がく弁 さん プロフィール

  •  
がく弁さん: 大学弁当
ハンドル名がく弁 さん
ブログタイトル大学弁当
ブログURLhttp://daigakuben.exblog.jp/
サイト紹介文夫婦ともに大学で教えています。毎日のお弁当と昼食の備忘録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 70日(平均7.3回/週) - 参加 2017/06/08 12:40

がく弁 さんのブログ記事

  • 弁当おかずの四天王(ランキングサイトから)
  • *2年前の弁当です。写真と記事の内容にはあまり関係がありません。あしからず。 弁当のおかずランキングの3つのサイトのベスト10を確認しました*。弁当の歴史を調べるためには現状を大まかに理解する必要があると思ったからです。普段は研究室のPCでみなさんの美味しそうなお弁当ブログを拝見しながら自分の弁当を食べています。なんとなくおかずの傾向は把握しているつもりでしたが、へぇなるほど、という結果になりました。10 [続きを読む]
  • 明治時代のお弁当(3)豆腐料理
  • 毎日のように入れる卵料理とは逆に、普段の食卓にのぼるわりには弁当に入れにくいのが豆腐です。厚揚げや油揚げ、頑張って豆腐ハンバーグといったところでしょうか。『弁当料理案内 : 日用便利』には豆腐料理が22種類掲載されています*。その多くが江戸時代に出版された『豆腐百珍』にも紹介されています**。面白いのは豆腐料理の名前です。「空蝉(うつせみ)豆腐」「釈迦豆腐」「砂金豆腐」など、名前だけではどのような料理が [続きを読む]
  • 明治時代のお弁当(2)卵料理「賽の目卵」
  • お弁当のおかずで欠かせないのは卵料理です。そのわりには、いつも卵焼き、ゆで卵、目玉焼きのいずれかになってしまいます。明治時代の『弁当料理案内 : 日用便利』にはなんと25種類の卵料理が掲載されています*。いり卵から、ブリキの空き缶に卵を入れて焼く「筒焼(つつやき)卵」まで実にバリエーション豊かです。その中で一番簡単そうな「賽の目卵」を作ってみました。高野豆腐を戻してぎゅっと絞ってから溶き卵につけて染み [続きを読む]
  • 冷やし中華
  • 昨日のお昼はゴマだれ冷やし中華。炊飯器鷄、ゆで卵、トマトのピクルス(畑)、きゅうり(畑)。器は数年前に益子の陶器市で買ったカレー皿。カレーのお皿がなくて探していたところ、若い作家さんが「カレー皿」として売っていたので即購入。カレーだけではなくおかず皿としても活躍しています。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 明治時代のお弁当(1) 豪華な食材
  • *イメージ画像です。 ブログを始めてから折に触れて関連することを調べるうちに、弁当のことをもっと知りたくなりました。休みなどを利用して、昔の弁当のことを調べて少しずつ書いてみようと思います。まずは明治38(1905)年に出版された弁当の本『弁当料理案内 : 日用便利』から**。この本にはじつに300種類以上の弁当のおかずが記されています。中でも目を引くのが、今となっては弁当に入れるなんてとんでもない!という豪華食 [続きを読む]
  • フレンチトースト
  • 昨日の晩御飯はパスタとフレンチトースト。夫が食べないので一人分です。食べ過ぎました。パスタは鮭、キャベツ、ピーマンのペペロンチーノ。焼きそばのような外観ですが、パスタです。コンフィの油を使ったらアンチョビのような香りで美味しくなりました。にほんブログ村 [続きを読む]
  • イワシのコンフィ弁当
  • ・ご飯、梅干し・イワシのコンフィ、シソ巻き(シソは畑から)・ゆで卵・ポテトサラダ・キュウリのピクルス(畑から)・プチトマト(畑から)・赤カブの漬物イワシの低温油煮です。雑に作ったらビジュアルが悪くなってしまったので、シソでおめかししました。イワシはスーパーでピカピカ新鮮なのをみると、そして1尾80円くらいだとつい買ってしまうのですが、買った後で調理が面倒になります。定番は梅煮と蒲焼ですが、コンフィな [続きを読む]
  • トマトカレーうどん
