 富裕層になることをお勧めしています。今日の社会では、富裕層であることがとても有利になっているからです。その富裕層の人間が多いことでいい社会になります。また、富裕層が多くなることでいい社会が確定的になります。それは、経済的に余裕ができることで、精神的な余裕、時間的な余裕も生まれ、社会の変化を冷静に見つめることができるようになるからです。余裕があれば、他人に振り回されることが減ってくるからです。自分で [続きを読む]
  • 富裕層になる必要性は高い!なのに、なぜ怠るのか
  • もちろん、富裕層には富裕層としての苦労があると思う。たぶん。とは言っても、富裕層になることで得られるものは数多い。お金ですべてのものは買えないが、多くのものは手に入る。それでも十分すごいことなのですが、さらに情報の質や入り方も違い、考え方も変わるのですから、富裕層になってみるのも良さそうです。富裕層と言うと、経済的に余裕がある人を筆頭に挙げるが、経済がすべてではない。お金を腐るほど持っていても、悩 [続きを読む]
  • 富裕層に好かれるためには、喜んで話を聞くことです!
  • 「なあんだ!」そうなんです。なんてことないんです。話を喜んで聞けばいいのです。お金持ちに好かれる最も重要なことは、そのお金持ちの話を喜んで聞いてくれることです。そうなんですが、これができていないんですよね!ほとんどの人ができていないのです。簡単に思えることが、ほとんどの人にできていないのです。ですから、ほとんどの人は貧困層に甘んじているのです。事業などでも同じです。お客様の話しを喜んで聞けばいいの [続きを読む]
  • お金持ちに好かれる最も重要なこととは?
  • お金持ちになりたい人は、お金に好かれるのではなく、お金持ちに好かれる必要があります。金持ちに好かれる最も重要なことは、そのお金持ちの話を喜んで聞いてくれることです。お金持ちも人間です。あなたも人間です。あなたが、あなたの話を喜んで聞いてくれると嬉しくなりますよね!そう、あなたと同じなのです。お金持ちもあなたも、話を喜んで聞いてくれれば嬉しいんです。あなたは、あなたの話を喜んで聞いてくれる人に出会っ [続きを読む]
  • お金持ちになるための人間関係の構築
  • 別のところでも説明していますが、お金は自分では歩けない。懐の大きな人間にくっついている。お金にしてみれば、その場所は居心地がいいからです。お金が無い人は、とかくお金にばかり目を向けるが、お金はそれを嫌います。お金はお金持ちのご主人様の懐の中の方がいいからです。ですから、お金持ちになりたい人は、懐にいっぱいお金が詰まっているお金持ちに好かれる必要があります。そして、お金が多すぎるようであれば、ときど [続きを読む]
  • 富裕層への道は険しいと言うこと!
  • 説明がぐうたらなのでわかりにくかったと思います。要は、通常の意識では富裕層への道を見つけるのは困難だと言うことです。ですが、反面、簡単に富裕層になっている人がいると言うことです。富裕層への近道は、学習でもない、努力でもない、継続でもない。それで富裕層になれるのであれば、多くの人がなっているはずだからです。最近、富裕層を意識させた商売が流行っています。金融投資と不動産投資・・・彼らは、小金持ちを富裕 [続きを読む]