hide さん プロフィール

  •  
hideさん: 行政書士試験 独学チャレンジ!!
ハンドル名hide さん
ブログタイトル行政書士試験 独学チャレンジ!!
ブログURLhttps://ameblo.jp/gs-all5/
サイト紹介文行政書士試験に挑戦して気付いたこと、学び始めから参考になる内容まで幅広く見て頂ける内容を目指します。
自由文独学にて資格を取得し、行政書士としての登録が済んだのがきっかけでブログを始めました。
試験勉強のことや日記的なこと、もちろんいつになるかはわかりませんが、お仕事の内容なども少しずつ書いていければと思ってます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供95回 / 84日(平均7.9回/週) - 参加 2017/06/02 20:14

hide さんのブログ記事

  • 今日の過去問は???
  • おばんです。 今日は過去問の日です。 今日は、即行で始めましょう。 本日は平成26年度問16の問題を〇×式でやります。 問不作為の違法確認の訴えは、公法上の当事者訴訟の一類型であるから、法令以外の行政内部の要綱等に基づく申請により、行政機関が申請者に対して何らかの利益を付与するか否かを決定することとしているものについても、その対象となりうる。 【A5等級】宮城県ブランド牛 仙台牛 お得セット 1kg 【国産 [続きを読む]
  • 今日は抗告訴訟について少しですが。。。
  • おばんです。 行政事件訴訟法の抗告訴訟を少しやってみたいと思います。 この行政事件訴訟法を第一条から見ていきますと気付くことがあると 思います。 第二章第一節、取消訴訟ですね。 行政事件訴訟法の大部分が取消訴訟であり、その他の訴訟について は取消訴訟の規定を準用しているようです。 取消訴訟が重要なのがわかりますね。 それでは、今日は? 取消訴訟はボリュームがあるので外堀から埋めて行こうと思います。 まず、 [続きを読む]
  • 今日は会社法の過去問ですね。。。
  • おばんです。 仙台はパッとしない天気が続いておりますが、皆さんの地域はいかが ですか? 人間、暑ければ涼しいのを好み、寒ければ日差しを好む、当たり前で すが何なんでしょうね。 贅沢を知ってしまっているからなんでしょうか。 それでは、今日も気合を入れて始めましょう。。。 本日は平成28年度問40の問題を〇×式でやりましょう。 問題は、合名会社および合資会社について会社法の規定に照らし、 誤っているものの組合 [続きを読む]
  • 今日は会社法について。。。
  • おばんです。 今日は会社法について基本的なところを書いてみようと思います。 この会社法、以前は商法第2編に規定のあった会社に関する部分を 統合・再編成し、会社法として法律が制定されたました。 ですので商行為の商法に関する会社法は特別法にあたります。 まず基本ですので一条を。 (趣旨)第一条  会社の設立、組織、運営及び管理については、他の法律に特別の定めがある場合を除くほか、この法律の定めるところによる [続きを読む]
  • なんだかなぁ〜って思ってもやることはやらないと。。。
  • おばんです。 いやぁ〜、なんだかなぁ〜ってここで愚痴ってもしょうがないんですが ね〜。 人生何なんだろ?zzz。 それも自分のやっすい人生ってところなんでしょうがない。 でも愚痴りたいってとき、ありますよね〜。 そんな時でも試験に向けて前向きにやりましょう。。。 本日は平成28年度問14の問題を〇×式でやります。 そうです、昨日の再調査の請求の過去問です。 それでは早速。 問行政庁の処分につき、処分庁以外 [続きを読む]
  • 今日は行政不服審査法の新しい制度について。。。
  • おばんです。 今日は2016年4月からスタートした新しい不服申立ての制度、再調 査の請求について書いてみたいと思います。 処分庁に直接申し立てる異議申立て制度に変わるものです。 それでは早速。 (再調査の請求)第五条  行政庁の処分につき処分庁以外の行政庁に対して審査請求をすることができる場合において、法律に再調査の請求をすることができる旨の定めがあるときは、当該処分に不服がある者は、処分庁に対して再 [続きを読む]
  • 今日は過去問。。。
  • おばんです。 今日は行政指導の過去問です、って言ってもなかなかいい問題が許 諾を得ている範囲では見つかりませんでした。 すみません。 と言うことで今日のところは、これで。。。 宮城県産 北限のゆずで作った 柚子エッセンシャルオイル30ml Amazon なんて言いません。 問題自体はたくさんあるんですが、これが良いなってのがなかったん ですね。 私的に許諾を得ている平成23年以前の問題に良問が多いなと思って おりまして [続きを読む]
  • ご報告。。。
