ガイア135 さん プロフィール

  •  
ガイア135さん: 水の豆知識
ハンドル名ガイア135 さん
ブログタイトル水の豆知識
ブログURLhttp://gaia135.hatenablog.jp/
サイト紹介文水の豆知識をまとめたブログです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供15回 / 62日(平均1.7回/週) - 参加 2017/06/11 14:53

ガイア135 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • ビビアンクラブシャワー
  • 飲料水には気を使っている方は多いと思いますが、お風呂のお水はそのままという方が多いのではないでしょうか?毎日なんとなく浴びている水道水ですが、水道水に含まれている塩素はお肌や髪にあるタンパク質と結合して、乾燥肌やフケの原因を作ります。また、髪のうるおいもなくなり、枝毛・切れ毛・変色の原因にもなります。毎日の積み重ねが知らず知らずのうちに肌や髪に悪影響を及ぼしているんです。そこでご紹介するのが「ビビ [続きを読む]
  • ビビアンクラブ
  • 「女性の立場から本当に女性が美しく生きるために、美と健康を実現し、心と生活の豊かさを実現するための商品と環境を提供する」をコンセプトに商品展開している会社です。流行に左右されない「本物」を提供するをモットーに主に浄水器を販売されています。蛇口の先に取り付ける浄水器や、シャワーヘッドに浄水機能があるがあるのも、冷水ポットに浄水機能がついているものなど種類も様々。様々なニーズに応えられるラインナッ [続きを読む]
  • ガイア 浄水器
  • 小さなカートリッジで大型浄水器並みの脳力を持つ「ガイアの水135」をご存知ですか?美味しさと安心を追求した6重構造の高性能カートリッジが水道水をまろやかでパワフルなお水に変身させます!しかもビビアン浄水器は、ノンレバー式で使いやすくボディはコンパクト。シンクが広々と使用でき邪魔にならないデザインです。そしてこの商品の最大の機能はフィルターを洗えることです!浄水器は、水中の汚れを除去する装置。水中の汚 [続きを読む]
  • ガイアの水135シャワーヘッド
  • 〜髪と肌を化学物質から守りませんか?〜水道水に含まれている塩素は科学的にお肌や髪にあるタンパク質と結合して、乾燥肌やフケの原因を作ります。また、髪のうるおいもなくなり、枝毛・切れ毛・変色の原因にもなります。「ガイアの水135シャワーヘッド」は「塩素」「カビ臭」「雑菌」などを水道水から取り除いた優しい水をつくり、髪や肌を守ってくれます。〜ガイアの水135シャワーの3つの特徴〜1.国内初の生体活性水シャ [続きを読む]
  • ガイアの水 浄水器
  • 美味しく安心して飲める水を手軽に手に入れたい!そういう思いで浄水器を付けている方は多いと思います。ただ浄水器と言っても種類が多く、どれを選べばいいか分からない、付けてみたもののメンテナンスが面倒でつけっぱなしもはや浄水器として機能しているかも分からないという方も少なくないかも知れません。最近では浄水器がどんどん高機能になり値段も高い物が増えてきました。ガイアの水・ビビアン浄水器は、シンプルで優れ [続きを読む]
  • ガイアの水135
  • 人間の体の60%は水でできています。人間の体部分でいえば、血液の90%、脳の80%、脳膜の92%は水です。この身体に大切な水分を摂取するのに重要な水道水ですが、水道水の「塩素処理」は「トリハロメタン=発ガン性物質」を発生させてしまいます。それ以外にも水道水で食品を洗うと、食品ののビタミンを壊してしまったり、髪や肌のタンパク質を壊し、細胞に大きなダメージを与えます。肌の保水力や保湿力を低下させ乾燥肌やアト [続きを読む]
  • ガイアの水
