pinebook さん プロフィール

  •  
pinebookさん: The Non-Designer's Design Blog
ハンドル名pinebook さん
ブログタイトルThe Non-Designer's Design Blog
ブログURLhttp://www.pinebook.blog
サイト紹介文主にアップル、艦これ、デザイン、ガジェット類について書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 10日(平均22.4回/週) - 参加 2017/06/01 01:13

pinebook さんのブログ記事

  • おすすめフリーフォント5選
  • こんにちはAirです。今回は個人的に利用しているおすすめのフリーフォントを紹介したいと思います。ポスターやアイキャッチ用の画像を作っていると「なんかこのフォントじゃないんだよな〜」ということが多々あり、ふと、「フォント探しの旅」に出ることがあります。フォント探しの旅とは「フォント探しの旅」とは気に入るフォントが見つかるまでネットの海をさまようことである。1.ラノベポップフォント1つめは「ラノベポ [続きを読む]
  • 必見!おすすめフリーフォント5選
  • こんにちはAirです。今回は個人的に利用しているおすすめのフリーフォントを紹介したいと思います。ポスターやアイキャッチ用の画像を作っていると「なんかこのフォントじゃないんだよな〜」ということが多々あり、ふと、「フォント探しの旅」に出ることがあります。フォント探しの旅とは「フォント探しの旅」とは気に入るフォントが見つかるまでネットの海をさまようことである。1.ラノベポップフォント1つめは「ラノベポ [続きを読む]
  • 今話題の「ハンドスピナー」を買ってみた
  • こんにちはAirです。今回は海外で大流行している「ハンドスピナー」を買ってみたので紹介したいと思います。 ハンドスピナーとは 遊び方 ハンドスピナーの歴史 人気の理由 海外で大流行 瀬戸さんも紹介している 日本ハンドスピナー協会?? 実際に回してみた まとめハンドスピナーとはハンドスピナー(英語名Fidget Spinner)は、中心にボールベアリングを、周囲におもりを装着した円盤状の玩 [続きを読む]
  • 今話題の「ハンドスピナー」を買ってみた
  • こんにちはAirです。今回は海外で大流行している「ハンドスピナー」を買ってみたので紹介したいと思います。 ハンドスピナーとは 遊び方 ハンドスピナーの歴史 人気の理由 海外で大流行 瀬戸さんも紹介している 日本ハンドスピナー協会?? 実際に回してみた まとめハンドスピナーとはハンドスピナー(英語名Fidget Spinner)は、中心にボールベアリングを、周囲におもりを装着した円盤状の玩 [続きを読む]
  • 艦これ聖地巡礼で日本一周!【計画2日目】〜目的地設定2〜
  • こんにちは、Airです。今日は艦これ聖地巡礼で日本一周!の計画2日目です。計画2日目では、細かい目的地を設定していきます。まずは、「鎮守府」、「泊地」、「基地」、「警備府」がある県を中心に目的地を設定していきます。大湊警備府(青森県)北洋館(大湊地方総監部資料館)横須賀鎮守府(神奈川県)記念艦三笠YOKOSUKA軍港めぐり軍艦長門碑ヴェルニー公園軍艦山城之碑ヴェルニー記念館浦賀ドック跡地駆逐艦村雨慰霊碑酒 [続きを読む]
  • 艦これ聖地巡礼で日本一周!【計画2日目】〜目的地設定2〜
  • こんにちは、Airです。今日は艦これ聖地巡礼で日本一周!の計画2日目です。計画2日目では、細かい目的地を設定していきます。まずは、「鎮守府」、「泊地」、「基地」、「警備府」がある県を中心に目的地を設定していきます。大湊警備府(青森県)北洋館(大湊地方総監部資料館)横須賀鎮守府(神奈川県)記念艦三笠YOKOSUKA軍港めぐり軍艦長門碑ヴェルニー公園軍艦山城之碑ヴェルニー記念館浦賀ドック跡地駆逐艦村雨慰霊碑酒 [続きを読む]
  • 艦これ聖地巡礼で日本一周!【概要&計画1日目】
  • こんにちは、最近BTOOOM!を観始めたAirです。今年の夏休みは、艦これの聖地を巡りながら、日本一周をしようと思います!(宣言)今回はその概要と計画1日目についてお話します。 経緯 計画概要 宿泊先 費用 持ち物 ルート 移動手段 旅をする仲間 まとめ経緯なぜ艦これの聖地巡礼をしようと思ったかというと、単純に艦これが好きだからです。もちろんこれだけが理由というわけではありません。他 [続きを読む]
  • 艦これ聖地巡礼で日本一周!【概要&計画1日目】
