hidechichi さん プロフィール

  •  
hidechichiさん: hidechichi style
ハンドル名hidechichi さん
ブログタイトルhidechichi style
ブログURLhttp://hidechichi.hatenablog.com/
サイト紹介文父親の視点から子育てについて考えるブログです。
自由文父親になったという実感もないまま、ただ漠然とスタートした育児も、一年が経過してようやく自覚が芽生えてきました。父親の役割、父親だからこそ出来る育児、父親視点の子育てブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 22日(平均7.3回/週) - 参加 2017/06/02 12:29

hidechichi さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 旅先で必ず訪れる場所
  • 僕たち夫婦の決め事として、国内旅行の場合、旅先では必ずその土地の「神社」を参拝します。御朱印帳の常備はもちろん、ポケットサイズの神様リストは、どこを旅行していても肌身離さず持ち歩いています。神社への崇敬の念や、神話の魅力については追々また記事にしていこうと思っていますが、物心ついた頃から、日本人は自然と神を崇め、神棚、御札、初詣や節目の参拝を欠かさないのは何故なのか。そのルーツや土地柄、そこに暮ら [続きを読む]
  • サンリオの魅力を熱く語る妻
  • 女子における永遠の論争であるディズニー派か、サンリオ派か…我が家の妻は、圧倒的にサンリオ派の様です。それも選択の余地がないくらい、戦う前から勝負はついていて、あの世界のディズニーの総合エンタメ力を持ってしても勝てない模様。妻いわく、ディズニーは嫌いじゃない。UNIQLOとコラボしているベビー服などかわいい服も多い。デザインも好き。ただ、それを遥かに上回るほどの魅力がサンリオグループにはあるらしいです。( [続きを読む]
  • 父親の言霊を準備する
  • 人間、いつ何時どこで寿命が来るかは神のみぞ知ること、分かりませんよね。結婚して娘が誕生し、僕は「父親」という新たな責務と同時に、万が一の事を考えてあらゆる想定をしておきたいと思いました。もしも今日、父親である僕が死んでしまった場合、物心つかない娘は一生涯、実父からの教育を受けずに今後の人生を歩んでいくことになります。それは余りにも不憫ですし、僕だって死んでも死にきれないと思います。妻がいくら、「父 [続きを読む]
  • 母の偉大さを再確認した話
  • 娘の人見知り、場所見知りが本格化する中、久しぶりに妻の実家に連泊してきました。その結果、今さらながら痛感したことは…“ 母は偉大だ ” という揺るぎない真実と、“ 父親は無力 ” とも感じた二日間でした。場所見知りの影響か、娘はまったく笑わず、自宅にいる時のように動き回ることもせず、祖父母にもつれない態度で接します。とにかく、片時も妻から離れようとはせず、少し妻が腰を上げようものなら、この世の終わりとば [続きを読む]
  • 旅の楽しさを伝えたい
  • 僕たち夫婦は旅行がとにかく大好きで、結婚する前から少しでも休みが合えば、色々なところに行きました。結婚してからは、回数は減ったものの、年に三回は必ず行こう!ということで、旅行費の積立も欠かしません。質素倹約の模範生のような妻も、旅行だけは別腹とばかり、予算もなかなかの規模に。妻の場合、共働きだった両親が多忙で、幼少期に旅行に行ったことがなかったらしく、家族旅行に対する憧れが人一倍強かったみたいです [続きを読む]
  • 自己肯定感を高めよう
  • 僕たち夫婦はどちらも、自分に自信を持って行動するタイプではありません。僕の場合はなんとか自己暗示を掛けて、決めたらすぐに行動に出るケースが多いですが、妻のほうはなかなか初めの一歩が踏み出せません。本人も自覚していて、何も考えていないように見える僕 ( 実際は考えてます ) を見習いたい!と、褒めているのかバカにしているのか、よく分からないボヤキをよく聞きます。なので、僕は妻に対して必ず「肯定」から入り、 [続きを読む]
  • 父ちゃんとメガネ
  • 僕の場合、仕事中や外出の際はコンタクト、風呂あがりや、休日でどこにも出かけないときは、メガネで生活しています。なので、ついこないだまで娘にとっては、① 家で世話を焼いてくれるメガネのおじさん② 夜に突然、帰ってくる知らないおじさんという別々の二人が存在していたようです。どちらかといえば、①メガネのおじさんのほうが、娘と遊ぶ時間が多いためか、月日の経過と共に嬉しそうに笑う回数も増えていきました。その代 [続きを読む]
  • ホリエモン氏に学ぶ
