Coymanagement さん プロフィール

  •  
Coymanagementさん: IT業界での働き方をデザインする
ハンドル名Coymanagement さん
ブログタイトルIT業界での働き方をデザインする
ブログURLhttps://ameblo.jp/coymanagement/
サイト紹介文今後のIT業界を支える人材を作りたい
自由文現代日本におけるエンジニアの地位はあまり高いものではありません。

営業が多くの利益を持って行き、エンジニアの給料はなかなか上がらない。

当社ではIT業界の病とも言える現状を打破することを目標に掲げ、エンジニアをサポートしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 103日(平均3.4回/週) - 参加 2017/06/01 16:29

Coymanagement さんのブログ記事

  • リスクにヒヨると、搾取される。
  • 皆様、何時もお世話になっております。 更新サボりまくり。Coymanagement広報部 佐藤です。 IT企業で給料が低い社員に言いたい。 追々給料が上がるなんて早々無いと。 営業職ではない人の給料を上げることは難しいです。 一度上げた給料を下げるには(1)変更の合理性と(2)周知がある場合上記を満たさなければ法に触れる可能性があります。 前々からインセンティブ(給料以外の報酬金)の定義を決めている営業などなら問題あり [続きを読む]
  • IT企業は社員への搾取を辞めろ
  • 皆様、いつもお世話になっております。 最近、投稿を再開しました。CoyManagement広報部 佐藤でございます。 最近、私、佐藤は憂いています。 多くのIT企業の中長期的戦略性の無さに。 IT企業も総合商社も根底は同じ目的を掲げています。 利益の追求です。 しかし、多くのIT企業は目先の人材、目先の現場、目先の利益 悪く表現しましたが、取りこぼしの無いよう、システマチックに最小限の動きで最大の収益を出そうと考えていま [続きを読む]
  • 無駄の無い生活は異常らしい
  • 皆様 いつも御世話になっております更新頻度が右肩下がりCoyManagement広報部 佐藤でございます。 私、佐藤は家に帰った瞬間に寝る人間です。 仕事を終え、家に帰ります。 この時期ですから、冷房をパワフルモードで入れます。 部屋の温度が寝苦しくなくなるまで、10分程、部屋の掃除をします。 帰宅15分で私は寝ています。 そんな生活は異常だそうです。 私的には最も無駄が無く合理的な生活だと思うのですが。 以上、最後までお [続きを読む]
  • 睡眠不足になったら最後
  • 皆さん御世話になっております。 3週間程、投稿をサボってアクセスが大暴落中、CoyManagement広報部 佐藤でございます。 私事ですが本日、目が覚めたのが、深夜2時でした。 それから中々、入眠することが出来ず、擦った揉んだすること一時間、私はとうとう始発の時間を調べ始めました。これが悲劇の始まりです。 そう、始発で会社に行こうと思いたったわけです。 そんなこんなで深夜4時過ぎに電車に乗り込みます。 普段は満員電 [続きを読む]
  • アメブロは手八丁口八丁
  • 皆さんお世話になっております。 Coymanagement広報部 佐藤です。 休日で二日酔いだと言うのに本日も更新ですよ。 二日酔ですから今日は雑に行きますよ。 最近、ユーチューバーを見ていて私、佐藤は思いました。綺麗なことだけを発信する必要はないんだ〜、と。 ラファ○ルしかりヒ○ルしかり、汚い部分も出しながら、なんだかんだユーチューバーとして跋扈しています。 ユーチューバーもアメブロバーも察してて変わりませんよ。 [続きを読む]
  • 給料を上げたければ
  • 皆様お世話になっております。Coymanagement広報部 佐藤でございます。 前の投稿日を見てサボりにサボった自分に愕然としました。 いつか月刊誌くらいの投稿ペースで底々評価されるブログに成長させたい所存です。 しかし、アメブロ界の中間管理職になるまでは基本、毎日投稿は必須です。ある程度の知名度、実績を出すまでは、毎日投稿は最低限しなければなりません。サボってますが。 仕事でも同じことが言えます。ある程度、実 [続きを読む]
  • 何事にも限界はある
  • 皆様お世話になっております。 Coymanagement広報部 数日投稿をサボったら、アクセスが右肩下がりの佐藤でございます。 継続は力なり。 間違いありません。 しかし、周囲の人間が、こいつは毎日頑張るのが当たり前、そんな状況になってしまった時を日本語では三文字で表せます。「頭打ち」です。 毎日、必死に頑張れば周囲の人間は頑張っているなと思います。 しかし、時間が経つにつれ、周囲の考えは変わってきます。 コイツは [続きを読む]
