H:U さん プロフィール

  •  
H:Uさん: 体調管理で健康・元気
ハンドル名H:U さん
ブログタイトル体調管理で健康・元気
ブログURLhttp://kenkou-bar.com
サイト紹介文体調管理、自律神経、筋トレ、サプリ、身体に良い事なんでもやります。
自由文自律神経と整えて脱ストレス!健康オタクの健康日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供60回 / 70日(平均6.0回/週) - 参加 2017/06/03 09:17

H:U さんのブログ記事

  • 冷え性対策でがん予防
  • がんの原因は様々ありますが、高脂肪食や食べ過ぎは、血液中に老廃物や過剰な脂肪分、コレステロールなどを増やし、血液を汚す元凶であると言われています。がん予防には高脂肪の食事を控え、腹八分目で身体を温める血が汚れると体は浄化しようと働き、その老廃物などをまとめて塊にしてしまいます。これががんです。したがって、がん予防には食事を見直し、過食を控え、血液の汚れを防ぐことが大変重要です。また、がん細胞は35度 [続きを読む]
  • 症状別冷え性対策「むくみ」
  • むくみとは、体内の細胞と細胞の間に水が溜まって起こる「水毒」の典型的な症状です。むくみの原因は体内の余分な水分 体温を上げて解消細胞には水分を吸収する力がありますが、体が冷えているとその能力が下がり、本来吸収されるはずの水分が細胞の外に溜まったままになってしまいます。その水分によってさらに細胞が冷やされるという悪循環に陥ります。これが体内にある余分な水分で「水毒」といわれ、むくみやたるみだけではな [続きを読む]
  • 症状別冷え性対策「更年期障害」
  • 多汗、ホットフラッシュ、動悸など、閉経前後の女性に起こる様々な不調は、いわゆる更年期障害と呼ばれています。更年期障害の症状対策には下腹部を温める西洋医学で更年期障害は、閉経に伴う女性ホルモンの分泌低下が原因とされていますが、漢方医学での更年期障害の原因は下腹部の冷えにあると言われているそうです。更年期に入ると卵巣の機能が低下し、それまで子宮や卵巣を巡っていた血液が少なくなります。さらに、この年代に [続きを読む]
  • 症状別冷え性対策「風邪・発熱」
  • 風邪やインフルエンザにかかると熱が出ます。これは、体がウイルスや病原菌と戦っているために起こる症状です。通常、体温が1度上がると免疫力は5倍にも上がるといわれており、体は体温を上げて免疫機能をフル回転させているのです。発熱時は解毒剤を使わず、発汗で自然に体温を下げる発熱による発汗が起こっているときは、血液中の老廃物や余分な脂肪分なども燃焼し、血液が浄化されるので、発熱はむしろ歓迎するべき反応といえま [続きを読む]
  • 症状別冷え性対策「生理痛・生理不順」
  • 生理不順、生理痛をはじめ、男性には解らない女性特有の悩みのほとんどは下腹部の冷えが原因です。おへそから下の腹部に手を当てて、おへその上の部分より冷たい人は要注意です。そのおへその下の部分の血流が悪くなって、十分な酸素や栄養、免疫物質が運ばれていない可能性が高いです。冷え性の女性に多い生理不順や生理痛 下腹部を温めて対策を下腹部には卵巣や子宮という大切な臓器があります。そこが冷えてしまうと、女性にと [続きを読む]
  • 症状別冷え性対策「貧血」
  • 貧血とは血液や赤血球が足りない状態であったり、赤血球中の血色素量が足りない状態のときに起こります。貧血の8割を占める鉄欠乏性貧血の原因としては、胃潰瘍や月経過多により出血があること、もう一つは食事に鉄分が不足していることなどが考えられます。貧血の原因のほとんどは鉄分不足特に病気も無いのに貧血だという人は鉄分の多いプルーンなどを間食に取り入れてみたら貧血改善に役立つかもしれません。また、赤や黒い色を [続きを読む]
  • 症状別冷え性対策「高血圧」
  • 食べ物の工夫で動脈硬化を防ぎ、スクワットで筋力をつける高血圧の主な原因として、塩分の摂りすぎ水分の摂りすぎ動脈硬化下半身の筋力の低下この4つが挙げられます。このうち、塩分の摂りすぎは良く知られていますが、水分も取りすぎると血管内の水分が増えて血圧が上昇するので注意が必要です。また、筋肉には毛細血管が張り巡らされていて、多くの血液が流れていますが、加齢とともに下半身の筋肉が減少すると毛細血管も一緒に [続きを読む]
  • 症状別冷え性対策 「肥満・メタボ」
