上州無線 さん プロフィール

  •  
上州無線さん: 上州随筆俳句
ハンドル名上州無線 さん
ブログタイトル上州随筆俳句
ブログURLhttps://cwboardkk.muragon.com/
サイト紹介文長くアマ無線をやってきました。日々の随筆と俳句を掲載してます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供226回 / 109日(平均14.5回/週) - 参加 2017/06/05 11:17

上州無線 さんのブログ記事

  • 花柄と白無地  
  •  退職してから、一日、一回は外に出て、最低30分は歩くようにして居る。勿論、健康のためだ。  今のところ、お気に入りの散歩コースは、前橋市内に五カ所ある。  どのコースも、それなりにいいが、猛暑の日などは、何処でもと言う訳にはいかない。  炎熱の下を歩いて、古稀青年が倒れたでは、他人様に迷惑を掛けてしまう。  それで、夏になると、散歩道の殆どが木陰である墓地公園に行く事になる。   墓地公園は、赤 [続きを読む]
  • 無電手伝説
  •  電信の習得について、以前、ある事を書いた。  古い電信教科書に、嘗ては、100字遅れ受信ができるほどの、凄腕の無電手が居たとの記述があった。  それで、私は、あの話は、初心者のための激励の話であって、実際は有り得ないだろう、と書いた。  ところが、最近、ある事に気付き、考えが変わった。  暫く前まで、日本でも、沿岸局や商業無線で電信が使われていた。そこの通信係は、勿論、電信を受信し、解読する事が [続きを読む]
  • 名案
  •  忘れ物とか、落とし物は、ひどく残念である。  下の娘が小さい頃、家族で旅行した。帰りの電車を降りて、暫く歩いたところで、娘が、「あっ、あたし、忘れたあ!」と叫んだ。  既に電車は、ゆっくりと動き出していた。娘は、お土産を置き忘れてしまったのだ。ひどく落胆した顔をしていた。  今でも、覚えている位だから、私自身も、娘の気持ちを思い、ひどく落胆した。  もう20年以上も前の事だ。  まあ、電車の落と [続きを読む]
  • 横断歩道の女
  •  小学校時代の思い出は、その殆どが、遙かな昔に埋もれてしまったのだが、何かの拍子に、ひょいと忘れていた記憶が蘇って来る事がある。  先日、小学校のトイレで、男の子がウンチをする事が出来ない、と言う新聞記事を読んだ。  うーん、そういえば、私もそうだった。いや、私ばかりでは無い。他の男の子も同じだったと思う。  時に、便意を催しても、我慢して帰宅してから、トイレに駆け込んだものだ。  さて、大トイレ [続きを読む]
  • 古代住居
  •  今朝は、起きてカーテンを開けたら、もう雨。  確実に、台風が、群馬に接近しているらしい。でも、台風の事は何も心配してない。  と言うのは、群馬に来る頃には、いつも衰退しているからだ。  来ても、風が少し強めに吹く位。それは、冬期の北風といい勝負で、何も心配は無い。  群馬は日本列島の真ん中。ぶ厚い岩盤があるので、地震だって平気。津波も絶対平気。海が無いからです。  それに、私の家は、赤城山麓の緩 [続きを読む]
  • 三脚のお父さん
  •  アマチュア無線のホームページから、ブログに移って来てから、三ヶ月ほど経ちました。。  最初は、無線関係の記事を多く書いてました。しかし、最近は、無線では無くて、人間関係の事を多く書いています。  と言うのも、アマ無線の方は、去年辺りから、電離層の状態が悪く、全国の方と快適に交信できません。それで、無線機の前から遠ざかってしまったのです。  ところで、時間のある時は、色んな方のブログを拝見しており [続きを読む]
  • 階段の人
  •  偶には、私も食べブログをやってみます。  さて、昨日の昼は、老妻と焼き肉店に行きました。此処は、15キロ位離れた所にある店ですが、新しい道路が出来たお陰で、10分位で行けるようになりました。  運転はいつもの様に、老妻です。市内とか、近場は常に、老妻の運転となります。  大体、80キロ位で吹っ飛ばします。  元陸上選手は、何でも速いのが偉いと思って居るようです。ずっと、走ったり、飛んだりして来た [続きを読む]
  • 婚姻届
  •  「結婚してから死ぬまで、熱愛が続く事は有り得ない」とは、亡くなった渡辺淳一氏が、よく言っていた事だ。  まあ、例外はあるかも知れないが、概ね、その通りだと思う。結婚して5年もすれば、まあ、大抵、恋愛の熱愛は冷める。  熱愛が覚めるのは、婚姻届という紙切れのせいかもしれない。紙切れではあるが、婚姻届が安心感となり、緊張感が薄れてしまうのだろう。  これが、不倫の場合は、結構、長く熱愛が続くように思 [続きを読む]