  • ふとしたきっかけで、ホリエモンこと堀江貴文氏が、近畿大学の卒業式の中で語った動画を見る機会がありました。彼が卒業生へ贈った言葉は、これからの育児にも符合することが多く、僕自身も背筋が伸びる想いで聞き入りました。★自分で出来るだけ多くの情報に接する★インターネット社会、スマートフォンの普及により、世界中の天才たちが凌ぎを削って、勝手に世界を変えようとしている現実に早く気がついてください。その情報を得 [続きを読む]
  • 娘の入院をきっかけに変えたこと
  • 娘の入院という、僕たち夫婦にとって大変ショッキングな出来事は、これからの育児だけでなく、夫婦関係においても根本から見直すきっかけになりました。hidechichi.hatenablog.com今回の件を前向きに捉えて、家族にとって何がベストなのか、常に考えていかなくてはなりません。?? 娘のことを第一に考えた生活を送る ??そんなの当然でしょ!と、思われるかもしれませんが、日々の生活の中において、ついつい自分たち大人の都合 [続きを読む]
  • 育児を通じて生涯学習
  • 人の親である以上、我が子の健やかな成長を願うことは勿論、僕たちは明るい未来が待っている子供のために、ちょっと先回りして研鑽を積んでおかねばなりません。言語も操れない、文字も読み解けない赤子よりも、僕たち大人は少しだけ優位にあり、調べたり体験したり、成功や失敗から学び、それらが糧となって人間形成されていく…。なので僕は、父親として可能な限り、自分が得た知識や経験、成功や失敗の数々を惜しみなく伝えてや [続きを読む]
  • 日曜の午後
  • 平日はなかなか娘と接する時間も短く、土曜日は買い物などの外出が多いので、日曜はたっぷり娘と遊びます。僕が心掛けているのは、父親オリジナルの遊びだったり、妻と少し異なる接し方で、五感に刺激を与えることです。妻いわく、僕と遊ぶときには普段聞いたことのないような奇声?をあげたり、明らかにいつもよりも興奮しているとのこと。父親冥利につきます☆Wikipediaによると、父親の役割とは“ 父親は、子供の社会性の発達や [続きを読む]
  • PMS(月経前症候群)と妻のその後
  • 妻にPMS発症の疑いがあり、婦人科を受診させるか迷っていた矢先、娘が入院という経緯は以前に書きました。hidechichi.hatenablog.comあのショッキングな出来事から、そのまま年末年始を迎えて、僕も妻も自分のことは後回しで、とにかく娘のために出来ることだけを考えて過ごしてきました。娘の予後は順調で、朝晩の粉薬もきちんと飲むし、副作用もなし、痙攣もなく、まず安心といったところです。妻も娘のために必死でしたので、入 [続きを読む]
  • 好きこそ物の上手なれ
  • 最近、近所のショッピングモールに行くと、必ず娘はこのアコースティックギターの前で停まることを要求して、いつまでも飽きずに眺めています。これは、ひょっとするとモーツァルトよりも早くに音楽に目覚めるのか!?※娘はまだ0歳児です。と、淡い期待を抱かせてくれます☆僕たち夫婦のひとつの夢ですが、もう少し大きくなったら、楽器屋さんに連れて行って、いろいろ実際に触らせて好きになった楽器を習わせてやりたい!王道は [続きを読む]
  • 乳児痙攣とテグレトール
  • 前記事からの続きです。娘が救急車で運ばれたという病院へ向かう途中、妻から連絡が入り、到着してすぐに意識も回復して今は元気になったとのこと。救急医療の担当医の話では、乳児の専門病棟がこの病院にはないため、念のため明日にでも再受診を…とのことでした。翌日、会社に事情を説明して午前半休をもらってから、近所にある総合病院へ。この病院は定期検診、予防接種でお世話になっているので、本当に家から近くてよかったな [続きを読む]
  • 12月27日
  • 前記事からの続きです。妻の言動と情緒の波を分析すると、毎月ほぼ同じ日数、期間で発動することが分かり、かなりの高い確率でPMS(月経前症候群)を発症していたと思います。気分転換にプチ旅に連れて行ったり、義妹に協力してもらい、姉妹水入らずで語り明かしてもらったり。榛名山めぐりなど。何より僕が困ったのは、PMSが発症していない時の妻がひどく自己嫌悪に陥ってしまい、私はダメな母親だ!となってしまうこと。そして何度 [続きを読む]
  • 好事魔多し
  • 娘の生後一ヶ月検診から始まって、お宮参り、夏休みを利用した帰省等、少しずつ初めての育児を夫婦で協力しながら、楽しめるようになってきたのは、生後半年が経った頃でした。生活リズムも定まり、娘の表情も豊かになってきて、改めて妻にも感謝の言葉を伝えたり、お互いが自発的に協力して育児に取り組む姿勢が板についてきた時期でした。ところが…Half birthday をお祝いをした週末以降から、妻が些細なことで声を荒げたり、ド [続きを読む]
  • おもいで管理人?
