ショップKazu さん プロフィール

  •  
ショップKazuさん: 中高年の腰痛を改善するサイト
ハンドル名ショップKazu さん
ブログタイトル中高年の腰痛を改善するサイト
ブログURLhttp://shopkazu20.com/
サイト紹介文中高年になると腰痛で悩む人が多くなりますが、少しでも腰痛が改善できるような方法を解説していきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 66日(平均2.7回/週) - 参加 2017/06/07 23:41

ショップKazu さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 腰が動くと全てにおいて上手くいく
  • プロスポーツ界では、腰をしっかり動かせるかどうかが、成功を獲得するための大きなポイントになります。なぜなら、いざ大勝負という時に腰がしっかり動いてくれれば、成功への階段を瞬く間に駆け上がる事も出来るのかもしれないし、もし、大事な時に腰が動いてくれないと、反対に階段を転げ落ちるかもしれないからです。なので、腰痛が酷いのに無理して試合に出たり、ストレッチを怠けたり、長い間継続して腰に負担をかけてきた人 [続きを読む]
  • 腰痛改善での歩けるメリットとは?
  • 腰が滑らかに動くという事は、つまり「歩ける」という事です。そして、この「歩く」という行ないには、人の人生をより良い方向へと切り替える、様々な効力が隠されています。一方で、長年腰痛で悩んでいた人で、腰痛が改善したら「突然歩く事がたのしくなった」という人が少なくありません。なので、ウォーキングや近所の散歩を日課にする人もいますし、中には、本格的な山歩きに夢中になっている人もいます。また、このような傾向 [続きを読む]
  • 腰痛は女性ホルモンの減少で発症
  • 関節包内矯正によって女性ホルモンが活発に分泌されると、アンチエイジング効果が期待できます。例えば、肌の潤いが増して、ツヤやハリが出てきて、髪の毛も潤って、滑らかになります。そのように女性ホルモンには、女性を美しくする働きがある事が、科学的にも証明されています。なので、女性にとって、腰は「きれいになるための土台」だともいえ、女性が美しく輝き、いつまでも若く、ハツラツと生きて行くためには、この土台をケ [続きを読む]
  • 仙腸関節の動きの回復がダイエット
  • 体の代謝を上げるには、筋肉を良く動かして熱生産量を上げなければなりません。また、骨盤の仙腸関節が上手に機能していないケースは、腸腰筋などの体の奥の方にある筋肉が満足に動かない状態になってしまっている事が多いのです。ですが、関節包内矯正を行なって仙腸関節の動きを回復さす事で、このような腸腰筋などの筋肉が良く動くようになります。なぜなら、関節の可動域が広がるため、それまで思ったほど使っていなかった奥の [続きを読む]
  • 腰痛予防にはどのような椅子に座る
  • 腰痛の専門家の集まりなどでは、座り心地の良さそうなソファがたくさん並んでいてもほとんどはそのソファに座ろうとはせず、立って新聞を読んだり、立って仲間と話したりしているだけです。なぜなら、それぐらい「ソファに座る」行為が腰に負担をかけるものだという事を知っていたからです。ですが、1日中椅子に座って仕事をしなければならない職業の人もいまず。なので、デスクワーカーにとって「椅子選び」は非常に重大な問題な [続きを読む]
  • 仙腸関節のロッキングが血管を圧迫
  • 仙腸関節は、「第2の心臓」だといわれています。また、仙腸関節には非常に多くの血管が集中していているので、この仙腸関節が開いているか閉じているかが、全身の血液の循環に非常に大きな影響をもたらしています。なので、特に、下半身の血液の流れは、仙腸関節が支えているといっても言い過ぎではないのです。なぜなら、仙腸関節が、ちゃんと機能していれば、歩いたり走ったりする事により微妙に動くので、それが、心臓のポンプ [続きを読む]
  • 人任せの腰痛から自分で治す腰痛