  • キーボード
  •  先日、ノートパソコンを買った。それが下の写真である。 五万円位だから、性能は、勿論、デスクトップとは比べものにならない。  だから、性能は期待していなかったが、右シフトキーが小さいのには参った。  私は、左利きなので、右シフトキーを多用する。この大きさでは、ブラインドタッチは、かなり難しい。まあ、ブラインドが出来るか、どうか、暫く、やってみないと分からない。  実は、パソコンのキーは、どの [続きを読む]
  • 最大は何時か
  •  現在、人気沸騰のY国会議員は43歳。  週刊誌報道に依れば、週四日も相手の男と会ってたらしい。  週四日は、私の経験に照らし合わせても、すごい事だ。  でも、本当だろうか。  男の立場からすると、いくら好きな女でも、週に四日というのは、有り得ない。  男は性欲は強いが、それは一時的な強さであって、それが終わってしまえば、あとは嘘の如く、激しかった感情は消失してしまうものである。  消失どころか、 [続きを読む]
  • 応募条件
  •  私は、今年、古稀72歳になりました。  72歳というと、もう、すっかり老人という感じですが、どっこい、今の時代は違います。  私の写真を載せれば、すぐに分かると思いますが、さすがに、それは恥ずかしい。  それはともかく、その同じ72歳の時、川端康成氏は自殺したのです。  1972年4月16日のことです。  このニュースを聞いたのは、確か、私が北軽井沢の山荘に居た時です。  自殺の原因は、不明でし [続きを読む]
  • 私のシャック風景
  •  今日は日曜日。老妻は朝早く、フリーマーケットに出掛けてしまった。  部屋に一人で居ると、シャックの写真を撮った事が無いのに気付いた。一つ位撮っておくかなと、ふと思った。  下の写真がそれである。  熱心にアマ無線をやってる時は、もっと沢山の機器が置いてあった。リニアアンプやオシログラフ、各種測定器など。棚が全て、アマチュア無線関係の機械で埋まっていた。  ところが、一時、活動停止した時から、棚が [続きを読む]
  • 天下無敵の美脚
  •  私は、おっぱい、乳房には、殆ど関心がなかった事を前に書いたが、人によっては、乳房にすごい関心を持つ人も居るらしい。  また、胸では無くて、指とか、下着に関心を持つ人も居るようだ。  英語で、フェティシズム(fetishism)。性的倒錯と訳される。(下線はアクセント)  そういう傾向のある人を、フェティシスト(fetishist)。拝物性愛者の訳を当てている。心理学用語なのだと思うが、如何にも仰 [続きを読む]
  • 男の本音
  •  最近、国会議員の不倫が何人も報告されている。まあ、人間だから、不倫は、するだろうと思う。  私は男だから、不倫する男の気持ちはよく分かる。  妻に満足していても、居なくても、目の前に付き合ってくれる女が現れれば、大抵の男は、例外はあるが、喜び勇んで前進すると思う。  でも、女側の気持ちは、全く分からない。  女は不倫しても、良い事は無いと思うのだが、これだけ不倫が多いとなると、女性にとっても、不 [続きを読む]
  • パソコンマニア限定版
  •  オフィスの認証作業で、印刷物が極めて不鮮明だった。QとOが下段の印刷文字と重なっていたから、明確に判別出来なかった。  それで何度もエラーを出していたら、その内、認証の上限を超えましたので、認証は、これ以上出来ません、とのコメントが出た。  それなら、以前、やったように、電話での認証をしようと思ったら、このセットは、電話での認証を受けておりません、とある。  何故なのか、その辺の事情はよく分から [続きを読む]
  • 昼下がりの女
  •  現役の頃、ある時期から、私の執務室を訪れた女性がいた。  大抵は、午後の昼下がり頃。とても美人の若い奥さん。  白人風の顔で、マリリン・モンローに少し似てたから、私の好みにぴったりの女性だった。  いつも、三歳位の子どもを連れていた。四月に、大阪の方から転勤してきたと言う。  学校でPTAの会議などがあると、その帰りに寄る事が多かった。  最初は、何の用で出来たのか、よく覚えていない。気付いた時 [続きを読む]
  • 秋空の行方 
