hidechichi さん プロフィール

  •  
hidechichiさん: hidechichi style
ハンドル名hidechichi さん
ブログタイトルhidechichi style
ブログURLhttp://hidechichi.hatenablog.com/
サイト紹介文父親の視点から子育てについて考えるブログです。
自由文父親になったという実感もないまま、ただ漠然とスタートした育児も、一年が経過してようやく自覚が芽生えてきました。父親の役割、父親だからこそ出来る育児、父親視点の子育てブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供87回 / 113日(平均5.4回/週) - 参加 2017/06/02 12:29

hidechichi さんのブログ記事

  • ハイリスクだった受験の思い出
  • 僕が中学生になった頃、世間は爆発的な塾ブームとなり、それまでは近所に「くもん」ぐらいしかなかった街も、あっという間に塾が乱立しました。クラスの半数以上が塾に入る中、僕は父親の方針で絶対に通わせない (母親は入れたがっていましたが)となり、子供ながら不思議に思ったものでした。塾に通う時間があるなら、そのぶん読書をして教養を高めなさい… というのが父親の方針です。hidechichi.hatenablog.com結果として、県下 [続きを読む]
  • 尊敬される父親でありたい
  • 子供にとって母親は、いつでも戻ることが可能な母艦であり、これ以上の安心を得られる場所はありません。そこに議論の余地はありません。では、子供にとって父親とは何なのか?ひと昔前の「威厳」や「畏怖」というイメージは消え去り、亭主関白などという言葉も時代錯誤と化している昨今、子供が希求する父親像とは一体何なのでしょうか。hidechichi.hatenablog.com女性の社会進出、男性の育児参加が共に当たり前になった現在、母 [続きを読む]
  • 災異説 - サイイセツ -
  • 今年の日本列島は、連休となるとピンポイントで記録的豪雨や台風が直撃し、レジャー業界や外食産業にとっては受難の年になっていますね。やはり休日は休日らしく、人が街にあふれ、消費することで紙幣を流通させ、経済を回さなければ景気は低迷してしまいます。昔から「天変地異は人心と政治の乱れ」という格言がある通り、日本だけなく世界的にも情勢不安に苛まれ、軍事力の傘のもとで鍔迫り合いをしていることからしても、今年の [続きを読む]
  • 自主的に周囲の役に立とう
  • 仕事でもプライベートでも、僕が今まで出会った尊敬できる人は皆一様に、周囲の人々に対しての「気配り」「目配り」「心配り」に長けていて、清々しいほどよく働く印象があります。誰に云われるでもなく、自然と周囲が動きやすいようにレールを敷いて、そこに流れるように誘導したり、嫌味にならぬよう目上の人の顔を立ててそっとサポートに回ったり。この一連の行動は、年齢など一切関係ない上に、性別、肩書、経歴などの区別はな [続きを読む]
  • 1歳の娘から見た父親像とは?
  • 僕が仕事から帰宅して、リビングに通じる廊下のドアを開けると、1歳の娘はくしゃくしゃの笑顔で嬉しそう出迎えてくれます。父親冥利に尽きるというか、知り合いのオジサンからランクアップして、ようやく「父親」として認識されてきた喜びを実感しています。では逆に、1歳の娘のほうから見て、僕の存在というのはどのようなもので、母親以外で最も親密な存在として、どこまで信頼を寄せているのか?そんなことをふと考えてみまし [続きを読む]
  • 言行一致の教育
  • 夏休みにたくさんの「初めて」を体験したせいか、ここ最近はまた一段と娘の成長を感じる日々です。僕たちの語りかけに対する反応も、名前を呼ぶと手を挙げれるようになったり、歌にあわせて拍手をしたり、凄いスピードで習得していきます。とくに最近、彼女にとってのブームは両親の動きを真似することらしく、ペットボトルで炭酸水などを飲んでいると、側に寄ってきて奪い取り、ボトルの蓋ごと一気飲みパフォーマンスをしてくれま [続きを読む]
  • 通勤路の即席美術館に癒される
  • 僕の通勤路で毎年この時期になると、ひとつ楽しみな場所があるんです。それがこちら。某鉄道会社が開業周年記念として企画する小学生までを対象とした絵画の作品展です。通勤通学で慌ただしく往き来するコンコースに、電車や路線周辺の観光地を描いた作品が並ぶと、自然と人々の歩みも遅くなり、鑑賞される人の姿が、ちらほら見られます。小学生で高学年ともなると大人顔負けの秀逸作品もあって驚きますが、僕が好きなのは3歳以下 [続きを読む]
  • 夫婦間のリスペクト
  • 今朝のニュースで「疲弊するイクメン」を題材にした特集記事が配信されていました。逃げ場ない 心病むイクメン | 2017/9/4(月) - Yahoo!ニュース https://t.co/c6vvmHte9H @YahooNewsTopics— HIDE (@HIDE0616201659) 2017年9月4日男性の育児参加が進む昨今、疲弊したイクメンを指して「パタニティーブルー」なる造語が作られ、苦しんでいる父親が増加中とのこと。しかし、どうも記事内容を読んでいくと、そもそも違和感が拭 [続きを読む]
