Ayako さん プロフィール

  •  
Ayakoさん: オックスフォードに恋して
ハンドル名Ayako さん
ブログタイトルオックスフォードに恋して
ブログURLhttps://ayakooxfordtravel.wordpress.com
サイト紹介文イギリスのオックスフォードより留学生として見聞きし体験してきたことを綴っていきたいと思います。
自由文はじめまして。あやこと申します。
仕事を辞めて、2016年9月からイギリスのオックスフォードブルックス大学に留学しています。2年間でマスターを修得するという野心的なコースにいるものの、ずっと机に向かっているのは苦手で、一人旅が大好きです。このブログでは留学生として体験して来たことを行きつ戻りつしながら綴っていきたいと思います。
よろしくお願いします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 21日(平均10.3回/週) - 参加 2017/06/06 00:08

Ayako さんのブログ記事

  • #45. プレマスターの知識をブログへ⑩
  • Be Clear Dear all,??今日は私がこのブログを書くときになるべく心がけたいと思っているアカデミックルールの中でもBe Clearについてリポートしたいと思います。論文を書くときの前提として「他人に読んでもらう」ということがあるので、論理的に明確に書きなさい、ということになります。??これは、、、アカデミックアドバイザーから本当に何度も何度も注意されました。私は書く作業にのめり込んでしまうと、つい内容も表現も [続きを読む]
  • #44. プレマスターの知識をブログへ⑨
  • Proof Reading, Occasional Tutorials and Peer Review Dear all,??今日は私がこのブログを書くときになるべく心がけたいと思っているアカデミックルールの中でもProof Reading, Occasional Tutorials and Peer Reviewについてリポートしたいと思います。Proof Readingというのは書き終わった後の見直し作業、Tutorialというのは担当教官との面談、Peer Reviewというのは生徒同士でするフィードバックのことになります。??どう [続きを読む]
  • #43. プレマスターの知識をブログへ⑧
  • Justifying Topics Dear all,??今日は私がこのブログを書くときになるべく心がけたいと思っているアカデミックルールの中でもJustifying Topicsについてリポートしたいと思います。Justifyというのは正当化という意味なので、トピックを正当化する、ということになります。??どんなタイトルであれ論文を書き始める時に一番大切になるのがこのこれから書くトピックを正当化する、という作業になるかと思います。最初は理解する [続きを読む]
  • #42. プレマスターの知識をブログへ⑦
  • Limitation, Suggestion and Recommendation Dear all,??今日は私がこのブログを書くときになるべく心がけたいと思っているアカデミックルールの中でもLimitation, Suggestion and Recommendationについてリポートしたいと思います。Limitationsが限界、Suggestionが提案、Recommendationがお勧めです。??学校で論文を書くときは基本的に謙虚な姿勢で書くことが求められます。ですので、結論を書き上げる部分で(もちろんそれ [続きを読む]
  • #41. プレマスターの知識をブログへ⑥
  • Think about the Audience Dear all,??今日は私がこのブログを書くときになるべく心がけたいと思っているアカデミックルールの中でもThink about the Audienceについてリポートしたいと思います。私が学校で遭遇したAudienceはプレゼンテーションの課題ではコースメイトを含めた聞き手、ディスカッションの課題では横について黙々と採点する先生、論文の課題ではアカデミックアドバイザーを含めた読み手でした。??いつも学校で [続きを読む]
  • #40. プレマスターの知識をブログへ⑤
  • Introduction and Conclusion Dear all,??今日は私がこのブログを書くときになるべく心がけたいと思っているアカデミックルールの中でもIntroduction and Conclusionについてリポートしたいと思います。日本語で言う起承転結の起と結にあたる部分になります。学校で書く論文についてはどんなエッセイでもレポートでも構成の中では欠かせないセクションとなります。一つのパラグラフの中でも最初の文と最後の文はこのことを意識し [続きを読む]
  • #39. プレマスターの知識をブログへ④