  • こんにちは、最近BTOOOM!を観始めたAirです。今年の夏休みは、艦これの聖地を巡りながら、日本一周をしようと思います!(宣言)今回はその概要と計画1日目についてお話します。 経緯 計画概要 宿泊先 費用 持ち物 ルート 移動手段 旅をする仲間 まとめ経緯なぜ艦これの聖地巡礼をしようと思ったかというと、単純に艦これが好きだからです。もちろんこれだけが理由というわけではありません。他 [続きを読む]
  • 漫画の最終巻を読み終えて
  • こんにちはAirです。今日は漫画の最終巻を読み終わった時のことについてお話ししたいと思います。経緯この記事を書こうと思った理由は、自分の購読している漫画の連載が次々と終了していき、「タノシミガマタヒトツヘッテシマッタ」状態になってしまったからです。連載が終了してしまった漫画私が読んでいる漫画で連載が終了してしまったのは次の3作品です。シドニアの騎士極黒のブリュンヒルデTo LOVEる1つづつ見ていきまし [続きを読む]
  • 漫画の最終巻を読み終えて
  • こんにちはAirです。今日は漫画の最終巻を読み終わった時のことについてお話ししたいと思います。経緯この記事を書こうと思った理由は、自分の購読している漫画の連載が次々と終了していき、「タノシミガマタヒトツヘッテシマッタ」状態になってしまったからです。連載が終了してしまった漫画私が読んでいる漫画で連載が終了してしまったのは次の3作品です。シドニアの騎士極黒のブリュンヒルデTo LOVEる1つづつ見ていきまし [続きを読む]
  • 艦これ風の砕ける文字エフェクトの作り方Part1文字を作る
  • こんにちはAirです。今回は艦これネタでいきます。タイトルにある砕ける文字エフェクトと言うのはこちらです。やはり浜風と、今回はこの「大破」という文字のエフェクトをIllustratorとAfter Effectsを用いて再現していきます。文字作成こちらはIllustratorを用いてやっていきます。1.アートボードを作成する2.文字ツールを選択する3.適当な文字を入力する。(今回はそのまま「大破」を用います)フォントは明朝体 [続きを読む]
  • 艦これ風の砕ける文字エフェクトの作り方Part1文字を作る
  • こんにちはAirです。今回は艦これネタでいきます。タイトルにある砕ける文字エフェクトと言うのはこちらです。やはり浜風と、今回はこの「大破」という文字のエフェクトをIllustratorとAfter Effectsを用いて再現していきます。文字作成こちらはIllustratorを用いてやっていきます。1.アートボードを作成する2.文字ツールを選択する3.適当な文字を入力する。(今回はそのまま「大破」を用います)フォントは明朝体 [続きを読む]
  • お気に入りアニメのタイトルフォントを調べてみた
  • こんにちは、Airです。アニメのオープニングを見ていてタイトルがババーンッ!と出てくるたびに「このタイトルにはどんなフォントが使われているのだろう?」と思うことがあります。なので、今回は私のお気に入りのアニメのタイトルに使われているフォントの種類を調べていきたいと思います。注意ド素人が調べるので調べ方は自己流です。間違っていても責任は取れません。ご了承ください。また、作者の方や、その他関係者の方に [続きを読む]
  • お気に入りアニメのタイトルフォントを調べてみた
  • こんにちは、Airです。アニメのオープニングを見ていてタイトルがババーンッ!と出てくるたびに「このタイトルにはどんなフォントが使われているのだろう?」と思うことがあります。なので、今回は私のお気に入りのアニメのタイトルに使われているフォントの種類を調べていきたいと思います。注意ド素人が調べるので調べ方は自己流です。間違っていても責任は取れません。ご了承ください。また、作者の方や、その他関係者の方に [続きを読む]
  • Adobeからおしゃれなプレゼントをもらった話
  • こんにちは、Airです。今朝、起きてトイレに向かう途中で玄関の郵便受けを見ると、何やらカラフルな郵便物が届いており、なんだこれぇ??と思い、おもむろに手に取ると...こんなものが入っていました。アドビ製品を長くお使いのデザイナーの皆様にこそ、知っていただきたいことがあります。デザイナーついに私もアドビからデザイナーと認められました(歓喜)とまぁそれはさておき、一体これは何なのでしょう。開けます。 [続きを読む]
  • Adobeからおしゃれなプレゼントをもらった話
  • こんにちは、Airです。今朝、起きてトイレに向かう途中で玄関の郵便受けを見ると、何やらカラフルな郵便物が届いており、なんだこれぇ??と思い、おもむろに手に取ると...こんなものが入っていました。アドビ製品を長くお使いのデザイナーの皆様にこそ、知っていただきたいことがあります。デザイナーついに私もアドビからデザイナーと認められました(歓喜)とまぁそれはさておき、一体これは何なのでしょう。開けます。 [続きを読む]