おしのさん さん プロフィール

  •  
おしのさんさん: おしのさんの東京日記〜50代津軽海峡越えて
ハンドル名おしのさん さん
ブログタイトルおしのさんの東京日記〜50代津軽海峡越えて
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/peerlboss
サイト紹介文50を越えた夫婦。札幌から 津軽海峡を越え第2の人生を東京で奮闘する 夫婦東京日記。
自由文訳ありの私達は札幌で暮らし

互いの様々な問題に格闘した。

降り積もる雪の中。ある日突然 夫が言う

「少しこの街から 距離を置こうか。」


東京。


なるようになるさ。


なるようにするさ。


でも やっぱり人生は なるようになるさ。。


参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 76日(平均1.8回/週) - 参加 2017/06/04 00:38

おしのさん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • あきらめないで自分らしく
  • お盆休みは11日から15日だった。亡くなった父のお墓は遠い津軽海峡を越え新千歳空港におりて そこから2時間余り車を走らせ海を見下ろす高い山にある。東京なんて出てきて父はお墓の中で怒っているのかも知れない。まして再婚の報告も墓前にしていない。そっと手を合わせてみる。毎日 働いています。がんばって。。いるよ。お盆休みには父の眠る街から次男が東京の私の所に 遊びに来た。私にとって『家族』は鬼門でトラブルで心 [続きを読む]
  • 沈黙のパワー
  • 「札幌 最高気温26℃だって。。 いいなぁ。今日は35℃らしいよ。」夫はそう言うと クーラーで冷やした室内ぐらいの気温かな?と聞いて来る。そう言うことだよね。と 言っては札幌の夏を思い出そうとしてみたがもはや このミストサウナのような東京での暑さの中では むずかしく感じた。「東京の最低気温26℃だと。札幌の 最高気温より高いし。笑。」夫は一人言のように言うと ちょっと空を見上げた。「俺達は あのマイナス [続きを読む]
  • イライラしないで
  • 梅雨明けだと言うのに 雨続き。雪の降り積もる札幌に居た頃に 東京のゲリラ豪雨をテレビで観ては「あらー。大変だねぇ。。」なんて言っていたのに 人生どうなるかなんてわからないもんだ。そのゲリラ豪雨の中を 50過ぎて傘をさし歩いているのだから。私は何をするにも 何故か人の批判やら評価やらが やたら気になる人だった。PTAの役員なんて よせばいいのに引き受けて会合やら いわゆるママ友軍団の中に入り込んでいる時 [続きを読む]
  • 夫の本音 男心を語る
  • 何だか。。このところ私達夫婦は ギスギスしていた。住み込み管理人の仕事は1日中 この建物にいたらなんやかやと続き 終わりが無い。やる気だのモチベーションだの持ち続けるには あまりにもエンドレスな業務に私は 内心どんよりしていたしつい口から「やる気しない。」とぼやいては部屋から地続きの事務所のドアを開けていた。夫は そんな私の『仕事への姿勢』に不満と夫としての 心配を持っていたらしい。こいつ。だいじ [続きを読む]
  • 自分のペースで
  • お盆休みに思いがけず東京に私の次男が 遊びに来る事になった。次男は北海道の札幌より3つばかり海側の地方に住んでいる。飛行機代は 夫がプレゼントしてくれた。よほど嬉しがったのか次男は 自分の写メに『パナマハット被って行くかな。』とコメント付きでラインして来た。思えば 私の父親の葬式以来 次男には五年もの間 会っていない。五年振りに子供とは言え 地方に住み30にもなる息子に会う。五年の間に お互い様変わ [続きを読む]