  • 昨日は羽田空港でカレーうどん。第1ターミナルのcuudというお店です。とってもおしゃれな店で、行くのは2回目ですが、なぜか1回目の記憶がほとんどありません。たしか、前回は普通のカレーうどんを頼んだなということだけは思い出し、今回はトマトカレーうどん。麺はうどんというより太めのパスタのような感じです。普通に美味しかったです。飛びはねよけの前かけがあるので白いシャツでも大丈夫なのが嬉しい。食べているうち [続きを読む]
  • 梅しそごはん弁当
  • ・梅しそご飯・野菜炒め(もやし、キャベツ、人参)・ヒレカツ(お惣菜・夕食ののこり)・卵焼き(ネギ)・インゲン(茹・畑から)・プチトマト(畑から)・赤カブ漬物・シソ(畑から)夫の弁当です。私は今から出張。おかずにこれといった特徴がないので、「梅しそご飯弁当」にしました。弁当の命名は難しいですね。刻んだ梅干し、シソとゴマの混ぜご飯です。シソは種を撒かなくても、青シソも赤シソも雑草のように畑に勝手に生 [続きを読む]
  • すき焼き弁当
  • ・ご飯・すき焼き(牛肉、生姜、青ネギ)・ゆで卵・赤カブ漬け物別名牛丼弁当。すき焼きのほうが高級感があるので、すき焼き弁当にしました。20年あまり前にアメリカで食べたすき焼きがいまだに忘れられません。アメリカに行ったばかりで右も左もわからないころに、「バンコック・トーキョー」という(自称)アジア料理店に入りました。sukiyaki(すきやぁ??きぃ)を注文したところ、出てきたのは5mmくらいの厚さの固い牛肉の [続きを読む]
  • 焼きめし弁当
  • ・焼きめし(鮭・卵・ネギ)・インゲン炒め(畑から)・プチトマト(畑から)焼きめしとチャーハンにかんする面白い研究があります*。全国の約1300人にアンケートしたところ、「チャーハン」という言葉を使う人は58%、「焼きめし」は20%でした。興味ふかいのは東西の違いで、東日本では圧倒的に「チャーハン」を、西日本では「焼きめし」を使う人が多かったのです。西日本では「焼きめし」44%、「チャーハン」25%、東日本では [続きを読む]
  • 五十肩と長寿病
  • 3月からずっと右腕が上がらず、今日は少し痺れも感じたので、診療所に行きました。大学には小さな診療所があって学生と職員は無料で診てもらえます。学生に混ざって待つこと30分、レントゲンまで撮って腕を上げたり引っ張ったり、いろいろ試した結果、 「凍結肩、一般的にいう五十肩ですね。」とのこと。 いただいたコピーによると、 「五十肩は(略)自然に治ってしまう場合が多く、江戸時代には長寿病と喜ばれてさえいました [続きを読む]
  • 納豆卵焼きとちくわ弁当
  • ・ごはん、梅干し・納豆卵焼き(納豆、キャベツ、ネギ、おたふくソース)・ちくわ・ししとう炒め(畑から)・プチトマト(畑から)・赤かぶ漬物昨日の弁当の「おかわかめ」はねっとりした舌触りからは意外な、サクサクした歯ごたえでした。さっと茹でたので土臭くもなく、普通に美味しく食べることができました。栄養があるということなので、また買ってみようと思います。ちくわは穴になにかを入れるという細工が上手くできない [続きを読む]
  • 鶏むねの照焼とおかわかめ弁当
  • ・ご飯(黒米・キビブレンド)、梅干・鶏むねの照焼・おかわかめ(茹)・パプリカ(炒)・インゲン(茹)・プチトマト(畑から)月曜日に学外に出たついでに友人とおしゃれ系の居酒屋で晩御飯を食べました。「季節のお浸し三種盛り」を頼んだところ、ほうれんそう、おかひじき、つるむらさき、が出て来ました。友人は大層がっかりして、「なんだ、おかひじきか。珍しくないじゃん。」と言いました。聞けば週3回くらい「おかひじ [続きを読む]
  • ナポリタン弁当
  • ・おにぎり(シソ、ゴマ、海苔)・ナポリタン(ソーセージ、玉ねぎ、インゲン)・スクランブルエッグ(インゲンとシソは畑から)今日も夫の弁当だけ。私は学外で打ち合わせです。ナポリタン発祥の横浜のホテルニューグランドに行ったことがあります。横浜で広まっていた米兵の「ケチャップスパゲティ」をホテルにふさわしい味にするためにアレンジしたものだそうです。あっさりした上品な味でした(●)。私の思い出のナポリタン [続きを読む]
  • ハムエッグ弁当
  • ・ご飯、梅干し・ハムエッグ・ちくわ・インゲン炒め(畑から)・赤カブの漬物・プチトマト(畑から)・シソ(畑から)弁当は夫の分。私は学外で会議です。目玉焼きは、シンプルですが焼き加減や味付け(塩、ソース、醤油)など好みが分かれる料理です。私はフライパンに蓋をして黄身に薄く白身のカバーがかかるよう蒸し焼きにするのが好きですが、夫は曇りのない明るく輝いた黄身が好きです。アメリカでは片面焼きをサニーサイド [続きを読む]