  • こんにちは。 今日は、以前書いた試験問題の過去問について問合わせた結果のご 報告です。 行政書士試験研究センターのホームページ上には23年度分以降し か掲載がありません。 前回、使用許諾を得たときに問い合わせればよかったんですが、それ 以前のものを掲載できるとは思わなかったんですね。 単純に。。。 今現在、古い過去問を掲載しているところは、昔、許諾を得ているん だな、くらいに思っていましたので。 23年度 [続きを読む]
  • 今日は行政手続法の行政指導について。。。
  • おばんです。 高校野球の熱い戦いが続いておりますね。 昼からビールで観戦ってのも良いんですが、なかなかできません。 贅沢するには、モット頑張らねば。 今日は行政指導です。 以前、行政指導の定義と適用除外についてサラッとふれました。 今日は条文を見ながらやっていきます。 行政手続法第四章に行政指導はあります。 まず、定義を再確認します。 (定義)第二条  六 行政指導 行政機関がその任務又は所掌事務の範囲内 [続きを読む]
  • 毎日毎日コツコツと。。。
  • おばんです。 試験勉強は毎日少しでもやるように心がけましょう。 5分、いや、一問、いや、ひと節。 何でもいいと思います。 私も受験期は必死でしたよ。 時間が無いときは、連帯債務の絶対効を念仏のように歩きながら唱え てました。 弁済は別としても、請更相免混時、請更相免混時、請更相免混時〜 〜〜〜ブツブツブツ。。。 傍から見れば笑えるんですが、何かやらねばって感じでした。 そして今があるって感じですかね。 それ [続きを読む]
  • 今日は相続の法定相続分や欠格事由など。。。
  • おばんです。 今日は、以前書き忘れた法定相続分の割合のことや代襲相続なんか を書いてみたいと思います。 まだ、私は経験はありませんが実務では相続をメインでやっている行 政書士の先生もいるようですので大切なところです。 それでは早速。 まず、相続分とは、 共同相続において、各相続人が相続財産を承継する割合のことを言 います。 それではどのように扱われるのか。 (共同相続の効力)第八百九十八条  相続人が数人あ [続きを読む]
  • 地方自治法の過去問やるよ〜〜〜。。。
  • おばんです。 本日は昨日の地方自治法の過去問をやろうと思います。 誤ったものを判断する個数問題なんですが、こんなのも問題としてださ れるんだってのもありますが、一度やってしまえば予備知識として頭に 入ると思いますのでサラッとやりましょう。 本日は平成24年度問22の問題を〇×式でやります。 個数問題ですが、○×式ですので理解してれば個数問題だって言う のは気にする必要はありません。 それでは早速。 問地方 [続きを読む]
  • 今日は地方自治法を少し。。。
  • おばんです。 今までいろんな科目を少しずつ見てまいりましたが、やっぱり科目が多 いですね。 民法は条数も多いですし、行政法にいたっては今日の地方自治法も 行政法に含まれますしね。 法律の勉強をしてなかった人で、一発合格出来る人ってどんな勉強を どのようにしてるんでしょうね。 気になります。 きっと頭の構造が違うんでしょうね。 羨ましいです。 さて、早速。。。 地方自治を見るうえで先に日本国憲法を見てみましょ [続きを読む]
  • ジメジメジメ。。。
  • こんにちは。 仙台はここんところずっと曇り空。 湿気は多いし、夜には霧雨が降るしね、ちょっと気分が? 暑けりゃ暑いで文句が出るんですが、やっぱり夏ですし暑い方がまだ いいですよね。 あぁ〜日差しがって思っていたところで、思い出しました。 まつぽい。 第四回仙台弁講座ですね。 なんとなくわかります? まぁ、雰囲気ですね。 イメージっていうか。 日差しのある地域の方は、上を向いて、「あぁ〜まつぽい。」って言っ [続きを読む]
  • 今日の過去問は、行政事件訴訟法から。。。
  • おばんです。 試験勉強は毎日続けることが大切です。 時間がないときでも何か一つ身につけるんだという姿勢が大切です。 継続は力なりです。 それでは、本日は平成23年度問16の問題を〇×式でやりましょ う。 問題 A県収用委員会は、起業者であるB市の申請に基づき、同市の市道の用地として、2000万円の損失補償によってX所有の土地を収用する旨の収用裁決(権利取得裁決)をなした。 早速辞書です。 権利取得裁決=土地の [続きを読む]
  • 行政事件訴訟法について。。。
  • おばんです。 今日は行政事件訴訟法の概要をやろうと思います。 今まで見てきた行政不服審査法は行政権自身が妥当性、適法性を 判断してきました。 ですが、やはり、身内のことを判断する訳ですから、それに対して最終 判断を権限として与えることはできません。 そこで最終的には裁判所が判断できるように行政事件訴訟法が制定 されました。 これは日本国憲法に規定された条文です。 日本国憲法第七十六条  2  特別裁判所は、 [続きを読む]
  • 今日は初挑戦です。。。
