yocyocのブログ さん プロフィール

  •  
yocyocのブログさん: yocyocのブログ
ハンドル名yocyocのブログ さん
ブログタイトルyocyocのブログ
ブログURLhttps://yocyoc.muragon.com/
サイト紹介文偶然発見 胆嚢癌と保険、住宅ローン、3大疾病特約
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 103日(平均1.2回/週) - 参加 2017/06/08 22:36

yocyocのブログ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 改めて色々な癌保険を調べる
  •  保険会社が悪性新生物や上皮内新生物を定義するための分類方法にそれなりに詳しくなり、新生物の分類方法の視点で、各社の癌保険や医療保険の約款を見ました。   その結果、もちろん素人の私が調べた範囲内で、以下のことが分かりました。 1)悪性及び上皮内新生物をともに世界保健機構WHOのICD分類で定義する 2)1)に、枠外の注意書きで、国際対がん連合UICCのTNM分類で0期(上皮内癌)に分類される病変 [続きを読む]
  • TNM分類を調べる
  •  最初に、3大疾病特約の診断書に記載されていたTNM分類とは何者なのかを調べることにしました。  その結果、TNM分類はICD分類とともに、新生物を分類する数ある方法の一つであることが分かりました。なお、前者は国際対がん連合ICUU、後者は世界保健機構WHOが策定に関わっています。異なる組織の作った異なる分類方法ですから、この二つの分類で定義される新生物は全く異なるものを示していると直感的に思いま [続きを読む]
  • 3大疾病特約の診断書を思い出す
  •  しばらくして、3大疾病特約の診断書を思い出しました。その診断書では、私の新生物は、TNM分類からステージ0で上皮内癌と書いてありました。きっとこれが支払い判定の結果の根拠と推測しました。  ここで、頭に浮かんだ疑問は次の点です。特約の約款には、新生物の定義に使用する分類として、ICD分類しか書かれておりません。にも関わらず、TNM分類が判定に使用されたということですので、TNM分類とICD分類 [続きを読む]
  • まさかの支払い判定結果が届く
  •  約1ヶ月後、支払いの判定結果が保険会社から届きました。手紙には、お客様の新生物は上皮内癌で、悪性ではないから支払いできない旨の記述がありました。私の新生物は3大疾病特約の定義上、悪性であると思い込んでいたので、予想外の結果に本当にびっくりしました。  ところで、判定結果の手紙には、対象となる悪性新生物の定義を表す表と、また参考として、新生物の性状を表す5桁目のコードが記載された表が添付されていま [続きを読む]
  • 3大疾病特約の診断書・TNM分類との出会い
  •  さてさて3大疾病特約の診断書のフォーマットを見てみると、ICD分類であるICD-10やICD-O-3のコードの記入欄が見当たりません。これでどうやって、新生物を悪性に定義できるのかしら?とは深く考えず、先生には、その診断書への記入を御願いしました。  その結果、記入頂いた診断書には、TNM分類に基づき、上皮内癌との記載がありました。TNM分類とは何かしら?特約の約款にないから関係ない分類と考え、 [続きを読む]
  • 3大疾病特約の悪性新生物とは
  •  住宅ローンの生命保険・団信には3大疾病特約をつけていました。いわゆる、がんになったら住宅ローンがちゃらになる保険です。金利の約0.2%分が上乗せされる一方で、60歳までに癌になる確率は非常に低いため、特約の加入に賛否両論あるようです。   特約のしおりには、支払い対象となるがん、すなわ悪性新生物について、次のように述べられています。  保険期間中に、所定の悪性新生物(がん)に罹患したと医師によっ [続きを読む]
  • 自分の癌のICD分類を知る
  •  医療保険にも入っていたのですが、その診断書を見ると、ICD分類であるICD-10及びICD-O-3のコードを記載する欄があることに、初めて気がつきました。あやうく見落とすところでした・・・。予想通り、私の新生物は、ICD-10のコードがCから始まり、またICD-Oのコードに記載された6桁の数値の5桁目は3でした。つまり、私の新生物は、癌保険的にはでありますが、本当に悪性であることが確定し、へこみ [続きを読む]
  • 保険における悪性新生物とは?