  • 父親になる前から我が家の場合、動画や写真の管理は僕の担当です。娘が誕生してからは、ますます熱が入ってしまって、節約家の妻にも思い出づくりのためにはどんどんお金を使おう!と説得。なので、この一年間、おもいで管理人?としてやったことを纏めました。動画や写真だけでなく、娘が物心ついた時に一緒に楽しむつもりの物も入ってますが。★毎月の記念動画撮影★僕のFacebookにストックします。(公開設定を自分のみに変更)★ [続きを読む]
  • 父親としての最初の役目とは?
  • あくまで我が家に限ってのことかもしれませんが、娘が誕生してからの父親の主な役目は 以下の三つ でした。オムツ交換のスキルアップ寝かしつけのマスターベビー関連商品の価格調査 オムツ交換、寝かしつけについては、習うより慣れろ!を実践すべく休日を中心に率先して行いました。結果、オムツ交換に関しては今でも妻よりも上手?との評価をもらい、寝かしつけに関しては、最後の着地以外(布団に置いた瞬間に泣かれる) [続きを読む]
  • 解決!?
  • 実家への里帰りを拒み、拒んだ以上両親にも僕にも泣き言は云えない!というプレッシャーが妻を苦しめていたようです。大喧嘩の後、妻としっかり話し合い、お互いに頼り頼られ、弱音も隠さず共有しよう!と約束しました。僕の実家にも協力を仰ぎ、幸い双方車で行ける距離ですし、もうこの際遠慮は無用とばかり、首の座らない初孫見学ツアーを要請したものです。この一件から、僕たち夫婦だけでなく、双方の両親との関係もより近くな [続きを読む]
  • おしどり のち 離婚!?
  • hidechichi.hatenablog.com前記事からの続きです。夫婦喧嘩慣れ?していない二人だけに、モヤモヤとした一夜が明けてからも、どこかギクシャクしていたのを覚えています。妻は出産という大仕事を終えたばかりの身体だし、いくら自ら里帰りを拒んだとはいえ、それを蒸し返すのはあまりにも幼稚だと改めて考えなおして、翌朝僕から謝りました。この時の喧嘩はそれで済みましたが、それからというもの、妻は子供をあやす際 [続きを読む]
  • 仲良し夫婦が陥る罠
  • 僕たち夫婦は二人生活が長かったせいもあり、お互いに尊重し合い、喧嘩もほとんどしない、おしどり夫婦だと思っていました。これは付き合ってすぐのカップルや、新婚のご夫婦にありがちな話ですが、最初のうちにきっちり話しあったり、大喧嘩をしておかないと、のちのち大きな禍根を残すことになります。今だからこそ笑って話せますが、僕たちはまさにこの事例の通り、子供の誕生をきっかけに、夫婦の間に亀裂が出来てしまったので [続きを読む]
  • 父親になる?
  • 世にいうイクメンと呼ばれる我が子はもちろん、妻へのケアも怠らない男性には怒られる話かもしれませんが…。 hidechichi.hatenablog.com 僕の場合、結婚して四年間は二人の生活を満喫していた事もあって、子供を授かったとわかったときは手を取り合って喜びました。好きなものを食べたり呑んだり、趣味の旅行にもたくさん行って、このまま二人の生活が続くのも悪くないかもな〜と思ってみた時期も正直ありました。  [続きを読む]
  • プロローグ
  • 娘が誕生してもうすぐ一年が経ちます。まさか自分の人生の中で、父親になるという日が来るとは想像もしてなかったし、それを積極的に望んでもいませんでした。縁あって結婚し、こうして子供を授かり、あっという間に一年が経とうとしている今、やっと父親としての自覚が芽生えたように感じています。正直、妻が妊娠中も、娘が誕生しても、周囲の人の祝福を受けても、役所などの手続きをしている時でさえ、いつも実感のないフワフワ [続きを読む]
  • 過去の記事 …