  • 肥満対策として体脂肪率を気にする人は多くいると思います。体の60%は水分ですから、体重の増減に最も関係してくるのは水分です。「水を飲んでも太る」という水太りの人は要注意です。体温が低くて代謝が悪く、水を排泄する力が弱っている可能性が高いです。肥満・メタボリックシンドローム対策は入浴・運動で新陳代謝を上げるメタボリックシンドロームとは、内臓脂肪がたまり、高血糖、高血圧、高脂血症の二つ以上が合併してしま [続きを読む]
  • 症状別冷え性対策 「疲労・倦怠感」
  • 体を作る60兆もの細胞は全て糖分を主なエネルギー源として活動しています。糖分が不足すると疲れが生じ、自覚しないままでいると疲労が蓄積して大病を招きかねません。倦怠感・疲労回復には糖分をしっかり食べる疲労回復の鉄則はまず、米、パンなどの糖分を摂ることです。さらに疲労回復効果の高いビタミンB1を効率的に摂取することが重要です。豚肉や牛肉、ハムなどに多く含まれるビタミンB1は通常では吸収されにくいですが、ネギ [続きを読む]
  • 症状別冷え性対策 「便秘・下痢」
  • 便秘は腸の冷えが原因 冷たい水やサラダは逆効果男性・女性、高齢者問わず便秘な人は多いですが、原因は大腸や直腸が冷えて働きが鈍くなっていることが多いです。改善方法としては、腸を温める作用があり、食物繊維が多い食材を食べると便秘の改善に効果的です。お勧め食材は小豆と黒ごまです。数日間便秘が続く重症の場合、ゆで小豆、おしるこ、ゴマ塩などを頻繁に摂ると便通が改善され、腸内で発生する有毒物質が減って血液が綺 [続きを読む]
  • 症状別冷え性対策 「頭痛・肩こり」
  • 冷え性が原因の頭痛・肩こりは入浴+生姜紅茶で発汗と利尿を促して解消体の冷えと水分を除けば痛みは取れる場合があります。「雨が降ると関節が痛む」とか「寝冷えをすると下痢をして腹痛がする」という人も結構いると思います。それは冷えと水分が痛みの原因になっている場合があります。したがって、痛みを無くする為に体を温め、発汗や利尿を促して体内の余分な水分を外に出すとによって症状が改善されることが多くあります。対 [続きを読む]
  • 全身の筋肉を鍛えて冷え性対策
  • 道具もいらない自宅で簡単トレーニング「アイソメトリック運動」特別な道具を使わず、家でも外出先でもできるのがアイソメトリック運動です。アイソメトリック運動は自分が持っている力のうち、60%〜70%を発揮して行うことが出来るトレーニングで、あのブルースリーも筋力維持に行っていたと言われています。このアイソメトリック運動は運動強度を上げれば全身マッチョの下地作りになりますが、運動強度を下げて行えば熱生産や血 [続きを読む]
  • 冷え性対策には下半身の筋力アップが効果的
  • 体温の40%以上は筋肉から作られていますが、その筋肉の70%以上は下半身に存在しています。その為下半身をしっかり動かし、筋肉をつけることが冷え性対策にも重要です。スクワットで下半身の筋肉を強化して体温上昇体全体の筋肉の70%は下半身にありますが、そのなかでもお尻や太ももに筋肉が集中しています。したがって、この部分を鍛えるとより多くの熱が生産されます。スクワットはそれらの筋肉を強化するのに最適なトレーニン [続きを読む]
  • 筋力アップで冷え性対策
  • ウォーキングで冷え性対策&健康管理ウォーキングの際に動くふくらはぎの運動は、筋肉の収縮と弛緩を繰り返す効果があり、血液のポンプのように働いて、心臓から遠い下半身にたまった血液を重力に逆らって押し戻す効果があります。そのためふくらはぎは第二の心臓と呼ばれているそうです。ウォーキングにより全身の血流がよくなると、血液に乗って栄養や酸素が全身に運ばれ、腎臓の働きもスムーズになります。さらに脳にはα波が出 [続きを読む]
  • カイロを使って冷え性対策
  • 肩こりや腰痛に代表されるように、基本的にコリや痛みは冷えているところに起こりやすいものです。体が冷えると、冷えた部分の筋肉が緊張して血管がギュッと収縮してしまいます。そのため血流が滞り、体が冷えてしまいます。冷え性対策に大変有効 使い捨てカイロの活用術肩こりや関節痛、下痢や便秘、婦人科系の不調なども、体を温めることで症状が和らぐこともあります。そこで大変有効なのはカイロの有効活用です。使い捨てカイ [続きを読む]
  • 冷え性対策の基本は頭寒足熱
  • 筋肉が少なく、女性ホルモンの影響で女性は冷え性になりやすく、お腹の回りを触ってみると、おへそから上が暖かく、おへその下は冷えている傾向が強くあります。これは下半身の熱が上半身に集まってのぼせてしまっている状態です。健康の基本は頭寒足熱健康の基本は頭寒足熱と言われていますが、これは文字通りに頭を冷やして足元を温めるということです。なぜこの状態が求められるのかというと、下半身には腎臓やなど、重要な臓器 [続きを読む]
