Ms.Junko さん プロフィール

  •  
Ms.Junkoさん: 子どもの先生専門コーチ
ハンドル名Ms.Junko さん
ブログタイトル子どもの先生専門コーチ
ブログURLhttp://ameblo.jp/nlpteacher/
サイト紹介文子ども達の成長を心から願う先生達のお悩み解決ブログ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 20日(平均8.1回/週) - 参加 2017/06/05 22:44

Ms.Junko さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 気になる人との距離がグッと近づくちょっと意識したいこと
  • 保護者の方との距離をよりグッと近づけたいなら お話しする時に少し意識してみて欲しいことがあるんです。 ほんの少し気をつけて行くだけですが、とっても強力なのでぜひぜひこれから一週間、2週間、1ヶ月続けて行くと良い変化を感じられると思います。 それは 話す時のテンション・トーンを合わせる。 と言うことなんです。 これはどう言うことかと言うと、 もし、相手の方が元気一杯のテンションでお話しされるのであれ [続きを読む]
  • 授業はどれだけ生徒達を主役にできるかが勝負!
  • 子ども達って朝起きた瞬間からワクワクいっぱい 何か楽しいことはないかな? これってこんな風にしたらもっと楽しいよね! 楽しみ方を知っていてどんどん楽しんじゃいますよね。 こんな子ども達はじっとしてることなんて無理!! こんな楽しむ天才達をどんどんレッスンで主役にして子ども達自身が授業を作って楽しんじゃう! そんな雰囲気になったら先生は学びをサポートするだけ。 子ども達はお互いにどんどん学びを深 [続きを読む]
  • 人を育てる環境作り
  • このパパとママの子だからこうなるよね。 両親からの遺伝で勉強ができたり、走るのが早かったり、子どもができることを見ることってありませんか? 姿、形、秀でた能力。もともと備わっていることはあるかもしれません。 でも、どうでしょう? ここで一つ質問です。 日本人の両親から生まれたある女の子が一人いたとします。 この子は訳あってアメリカ人のある夫婦に1歳を過ぎた頃育てられることになりました。 日本とア [続きを読む]
  • レッスン後のお迎えの時にママ達にお伝えする大切なこと
  • 毎日のレッスンが何コマもあると大変ですよね。 レッスンの終わった生徒達とこれからレッスンをする生徒達が入れ替わる時間は ママ達とのコミニュケーションをとる大切な時間でもあったりします。 おそらく多くの先生達はレッスンとレッスンの間に10分〜15分の時間を設けていると思いますが、 この時間のことをちょっと思い浮かべてみてください。 このレッスンとレッスンの間の時間にあなたはどんな行動をしているでし [続きを読む]
  • この子はできないんじゃなくて やり方を知らないだけ
  • 授業中はいつも上の空話も聞いているんだか聞いていないんだかわからない。 説明した後に「分かった?」って聞くと「分かった。」って答えるけど全然分かってない・・。 こんな子に多くの人たちはどんな子と言ってしまうでしょう? もしかしたら それができるそれをする 方法を知らないだけかも 知れないのに 勝手に〇〇な子と周りの大人は見てしまってその子の可能性を知らずに見ようともせずにいたりすることがあったり [続きを読む]
  • 小1の子ども達が夢中になる教材作成のポイント!「情報を一つにする!」
  • 毎回授業では子ども達の理解を促すための教材を先生それぞれにいろいろ用意して実際に使っていると思いますが、 ときどき子ども達の反応に あんなに一生懸命作ったのに。。 なんて疲れがどっと押し寄せてくることってありませんか? 子ども達のことを思う先生ほど 毎回レッスンに全力で取り組んでいきますよね。 いつも子ども達のことを考えているからこそ いろいろなアイデアも湧いてきて教材も子ども達が 楽しみながら学習 [続きを読む]
  • 4月5月は授業の土台作り。6月からは吸収の始まり。
  • 6月に入り子ども達の反応も変化が見られる時期ですね。 教室に来たら何をするかが分かって来て レッスンでも基本的な流れが分かって来ているので それを元に新しいことを取り入れて行くレッスンの流れが作りやすくなって来ていますよね。 レッスン内容も基本的なことを導入して来て その内容が定着して来ていることを感じられているのではないでしょうか?& [続きを読む]
  • レッスンの主役は誰?