  • 風通しの良い夫婦
  • やっぱり東京の夏は 暑かった。道産子の私は連日ミストサウナのような暑さに夏バテ気味だ。三連休前に 上司と寮内に秘密に住み込んでいる厨房パートで上司の愛人の事で動きがあった。寮内にはゲストルームとなるお客様専用の和室旅館のような部屋が ある。小さい冷蔵庫や ソファーや座布団。こじんまりとしたいい部屋だ。そこに ここの管轄の上司の不倫相手のゆりあんレトリバー似の5Lサイズのガサツな女妖怪は 1ヶ月以上も [続きを読む]
  • 自分のための人生
  • ちょうど1年前の今日。。2才10ヶ月の孫のまーちゃんが一人で私の家に泊まりに来た。娘の家に行ったらまーちゃんがばーちゃんと言えない口で「まーちゃんは あーちゃんの家に泊まりに行きます!」と言ってきかなかった。ママは夫婦喧嘩で泣いてばかりいるしまーちゃんに一人で泊まれるの?と何度も聞いたら「泊まれるよー!」と私の腕を離さなかった。泣いたらタクシーで連れて帰るから。と娘には告げてリュックを背負うまーちゃ [続きを読む]
  • 夫婦と言う信仰
  • 私達夫婦は それなりに腹を括って東京に来たのだ。こんな50過ぎのおじさんとおばさんが津軽海峡を越えて 大都会の花の都に遊び半分で ノコノコ出て来た訳ではない。無謀なチャレンジャーで 結構。言いたい奴には 言わせておけ。虚勢を張る訳では無い。本当に50年も生きて来て夫婦 それぞれ辛い過去が 札幌にはあった。お互いに 違う似たような傷を持っていた。ここで私達の過去の傷について話す気は無いが。。北海道にも  [続きを読む]
  • わるいの反対はいるわ
  • わるいの反対は いるわ。だからどにでも悪い奴は居るんだよ。と小さい頃本で読んだ。大人になるのが怖かったけど本当に わるい は いるわ。だった。私も 悪いことは沢山してきた。犯罪ではなくて    嘘をつくとか。傷つけたりとか。八つ当たりなんてのもしてきたかもね。でも今回の せっかくのこの東京での住み込み管理人及び調理人の仕事にもわるいは居るわで 2匹の妖怪がペアが居た。妖怪の男の方は おもに私に事務 [続きを読む]
  • 誕生日に大泣き
  • 普通 歳を取れば田舎に 引っ越したくなるのかなぁ。都会暮らしに疲れはてて 老後は海の山の見える所で。。なんて思うのかなぁ。私は 22歳の時に5年東京で暮らし双子を連れて 北海道に出戻った。それからは ずっーと北海道に居た。そして ひょんなことから50 過ぎてまた伴侶を得て 東京に住んでいる。半年前に東京に 遊びに来て ふと。二人でこっちに働いて暮らそうか。なんてまさかね。って気持ちで話していたら半年後に [続きを読む]
  • 家に仕事は持ち込むな
  • 早いもので もう東京都民になって1ヶ月が過ぎようとしている。夫は染々「内容の濃い1ヶ月だったなぁ。」と 呟く。私と言えばやめれないタバコ片手に「そう?まぁ。濃かったよね。」と答えてみたが この1か月はあまり思い出したくない。濃かったよ。と夫がまた 呟いたので顔をみたら まるで骸骨のように痩せている。私はこんなに痩せた夫を 見るのが辛くてあまり夫の顔を 見れなくなった。同じ職場で 夫婦で働くなんて思 [続きを読む]
  • 夫の怒り
  • 夫がとうとう壊れそうで 妻の私もどうしたもんしゃかのう。と参っている。それと言うのも ここは誰もが知ってる大企業の社員寮(男性のみ)なのだが人事担当の会社が独立しておりその人事担当の下請けの会社に属する私達は結局 上から三社の目で監視されている。おまけに。。厨房担当の夫のメニューを 三番目の小太りの上司に見せた時には確かにその上司は「いいですねぇ。凄くいいじゃないですかぁ!」と 言った。朝の5時か [続きを読む]
  • 横浜で夫婦ケンカ