  • Primary Research and Secondary Research Dear all,??今日は私がこのブログを書くときになるべく心がけたいと思っているアカデミックルールの中でもPrimary Research and Secondary Researchについてリポートしたいと思います。直訳的にはPrimaryが第一のSecondaryが第二のという意味ですが、Primary Researchは自分で直接的にするリサーチでSecondary Researchは他の人の書いた論文を間接的にリサーチというくらいの意味にな [続きを読む]
  • #38. プレマスターの知識をブログへ③
  • Stay Consistent Dear all,??今日は私がこのブログを書くときになるべく心がけたいと思っているアカデミックルールの中でもStay Consistentについてリポートしたいと思います。Consistentというのは首尾一貫していること、という意味です。、、、またまた当たり前ですね。でも、難しいのです。??学校で論文を書くときの手順として、トピックを決める→リサーチをする→とりあえず書いてみる→見返してみる→手直しする(また見 [続きを読む]
  • #37. プレマスターの知識をブログへ②
  • Avoid Statement and Be Fair Dear all,??今日は私がこのブログを書くときになるべく心がけたいと思っているアカデミックルールの中でもAvoid Statement and Be Fairについてリポートしたいと思います。Statementが断定形のことでFairが公正に、ということなので、断定形は避けて公正に、ということになります。、、、これも当たり前と言えば当たり前ですね。??論文を書く時に神経を使わないといけないことの1つとして、一文 [続きを読む]
  • #36. プレマスターの知識をブログへ①
  • Avoid Plagiarism and Cite Sources Dear all,??今日は私がこのブログを書くときになるべく心がけたいと思っているアカデミックルールの中でもAvoid Plagiarism and Cite Sourcesについてリポートしたいと思います。Plagiarismが盗作という意味でCiteが引用するという意味なので、盗作は避けて引用する場合は引用元を書きなさい、というくらいの意味になると思います。、、、当たり前ですね。??まず、当たり前ですが盗作は犯罪 [続きを読む]
  • #35. プレマスターの知識をブログへ ? Introduction
  • Dear all,??今日からは少し学生らしく、私がプレマスターコースで勉強したアカデミックルールの中でもこのブログを書く時に私が”ゆるく”心がけていること(あくまでも”ゆるく”です!)について、シリーズでリポートしてみたいと思います。??アカデミックルールなどと言いつつもよくよく考えてみると常識的なことなのですが、習っていく中で私には「なるほど!(Eureka!!)」と思える瞬間が何度もありました。そして、堅苦 [続きを読む]
  • #34. LOVE HEARTS
  • Dear all,??今日は私がイギリスで大好きなラムネのお菓子、LOVE HEARTSについてリポートしたいと思います。??チェックのパッケージのショートブレッド、Walkersなどは日本でもカルディなどで見かけることが多と思いますが、このLOVE HEARTSについてはまだ浸透していないように思われます。(Source: LOVE HEARTS)??イギリスのスーパーなどで70ペニーくらいで買えてしまうこちらのお菓子は、1つ1つにかわいい愛情を表すメッ [続きを読む]
  • #33. ボートンオンザウォーター
  • Dear all, ??今日は日本人にも大人気のイギリス観光エリア、コッズウォルズ地方にあるボートンオンザウォーター(Bourton on the Water)という村についてリポートしたいと思います。??村の中心を流れる美しいウィンドラッシュ川で有名なこの村は「コッズウォルズのベニス」とも称されています。浅く澄んだ水の流れる川とその川にいくつもかかるかわいらしい橋が作り出す光景は絵本のようです。観光資源としては、街を小さく再現 [続きを読む]
  • #32. イギリス入国審査
  • Dear all,??今日は先日母が初めてイギリスに遊びにきてくれた時に私たちの間で一番に話題になった、イギリスの入国審査についてリポートしたいと思います。私も留学をする前に何度か一人旅でイギリスに来たのですが、母と話していてその都度なんだかな、、、と感じていたのを強く思い返しました。??まず、日本の羽田もしくは成田空港からロンドンのヒースローまでは直通の飛行機に乗ったとしてだいたい12時間半かかります。EU [続きを読む]
  • #31. オックスフォード駅