  • 関節包内矯正とは、仙腸関節と痛みの仕組みに光を当てた、科学的な着手方法に基づいた理論です。なので、このような正しい着手方法に基づいた腰痛治療が、もっともっと普通に行なわれなくてはならないのです。なぜなら、正しい道を通って、正しい治療をしているので、痛みがとれて当然、腰痛が治って当然という状況が一般的にならなければいけないからです。ですが、現在は全然、「腰痛が改善する」という事が大きな驚きとして取り [続きを読む]
  • 仙腸関節を関節包内矯正で鍵解除
  • 仙腸関節のロッキングをどのようにして外せば良いのでしょうか。では、関節内矯正についての解説をしていきます。関節は「関節包」という袋の中に入っていて、その袋の中に一杯に入っている潤滑液の中を動く事で、滑るような滑らかな動きをとる事が出来ます。ですが、仙腸関節がロッキングすると、仙骨と腸骨がお互いに乗り上げて動きがとれなくなるので、そのまま関節包内で固まってしまいます。なので、ひっかかった仙骨と腸骨と [続きを読む]
  • 仙腸関節は前後の姿勢でロッキング
  • 人間の体というのは、本来、長時間同じ姿勢をキープするのには向かないように出来ています。なので、何時間も車の運転をぶっ続けでしたり、一日中パソコンの前から全く動く事なく座りっぱなしで仕事をしていたりすれば腰が痛くなるのです。なぜなら、常に同じ姿勢でいるという事は、常に特定の部位の骨や筋肉だけを緊張させて働かせている事なので、その均衡の悪さが様々な歪みが生じる事につながるからです。一方で、仙腸関節にお [続きを読む]
  • 仙腸関節がロッキングされた状態
  • 仙腸関節は非常に繊細で少しの強いショックが加わったり、悪い姿勢や生活習慣を継続していたりしただけでも、ズレたり引っ掛かったりしてしまいます。なぜなら、上半身の負荷をダイレクトに受けるにも関わらず、動きが少ないので、機能に異常を起こしやすいからです。そして、仙腸関節の機能の異常がどのようなものかというと、仙骨と腸骨とがぶつかって、互いに乗り上げてしまって、「遊びの部分」がなく、仙骨と腸骨が引っ掛かっ [続きを読む]
  • 仙腸関節は運動の能力にも関わる
  • 仙腸関節には「生まれつき動きやすい人」と「生まれつき動きにくい人」がいます。ですが、万が一生まれつき動きにくいタイプであっても諦める事はありません。なぜなら、関節包内矯正を受けたり、自分でストレッチを行なったり生活習慣を改善する事で、仙腸関節を動きやすくする事が出来るからです。ですが、かなり動けば動くほど良いというものでもなく、動きすぎると不安定になって腰痛などの痛みを生じやすくなります。また、5 [続きを読む]
  • 仙腸関節の仕組みと働きとは?
  • 骨盤は体を支える「土台」の役目を担っています。また、骨盤は上半身の重みを支えて、下半身を軸となり動かし、言葉通り、体の根幹としての役目を果たしています。ですが、この土台は、頑丈に固められた一枚岩ではなく、衝撃を食い止め、吸収するために、数枚が結合した柔軟な仕組みになっています。その主翼を担っているのが仙腸関節です。そして、仙腸関節は骨盤の左右にあるクッション性の高いソファのような存在で、この仙腸関 [続きを読む]
  • 腰痛は仙腸関節を調整する治療
  • 腰の痛みが、どこからやってくるのかという問題について、西洋医学の整形外科が出した答えは「腰椎」です。なので、一生懸命になってレントゲンやMRIなどの機械を持ち出して、必死になって腰椎の様子を調べてきたのです。ですが、これで腰痛の痛みの原因が解明できたのはわずかです。なぜなら、腰椎の異常が原因で痛みが出る場合は当然ありますが、それだけでは説明がつかない痛みが非常にたくさんあるからです。それで、これはも [続きを読む]
  • 腰痛は問診と触診で診断出来る
  • レントゲンなどの画像検査に頼ることなく、いったいどのようにして診断を下すのか、不思議に思う人も多いのではないでしょうか。正解は、腰痛の9割以上は「問診」「触診」で診断出来るのです。つまり、腰や足のどこがどのように痛いのか、いつ頃からどのような事がきっかけで痛くなったのか、朝起きた時に痛むのか、夜になると痛むのか、おじぎをすると痛いのか、体を反らせると痛いのか、どのような姿勢になった時が痛みがラクに [続きを読む]
  • 腰痛治療の画像診断の問題点