  • 安定なんて無い
  • 皆様、お世話になっております。 Coymanagement広報部 佐藤です。 日本の経済は緩やかに衰退しています。 世界が日本に飽きたと言っても良いでしょう。 スマートフォンが出来、日本独自のガラケーの時代はあっけなく終了しました。 さらにロボット事業も人間っぽい動きをするよりも、荒野や荒野、障害物の中を歩けるロボットが実用的。 残念ながら日本のロボット研究は人間っぽい動きに固執していました。 福島原発でのロボット [続きを読む]
  • 当社が出来ること
  • 皆様お世話になっております。 Coymanagement広報部 佐藤でございます。 まだ、一度も宣伝していなかったので、当社が展開しているサービスをお知らせ致します。 そう、今日は告知の巻です。 相当、暇な人だけ見てください。 忙しい人にはここで宣言します。時間の無駄です。 当社のサービスはIT企業への就職/転職支援。 また、独立支援としてフリー案件の提供や、法人化コンサルタントです。 未経験者でも第一線で活躍出来るよ [続きを読む]
  • 例の動画配信サービスでブログの市場規模は...
  • 皆様、お世話になっております。 Coymanagement広報部 佐藤です。 アメブロを毎日アップするようになり、難しい所だなと思ったことは、万人ウケするブログと、何かに特化したブログのどちらが良いのか。 万人ウケをしないとアクセスがアップしない。 しかし、当アカウントのようにIT業界への就職/転職/独立を考えている人が読んでくれる記事とは、万人ウケする記事とは言えないでしょう。 完全にド壷です。 しかし、私、佐藤は諦 [続きを読む]
  • 米Google 感染症の原因となる蚊の駆除プロジェクト
  • 皆様、お世話になっております。 Coymanagement 広報部 佐藤でございます。 気になったニュースがありましたので、紹介致します。 米Googleが親会社である生命科学企業Verily Life Sciencesは7月14日(現地時間)、ウイルス/病元菌を媒介する蚊を駆除するプロジェクト「Debug Project」を米カリフォルニア州フレズノで実施すると発表した。 人工的に生産した不妊蚊(交尾したメスの卵が孵化しないようにするオス)を毎週100万匹 [続きを読む]
  • 社会は想像以上にちゃんとしていない
  • 皆様、お世話になっております。 Coymanagement広報部 佐藤でございます。 学生に言いたい!社会は意外とちゃんとしていないと! いきなり何だ?と思われるかもしれませんが、実際問題、そうなのです。 今のご時勢でも確実に存在するパワハラやセクハラ。 仮に上記の事象が起こった時の社会の反応。 そうですね、まがいなりにもSI/SES系のブログですのでそれらで例えると、会社に指定された企業へ召還されたとし、パワハラ、セク [続きを読む]
  • ブラック企業は不平等
  • 皆様お世話になっております。 Coymanagement広報部 佐藤でございます。 根本的に人間はどうして働かなければいけないのか? 生きる為です。 古代から人間は狩や農業など、生きるために仕事をしております。 他の生き物も生きるため、ある意味、仕事をしているのかもしれません。 紙幣制度が導入されてから仕事をする本当の意味があやふやになっている気がします。 紙幣制度自体は画期的な発案だと理解はしておりますが、賃金の [続きを読む]
  • 取り乱したら終わり
  • 皆さんお世話になっております。 Coymanagement広報部 佐藤でございます。 「ぶれない」 これはとても大切なことです。 人の一挙手一投足でいちいち信念を曲げていては、何も成し遂げることが出来ません。 私、佐藤は大企業本社の本番サーバーで、全国ニュースになるかならないかレベルのミスを犯したことがあります。 ヤバイ時程冷静に。 ヤバイ時にあせっていてはなにも出来ません。 私は淡々と被害範囲と今後の被害、それらの [続きを読む]
  • 逃げる人は成功出来ない
  • 皆さんお世話になっております。 Coymanagement広報部 佐藤でございます。 毎日欠かすことなく何かを行うことは全ての最小公約数です。 起業するにも、出世するにも必要です。 上記を言い換えれば、毎日欠かすことなく努力をすることです。 確かに革新的なアイディアや、新たなトレンドは重要です。 しかし、これらだけでは何も出来ません。 今の社会で最も稼げるトレンディな副業、そのうち副業ではなく本業になるのでしょう。 [続きを読む]
  • 未経験からのIT企業は茨の道
