佐々川 和久 さん プロフィール

  •  
佐々川 和久さん: Life Design Guide
ハンドル名佐々川 和久 さん
ブログタイトルLife Design Guide
ブログURLhttp://sasakawa01.com/
サイト紹介文"デザインされる人生"から、"デザインする人生"を手に入れる為の情報を発信しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 2日(平均38.5回/週) - 参加 2017/06/09 08:22

佐々川 和久 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • またまた待機児童問題の先送り やる気あんのか?
  • ちょっと苦いコーヒを飲みながら、コドモが起きてくる前の穏やかな時間。 まさにゴールデンタイム。春になり、バルコニーにスズメが集まってくるので、 それをたまに追い払いつつ(放っとくと糞をされるので) でも、チュンチュンという鳴き声はどこか心を落ち着かせてくれます。 そんな中、朝のニュースチェックをしていると 見過ごせないタイトルの記事が。待機児童ゼロ」3年先送り 今年度末の達成は絶望的え? 約10年 [続きを読む]
  • 積水ハウスの工場見学に行ってみました
  • 30代半ばになり、 そろそろマイホームが欲しいなという 思いが日増しに強くなっている佐々川です。 先日、茨城県にある積水ハウス住まいの夢工場に行ってきました。我が家はマイホームの計画はあるのですが、現在いいなと思っている 候補の土地は建築条件付で、積水ハウスは候補に入っていないんです。 積水ハウスさんには所有している土地の売却のみの相談をしているのですが その話し合いの際、この夢工場の話が持ち上 [続きを読む]
  • そんなに長いの?効果的な入浴時間とは
  • あなたはシャワー派ですか? それとも、浴槽派ですか? 僕は1人暮らしの時は毎日シャワーでしたが、 結婚して家族が出来てからは浴槽に浸かるようになりました。食事や睡眠と同様に365日、ほとんどの人が 毎日繰り返しているのが入浴。 一流のスポーツ選手、起業家、芸術家、大学教授、医者、弁護士の方は 常に最高のパフォーマンスを発揮する為に自己管理を徹底しています。彼らは入浴が体に与える影響を熟知して、それ [続きを読む]
  • 日本が自爆テロで攻撃されない理由
  • こんにちは。佐々川です。 イギリスのマンチェスター最大のコンサート会場で 先日起こった自爆テロでで22人が死亡し、 50人が負傷するという 大惨事が発生しました。遠い異国での事件とはいえ本当に恐ろしい。 毎日仕事で疲弊しつつも、なんとかチケットを手に入れ 待ちに待ったコンサートで最高にハッピーな時間を 満喫した後に突然襲ってきた悲劇。当事者はもちろんですが、ご家族の気持ちを想像すると 言葉にする事が [続きを読む]
  • 今、そしてこれからを生きる「あなた」へ
  • 人類の長い歴史のほとんどの期間、地球は平らだと考えられてきました。 地球は平面、かつ円盤状をしており、海をどこまでも進むと、その先は 滝になって奈落の底にまで落ちていくというアレです。 現代の僕らからすると「そんなアホな」的な考えですが、日常生活においては 球体の上で生活をする感覚はなく、地球は平面であるという感覚の方が自然 かもしれません。 しかし、その考えに疑問を持つ学者がいました。 プラトンの弟子 [続きを読む]
  • 沖縄のビーチで昼寝をする加藤清正
  • 人生は紙飛行機 願い乗せて飛んで行くよ♪ 2015年の朝ドラの主題歌で流行ったAKB48の「365日の紙飛行機」。 最近のJPOPのなかではリズムも歌詞も良くてなかなか好きです。が、しかし 「人生は紙飛行機」ではなく、 「人生は城」である、 と思っている佐々川です。こんにちは! なぜ人生は城?というのが今回のメインテーマ。 日本人にとって城って身近な存在で、現在の県庁所在地の多くはかつての城下町が 起源になっています。 [続きを読む]
  • ドラえもんが作る失業率50%時代の衝撃
  • こんにちは。佐々川です。子供の頃、ドラえもんの世界では大きな憧れで、目をキラキラさせ夢中になっていました。 ドラえもんの声優さんは”水田わさび”さんではなく、”大山のぶ代”さんの時代です。どんな時も見方になってくれて、困った時はお腹のポケットから便利な道具を次々に出して問題を解決してくれる。未来とはなんと素晴らしい世界なのだ。ドラえもんの誕生日は2112年なので、まだ100年くらい未来の世界ですが、 2000 [続きを読む]
  • 理想はフル・ライフ、現実は社畜・ライフ
  • こんにちは。佐々川です。 前回主に大学時代の話をしました。 このブログは僕の事をよく知っている友人も読んでくれていますが、反響が大きかったです。 今回はSE(システムエンジニア)として働き始めた会社での新人時代の話をしてみようと思います。 大学辞めてまで入ったIT企業での仕事ですが、苦難の連続でした。 化学の専門家がいきなり、コンピュータ、プログラミングの世界に入ったのですから当然です。 入社後3ヶ月間は [続きを読む]
  • 過去の記事 …