バドミントンが拓くあなたの未来 さん プロフィール

  •  
バドミントンが拓くあなたの未来さん: バドミントンが拓くあなたの未来
ハンドル名バドミントンが拓くあなたの未来 さん
ブログタイトルバドミントンが拓くあなたの未来
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/badmintonmusume
サイト紹介文部活と勉強の両立が生きる力を育みます 鈍感と根気が継続の秘訣です 後はケセラセラ、チャンスを待て
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供31回 / 22日(平均9.9回/週) - 参加 2017/06/06 19:25

バドミントンが拓くあなたの未来 さんのブログ記事

  • 出張当初は週末
  •  昭和54年5月24日木曜日早朝にニューヨークジョンFケネディ空港に到着。バスでマンハッタンへ行きました。以前の出張でタクシーに騙されました。もう使わないと決めていました。まずニューヨーク事務所に。場所は良く知っていました。後に富士通の社長になった野添さんが駐在員でした。彼が親切に迎えてくれました。でも、彼は相変わらずの働き過ぎのようでした。ここで思い出しました。私の1回目の出張の時、彼は新任の駐在員、 [続きを読む]
  • 二度目の出張
  •  昨日、書きだすまで書く気が無かった、内容の文章を書いてしまいました。書きたかったのはアメリカ出張の訪問先の話。ですから前置きの前置きになったわけです。この前置きも私の中にしまっておくつもりでした。でも、二度目の面白かった出張を書こうと思い、その背景もついでにと思いました。済みませんが、今日の記事も長くなり、二度目の出張の訪問先の話まで届きそうもありません。今日は二度目から三度目の出張までが中心に [続きを読む]
  • 富士通における米国の調査
  •  私は30歳になる前から毎年アメリカに調査出張をさせていただきました。当時、富士通のトップは小林大祐さん。素晴らしい人でした。でも営業畑なのか、技術の将来に迷いがあったのでしょう。池田さんが急になくなったからでもありました。私の最初のアメリカ出張は、周辺機開発課長への就任が決まっていた中堅技術者に同行でした。彼の箔をつけるためでした。 当時私は本体営業の尻拭いをさせられていた、仏の岩井麟三さんが率い [続きを読む]
  • 会社の提案書なら
  •  昨日のイメージ図表が一応良しとした段階です。ここで学校用ではなく、会社用の資料を仮定しています。学校の文字が変ですが、我慢してください。他の表現法が分かりませんでした。会社は提案者の文責の提案書を書きます。責任の所在を明らかにするためです。 普通は文字数も書式もページ数も添付資料も自由でしょうが、私は短い簡単な資料にしていました。文字数が少なければボロが出ませんし、分かりやすく書けます。指摘され [続きを読む]
  • 駒により座標を変更
  •  昨日、「イメージ化の用語は、垂直軸名称は人材育成、下端は因果応報、上端は果報は寝て待てで良いのかも。水平軸名称は学校改革、左端は水平思考、右端は垂直思考が良さそうに思えてきました。」と書きました。そしてブログを終え、座標に置くべき駒について考えました。上手く駒が考えられませんでした。この座標は間違っていると思うようになりました。 今の座標だと、私の一生、あるバカの繁盛記のような名称ならOKでしょう [続きを読む]
  • 随時随所楽しむには
  •  随時随所、楽しまざるなしの教育なら、先生も生徒さんも生き生きと学び、部活し、駄弁り、登校できる学校が良いですね。そのためにはバドが一番容易な部活でしょう。有り余るほどの利点あり。今まで飽きるほど記事に理由を述べました。もう飽きました。 今回は私の模範解答だけです。私の得意な独断と偏見。これこそ創造性なのです。イメージ化の用語は、垂直軸名称は人材育成、下端は因果応報、上端は果報は寝て待てで良いのか [続きを読む]
  • 座標の整理整頓
  •  随時随所楽しむを基本コンセプトとした学校改革をメージ化してゆきます。この目標をトップとして、短文を分解した箇条書き4つの二次元平面があり、下記のように4つ定義しました。用語をさらに短くした表に表現しています。          縦軸名        横軸名        駒名    半径        下端用語 上端用語 左端用語 右端用語          練習法        評価学童の文武 [続きを読む]
  • 残務はいい加減に
