イケタク さん プロフィール

  •  
イケタクさん: 山口ファースト 〜イケタクの山口日記〜
ハンドル名イケタク さん
ブログタイトル山口ファースト 〜イケタクの山口日記〜
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tokyo24ero
サイト紹介文山口県の素晴らしさを全国の皆さんにお伝えするために、グルメや観光名所などをご紹介します!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 21日(平均10.7回/週) - 参加 2017/06/07 18:36

イケタク さんのブログ記事

  • 長州屋/湯田温泉のメイン通りにある名物居酒屋
  • 山口市の最繁華街である湯田温泉。その湯田温泉のメイン通りはホテルや旅館だけでなく、食事や買い物も楽しめるエリアで、まさに中心地、繁華街と言えるが、この店はその中でも目立つ場所に位置する。前から一度入ってみたいと思っていた店。店内は比較的気軽な雰囲気で場所柄観光客が多いが、地元の常連客っぽい人もいる。メインは鶏で焼鳥や唐揚げがウリのよう。瓦そばやふぐなど山口名物も食べられる。酒もふぐのヒレ酒や獺祭な [続きを読む]
  • 周布公園/幕末長州の兄貴分を祀った湯田の名所
  • 幕末の長州藩は倒幕譲位と幕府との協調に二分され、若い藩士たちは過激に向かう。そんな藩士たちの兄貴分として精神的な支柱となったのが周布政之助である。湯田温泉の近くには周布と言う地名もあるが、その近くにこの場所がある。今では公園のような広場に石碑が建っているだけではあるが、石碑に刻まれた政之助の言葉を見るにつけ、幕末の激動と藩を思う気持ちが伝わってくる。この場所に行くには結構狭い道を行くので徒歩がオス [続きを読む]
  • プチカフェさくら木/萩城下町散策の小休止に
  • 萩城下町。歴史好き、特に幕末維新好きには堪らないエリアである。吉田松陰から始まり高杉晋作や桂小五郎の活躍は今も語り継がれる。日本で最も総理大臣を輩出した山口県の代表的な観光地である。松下村塾を見て中央公園を経て城下町を散策するのがノーマルなコースであるが、久坂玄瑞、高杉晋作、木戸孝允らの幕末の志士の像に加えて、田中義一の生家もあり見どころ十分だ。そんな町を散策しているとのども乾いてくるし疲れも出て [続きを読む]
  • 功山寺/高杉晋作挙兵で歴史が動いた!
  • 幕末の長州藩は反論が2分されたが、その時に高杉晋作がたった一人で主流を握りつつある俗論党に対抗して挙兵しようと決死した功山寺。ここから幕末が動いたと言っても良い。下関の中心部からは車で。細い道を通ってゆくが寺の周辺には休日であれば歴史好きの観光客がいるので分かりやすい。境内には高杉晋作の像が。やはり幕末長州の中心人物だけあり人気も高い。そんなに広くない境内であはあるが自由に見て回れる。寺の中に入る [続きを読む]
  • 丸亀製麺小郡店/安心して入れる安定した旨さ
  • このチェーンは言わずと知れた讃岐うどんの人気店。山口市にも何店か見かけるが、この小郡の店に入るのは初めて。小郡とは今では新山口と駅名を変えたが、山口市のやや西寄りのエリアで、新幹線の停車駅ができたことから大きなマンションやビルなどができ始めている。この店は国道9号沿いで、新山口駅方面から車で来ると入りやすい。店に入ると、まずは麺を茹でているコーナーが最初に見えてきて、その前から並ぶというのが他の丸 [続きを読む]
  • ろくの家防府店/個性ある豚骨スープがクセになる
  • 山口県内に何店舗かあるらしいこの店。湯田温泉の店には何度も通っているが防府店は初めての訪問。店に入ると昼時なので混んではいるが湯田の店に比べるとそうでもない。メニューを見ると、値段も含めてほとんど同じことにまずは安心。この日は最もシンプルな「六白」を注文した。ほどなく登場。麺は固目をオーダーしていたので、豚骨の濃厚な味と細目で固い麺がピッタリ。この豚骨スープは独特な香り投下味わいがありホントに美味 [続きを読む]
  • 山口県は観光県へ
  • 山口県湯田温泉で老舗の旅館西村屋が倒産したっと先日報じられた。既に建物は解体に入っている。私が湯田温泉に住むようになって8か月程度経過したが、確かにあまり盛況な印象は受けなかった。向かいのホテルも1件閉鎖しており、温泉旅館の経営が湯田で厳しくなっていることをうかがわせる。界隈では松田屋、常盤など人気の旅館もあり、実際の経営は分からないが週末を中心に賑わっている。一方で、スーパーホテルの進出で格安路 [続きを読む]