  • ガイアの水とは?たいへん貴重なテラヘルツ鉱石3種類を浄水器フィルターに加え、水が本来持っている溶媒としての能力を最大限に活かす浄水器です。テラヘルツ鉱石に水を通すと水分子が活発に振動して、生体にとって有益なエネルギーを多く含んだ水となります。テラヘルツ鉱石とは?テラヘルツ光とは、光と電波の中間に位置しており、周波数が10の12乗(1兆=テラ)Hzであることから、テラヘルツ光という名前で呼ばれています。 [続きを読む]
  • ガイアの水
  • ガイアの水とは?たいへん貴重なテラヘルツ鉱石3種類を浄水器フィルターに加え、水が本来持っている溶媒としての能力を最大限に活かす浄水器です。テラヘルツ鉱石に水を通すと水分子が活発に振動して、生体にとって有益なエネルギーを多く含んだ水となります。テラヘルツ鉱石とは?テラヘルツ光とは、光と電波の中間に位置しており、周波数が10の12乗(1兆=テラ)Hzであることから、テラヘルツ光という名前で呼ばれています。 [続きを読む]
  • 水道水に含まれる有害物質
  • 日本の水道水は世界一安全と言われています。その安全の裏付けはアメリカの約10倍と言われている塩素濃度です。それにはメリットとデメリットの両面があるのです。メリットは塩素には強い殺菌作用がありウイルスや細菌を殺菌してくれる効果が期待出来ます。逆にデメリットは塩素はカルキ臭の元になってしまうことです。さらに塩素と水中の有機物と反応して発がん性物質のトリハロメタンが発生したりします。そんな塩素たっぷり、発 [続きを読む]
  • 1日に排出する水の量と補給が必要な水分量
  • 人間の体は何もしなくても1日約2.3リットルの水分を排出しています。安静時の水分排出量の内訳は小便:1200ml大便:200ml呼吸・汗:900mlといわれています。意外と汗で出る量が多いと思います。夏などはこれ以上に汗で出るわけですからこまめに水分補給をしないとすぐに脱水症状が出てしまいます。ちなみに普通の人が補給いる水分量は飲料水:1200ml食物:800ml代謝物:300mlこんな感じです。1リットル以上は飲料水で補給しな [続きを読む]
  • 実は飲み水はとても貴重なものなのです。
  • 宇宙空間に浮かぶ地球の写真はまさに「青く輝く水の惑星」といったものです。水に依存した生活を送っても、水不足には縁がないように思われがちです。しかしながら実は98%が海水で、淡水は2%、その大部分は南極や北極の氷山などで、私たち陸上生物が利用できる水は全体の0.01%にも満たないのです。その0.01の割合の水を私たちは飲んだり、料理に使ったり、お風呂にためたり、シャワーを浴びたり、トイレに流したりして使ってい [続きを読む]
  • 人間はほぼ水
  • 人間や他の動植物は細胞の集まりで作られていますが、その細胞の中にあるものはほとんどが水分です。つまり、私たちの体は水で出来ているのです。人間の水分の割合は、大人で体重の約60から70%ぐらいです。6割から7割ぐらいが水なので人間=ほぼ水と言ってもいいかもしれません。それだけ水の割合が多いですから、普段飲んでいる水がその人の良し悪しを決めると言っても過言ではないと思います。塩素たっぷり、発がん性物質たっぷ [続きを読む]
  • 硬水と軟水の違いとは?
  • 硬水と軟水の違いは水に含まれるミネラルの量の違いです。硬水はカルシウムとマグネシウムなどがたくさん溶け込んでいる水で、日本はミネラル分が水に溶け込む量が少ないのでほとんどの地域の水は軟水になります。ちなみに日本の水の中で一番硬度が高いのは沖縄の水で、硬度が低いのは愛知県の水だそうです。軟水の方が、魚のだし汁を取ったり、炊飯や、緑茶をいれたりするのに適しているため、日本料理との相性が良いと言われてい [続きを読む]
  • 100%の純水を飲むと体を壊す?
  • 現実的には100%混じり気のない純粋な水というのは存在しません。私たちが普段見慣れている水は、ミネラルや有機物が溶け込んでいる水です。水というのは他の物質を溶かして自分自身に取り込む性質があります。だから純水に近い水ほどいろいろなものを溶かしてしまいます。たとえば半導体などを洗うような純水を直接手で扱ったりすると手の脂を溶かしてしまうので手荒れしてしまいます。飲んだりしたら大変なことになります。意外か [続きを読む]
  • 過去の記事 …