  • やっと やっと休みが来た!土日の休日が何より私達夫婦は 楽しみにしていた。わずか半年前 私達はまだ札幌の人で初めて二人で半年前の12月17日に横浜に来た。そこで見た衝撃的な景色に がく然としたものだ。半年前の12月17日は札幌の自宅を出るときマイナス7℃だった。当たり前に道と言う道は凍り 圧雪アイスバーンの早朝に私たちを乗せたタクシーはノロノロ走り 今年は冷えるの早いよねぇ。と ぼやいていた。それが!数時 [続きを読む]
  • 東京の道産子へ
  • この社員寮には ざっと80名程の男性が入寮している。この大きな寮の住み込み管理人夫婦の私達は遥か遠い札幌から東京へと移り住みこの6月から働いている。まだ13日だよ。。運悪く今月は 新しく21名の入寮がありその入寮手続きやら 入寮5点セットなるものを作るやら 訳のわからぬ中でさらに訳のわからぬ事を やらねばならず朝5時から夜12時あたりまで睡眠不足と慣れない街での日々の食事作りの買い出し宅配の受け取りから書留 [続きを読む]
  • 三鷹市に癒されるおしのさん
  • エアコンをつけっぱなしでの寝かたがわからない。どう設定温度を決めて 何を掛けて寝ていいのか加減が わからず札幌から持ってきた冬用布団では 暑いしかといってタオルケットだけで寝るのも寒いわで 東京の暑い夜と どう付き合ったらいいのか。。わからない。この辺りは東京でも高級住宅地らしくベランダに出てタバコを吸って回りを見ても暑い中 窓を開けている家など一軒も無くて 皆エアコンをつけているのだな。とわかる [続きを読む]
  • 東京生活8日夫潰れる
  • 先月の25日の引っ越し前日まで 夫は通勤に一時間半かけ 札幌の地下鉄とバスを乗り継ぎ 労働していた。次の日には 朝5時起きし新千歳空港へ向かい羽田空港に着き東京入りし桜新町だの 荒川区だの 会社の挨拶回りに奔走し。二人してヘロヘロになった次の日には 遠い札幌から荷物が届き片付けやら何やらで頭がぐるぐるの所にガサツな女と同居すると言う 何とも不思議な空間に放り込まれ 最初に潰れたのは妻である私の方だっ [続きを読む]
  • 東京生活1週間の熟年夫婦
  • 希望と夢を持って 人は都会へ行くものだ。札幌を出て東京へ引っ越すと回りに話すと大変だよ。厳しいよ。大丈夫なの?!と 口々に言われた。言われるのが わかっていたから私は東京行きを 話したのはわずか3人だった。その3人にさえ そう言われた。厳しくて 辛くて 大変だよ。寮の住み込み夫婦管理人?!大変だよ。私は 心の中では そんな事は充分わかっているんだよ。。でもね。。の続きは話さなかった。1週間が過ぎて [続きを読む]
  • 東京のガサツな女
  • 東京での仕事は 住み込みの寮の夫婦での管理人だった。とある大企業のいわゆるエリート男子寮。そこで長年 調理の仕事をしてきた夫は朝晩と寮生の食事を作り私はと言えば事務的な仕事をこなしていく。住まいは管理人なので家賃やらその他はかからないという ありがたいお話し。とにかく早く来て働いて欲しいと5月7日に言われ その月の25日には引っ越しし何も無い札幌の12年住んだ居間やら台所やらトイレに夫婦で深々と頭を下 [続きを読む]
  • おしのさんの東京生活
  • 思いがけずブログを再開した。ありがとうございました。と札幌に居た頃一旦ブログは閉じたのだが私にとって書くという生活がやっぱり必要でまた始める事に致しました。皆さん。どうか よろしく??????お願いします。おしのさんである私は津軽海峡を越え新天地 東京都へと移り住んでから1週間が経った。なんせ札幌でのすったもんだで私は約1年引きこもり状態でまさしく家の中に籠り9時45分まで営業してる生協に9時15分あ [続きを読む]
  • 過去の記事 …