  •  死期に見られた不思議な現象の言葉と首相と長谷川女子の項目2つが残っています。前者はたくさん書きたいことがありました。最近も私の創造性のブログの方でたくさん書きました。もう十分でしょう。政治の話は私には似合いません。バドと創造性しか自信がない、勉強不足の馬鹿だから。 ですから、残りの箇条書きふたつは文章も箇条書きもしないで、直接イメージ化に挑戦してみます。箇条書きへの再分解も、思い出すための文字化 [続きを読む]
  • 遊びは続く
  •  次の要件の箇条書きです。残りは3つとトップの箇条書きです。どれをやっても良いのですが、下から2番目の、学童のスポーツを勉強に生かす教育について考察をしイメージ化してみます。 私は部活は続かなかった男です。3年間ですら長すぎた春、熱中するのは短期間、すぐ嫌になり退部でした。せいぜい1年が限界でした。ですから大学までの部活を思い出し、結果を見て、論じることは憚ります。ですが、市民バドミントンクラブを凡 [続きを読む]
  • 座標軸は同じでも
  •  私の信念や自分の信念の説明など無意味だと会社の有能な事業本部長なら言いそうに思えます。これらは論であり、このような説明は教育社会にありがちです。ブログ村のブログはほとんどそう言われる範疇の説明でしょう。 ビジネスには論など不要なのです。自分がどうするか、事業部は何をすべきかの提案が大事です。だから、たとえ真理の説明であっても、何をしたいのだと、言われてしまいます。評論家だなと腐されて仕事から外さ [続きを読む]
  • 上に行くか下に行くか
  •  随時随所楽しむと下の四項目をイメージ化する野望に挑戦します。併せて5つの箇条書きのどれからからイメージ化するか、まず、この判断が成功不成功のカギを握るかもしれません。・学童のスポーツを勉強に生かす教育を考察・首相と長谷川三千子を論じた解説文を検索・死期に見られた不思議な現象の言葉を調査・科捜研の女と相棒およびSMAPの人気を読む 入学試験や期末試験のテストでどれから手を付けるか、点数をとるのに役立つ [続きを読む]
  • 野際陽子さんの訃報
  •  私は受験勉強の憂さ晴らしに赤いダイヤを見るのが楽しみでした。彼女の出世作だったと思いますが、ウィキには彼女の項目に記載が見つかりませんでした。でも赤いダイヤの項目には確かに彼女の役柄が記載されています。主演が大辻伺郎だったと記事で思いだしました。私もボケたものです。 私は大学2年生の秋、機械工学科に進学しました。何と野際さんの弟さんが私の親友になったのです。私は野際陽子が好きだった。理想の女性像 [続きを読む]
  • 良いイメージの作成条件
  •  開成以上の学校となるはずだった成城学園を創設した、澤柳政太郎先生は、道半ばで亡くなりました。随時随所楽しまざるなしは澤柳先生のモットーでした。もう3年でも生きていて頂けたら、今の開成天下はなかったかもしれません。ペンと剣より、よく学びよく遊べの方が優れていそうに私には思えるからです。 イメージ化すべきトップの箇条書きは随時随所楽しむです。その下に、やはりイメージ化したい最初に設定した4項目がありま [続きを読む]
  • イメージ化が大事
  •  会社のプレゼン資料を私が作る時、上司が使うパワポなら、最上位の箇条書きと、それを分解した四項目のそれぞれを、さらに四項目に分解して作成していました。そしてパワポで入力すれば完成でした。結局、20ページ前後のパワポが一つできることになります。30分から1時間の講演にそれを使えるはずでした。 高校の非常勤で理事長や教頭や教諭の代筆をして遊んでいました。koderaさんのプレゼン資料は使いやすいと皆さんに言って [続きを読む]
  • 現代日本人は発達障害
  •  10日ほど近く前に書いた今回のシリーズの改善された箇条書きの説明は終わったように感じています。全部尻切れトンボのようですか。でも、書けば書くほど誰かの悪口を書く羽目になりそうな予感がしています。ネットの大衆の記事も、大手メディアの記事も誰かの批判の記事が多いように感じています。 何かに不満を感じたら、自分が反省しろと、どうやら仏様に諭されて娑婆に戻って来られたような私です。悪口は冗談の範囲にすませ [続きを読む]
  • 私の人物像モデル
  •  私は昔は裕次郎、キムタクが好きだったかも。でも晩年の裕次郎は痛かった。キムタクも解散ニュースでは痛かった。今は相棒の二人が好み。でも彼らの歌も変としか聞こえません。歌なら美空ひばりや三橋美智也が好みの時代遅れ人間。せいぜい聞けるのは青江三奈まででした。 さてそんな前世紀遺物の私が好きだったテレビはアメリカ製の連続ドラマ、人気番組はほとんど全部見ていました。ベンケーシーやララミー牧場、ローハイド、 [続きを読む]
  • 律儀者が好みのよう