  • Dear all, ??今日は自己主張が控えめすぎるのか埋もれてしまいがちなオックスフォード駅についてリポートしたいと思います。??私は鉄道の旅が大好きでこの駅を利用することが多いのですが、過去に何度か聞かれたことがあるのが、、、「すみません、オックスフォード駅ってこの辺りであっていますか??」です。それも駅の目の前で、、、!??この質問を受ける主だった理由としては、日差しを受けすぎて育ちすぎた青々とした美 [続きを読む]
  • #30. オックスフォードで抹茶を
  • Dear all,??今日はオックスフォードにいながら割と手頃に楽しめる抹茶についてリポートしたいと思います。??残念ながらオックスフォードには辻利やナナズグリーンティーはありません、、、が、日本でもお馴染みのスターバックスはあります。そして、スターバックスのメニューをよくよく見てみると「Green Tea」と表記されているのです。??実は、私はこのことを発見するのにかなり時間がかかってしまいました。というのも、私 [続きを読む]
  • #29. ニューシアター
  • Dear all,??今日はオックスフォードにある劇場の1つ、ニューシアターについてリポートしたいと思います。??私は先々週に初めてここを訪れて、「The Curious Incident of the Dog in the Night Time」(夜中に犬に起こった不思議な事件、くらいでしょうか?)という演劇を観てきました。劇場の外観はこのような感じです。(Source: Ayako)??ここはミスタービーンのローワン=アトキンソンがオックスフォード大学在学時に舞台 [続きを読む]
  • #28. ブレナム宮殿
  • Dear all,??今日はオックスフォードからバスで40分ほどの場所にあるブレナム宮殿についてリポートしたいと思います。??バロック様式で荘厳な雰囲気の宮殿、美しい人工池や運河を含んだ広大な敷地で訪れる人を魅了してやまないこの世界遺産、ブレナム宮殿ですが、なんといっても一番の有名な観光要素は第二次世界大戦時代のイギリスを鼓舞し牽引したことで知られる時の首相、ウィンストン=チャーチル(Winston Churchill)の生 [続きを読む]
  • #27. オックスフォードの日本食事情: Edamame
  • Dear all,??今日はオックスフォードの日本食事情についてリポートしたいと思います。??ヘルシーでおいしい日本食はオックスフォードでも大変人気で、私の知る限りでは4つのお店があります。??① 「食べる」変な名前ですね、、、でも、ランチに行くと量が多くとてもおいしいどんぶりと味噌汁のセットがお手頃価格で楽しめる素敵なお店です!??② 「Wagamama」これは、、、イギリスに住む日本人から圧倒的な不支持を得てい [続きを読む]
  • #25. 湖水地方滞在記⑦
  • 羊のブランド: herdy ??Dear all,??湖水地方シリーズ最後として、今日は湖水地方のかわいい羊のブランドherdyについてリポートしたいと思います。??湖水地方に生息するハードウィック種の羊をモチーフとしたこのブランドは、収益を環境保全に当てているとのことです。イギリスで流行りのいわゆるSustainabilityという動きですね。ハードウィック種の羊は以前絶滅の危機がありピーターラビットの作者、ビアトリクス=ポタ [続きを読む]
  • #24. 湖水地方滞在記⑥
  • 有名なあのうさぎ??Dear all,?? シリーズでお届けしている湖水地方滞在記ですが、今の所私が少ない体力の限界まで丘を上がったり歩き回っている様子ばかりが多かったように思います、、、でも、湖水地方といえばやっぱりあの有名なうさぎの出身地ですよね。そうです!青いジャケットがトレードマークで表情がなんとも愛くるしい、、、ピーターラビットです。(Source: Ayako)??雨の中丘を越えてピーターラビットの作者ビ [続きを読む]
  • #23. 湖水地方滞在記⑤
  • レイクサイド (クルーズと蒸気機関車の旅)??Dear all, ??湖水地方シリーズ、今日はクルーズと蒸気機関車の旅についてリポートしたいと思います。??朝起きて目を開けると、この日はなんと天気予報が大はずれして(!)、とても清々しく晴れていました。連日の寒さと雨と灰色の空に少し落ち込み気味だった私は、この天気を最大限楽しむべく、さっそく階段を降りてゲストハウスのオーナーハワードさんの元へ、、、??私 [続きを読む]
  • #22. 湖水地方滞在記④
  • ケズィック + ケンダル Dear all,??湖水地方シリーズ、今日はケズィックとケンダルについてリポートしたいと思います。??この日は(やはり)強めの雨が降り続いていて空は灰色で肌寒かったのですが、、、乗り放題の長距離バス(11ポンド)に乗って、行けるところギリギリまで訪れてみることにしました。その結果が、北はケズィック、南はケンダルになります。??ケズィックもケンダルも湖水地方では比較的大きな街に分類 [続きを読む]