  • 皆様、お世話になっております。 Coymanagement広報部 佐藤です。 夏真っ盛りですが、基本的に屋内作業のエンジニアには関係ない話です。 プログラマー・システムエンジニアになって成功するにはどうしたらいいか? 高校生・浪人生で上記のような方は情報系の大学、専門学校へ進学しましょう。 大学生の方は就活や単位が問題無いのであれば、情報系の授業やゼミに行くことをお勧めします。 問題は既に社会人の方です。 全くの未 [続きを読む]
  • 他人の意見は参考程度
  • 皆様、お世話になっております。 Coymanagement広報部 佐藤です。 世の中には色々な人がいます。 人情味があり、家庭を大切に思う人もいれば、起業意識が高く、向上心に溢れる人もいます。勿論、中にはどうしようもない人がいることも確かです。 人々のスタンス・思想は十人十色、正解などありません。 ですから、他人の意見を参考にすることは良いですが、他人の意見に流されてはなりません。 その人にとって正解でも、あなたに [続きを読む]
  • 見る側の心理
  • 皆様お世話になっております。 Coymanagement 広報部 佐藤です。 最近ブログの質と言いますか、面白さが落ちていることに自覚はあります。 最初から面白かくなかったと言う意見は聞きません。 しかし、一日でも予告も無しにブログの更新をサボったりすると、そのブログの信用はがた落ちです。 暗黙の契約です。 毎日、そこそこ面白い投稿をしていることが気に入って毎日観覧している方がいるとしたら、丸一日、投稿をしないこと [続きを読む]
  • 生きる意味・働く意味
  • 皆さんお世話になっております。 Coymanagement 広報部 佐藤です。 人間は何の為に生きているのか? 確固たる理論はありませんが、(あったらノーベル賞でも貰ってます) 自分の中でも諸説ある中で有力なものの一つご紹介します。 三次元空間で生物が安定・広範囲に活動するためです。 地球上ではあらゆる場所に生命体が跋扈し、食物連鎖を繰り返しながらも着実に生息範囲を広げています。 科学者は人間なんて..特別じゃない.と言 [続きを読む]
  • 起業以前のお話
  • 皆さまお世話になっております。 Coymanagement 広報部 佐藤です。 最近、仕事をしていて気が付いたのですが、多くの人間が仕事に対して最善を尽くしていないのです。 まあ、実際そう言うものでしょうが、ある程度の監視・管理がされた環境で最善を尽くせない人間が、全く監視・管理の無い起業家になれると思えません。 社員が増えてくれば、ある程度、社員の目を気にする程度の監視効果はあるかもしれません。 しかし、社員が [続きを読む]
  • 成功者になるには真剣になる。
  • 皆様、お世話になっております。 Coymanagement 広報部 佐藤です。 大多数の方は成功を望んでいます。 しかし、大多数が成功出来ません。 熱心な方は仕事終わりに、ためになりそうなブログを読んだり、セミナーに足を運んだりしていると思います。 それも大変重要なことですが、根本は違います。 上記を毎日やるだけで成功者になれるのであれば、日本における成功者数は倍増しています。 重要なことは真剣かどうかです。 誠実と [続きを読む]
  • 実際、起業は楽じゃない。
  • 皆様、お世話になっております。 Coymanagement 広報部 佐藤です。 初めて何か事業をしようと思った時に、考えてしまうことは何か? 日銭です。 生活費とも言えます。 どんなに素晴らしい発想、アイディアがあっても、自身の生活が成り立たなければ続きません。 現実的に言えば、独立し失敗した時、誰が倒産した一ヶ月目の生活費を払ってくれるでしょうか? その後の転職は? 独立したことは日本社会では決して高スキルとは見ら [続きを読む]
  • 社会は思いのほか助けてくれない
  • 皆様お世話になっております。 Coy management 広報部 本日、電車内で爆睡し、停車駅を2駅オーバーしてしまった佐藤です。 しかし、遅刻はしておりません。 何故なら保険で3〜5本早く乗車しているからです。 保険はあるに越したことはありません。 あるに越したことのないものは、あった方が良いに決まっています。 電車だけではありません。 私、佐藤は考え過ぎな部分もあるでしょうが、バスやタクシーを使った通勤では必ずシー [続きを読む]
  • 間違っていることは間違っている。
  • 皆様 いつもお世話になっております。 Coymanagement 広報部 佐藤でございます。 今回は完全に片足ブラックに踏み込んでいる企業の社員さん向けブログになってしまいますが、 働いていると、多かれ少なかれ、不満が出てくると思います。 ・同じ仕事をしているのに給料が全く違う。・上司は遊んでいるだけ。・給料はバイトレベル・ボーナスはもちろん無いし、サービス残業。 これらを変えるには勇気と行動力が必要です。 会社のお [続きを読む]