H:U さん プロフィール

  •  
H:Uさん: 体調管理で健康・元気
ハンドル名H:U さん
ブログタイトル体調管理で健康・元気
ブログURLhttp://kenkou-bar.com
サイト紹介文体調管理、自律神経、筋トレ、サプリ、身体に良い事なんでもやります。
自由文自律神経と整えて脱ストレス!健康オタクの健康日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供33回 / 14日(平均16.5回/週) - 参加 2017/06/03 09:17

H:U さんのブログ記事

  • 筋トレしながら除脂肪食事
  • いくら筋トレして筋肥大させても脂肪を落とさなければ割れた腹筋は出現しません。脂肪を落とすには高タンパク低カロリーで手軽に手に入る中食用の食品を紹介します。除脂肪=ダイエットにも効果的です。筋トレにもダイエットにも効果的などこでも買える食材鳥の胸肉、脂身の少ない豚肉、牛肉サラダチキンや鶏ササミフレーク缶などは手軽にスーパーやコンビニで手に入ります。動物性タンパク質と言えばやっぱり鶏肉です。豚肉や牛肉 [続きを読む]
  • 筋トレしながら脂肪を落とす食事
  • 中食とは、外食と内食の間。ようするに大した調理が必要なく買って帰ってすぐ食べれる食事のことを言います。組み合わせや混ぜ合わせを変えて飽きない食事をとりましょう筋トレしながら効果的に体脂肪が落ちる食事筋肉をつけるにはたんぱく質の摂取が最優先になります。PFCバランスと呼ばれる、タンパク質、脂質、炭水化物の3つの割合を少し変えて脂肪がつかない食事を心がけましょう。脂肪をつけて筋肉をつける食事の理想はタンパ [続きを読む]
  • 効果的に腹筋を鍛える筋トレ
  • 割れた腹筋が出来上がると効果的な筋トレ成功の象徴ともいえます。ぎゃくに、大胸筋や三角筋、腕の筋肉が付いてもお腹に脂肪が残っていたらちょっと残念な印象になってしまいます。腹筋は筋トレと同時に脂肪を落とさないと割れた6パックが出てきませんので、効率よく脂肪を落としながら腹筋を筋肥大させましょう。腹直筋、外腹斜筋、内腹斜筋を鍛える筋トレのやり方腹筋は中央で割れている腹直筋、肋骨の横の外腹斜筋、脇腹の内腹 [続きを読む]
  • 効果的に上腕二頭筋、上腕三頭筋、腕橈骨筋を鍛える筋トレ
  • 男性的な魅力を演出する大きな力こぶは上腕二頭筋です。筋トレ効果が目で分かりやすく、ここを筋肥大させるとモチベーションも上がります。力こぶの裏側の筋肉が上腕三頭筋です。この二つはセットで鍛えると力強くてカッコいい腕になります。また、腕橈骨筋(わんとうこつきん)は二の腕の筋肉になります。上腕だけ鍛えて手首側が細いと変な形の腕になってしまいますので上腕二頭筋、上腕三頭筋、腕橈骨筋の3つの腕の筋肉はセット [続きを読む]
  • 効果的に三角筋を鍛える筋トレ
  • 広い肩幅は男性的な逆三角形フォルムの基本です。骨格が変わらなくても三角筋を肥大させれば肩幅は広くなります。大胸筋と共に筋トレ効果をすぐに実感できる部位です。関連記事 効果的に大胸筋を鍛える筋トレ三角筋を鍛える筋トレで肩幅アップ!筋の全体を広げた時に、三角形の形になることから、肩の筋肉を三角筋という名前になりました。この三角筋がカッコいい体に及ぼす効果は大変大きいです。顔や頭が大きくても、三角筋を大 [続きを読む]
  • 効果的に大胸筋を鍛える筋トレ
  • 大胸筋の筋トレは上部、中部、下部に分けて刺激すると効果的です。胸の盛り上がりや立体感を出すためには上部のトレーニング、胸の中央に溝をつけるには中部のトレーニング、前から見た時にカッコいい大胸筋は下部をトレーニングしてしっかりと輪郭をつけます。それでは大胸筋を鍛える効果的な筋トレ方法を紹介します。筋トレの目安の回数とセット数を記載しましたが、できる回数までで大丈夫です。「もう限界!」っていうところま [続きを読む]
  • 筋トレを成功させるコツ
  • ここ数年、筋肉ブームになっています。私もそれに乗っかった人間であります。ボディビルダーほどの筋肉はいらないけど、広い肩幅、引き締まって6パックに割れた腹筋、盛り上がった大胸筋に憧れています。除脂肪食事と筋トレ効果で何歳からでもカッコいい体が作れるカッコいい体の基準はバランスの良いボディだと思います。部分的に極端に太かったり、お腹だけに脂肪が多いとなんか不自然でアンバランスな体形になります。逆に細身 [続きを読む]