  • おろしハンバーグのランチ
  • 車で10分ほどのところにあるレストランでランチ。醤油ベースのおろしハンバーグなのにパンを選んでしまうという痛恨のミス。ハンバーグは美味しかったです。付け合わせ野菜にロマネスコが入っていました。自分で買ったことはありませんが、最近時々見かけます。緑色で奇妙な形をしています。カリフラワーのような淡白な味でした。パリのノートルダム大聖堂はゴシック様式の建築ですが、それより前にロマネスク様式があります。ロ [続きを読む]
  • 鮭と各地のお土産弁当
  • ・ご飯(黒米・きびブレンド)、梅干し・鮭(甘塩)・さしみこんにゃくゆず風味(群馬)・赤カブの漬物(岐阜)・椎茸の含め煮(大分・煮て冷凍したもの)・春菊(畑から・茹でて冷凍したもの)冷蔵庫がからっぽなので冷凍庫と土産を総動員してお弁当。黄色い物体はさしみこんにゃくで、弁当に入れたのは初めてです。ブニブニして食感はあまり弁当向きではない気がします。以前、群馬の人にどこか良い場所はありますか、と聞いた [続きを読む]
  • ボローニャソーセージのオープンサンド
  • 出張から帰りました。疲れているし、今日は夫が遅いのでパンの晩御飯でした。きゅうりとプチトマトは畑から。「ボローニャソーセージのオープンサンド」。美味しそうな字面ですが、焼いて乗せただけです。英語ではOpen-Faced Sandwichesというそうです。化学の分野では免疫測定法に 「オープンサンド法」というものがあるそうですが、専門外なので論文の概要を読んでも呪文のようでさっぱりわかりません。パンと関係がないことは [続きを読む]
  • 峠の釜飯
  • 昨日は出張先で峠の釜飯を食べました。具材もご飯も美味しく、杏と栗が少しデザートっぽくて嬉しいです。平均すると十年に一度くらいのペースで食べている気がします。今回は何年ぶりでしょうか。ずっしり重い釜は益子焼きだそうです(●)。香の物が入っている小さなプラスチックの入れ物も釜のデザインです。食べ終わった後の釜の利用を検索したところ、クックパッドで20件以上のレシピが出て来てびっくり。ご飯ものだけでな [続きを読む]
  • ローストビーフサンド
  • 昨日は出張先のカフェでローストビーフサンドウィッチのランチ。トーストしたパンにたっぷりのローストビーフと、粒マスタード、人参、カイワレ、トマト。サラダとドリンク付です。ローストビーフとワサビのおいしさに関する研究を見つけました。ローストビーフとマグロの刺身に本ワサビ、模造ワサビ(本ワサビ10%)、西洋ワサビの3種類をつけて食べ比べたところ、A4ランク以上の肉と中トロ以上のマグロの油っぽさには本ワサビ [続きを読む]
  • ソーセージ弁当
  • ・ご飯、梅干し・ソーセージ・カレーコロッケ(冷凍食品)・サヤインゲン炒め(畑から)・ゆで卵・プチトマトのピクルス(畑から)ソーセージは見た目はハムのようですが、ボローニャソーセージのスライスを焼いたもの。サラミのように脂が多く、焼いて出た脂でサヤインゲンを炒めました。お弁当の冷凍食品はコロッケや焼売をよく使います。弁当以外では冷凍餃子。手作り餃子を試した時期もあったのですが、圧倒的に安くて美味し [続きを読む]
  • そばセット
  • 昨日の出張ランチはそばセット炊き込みご飯、漬物、小鉢(イモの煮物、豆腐、エンドウの味噌和え)、そばかりんとう付。もりそばにしたかったのですが、胃の調子がいまひとつ回復しないのでかけそばに。ソバは和食だと思っていましたが、2008年のデータでは世界で一番蕎麦を生産しているのはロシア、日本は8位だそうです*。じつは3年に一度は「世界ソバシンポジウム」が開催されていて、国際ソバ学会(International Buckwheat R [続きを読む]
  • シソとベーコンのパスタ
  • 昨日のランチはシソ、ベーコン、インゲン、えのき、ニンニクでバター醤油味のパスタ。週末出張なので、金曜日は家で仕事をしました。畑では赤シソも青シソも夏になると雑草のように勝手に生えます。作業をしている時にシソに体が当たったりするとふわっと良い匂いがして癒されます。トマトの葉も、実とは違う甘い香りがします。パスタのお皿は湯布院に行った時に買いました(●)。金属のフォークやスプーンがあたる感じが柔らか [続きを読む]