  • みなさん。 今日のレッスン内容を次の日覚えている割合ってどれくらいだと思いますか? この覚えている%を表にしたものがこれ↓ エビングハウスの忘却曲線を見ると衝撃的なことに「20分後には42%忘れる」とあるんですね。 そして1日後はどうでしょうか?なんと74%も忘れてしまうんです!! もし、何もしなければ人はどんどん忘れて行く生き物なん [続きを読む]
  • 保護者の方との信頼関係を築くたった一つの大切なこと。
  • あなたは保護者の方々との信頼関係をどう築いていますか? 保護者の方々と良い関係が作れている方もみえると思いますが、中には苦手と感じている方もいらっしゃるのではないでしょうか? もし、あなたが苦手と感じているなら今日のお話がヒントになることでしょう。 このポイントはとってもシンプルなのですが、これをするのはちょっと恐いと感じる方ももしかし [続きを読む]
  • 子ども達の目標地点は常に頭にありますか?
  • 「先生、わかんな〜い」 自主学習室で今日も子ども達の声があちこちから聞こえてきます。 小学校1年生の子ども達が 漢字の練習に取り組んでいる時間です。 カタカナの書き順もままならないこの子達が漢字に取り組むこと自体ものすごいチャレンジです。 さらに送り仮名の質問がワークの中に出てくるんです。 送り仮名という言葉 [続きを読む]
  • 日本の子ども達にオススメの英会話教材
  • 今日は英会話教材についてお話ししようと思います。 英会話を教えていない方には興味が湧かないかも知れませんが、 もしかしたらご自身の教えている教科にも何か教材を選ぶ際のヒントになるかも知れないなぁと思いながらお話ししていこうと思います。 子ども用の英会話教材は数多く出ていて どれが自分の生徒達に レベル的に合っているのか?興味を持つのか?楽しんでくれるのか? &nbs [続きを読む]
  • 授業で教材を用意する時の3つのポイント
  • 生徒の理解を促すために授業ではいろいろ教材を用意することがありますよね。 切ったり、貼ったりして手作りすることもあったり、付属されているものを使ったり。 小学校1年生〜3年生の子ども達に使う教材は必ずしておくとよいことが3つあります。 これをしておくと授業の中で子ども達から視線を外さずにレッスンが進められることがまず一つあります。 &n [続きを読む]
  • 新人先生が授業で気づかずにやってしまっていること
  • 今日階段を一段一段登っていく男の子を見ました。 お母さんもその子のすぐ後ろを一歩一歩片方の足を一歩。そしてもう片方の足も一歩。 両足が揃ったらもう一歩。 その隣をもう少しお兄さんの子が力強く階段を一歩一歩踏みしめながら上がって行きました。 例えばあなたが小学校1年生の子供達に教えていたとしましょう。 みんな同じ1年生です。 男の子も [続きを読む]
  • 私って向いてないのかな・・。と思っているあなたに
  • 今、あなたに必要なのは経験ではくスキルです。 授業には年間カキュラムがあって段階を踏んでできるようになっていく1回1回教える内容がありますよね。 この「1回の内容」。 同じ内容なのに どうして生徒の習得度が違うんだろう??? って思ったことってありませんか? 先生が経験ある先生だから当然だよね。 この子だから、どんどんできるようになるよね。 [続きを読む]
  • 感情で覚えると忘れない
  • ひょっこり朝に1時間の時間ができたのでスタバでコーヒーを飲みました。 この日、選んだのはハウスブレンド。 いつものむコーヒーより少し軽めのコーヒーで、とっても久しぶりでした。 さらっとしたミルクを入れて。 一口飲んだ瞬間に懐かしい感情が湧き上がってきました。 この味はあの当時毎朝飲んでいた味。 コーヒーの香り [続きを読む]
  • それは誰のため? 〜叱る時〜
  • 子ども達と接しているとどうしても「叱る」ことがあったりすると思います。 この時ってしんどいですよね。 できればこんなことは言いたくないな。。 こんな言い方したくないな。。 雰囲気が悪くなるし。。 この後の時間が辛い。。 いろんなことが頭の中で グルグルグルグルグルグル 注意したり叱ったりすることは教師として [続きを読む]
  • 学ぶことが楽しくなるレッスンとは?
  • 今の子ども達は小学校に入る前にはもうひらがなの読み書きができる子がほとんどですよね。 まだ早いんじゃないか? まだ難しいんじゃないか? そんな大人達の不安をよそに子ども達は学ぶことを楽しみながらどんどんできるようになっていきます。 こんな時はいつも 子どもの可能性は無限なんだなぁと 感じさせられます。 それと同時にこちら側の視点で&nb [続きを読む]
  • 過去の記事 …