  • 自分の現状を把握して明確なトレーニングメニューを決める
  • さて、これから筋トレを始めてカッコいい体を手に入れようと考えても、現状で自分の体がどうなっているのか把握しなければ筋トレメニューを決められません。ここでは自分の体に合わせて、どうやってトレーニングして行けばよいかを紹介します。体のタイプ別に筋トレメニューの決め方「もともと痩せててひたすら筋肥大したい!」「ちょっとお腹の出っ張りが気になってきたからダイエットついでに筋肉を付けたい!」などなど、人それ [続きを読む]
  • 効果的な筋トレで割れた腹筋をつくる 除脂肪食事で健康ダイエット
  • 筋トレと除脂肪食事でカッコいい体を作るジムに通ってトレーナーに教わってムキムキの体をつくる。これは拘束時間とある程度のお金が必要になります。そんなことをせず、自宅にいる時間で効率よく筋トレしてかっこいい体をつくるにはどうしたらいいでしょうか。また、ダイエットしたい女性にも効果的。ダイエットの目的は体重を減らすことですか?見た目を細くすることですか?もし、いま体についている脂肪が筋肉に変わったら体重 [続きを読む]
  • 脳と自律神経が深くリラックスる「寝たまんまヨガ」
  • 副交感神経を優位にし、脳と自律神経が深くリラックスする「寝たまんまヨガ」「寝たまんまヨガ」はヨガニドラーという瞑想です。ニドラーとは睡眠という意味で、睡眠のヨガという意味になります。心身をリラックス状態にして、ナレーションを通じて潜在意識に働きかける寝たまんまヨガはしっかりした健在意識があっても、実現するのが難しい意識を開放する手助けをします。「寝たまんまヨガ」とは、深いリラクゼーションを得られ、 [続きを読む]
  • 自律神経を整えるヨガの基本ポーズ「太陽礼拝」
  • ヨガにも色々たくさんのポーズがありますが、この太陽礼拝は簡単で初心者向けです。図を見ながら実践して頂ければ誰でも簡単にできると思いますので、ぜひやってみて下さい。自律神経の乱れを整える初心者ヨガ「太陽礼拝」1.両足を平行に立ち、足の裏をしっかりと床につけます。 2.上のポーズからゆっくり息を吸いながら両手を上げます。3.上のポーズからゆっくり息を吐きながら前屈します。手が床につかない人は足を曲げてもOKで [続きを読む]
  • ヨガはストレス解消と自律神経の安定、消化管の循環に効果的
  • ヨガは呼吸法、運動、意識に密接な関係があり、自律神経に良い作用があるヨガは呼吸法とポーズ、瞑想を組み合わせた有酸素運動です。心身をリラックスさせて自律神経のバランスを整えることが出来ます。ヨガと似たポーズでストレッチがありますが、ストレッチは呼吸と運動と意識の関係をあまり意識ませんので、ヨガとストレッチは基本的には別物です。ヨガは呼吸法・運動・意識に密接な関係が有ります。筋肉を意識して腹式呼吸を行 [続きを読む]
  • 脳の緊張を解き、交感神経の活動を抑える「蜂の呼吸法」
  • 癒し効果の高い呼吸法の鉢の呼吸法蜂の呼吸法(蜂の羽音呼吸法と言ったりもします)はリラックス効果が高く、疲労回復に適しており自律神経の働きに良いとされています。ちょっとした時間で実践できるのでやり方を覚えて空いた時間に実践してみると疲れをためずに一日が過ごせるかもしれません。蜂の呼吸法蜂の呼吸法の基本姿勢椅子とテーブルがあれば最適です。両手の人差し指か中指を両耳の穴に浅く入れ、目を閉じます。背もたれ [続きを読む]
  • 正しい腹式呼吸の方法
  • 腹式呼吸は副交感神経が優位に働き血行を促進させる腹式呼吸は自律神経の乱れを簡単に軽減できる優れた方法です。正しい腹式呼吸のポイント背筋を伸ばす腹式呼吸は腹部の拡張と収縮の繰り返しを意識して呼吸します。口を閉じ、鼻で息を吸って吐きます。吸い込んだ空気は鼻の中で加湿され温められ、肺にとって適切な空気になります。ゆっくり吸って、ゆっくり吐く息を吸う時はお腹に力を入れ膨らませ、吐くときはお腹の力を抜いてゆ [続きを読む]
  • 自律神経を整える実践テクニック
  • 緊張状態になる交感神経を抑え、リラックス状態を作り出す副交感神経を優位にし、自律神経を安定させる方法として、代表的なものに腹式呼吸とヨガがあります。いずれも心身の不安や緊張、不快な症状を取り除く効果が有ります。簡単にできるものを紹介しますので、やり方をマスターして健康や自律神経の安定、心身トラブルの解消にやくだてもらえれたら嬉しいです。自律神経を整える呼吸法自律神経に作用する呼吸法として、交感神経 [続きを読む]