  • 体を温めるポイントを押さえて冷え性対策
  • 現代では体を冷やす生活習慣を無意識のうちに続けてしまっている人が多いです。ストレス解消を心掛け、睡眠不足を改めつつ、日ごろから体を温める工夫で冷え性対策をしましょう。温めポイントを押さえて全身冷え性対策を漢方ではお腹のことを「お中」というそうです。体の中心を整えることで体調が整い、病気になりにくい体を作ることができるそうです。冷え性の人は手先や足先が冷えやすいですが、そこだけを温めても全身はなかな [続きを読む]
  • 冷え性対策 サウナや部分入浴で体を温める方法
  • 湯船に入れない、不備先や足先が冷えて眠れない・・。という場合は手軽にできる手浴や足浴を試してみてはいかがでしょうか。部分入浴で全身浴並みに体を温める方法手や足の先は末端に行くほど血管が細くなるため、血液が十分にいきわたらずに冷えやすいものです。しかし、じっくりとゆっくりと手や指先を温めると次第に全身に汗がにじみ出てきます。また、手のひらや足の裏には全身の臓器につながるツボがたくさんあるので、内臓の [続きを読む]
  • 冷え性対策 免疫力も高める入浴法
  • 冷え性の体に欠かせない入浴入浴は毎日の習慣として取り入れやすく、簡単に体を温める方法です。湯船につかることで得られる健康効果はシャワーとは比べ物にならないくらいメリットがあります。その最大のメリットは温熱作用による血行促進効果です。冷えた体が温まると、血液によって酸素や栄養が臓器の隅々まで届いて、細胞の代謝を活性化させます。免疫の要となる白血球の働きも高まり、病気に負けない体になります。発汗作用が [続きを読む]
  • 体の冷えを招く健康に悪い生活習慣
  • 人間の体には、ある一定の温度を保つ機能が備わっています。毎日の食事で代謝活動をし、エネルギーを作り、体の中で血や肉となって熱を生み出し体温を維持しています。現代人は冷え性になりやすい習慣を重ねている人間の体には熱を作る機能が備わっていますが、便利さや快適さを求める現代社会では、多くの人が体を冷やしやすい生活を送っています。それは、食べ過ぎに加え、運動不足による筋力の低下、ストレス、睡眠不足なども原 [続きを読む]
  • 冷え性にご注意!冷え性の時の体のサイン
  • 自分は冷え性ではない、むしろ暑がりだ!という人でも実は冷え性という人はけっこう多いです。冷え性かどうかは、お腹の冷たさ、汗の量、むくみから自分で判断できます。冷え性になるとどうなる?体はこんなサインを出している自分が冷え性かどうか簡単に判断する材料がお腹の冷たさ、汗の量、むくみの3つになります。まず、身体の中心であるお腹が冷えている人は高い可能性で冷え性・低体温ということになります。これはおなか全 [続きを読む]
  • 冷え性対策&体温上昇で健康管理
  • かつて日本人の平熱は36.5度と言われていました。しかし、現代では男女・年齢を問わず平熱が35度台という人が多いようです。これはストレスや体を冷やす食品を多く撮りすぎたり、運動不足など、便利さや快適さを求めた現代の生活習慣が引き起こしたと言えます。体温が1度上がると免疫力は5倍に。体温は35.6度がベスト人間の体や内臓は、体温が36.5度で正常に働くように出来ているそうです。なので、平熱が35度台という人はそれだけ [続きを読む]
  • 自宅でエステ 家庭用キャビテーション「美ルルキャビ」
  • 自宅エステで簡単ダイエット!話題の家庭用キャビテーション「belulu cavi 美ルルキャビ」の商品レビューと口コミ紹介その体系で満足ですか?多くの女性が体系の悩みを持っているはず。メリハリのある理想のボディになるためには継続的にトリートメントをするのが一番です!「美ルルキャビ」には毎月ボディジェルが届く定期コースがあります。定期コースだと毎月ボディジェルが届いて買い忘れの心配もなし。しかもかなりお得に購入 [続きを読む]
  • 自宅で簡単!産後ボディケア「美ストレッチボール」
  • 好きな時に。簡単に。自宅でできる産後ボディケア「美ストレッチボール」1日3分・週2日「ながら」でOK!産後ママの産後ボディケアのために開発された、産後ヨガ・ストレッチのための美ストレッチボール。子育ての合間に、自宅で気軽に産後コンディショニングが可能で、育児で忙しいママの産後ボディの悩みを解消します!商品はボールのトップメーカーのミカサが機能・使用感こだわって開発し、安心安全の国内生産です。自宅で1日3 [続きを読む]