  • 娘のファーストシューズ
  • 娘も1歳数ヶ月が過ぎて、いよいよ自立歩行で最初の1歩を踏み出す日が近づいてきています。最近は外出先でもとにかく動き回りたいらしく、掴まれる所ならどこでも掴まる精神を発揮して、いろんな場所でつたい歩きをしようとします。ですので、ついに我が家も娘のファーストシューズを探しに行くことになり、まずは偵察がてら近所のアカチャンホンポへ向かいました。ところが。あれだけ前日の夜、娘が寝た後に夫婦であれこれ検討し [続きを読む]
  • ブログを始めて3カ月
  • おはようございます。管理人のHIDEです。いつも当ブログ【hidechichi style】に足をお運び頂き、誠にありがとうございます。2017年6月1日よりスタートして、本日ちょうど丸3ヶ月が経過し、ますますブログの世界に熱をあげている自分がいます。これも読んで下さる読者の皆様や、縁あってページに飛んできて頂いた方々のおかげです。本当にいつもありがとうございます。このブログは本来、父親の育児にスポットを当て父親視点で家族 [続きを読む]
  • 夫の趣味をどこまで容認できる?
  • ご夫婦それぞれ別々の趣味がある場合、皆さんはどのように楽しんでいますか?先日、大学時代の先輩と久しぶりに連絡を取る機会があり、諸々と積もる話もあるし呑もう!ということに。会うのは10年ぶりぐらいです。※車で行くのでノンアルコールですが。妻の許可も取り、日時も場所も決まったところで、再び先輩から連絡があり…とある知り合いのプールバーで開催されるハウストーナメントに一緒に出ないか?というお誘いでした(呑 [続きを読む]
  • 巧遅であるより拙速であれ
  • このブログでも頻繁に登場する、元トリンプの吉越浩一郎さんの言葉ですが、齢を重ねる度にこの教訓が活きてくるような気がしています。公私において直面するのが、何か行動に移したいと思っても、迷ったり考え直したり、周囲を見たりとなかなか最初の一歩が踏み出せないケースです。プライベートであれば、逡巡したとしても迷惑が掛かるのは身内か友達に限られますが、仕事では決断が遅いことで、多数の人に迷惑が掛かったり大切な [続きを読む]
  • 健康管理も父親の大事な役目
  • 夏季休暇明けの一週間。展示会出展や出張、立て続けの接待の影響で、どうにも疲労感が抜けない日々が続きました。自分の身体のことですから、どのへんが不調だとか風邪をひく一歩手前の状態であるとかが、だいたい分かっていますよね。僕の場合、そんな肉体的な不調を感じている時は、可能な限り「仕事は程々に」を心掛け、精神的な負荷がプラスされないよう注意を払っています。社会に出て収入を得る生活を続けていくには、そのベ [続きを読む]
  • 今時の若い者は〜は禁句なのか
  • どの時代、どの世代でも、必ずその時代の年長者からは「今時の若い者は〜」という小言をひとつふたつ、もらった人は少なくないと思います。僕の学生時代、それこそ1年ごとにめまぐるしく電子機器が進化を遂げ、ポケベル、PHS、携帯と身の回りの持ち物が劇的に変化していきました。それに呼応するかのように、これまで問題視されていなかった様々な事象が生まれ、その度に大人たちは子供を叱り、時には嘆いてきたと思います。そし [続きを読む]
  • 夏休みの思い出と父親育児
  • 10連休の夏休み。娘が誕生してから最長の連休でしたが、たくさんの思い出と、毎日育児をしている妻の大変さが分かる10日間になりました。この連休中、オムツ交換、離乳食を食べさせる、お風呂、寝かしつけ、これが僕の役目でした。普段、休日にやっていることと大差はないのでやる前は余裕をかましていましたが、いざ連休になり、連日いろんな体験をさせると興奮してなかなか寝てくれなかったり、離乳食をあげるタイミングが狂った [続きを読む]
  • いつのまにか躾が始まる
  • 夏休みに入り、ますます成長著しい娘。1歳を過ぎ、喃語もたくさん喋るようになって、親子の対話もどんどん活発になってきています。それと共に、喜怒哀楽もはっきり意志表示したり、自分の思い通りにいかないことにはムキになってやり遂げようとしたり、なかなか大変なことも…。やがて僕たち夫婦も、無意識のうちに「ダメ!」とか「危ない!」など、注意を与える機会が増加。まだまだ早いかな!?と思っていた我が子への躾ですが [続きを読む]
  • 初めてのピアノ(おもちゃ)
  • 夏休みの初めて体験シリーズ。今回が最終回となります。本当は、スカイツリー展望台とすみだ水族館を予定していましたが、生憎の雨模様のため断念。よって最終回は、初めての「ピアノのおもちゃ」で音楽の世界、ピアノの世界を体験させてみました♪以前も書きましたが、妻も僕もピアノ経験者です。もしかすると自然とピアノに興味を持つ可能性もありますが、楽器店に行くとギターやウクレレに声をあげて触ろうとするので、まだ分か [続きを読む]