  • 外食やお弁当でも健康に気を使って健康な自律神経を
  • 自律神経に良い野菜。これで栄養バランスを整える栄養素の偏りが多いとされる外食やコンビニ弁当。いつも決まったコンビニ弁当ばかり食べていると、自律神経失調症の原因になることもあります。外食やお惣菜お弁当は品目の多いメニューを選びましょう。さらにプラスアルファで野菜を選ぶを最適です。健康や自律神経に良い食べ物の選び方和食の場合おかずの多い定食を選ぶ丼物や麺類は具が多いものを選ぶ麺類の汁は全部飲まないで残 [続きを読む]
  • 食事メニューに大事なのは栄養バランスとカロリー総量
  • 自律神経を整える大事な栄養はタンパク質、カルシウム、カロテン、ビタミンC、糖質、脂質体をつくる6つの食品群のバランスを1食で賄うのはなかなか難しいことです。朝、昼、晩の3食で栄養バランスを整えるようにしましょう。タンパク質筋肉や骨を作ります。卵、肉、乳製品、豆類、魚介類がタンパク質を多く含みますカルシウム健康を維持したり骨を丈夫にするのにはカルシウムは欠かせません。乳製品、海藻、小魚にカルシウムは多 [続きを読む]
  • 自律神経を整える食べ方のコツ
  • 自律神経と整える食事のコツストレスの影響を受けにくく、自律神経失調症を起こしにくい心身を作る基本は食生活の改善が大事です。規則正しい食習慣を身に着けることが重要です。欠食や偏った食事による栄養不足を避け、バランス良い食事を心がけるとともに自律神経を整える食品を欠かさず取りましょう。特にビタミンB群、ビタミンC、ビタミンE、カルシウムなどの栄養素や、DHAを多く含む青魚の摂取は自律神経機能アップに大変効果 [続きを読む]
  • プチハピネスを見つけてストレス解消
  • 自律神経を整えるには、自分なりの小さな幸せ(プチハピネス)をたくさん見つけてストレス解消!ストレスは人によって感じ方が違うように、ストレス解消法も人によって違います。こうやらなければならないというものもありません。人それぞれ、小さな幸せをたくさん見つけたり作ったりして、頻繁に小さいストレスを解消していくことが大きなストレスをためないポイントです。友人とおしゃべり、食べ歩き、ゴルフが好きな人は練習場 [続きを読む]
  • ストレス解消 自律神経に効果的な瞑想と呼吸法
  • 有酸素運動と瞑想の組合せが自律神経に効果的昂ぶった交感神経をリセットするのにおすすめなのは瞑想です。早歩きの散歩などの有酸素運動で健康維持とストレスを解消して、瞑想でリラックスすると自律神経によりよい効果が期待できます。脳と自律神経をリラックス効果がある瞑想の方法日々、心にため続け自律神経に悪い作用するストレスの解消に高い効果があるのが瞑想です。目を閉じて落ち着いて雑念を取り払い、静かに思いを巡ら [続きを読む]
  • 自律神経に効果的な運動法
  • 自律神経を整える運動は、朝晩2回20分程度のウォーキングが効果的運動の必要性はわかるんだけど、運動する時間が取れない。運動が大嫌い。という人も結構いると思います。そんな人には早歩きの散歩がおすすめです。自律神経を整えるために、朝晩20分ほどの散歩を楽しむつもりで始めてみてはどうでしょうか。周りの景色を楽しみながら、やや汗ばむ程度の速さで歩くのが効果的です。慣れてきたら、すこしずつ歩く時間を延ばしていき [続きを読む]
  • 夜にぬるめの入浴で副交感神経を優位にする
  • 自律神経を整える入浴方法入浴は体を清潔にするだけではなく、ストレス解消にも大変効果的です。リラックスできる入浴時間を確保して自律神経の副交感神経を優位にしましょう。自律神経にとって入浴はいいことばかりリラックス効果浮力の作用水圧作用温熱作用上記の効果によって体内から老廃物を排出できます。夜の入浴はストレスを癒す効果があり自律神経に効果的入浴はお湯の温度や水圧、浮力の効果によっ体内に蓄積されている疲 [続きを読む]
  • 自律神経とお酒とタバコ
  • お酒は適量を守って楽しく自律神経を整える「酒は百薬の長」とか「下戸の建てた蔵はない」とか「御神酒(おみき)の上がらぬ神はなし」等々、ちなみに下戸(げこ)とはお酒を飲めない人のこと。酒を飲めない人はお金を稼げないという意味です。そんなこんなで、昔からたくさんのことわざがあるくらい古今東西、万国共通で愛されているお酒。毎日毎日ストレスに晒されていると心地よい刺激をもとめ、嗜好品のお酒とタバコが欲しくな [続きを読む]