  • おばんです。 今日は初めてのことに挑戦です。 今まで五肢択一の過去問をやっていましたが、今日は遺言について 記述式の問題をやってみます。 ポイントのみの解説でしたが理解できていれば解ける問題です。 それでは早速始めましょう。 本日は平成24年度問46の問題を行います。 問題はどのような請求によって、何について遺言を失効させるかを40 字程度で記述するものです。 会話の内容は以下のものです。 相談者 「今日は遺 [続きを読む]
  • 昨日に引き続き遺言をね。。。
  • おばんです。 今日は昨日に引き続き遺言を見ていきたいと思います。 遺言は民法の第九百六十条の総則から遺言の撤回及び取消しの第 千二十七条まであります。 いつものように過去に問われたものを中心にやりますね。 それと、遺言は民法の第五編の相続の中の第七章にあるんですが、 以下に続き節、款と細かく分かれております。 第三編の債権に至っては最少が第三編第○章第○節第○款第○目 まであるんですね。 ちょっとこの辺の [続きを読む]
  • 遺言について。。。
  • おばんです。 少し行政法が続きましたので今日は民法をやろうと思います。 先日、同期の先生と遺言について電話でお話をしました。 昨日も、あるところでそんな話題になりまして、ちょっと勉強したらって 誰かに言われているような気がしたので今日のタイトルです。 遺言(ゆいごん)とは、 死後のために生前に言い残す言葉。 自分の死後のために、財産の処置などを言い残すこと。 と出てきます。 条文を確認してみましょう。 ( [続きを読む]
  • 今日は裁決について。。。
  • おばんです。 今日は審査請求の第五回目の裁決です。 昨年の試験で合格致しましたので、法改正の試験対策もやったことは やったんですがサラッと改正点だけ見てましたので条文を読み込むの は皆さんと一緒で初めてかもしれません。 私もまだまだ勉強中なものですからね。 条文だけでいまいちツマラナイところではあるんですが、まぁ少しお付 き合い下さい。 この裁決で審査請求は最終回となります。 あとは、再調査の請求、再審査 [続きを読む]
  • 今日から仙台七夕まつりです。。。
  • こんにちは。 仙台は、今日から仙台七夕まつりです。 私が小さかったころは、飾りが中心でしたが今ではイベントも増え、見 応えも増加しています。 七夕祭りの思い出と言えば、、、、、、迷子になったことですね。 なったと言うかはぐれたと言うか。 人の波にもまれて気付いたときは一人お店の軒先にポツンと。。。 まぁ、ちょっとしたら気付いて迎えに来てくれましたが、たぶん就学前だ ったと思います。 お祭りっていうとテン [続きを読む]
  • 今日は第四回目ですね。。。
  • おばんです。 今日は審査請求の第四回目となります。 行政不服審査会等への諮問と設置及び組織、調査審議の手続を見 てみたいと思います。 条文が中心ですが、中身が濃いです。 独学だと基本書と過去問が中心になり、必要性を感じないと条文はな かなか見ないですから、この機会に是非、読んでみて下さい。 それでは早速。 行政不服審査会等への諮問から。 第四十三条  審査庁は、審理員意見書の提出を受けたときは、次の各号の [続きを読む]
  • 審理手続について。。。
  • おばんです。 本日は第三回目と言うことで審理手続について書いてみたいと思いま す。 一緒に見てまいりましょう。 (審理手続の計画的進行)第二十八条  審査請求人、参加人及び処分庁等(審理関係人)並びに審理員は、簡易迅速かつ公正な審理の実現のため、審理において、相互に協力するとともに、審理手続の計画的な進行を図らなければならない。 まぁ、当然。 以前、司法権と違って解決まで時間も費用もかからないと書きまし [続きを読む]
  • 今日は行政不服審査法から過去問を。。。
  • おばんです。 なかなか解説をしてから過去問をっていうのも難しいもんですね。 一気に解説が出来る訳ではないので、どうしても肢の中に未解説のも のが入ってしまいますが、皆さんは予習ってことでご勘弁を。 それでは、本日は平成28年度問15の問題を〇×式でやりましょ う。 審理員は、処分についての審査請求において、必要があると認める場合には、処分庁に対して、処分の執行停止をすべき旨を命ずることができる。 浦霞  [続きを読む]
  • 本日は審査請求の第二回ですね。。。
  • おばんです。 今日は審査請求の第二節、審査請求の手続を書いてみたいと思いま す。 本日も条文中心ですができる限り簡略してみたいと思います。 それでは早速。 (審査請求期間)第十八条  処分についての審査請求は、処分があったことを知った日の翌日から起算して三月(当該再調査の請求についての決定があったことを知った日の翌日から起算して一月)を経過したときは、することができない。ただし、正当な理由があるときは [続きを読む]