  •  私の先生方は初等科から大学院まで、共通する特性は沈着に思考して、正義を求めやり抜く人だったように覚えています。今でも私は尊敬しているのです。彼らは決して熱血先生と分類できるような、ドラマの中の先生とは大違い。しかも、娘の小学校から高校までの教育熱心な先生とは大違いだったように思えます。 私は成城学園初等科時代、突貫の豆タンク小僧、でした。だから迷っている同級生は嫌いでした。迷うこと自体がきらいだ [続きを読む]
  • テレビをよく見た子育て時代
  •  今の相棒は水谷豊と反町隆史のコンビ。水谷豊は熱中時代で視聴率が取れる役者として認められ、本人もこの右京の役をはまり役として楽しんでいるのかも。演技の熱を強く感じられる役者さんです。この役以前から、彼は人気者でした。でも、私は彼の演技も臭すぎて好きではありませんでした。彼の歌もです。私はお茶漬けが好きなのです。今の役は好みです。現場の警部の心意気に期待しているからでしょうか。 彼の熱中時代の主役の [続きを読む]
  • 知識が情報の価値を決定
  •  科捜研の女は鑑識を行う部署に所属しているのでは。鑑識は検察用語でしょう。法医学では鑑定と言うようです。私の叔父は成城学園の先輩でもあります。今では85歳を過ぎたはず、でも元気に毎日仕事をしています。日本中の研究者や先生方を相手に鑑定に関して指導しているのかもしれません。 私は小学校1年生の時から夏休みと冬休みは叔父の家に泊まりに行っていました。歴史的大事件の鑑定結果の裏話も聞かされて育ちました。私 [続きを読む]
  • 人気者はつらいかも
  •  ネットの記事を読んでいても、SMAPのキムタクやリーダーが好きな世代はバブル時代を謳歌した女性が多いような気がしています。私も娘や息子がキムタク主演のテレビドラマが好きで見ていました。月曜日9時の連続ドラマはほとんど見ていました。キムタク主演ドラマはシナリオも面白く、時代を先取りしていたのかもしれません。ナイフをチャラチャラする役柄では批判もありましたが、私はその批判を読んで、詰まらない世の中になっ [続きを読む]
  • 私が見たくなかった夢
  •  三項目目の、死期に見られた不思議な現象の言葉を調査、については私の創造性の開発のブログに書いている途中です。読んでいただければ教育と関係していることはお分かりいただけると思います。でも、皆さん多忙でしょうから、創造性のブログには書かないつもりのことだけ、以下に記しているつもりです。 死期に見られる不思議な現象を言葉にする当事者は、今までの人生の中で一番気にかかっていた、またはしたかった、または一 [続きを読む]
  • 随時随所楽しむ
  •  改善された4つの箇条書きを何度も眺めていました。いろいろな言葉が表題の候補として浮かんできました。そしてふと、今の私の言いたい言葉の、随時随所楽しまざるなし、が浮かんできました。これは成城学園の澤柳政太郎のモットーだと言われています。これは私の今の信念でもありますが、二重否定の言葉。澤柳は意味を強めたいために二重否定を使ったのでしょう。でも、二重否定は使わないがkoderaの小論の勧めです。 私は生浮 [続きを読む]
  • 箇条書きを改善
  •  前回の記事にまとめた4項目の箇条書きを再掲します。私が考えているキーワードが明確に示されていると読めました。・学童のスポーツと勉強に関する相関関係と教育法・安倍首相や長谷川三千子女子の思想に対する賛否・緩和ケア、死期における看取り、病床の心霊現象・科捜研の女や相棒やスマップメンバーの人気推移 4つの短文に現れたキーワードは、学童、スポーツ、勉強、相関関係、教育法、安倍首相、長谷川三千子、緩和ケア、 [続きを読む]
  • 詐欺師かも
  •  まずさっと考えた。4項目箇条書きです。・学童のスポーツと勉強に関する相関関係と教育法・安倍首相や長谷川三千子女子の思想に対する賛否・緩和ケア、死期における看取り、病床の心霊現象・科捜研の女や相棒やスマップメンバーの人気推移 この項目からプレゼン資料を作ってもましな提案書は作れそうもありません。まず各項目は目的語が先頭ではありません。しかもその先頭の目的語を含む目的語句に対する動詞が明確な箇条書き [続きを読む]
  • 愛犬が先生
  •  犬は素直。凶暴な犬も、従順な犬も、犬が嫌いな犬も、人を怖がる犬もいますが、私はすべて素直に見えます。要するに、飼い主の性格そのもののように思えて仕方がありません。ですから、私を含め、ほとんどの愛犬家は自分の犬が素直で良い性格に見えているでしょう。ご多聞に漏れず、私も親ばかなのでしょうか。でも、それだけではないでしょう。私は正直を旨としています。可愛い犬には可愛いと言い、良い性格だと思った犬には良 [続きを読む]