  •  朝雨だった。秋は上空の大気が冷えて、朝晩は曇りや雨が多い。一雨毎に涼しくなって行く。  老妻は、八時半頃、もう出掛けた。何か、どっかに出掛けた。帰りは夕方。  今日は、お昼も一人、作るのは止めて外食にしよう。車検マークを取りに行く日だから、丁度良い。  下の写真が、私が作った朝食です。スパゲッティとワカメスープ。なかなか美味しかったです。 . スパゲティ、もう少し拡大しました。 . こ [続きを読む]
  • 若い女性<19> ミラーボール
  •  青井は日本人だが、大きな体と浅黒い、いや、もっと黒い肌をしていた。  だから、進駐軍の黒人兵の子どもと言っても、大抵の人は信じた事だろう。  私は普通の肌色だが、青井と一緒に撮った写真を見ると、真っ白な顔をしているように見えた。  その黒い肌のせいかどうか、知らないが、青井も、また黒人特有のリズム感を持っていた。  それは、青井とダンスホールに行って、初めて知った。青井とダンスホールに行ったのは [続きを読む]
  • 若い女性<18> 白い悲しみ
  •  この所、また介護関係の事件が報じられている。体に痣があって死んで居るのだから、普通の事故には思えない。  でも、施設内の事で、目撃者はいないから、どの事件もはっきりしない。  私も古稀世代だから、いずれ、健康を損なえば、老人施設に入る可能性はある。  そう思うと、どの事件も他人事とは思えなくなる。  父は91歳で、施設に入り、95歳の時、そこで亡くなった。特に、介護を必要とする状態では無かった。 [続きを読む]
  • 我がアマ無線人生<6> 遙かな中学時代
  •  中学二年の頃、初めて送信機を作った。古い黒電話機から外したカーボンマイクと、ファイナル6ZP1の送信機だった。結構、2キロ位は飛んだ。ただ、周波数がどんどん動くから、とても実用にはならなかった。  メーカーのアマ無線機でさえも、安定したVFOが無い時代だったのだ。だから、大抵の局は、FT243型の水晶を送信機に差し込んで運用していた。  その後、トリオ(昔の春日無線)からVFOが発売されたが、そ [続きを読む]
  • 私は料理の達人
  •  昨日は、ババ友の会で、老妻が出掛けましたので、お昼は自分で料理して食べました。今回は、完熟豚とナス、インゲンを前回と同じように、味噌とみりんで味付けしました。 因みに、味付けは、今のところ、これしか知りません。  ナスは皮を剥きました。油でさっと炒めて、胡椒をかけて頂きました。  いや、その美味しかった事、筆舌には尽くせません。私の料理の腕前が、一段と上昇した事が証明されました。  特に、 [続きを読む]
  • 夜遊び女子高生
  •  昨夜は八時頃になって、スーパーに買い物に行った。車を走らせると、もう夜風が涼しい事を知った。  夜は、なるべく運転しないようにしているので、随分と、久しぶりの夜風だった。  退職して1年目は、運動不足になると思い、とにかく、毎日、走る事に決めた。でも、自宅の近所を走るのは何となく恥ずかしかった。  近所の暇なおばさん達から、好奇の目で見られるかも知れない。  それで、夜8時頃から走る事にした。こ [続きを読む]
  • 赤と白
  •  今朝は朝雨で、カーテンを開けると、ベランダに雨滴が飛び散ってました。  雨を眺めていたら、妙ですが、遠い雪の日を思い出しました。  人間の記憶って面白いですね。  あれは、もうずっと昔、私が30代になった頃でした。  その日、前橋としては、かなりの大雪が降ったのです。30センチ位。  丁度、入試説明会で出張の日。ところが、目的地近くまで行くと、もう車が渋滞で動きません。  仕方ないので、空き地に [続きを読む]
  • 私の女神様
  •  下の絵は、ゼロコさんが描かれた絵です。一目でとても気に入りました。とても可愛い女の子ですね。じっと見ていたら、この子に逢った日の事を思い出しました。  あれは中学三年の夏、前橋駅の踏切で電車の通過を待っていた時です。  電車が通過して、向こうを見たら、自転車に乗っている〇〇子さんの姿が見えました。  擦れ違う時、彼女がぴょこんと頭を下げて行きました。  彼女は一年下でした。  中学校で偶に見かけ [続きを読む]
  • 自分の国を守れ
  •  昨日、北のミサイルが襟裳岬を通過して、2000キロほど飛んだとの事です。  平和惚け日本には、いい刺激になったと思います。また、刺激を感じなかったら、この国は終わりでしょう。  ロシア、中国、韓国、北朝鮮。  周りの国、全てと日本と敵対しているのです。  ロシアと中国は核兵器を持っています。  それなのに、日本は、核兵器を持つ事をしません。愚かな平和主義者が反対するからです。でも、攻撃されて国が [続きを読む]