mee さん プロフィール

  •  
meeさん: 家をつくろう!
ハンドル名mee さん
ブログタイトル家をつくろう!
ブログURLhttp://ietsukuri.site/
サイト紹介文家作りをはじめようとするとき、進めていくとき、完成まで全部知っておきたい事アレコレ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 66日(平均0.8回/週) - 参加 2017/06/07 22:59

mee さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 暮らしやすさがUPする動線の作り方4つ
  • 01、ライフスタイルをもとに動線を考える「動線計画」というのは、おおまか希望に沿って空間を配置(=ゾーニング)しながら、その空間同士のつなぎ方を考えることです。きっと「全部のスペースをLDKにつなげたい!」といった矛盾が生じてしまうことがあるかもしれません。その場合は、どの動線を優先させるか考えてみましょう。基準になるのは、自分たちのライフスタイルです。家族の1日の生活を順番に思い浮かべたとき、どんなふ [続きを読む]
  • 間取りを考えるときに抑えたい5つのポイント
  • 01、大きなプランを考えてから優先順位を考えるコト家づくりのスタート時点でいちばん大切なのは、優先順位の付け方です。絶対ゆずれないことや、あとからでは変えられないこと(2階はLDKなど)を最優先させて、こまかな希望はあとづけしていくのが理想的です。はじめて家を建てる時は、どうしてもこの「こまかな希望」にとらわれてしまいがちで、対面式キッチン、パントリー、床暖房などなど、ほしい条件をチェックポイントのよ [続きを読む]
  • 超便利!複数のハウスメーカー・工務店に資料請求ができる!
  • 家づくりの依頼先の探し方家作りのパートナー探しは、もっとも重要なプロセスです。まずは親戚や友達など身近に家を建てた経験者がいたら、依頼先を選んだ理由や感想を聞くといいでしょう。何も考えずに、住宅展示場へ行くことは後からデメリットになる事もありますのでおススメしません。(紹介特典が受けられなくなる場合があります)情報を幅広く集めるには、やはりメディアが便利です。住宅雑誌や住宅サイトを見てどんな会社が [続きを読む]
  • 「感じる」住まいをつくろう!
  • 仕事帰り。おうちに近づくと窓から光が漏れている。玄関を開けるとカレーのいい匂い。思わずグーッとお腹がなる。人はけっこう感じたがっています。住まいづくりで大切にしたいのは「五感」で感じる心地よさ。近年の住宅では利便性と引き換えに人工的でつるつるした材料が多く使われ、五感の刺激に乏しい空間になる傾向があります。「感じる」をかたちにした室」内空間には、居心地がいい服のような快適性が備わり、「帰りたくなる [続きを読む]
  • 家づくりの費用を知る
  • 夢のマイホームが欲しいと思ったときに、一番気がかりなのがお金のことではないでしょうか。家づくりには、本体工事費と別途工事費、設計料、さらに税金、登記や引っ越しにかかる諸費用も必要です。工事費は高額になるので、消費税の増税分も考慮しておきましょう。本体工事費は工法や面積、間取り、グレード、また場所や時期によっても異なります。目安を知るにはこちらをご参考にどうぞ。 建築工事費本体工事費建物本体をつくる [続きを読む]
  • 家族の日常の暮らしを振り返ってみる
  • 家族のプロフィール、生活行動を書き出すどんな住まいにするか、家族で話し合うことが、家作りの第一歩であり、大切なことです。設計はプロにお願いしますが、その家に暮らすのは自分たち家族。まず、家族一人ひとりの性格や日常の生活パターンを、設計者に伝えるためのプロフィールをつくりましょう。家族の食事や就寝時間がはっきりわかり、リビングやダイニングなどコミュニケーションの場を検討する際に参考になります。 01家 [続きを読む]
  • 理想のイメージを言葉や写真にしてみる
  • 満足度の高い家づくりをするために心地よい空間のイメージや好みの素材感がつかめてきたら、それを言葉にしてみましょう。夫婦や家族のほか、設計者など家づくりのパートナーがすでにいるなら、その人にも自分の好みやこだわりを話してみます。話の前後や矛盾は気にせず、その時のイメージをそのまま伝えるのがポイントです。言葉にすることで漠然としたイメージが整理されて具体的になり、自分にとっても把握しやすくなります。こ [続きを読む]
  • 家づくりを始める時に最初にすべきことは「情報集め」ではない
  • 家づくりのきっかけは人それぞれですが、つくるからには「自分らしい家」にしたいもの。自分の好みやこだわりにぴったりフィットした家こそが、住んでからの満足度の高い、本当に暮らしやすい家になるからです。でも、改めて振り返ってみると自分についての情報は以外と少ないと思いませんか?憧れのモデルさんが来ているお洋服が誰しもが似合わないように、いくらかっこいい家ができても暮らしやすさは望めません。そこで家づくり [続きを読む]
  • 過去の記事 …