コンプライアンスハーツ さん プロフィール

  •  
コンプライアンスハーツさん: 個人情報保護 わかる事例集
ハンドル名コンプライアンスハーツ さん
ブログタイトル個人情報保護 わかる事例集
ブログURLhttps://c-hearts.blogspot.jp/
サイト紹介文個人情報保護法上の義務を果たし、個人情報を利活用をするための方策を事例を通して説明しています。
自由文改正個人情報保護法は、会社はもちろん、個人事業主など、すべての事業者に適用されまます。そこで、個人情報を利活用と個人情報保護法上義務を両立させるための方策を、具体的な事例を通して説明しています。記事についてのご質問等は、こちらのサイトのお問い合わせフォームをご利用ください。
http://c-hearts.biz/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 22日(平均2.2回/週) - 参加 2017/06/05 02:30

コンプライアンスハーツ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • きっとあなた(貴社)も個人情報取扱事業者です
  •  本稿でとくに断りがない限り、引用する法律は個人情報保護法で、ガイドラインは個人情報保護委員会の個人情報保護ガイドラインです。 個人情報保護法改正によりすべての事業者に安全管理措置が課せられます。 これが結論ですが、もう少し詳しく説明します。 事業者とは、正確には「個人情報取扱事業者」を指し、「個人情報取扱事業者」とは個人情報データベース等を事業の用に供している者(2条5項)です。 わかりにくいで [続きを読む]
  • ホームページに掲載するプライバシーポリシー
  •  改正個人情報保護法施行により、早急に確認すべきことの一つに、ホームページでの個人情報の利用目的の公表があります(本当は改正前から重要事項でした)。多くのホームページにプライバシーポリシーが掲載され、その中で「予め定めた利用目的の範囲内で個人情報を取り扱います」という趣旨の記載がされています。これ自体は当然のことであり、このように宣言することは必要です。 しかし、個人情報保護法が求めているのは 、 [続きを読む]
  • 名簿業者から名簿を購入する場合に気をつけること
  • 正規の名簿業者?本稿でとくに断りがない限り、引用する法律は個人情報保護法で、ガイドラインは個人情報保護委員会の個人情報保護ガイドラインです。 いわゆる名簿業者と言われるところから、名簿を購入することがあるかもしれません。従来から名簿を販売することが、直ちに違法ではありません。 しかし、今回の個人情報保護法の改正で、イメージ的には、正規の名簿業者とそうではない名簿業者に分かれます。名簿業者は届出制  [続きを読む]
  • 個人情報担当窓口の必要性
  • 個人情報の開示請求に対応する必要がある本稿でとくに断りがない限り、引用する法律は個人情報保護法で、ガイドラインは個人情報保護委員会の個人情報保護ガイドラインです。第28条 本人は、個人情報取扱事業者に対し、当該本人が識別される保有個人データの開示を請求することができる。この法律において「個人データ」とは、個人情報データベース等を構成する個人情報をいう(第2条6項)。個人情報データベース等とは、コン [続きを読む]
  • 個人情報を書面で取得する時
  • 個人情報を本人から書面で取得する場合は、あらかじめ、本人に対し、その利用目的を明示しなければならない(18条2項)事務所や店舗で、顧客が申込書や注文書に住所・氏名を記載することはよくあることです。そのような場合には、顧客が記載した書面を受け取る前に利用目的を明示しなければなりません。明示ですので、あらかじめホームページに利用目的を掲載していても、別途、改めて示す必要があります。実務的には、利用目的 [続きを読む]
  • 個人情報を取得する時
  • 個人情報を取得する時には、利用目的を通知・公表しなければならない。第18条 個人情報取扱事業者は、個人情報を取得した場合は、あらかじめその利用目的を公表している場合を除き、速やかに、その利用目的を、本人に通知し、又は公表しなければならない。(1)取得する申込用紙に氏名等を記入してもらうのはもちろん、メールやホームページの申込フォームに氏名等の個人情報を記載してもらう場合も含みます。メールの場合、例 [続きを読む]
  • 過去の記事 …