  • 来萩/道の駅しーまーとにある海鮮レストラン
  • 萩にある道の駅「しーまーと」何度か萩を訪れているが、その都度この道の駅には立ち寄っている。市場に隣接しているから新鮮な魚を食べられるレストランが何店かあり休日を中心に混雑している。この店に入ったのは初めて。館内に入るとすぐにある店で前から気にはなっていた。市場なのでやはり海鮮丼を注文。新鮮な魚がふんだんに使ってあり満足。そしてこの日嬉しいのはアジフライが2匹で180円であること。追加注文して食べた [続きを読む]
  • 萩の旅(第1回)/萩城下町と萩城跡
  • 【コース】回転寿し『たかくら』(新山口)⇒ 久坂玄瑞進撃像 ⇒ 高杉晋作広場 ⇒高杉晋作生家 ⇒ 久保田住宅 ⇒ 木戸孝允生家 ⇒ 萩城跡秋の萩を訪れてみることに。以前、松陰神社は行ったので、今回は城下町の散策と萩城跡へ。新山口駅近くで寿司を食べてから車で萩へ。高速道路が無料で助かる!中央公園に車を停めると、まずは久坂玄瑞進撃像が。松下村塾の双璧で幕末きっての戦略家と言われた久坂の姿を見てから街歩 [続きを読む]
  • りゅう庵/小郡ー山口のランチに最適
  • 山口は新幹線停車の新山口より旧市街や湯田温泉あたりが栄えているが、最近新山口周辺の小郡エリアも発展している。新山口からは少し東寄りに行ったあたりには飲食店も増えてきたが、その一つがこの店である。店のウリはトンカツらしく、普通のトンカツとたたきトンカツがメニューのトップにある。店員に確認してオロシがタップリノタタキを注文。大根おろしがたっぷりのトンカツに醤油風のソースをかけて食べる。ボリュームも十分 [続きを読む]
  • 枕流亭/薩長同盟の舞台になった集会所
  • 山口市の香山公園にある。香山公園内には瑠璃光寺、五重塔などもある山口市の名所の一つであるが、この枕流亭は歴史好き、幕末好きには堪らない場所である。幕府を倒そうと画策する薩長は同盟を結べく密談を重ねる。その都度、西郷や小松帯刀などは長州入りするが、その際に密談を重ねた場所がこの枕流亭である。当時とは場所が違うようだが建物はその当時の趣を残している。1階は桂小五郎や西郷隆盛と言った薩長同盟の立役者の写 [続きを読む]
  • 湯田食堂/セルフで食べる山口の食堂
  • たくさんのおかずが並んでいてセルフで取ってゆく。入口側はメインのもので、焼き魚や煮魚、揚げ物などが並ぶ。まずここで鯖の塩焼きをセレクト。次にサイドではないが、もやし炒めと海鮮チリソースで迷ってモヤシを選択。自分で作れるのにと公開する。更に白菜の漬物を取ってレジへ。レジでご飯やうどん、味噌汁を注文する。最初でわからずにご飯は中を頼んだだが多すぎた。味噌汁にはワカメやゴマを入れられるようになっている。 [続きを読む]
  • 湯田温泉観光案内所/足湯と飲泉が楽しめる観光案内所
  • 湯田温泉は観光地である。地方の観光地は、その出発点は駅より観光案内所であることが多い。もちろん駅に観光案内所があるケースも多いが、この湯田温泉の観光案内所は温泉街の街中にある。ここの特徴は何といっても足湯が無料で楽しめる点。交通量も多いメイン通り沿いにある案内所であるが、その入り口に足湯がある。もちろん、湯田温泉を発見した「白狐」も構えて、観光客の方をお待ちしている。天然温泉だから、温度がいつも違 [続きを読む]
  • 福助/井上公園前の人気料亭
  • 山口市で飲むなら湯田温泉。これは山口市に住んでいる人には常識のようで、確かに気軽な居酒屋からオシャレな店、そして料亭まで揃っている。この店は明治維新の元勲である井上馨を記念した井上公園の前にある。湯田温泉駅からも近いし、温泉の中心地からも近くで利便性が良い。店は高級な佇まいで個室も清潔感があり落ち着く。料理は刺身、のどくろの唐揚げにふぐ刺と海の幸が満載。ボリュームもかなりあり食べきれないほどのコー [続きを読む]
  • 萩駅/鉄道記念館のある無人駅
  • 萩駅と言えば、萩観光の中心、スタートの地と思われがちであるが、無人駅で電車の本数もほとんどない。始発電車も隣の東萩駅から出るものが多く、市役所にも近いため東萩駅が萩の中心駅と言えるので、観光の方は要注意。ただし、写真を見て頂けばわかる通り、駅舎はかわいらしい。車で観光される方は通ってみても楽しいかもしれない。2017年6月17日に運行を開始したTWILIGHT EXPRESS 瑞風(山陰コース(下り)1泊2日)において、当 [続きを読む]
