masahiko_428 さん プロフィール

  •  
masahiko_428さん: 創価学会と日蓮仏法と活動
ハンドル名masahiko_428 さん
ブログタイトル創価学会と日蓮仏法と活動
ブログURLhttp://soukaism10.blog.jp
サイト紹介文元バリ活の自分が創価学会や宗門、日蓮仏法について思う事を書いていきます。
自由文雅彦と申します。元バリ活の自分が創価学会や宗門、日蓮仏法について思う事を書いていきます。長年、創価学会が唯一正しいと信じ込んできました。非活になり先入観なしに考えられるようになりました。信仰とは何か?組織とは何か?どう関わるべきか?全てを総括したいと思います。書きたいテーマが山ほどありますので、随時更新していく予定です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供55回 / 21日(平均18.3回/週) - 参加 2017/06/02 20:27

masahiko_428 さんのブログ記事

  • 「SOKA2015」ブログに関して
  • 「SOKA2015」ブログに関して。macska氏。現役壮年部の方である。『真・僧俗和合』という理想を掲げて創価の改革と宗門の改善を望んいる。創価の現在の体質に深く憂慮されている。創価の会則変更の数々に異議を唱えている。macska氏の教学は、純粋な日蓮正宗の教義そのもので... [続きを読む]
  • 創価学会の政界進出に関して
  • 現在の創価の選挙活動を見るにつけ、現在の自民党に追従してる姿を見るにつけ。政治に進出すべきではなかったと思う。もはや今の創価は選挙活動がメインであり、そこから功徳が得られると信じている活動家がいかに多い事か。創価では『法戦』という用語があるぐらいだが、し... [続きを読む]
  • 悲しい分断の現実
  • 創価にも信仰心が純粋で人柄が良い素晴らしい人が多い。法華講にも純粋な方が多いのである。だから「ニセ本尊」を攻撃することが正しい破折だと信じているのである。顕正会も純粋なる方が多いが故に浅井先生の終末論に感応してしまう。それぞれが他組織を攻撃し自分の組織に... [続きを読む]
  • 理想の信仰組織とは
  • 理想の信仰組織とは何だろう?簡単に答えが出るものでは無いことは重々承知だが、あえて考察してみた。大原則として、信仰の主体はあくまでも自分自身であり、自身の生活の充実であり、自身の家族や友人の幸福なのである。組織はその為の補助に過ぎない。大聖人の御入滅後、... [続きを読む]
  • 御真筆のみに執着する連中に関して
  • 御書に御真筆が無いからという理由で、その御書を研鑽しようとする事に対して「日蓮思想をきちんと語ろうとする意志なんてない」と揚げ足を取っている者がいるが、これには全く同意できない。いま真筆が見つからないだけで、将来において発見される可能性もある。三大秘法抄... [続きを読む]
  • 組織人間になるロジック
  • 「創価学会は、仏意仏勅の広宣流布の団体です。ゆえに、その中での私たちの活動は、全て広宣流布につながっているのです。私たちが信心に励み、学会活動に挑む中で直面する苦難には、全てに意味があるのです。」「全員が組織に付き切って、学会のリーダーに育っていってくだ... [続きを読む]
  • 疑問や批判に
  • 今の創価に欠けているのは、疑問や批判に真正面から丁寧に回答することだろう。会則変更に関しての疑問や批判もマトモに答えない。過去の歴代会長の発言との整合性の矛盾を指摘されても知らんぷりである。挙句の果てに「ネットを見るな、信じるなという打ち出しがきている」... [続きを読む]
  • 創価の未来
  • 創価学会は、公称会員数827万世帯という日本最大級の宗教組織であるが。創価の未来はどうなるのだろうか?組織の高齢化が進み、未来部・青年部は衰退する一方である。今の年配の活動家の方々が、やがて鬼籍に入り、世代交代が進むと、もはや今のような活動家は維持できないだ... [続きを読む]