  • 病院で診断だけを下され、湿布薬だけをもらって帰された患者はその後どうなるのでしょうか。おそらく、多くの人は、西洋医学の治療に限界を感じ、鍼灸や指圧、マッサージ、整体、気功、カイロプラクティックなどの民間療法へと行くことでしょう。その証拠に、世間では様々な民間療法が存在し、どこの治療院にも必ず腰痛を訴える患者の姿が見られます。ですが、これらの治療法は基本的に、目の前の痛みだけを軽減させる事を目的とし [続きを読む]
  • 腰痛症がなかなか治らない理由
  • 一般的な病院では、腰痛の主だった原因は「腰椎」にあると考えられています。また、腰椎などの骨に異常が見つかれば、手術を含めて、それなりの対策をとる必要があると判断し、また、骨に異常が見られない場合は、それ程心配する必要はないと判断します。なので、まずはこれを振り分けるためにレントゲン検査や大きい病院ではMRI検査をするのです。どちらにしても、多くの病院では、この画像による検査結果で骨が「異常あり」と [続きを読む]
  • 腰痛を改善するために糖化を防ぐ
  • 腰痛で悩んでいる人は年をとるごとに増えていきますが、老化の原因のひとつに「糖化」という現象があります。また、糖化が起これば、たんぱく質が劣化して全身の老化が進みます。なぜなら、糖化とは、体の中の余分な糖がたんぱく質とつながる事で、老化の原因物質であるAGEという物質が生み出される事だからです。また、白内障や白髪、皮膚のしわなどにも関わっているといわれており、関節の軟骨や靱帯、腱などが劣化すると関節の [続きを読む]
  • 腰痛対策に軍手でインソールを作る
  • その人の足の形に合わせて調節した靴やインソールを使えば、足のアーチを矯正して、足裏にかかる体重を分散させる事が出来ます。なので、こうした靴やインソールを履く事は、腰痛対策につながるのです。また、オーダーメイドのインソールを作る事は費用も時間もかかりますが、身近にある材料を利用すれば代替品を作れます。その材料とはボツボツ軍手です。なぜなら、適当な形状と厚み、柔らかさ、滑りにくいという特性があるからで [続きを読む]
  • 腰痛の要因は腰だけでなく足にある
  • 腰痛の要因が腰だけでなく、足にもある事があります。そう言うと、思いも寄らない事のように思う人もいるかもしれません。ですが、腰痛の改善や予防には、立っている時や歩いている時に体の土台となる、足や靴が非常に大事なのです。一方で、足に痛みはなくても、多くの人が扁平足や外反母趾を抱えています。また、「長年にわたって足の痛みと付き合ってきたので、歩く時に足が痛いのは当然だ」と思っている人も少なくありません。 [続きを読む]
  • 腰痛でテニスボールをコリの位置
  • 背骨の後ろには、棘突起と呼ばれる背骨を肌の上から指でなぞると感じる骨の出っ張りがあります。また、なかなか腰痛が改善しない時には、この棘突起の2、3cm横にテニスボールを当てて、「腰ゆらし」を行います。腰ゆらしは、ゆっくりと腰を反らしたり戻したりする、とても簡単な動作です。では最初に、テニスボールをあてて、腰の痛いところを探しましょう。問題の箇所が見つかったら、そこにテニスボールをあてた状態で、「腰ゆら [続きを読む]
  • ぎっくり腰のタイプごとの対処方法
  • 強い腰痛に見舞われた場合は、腰痛の改善方法だけでは、対処できない場合があります。そんな時には、ぎっくり腰の緊急の対処方法として、体操が必要になります。なので、腰痛の改善方法と同じで、ぎっくり腰の緊急の対処方法としての体操も腰痛のタイプごとに、適切な体操が違ってくるのです。以下に、腰痛のタイプごとに適した緊急の対処方法としての体操を紹介していきます。毎日、痛みの範囲、痛みの強さ、動きやすさを目安にし [続きを読む]
  • ぎっくり腰の予防方法や改善策
  • 腰に大きな負担が加わった時、椎間板に急激に圧力がかかり、髄核がずれて線維輪が裂けて、ぎっくり腰を引き起こします。このぎっくり腰を予防するには、腰に負担がかかる日常生活の色々な場面での改善方法が必要です。なので、ぎっくり腰の予防方法をいくつか紹介します。ぎっくり腰予防のための洗面台での顔の洗い方前屈みの姿勢で顔を洗う時は、思っている以上に腰に大きな負担がかかります。なぜなら、両手で水をすくうために洗 [続きを読む]
  • 過去の記事 …