  • 蘭蘭/吉敷にあるアットホームな地元の中華そば屋
  • 山口市の住宅地である吉敷エリアにあるこの店は、会社から近く郵便局に行く時に気になっていた。聞いてみると評判も上々のようなので行ってみた。豚キムチラーメンかチャンポンがオススメと言うことなので、まずはラーメンと思い豚キムチラーメンを注文した。昼過ぎにもかかわらずかなり並んでいる、と言うことは期待出きるか。麺はいかにも中華そばと言った感じで懐かしい。キムチ味の豚バラが寒い日にピッタリで温まる。全体的に [続きを読む]
  • 木戸神社/維新三傑の木戸孝允を祀った桜の名所
  • 山口と言えば長州藩。幕末の日本を動かし維新回天につなげた藩である。その中でも維新3傑と言われ明治の近代政府の発展に貢献した木戸孝允の名前を知らぬものはいないだろう。しかしながら、吉田松陰、高杉晋作、伊藤博文に比べるとやや地味な印象があり、下手をすると剣豪である桂小五郎と同一人物なのを知らない人もいるのでは思ってしまう。そして、この神社も質素そのもので、長州を、そして国を護るために私利私欲を捨てた木 [続きを読む]
  • 石川佳純/世界を取った卓球界の新アイドル
  • 1993年2月生まれ。山口県山口市出身。中学2年の時に全日本卓球選手権で史上最年少のベスト4入りを果たし注目を集める。2008〜09年の高校1年在籍中の1年間でインターハイ、国体、選抜、全日本ジュニアと高校生レベルの国内4大会を高校1年生にして完全制覇という大偉業を達成した。2011年1月、全日本選手権シングルスで初優勝した。2015年1月の全日本卓球選手権で女子シングルス、ダブルス、混合ダブルスの三冠達成は1960年の [続きを読む]
  • 中国料理随園/新山口駅前の人気店
  • 新山口駅は元は小郡駅と言って山口の在来線の駅の1つであったが、今は新幹線の停車駅として山口の玄関口になっている。駅周辺はビルやマンションが増えつつあるが、まだ湯田温泉や山口駅周辺に比べると店の数も少ない。そんな中にも美味しい店がいくつかあるが、この店もその中の1つ。新山口駅の新幹線口を出ると目の前にあるグランドホテル。その地下には飲食店があって食事ができるが、この店は周辺のサラリーマンなどでランチ時 [続きを読む]
  • 新山口駅/山口の新幹線の玄関口
  • 山口県山口市小郡下郷にあるJR西日本の駅で、新幹線の停車駅として近年栄えている。 2003年までは「小郡駅」と称され地元の人に親しまれた。 2005年の合併までは小郡町に属していたが、現在は山口市。 在来線で下関方面や周南方面へも出られ、在来線と新幹線をつなぐ県庁所在地である山口市のターミナル的存在である。 近年、駅周辺も栄えてきており飲食店やホテルなども増えているが、何といってもマンションなどの住宅の [続きを読む]
  • 魚鮮水産アイスタ新山口店/新山口駅で食べる山口の味
  • 山口県は下関市が最も人口が多く栄えているが、県庁所在地は山口市で伝統のある街だ。新山口駅は新幹線の停車駅で、便によってはのぞみやさくらも停まるので思ったより栄えている印象だ。駅ビルにも何軒か飲食店が入っているが、その中で海鮮系が美味しそうだったので、この店に入店した。ランチは海鮮丼や刺身定食などあるが、折角なのでふぐ御膳を注文した。出てくるのに少し時間がかかったが、鍋と刺身はボリューム十分。もみじ [続きを読む]
  • 唐戸市場と壇之浦古戦場/下関でグルメと歴史を味わう
  • 下関は山口県では最大の都市である。北九州に隣接し古くから貿易で栄えた街で、山口に支店を置く企業の多くは下関市にあることが多い。下関は観光も見処があり、今回訪れた壇之浦古戦場や唐戸市場だけでなく、関門橋、船で巌流島にも行ける。唐戸市場は明るく活気がある。また価格的にも安くて美味しいものが求められるとあって、休日には人でごった返す。市場で寿司や海鮮丼、魚の唐揚げやフグ汁などを買って海沿いで食べるもよし [続きを読む]
  • 浜料理がんがん/萩の「道の駅しーまーと」にある美味しい市場メシ
  • 萩と言えば幕末維新を彩った志士たちの街で人気のある観光スポットである。一方で、食べ物のイメージはあまりないが、よく考えれば日本海に接しており海の幸が豊富なはずである。この日、萩を観光した後美味しい店を探してこの店に入った。昼時だったので順番待ちとなったが、さほど待たずに入店。海鮮丼、しらすづくしなど魅力的なメニューがあったが、あえて新鮮な魚介で作るであろう天ぷら定食を注文した。天ぷらは予想通り美味 [続きを読む]