  • 「想学談林」のブログに関して
  • 想学談林「運ちゃん氏」のブログに関して。元バリ活の人である。創価系の記事が多い。非動になった今でも創価の記事が多いのは、自身の半生を懸けた信仰体験の総括の意味もあるだろうし、奥さんが創価バリ活だからという影響も強くあるだろう。創価組織の打ち出しを『無疑曰... [続きを読む]
  • 唯授一人血脈相承
  • 唯授一人血脈相承。大石寺系の奥義ともいうべき教義である。歴代法主の胸中、すなわち内証には、日蓮大聖人と同じ一大事の秘法が受け継がれている、という教義である。これが、どれだけ長い間、信徒を隷属化に置いていたか。大石寺の歴史の中には稚児法主と呼ばれる法主達が... [続きを読む]
  • 某三人組に関して
  • 元本部職員の方々である。思想的には池田絶対主義者とでも言うべき人達である。現在の活動までの経緯を丁寧に読んでみた。現在の創価の問題点の認識としては非常に参考になる。実名と顔を公表してメディアにも何度も出ている点、定期的に各地を転々として座談会を丁寧に行っ... [続きを読む]
  • 「ニセ本尊」と攻撃する宗門の人達
  • 創価学会の一般会員が仏壇に安置している御本尊。栃木県・淨圓寺が所蔵していた日寛上人がお認めになった略式御本尊を会員に複写・配布する際に、その一部を改竄したと指摘されている。具体的には、左下の霞んだ文字の所を明瞭にして、左端の授与書を削除した、と指摘されて... [続きを読む]
  • 組織と、どのように関わるべきか
  • 創価が全て間違いと断じるつもりも無い、正しいと妄信もしない。宗門が全て正しいとも思わない、すべてが間違いと断じる事もしない。それぞれの組織が理想に基づき活動をしている。個人として、日蓮仏法を信奉する組織とどう関わるか。私の考えは、必要に応じて、創価の人と... [続きを読む]
  • 日蓮本仏否定派の根拠
  • 日蓮本仏否定派の根拠はこうである。・大聖人や日興上人に直接本仏と明記された真筆文章が無い。・弘安2年の大御本尊が、大聖人の出世の本懐である証拠が無い。非常に疑わしい。・大石寺第9世法主・日有師の代になって急に出だした。・百六箇抄、産湯相承書、本因妙抄は偽書... [続きを読む]
  • 大聖人滅後の御本尊に関して
  • 大聖人は御自身の滅後、御本尊に関して、どのような方針だったのか。新しい門下ができたときに、御本尊をどのように配布したり閲覧させるおつもりだったのだろうか。・弟子達に書写を任せる。・印刷技術を利用する。・今まで配布した御本尊を寺に管理しておき、弟子達が集ま... [続きを読む]
  • 大乗非仏説
  • 大乗非仏説。大昔からある説であるが、残念なのは日蓮仏法を学んだ人でも、この説を支持する人がいることである。釈尊が大乗を法華経を説いてないのならば、小乗しか説いていないのならば、釈尊の説いた法は一部の二乗しか成仏が約束されないことになる。女性も成仏が許され... [続きを読む]
  • 聖教新聞
  • 機関誌である聖教新聞。『無冠の友』と呼ばれる末端の会員の配達員によって毎朝届けられている。定期的に『永遠の師匠』からの激励メッセージで『無冠の友』を称えるのは良いが、冬の雪道や、天候の悪い日、特に地方でバイクや車での配達が必須な地域などは事故の不安が常に... [続きを読む]
  • 信仰の目的と組織
  • 信仰の目的はあくまでも自分の生活の充実であり、家族や友人の幸福である。その為に御書を根本に祈りを根本に日々の生活を充実しようと努力する。仏法対話も一人一人と一生をかけて続けるものであろう。どこかの組織に放り込めば広宣流布完了というものでは決してない。組織... [続きを読む]
  • 組織は、あくまで補助である
  • 創価学会、日蓮正宗、顕正会。日興門流の代表的な教団組織がある。どれもが互いに批判している現状である。やれ「ニセ本尊」だの、やれ「日顕宗」だの。宗門は登山に躍起になり、創価学会は大誓堂詣で、選挙活動に躍起になる。顕正会は、終末思想で強引すぎる布教活動を繰り... [続きを読む]