  •  現在の癌保険は、国際的な分類に従って、悪性新生物、良性新生物、上皮内新生物および性状不詳の新生物を定義し、保険金の支払いの範囲を決めているようです。  ここで、国際的な分類とは、世界保健機構WHOにおいて提示されている疾病分類「ICD-10」と、病気の中で腫瘍はさらに細かく分類した「ICD-O-3」を表し、癌保険にて悪性新生物と上皮内新生物の定義付けに利用されています。まとめてICD分類という場 [続きを読む]
  • なぞの保険金支払い額
  •  まずは二つの医療保険ですが、癌だったので、手術給付金の倍率が20倍から40倍になり、また癌に関係する入院特約が発動しました。入院が9日間と長かったこともあり、かなりの保険金を頂き、本当に助かりました。  さて、一方の癌保険、こちらは予想していた額を大きく超えた保険金を頂き、想定外の事態に驚きました。  私の癌保険は、新生物の種類で手術給付金が異なるもので、悪性新生物だった場合、上皮内新生物の場合 [続きを読む]
  • 保険の申請
  •  「がん」と告知された後、たいしたことないと言われたし、そもそも知識がありません でした。この時は、情報がないため、ものすごく軽く考え、精神的な負担は皆無でした。  そーいえば、かなり以前に癌保険にも入っていたなあと思い出し、この癌保険の診断書 で先生に内容を記入頂き、二つの医療保険と合せて、保険金を申請することにしました。  そういれば、住宅ローンに3大疾病特約をつけていました。でも、「要保存 [続きを読む]
  • え、 癌なの
  •  ポリープの病理検査の結果を聞きに、病院に行きました。もちろん、ポリープであるこ とを前提に考えて診察に望んだのでした。  先生 「yocyocさん、癌でしたよ」  yocyoc「え、あーそーなんですか」  先生 「yocyocさんのはぜんぜん大した ものではないですよ」  yocyoc「そーなんですか」  先生 「初期で見つかったなんで、それだ    [続きを読む]
  • ポリープを検査する
  •  MRIやCTなどの検査を実施しました。ポリープちゃんの正確な大きさや形等を見ているのだとか。  検査の結果、積極的に悪性を示唆する所見なしとのコメントがありました。癌かどうかを診るための検査でもあったのかと驚きました。  ただ、この所見も背中を後押し?して、不安な点は、人生初めての手術と費用のことに絞られたのでした。  2016年9月の話しです。 [続きを読む]
  • 意見分かれる、ポリープの取扱い
  •  私のペット、ポリープは如何でしょうか?  まずは、消化器内科に行きました。「様子見でいいじゃないの、まだまだ小さい し、カタチも悪くないよ」  次に、消化器外科に行きました。「ぜひ取りましょうよ」  医者も人間、見解が異なりますね。AIなら何て言うのかしら?など迷うところですが、 癌家系の一員としては、癌になる前にとるのが常識?一般的には遺伝しないと言われてい ますが。検査の後、腹腔鏡式胆嚢摘出 [続きを読む]
  • ネットで調べる手術・保険のこと
  •  胆嚢ポリープの摘出術を書いたブログがわんさかとありました。そこには、わたしの知らない世界が広がっていました。腹腔鏡手術のメリット、術後の様子、短期入院もあることなど、それはそれは大変参考になり、十分なイメトレが出来ました。ブログの重要性も良く分かりました。  気になったのが費用の点。結構お金かかるなあ〜なんて考えながら、ひたすら検索。このとき、恥ずかしながら、初めて高額療養費制度を知りました。 [続きを読む]
  • 腹腔鏡式胆嚢摘出術
  •  初めて手術しました。麻酔とともに直ぐに寝落ち。起きたときには終わっていまし た。  ICU室で一晩様子見、痛み全くなし。iPhone見ながら、時間つぶし。その後、ベッドに戻りました。全く動けず、食事はもちろんとれず、数日間横になりながら、ネットの日々。検索する単語は、胆嚢、ポリープ、腹腔鏡などなど。ますます高まる手術の知識。Wi-Fiがあって助かりました。 4日目から食事可能となり、久しぶり [続きを読む]
  • 唯一のペット、ポリープちゃん
  •  長年飼っていた1匹のペットがいるんですよ。大きさ5mm、珍しくないそうで。胆嚢に棲んでいます。その名は、ポリープちゃん。  ところが、2016年の7月、ポリープちゃんが2 倍超えて12 mmに急成長。  まだまだ育てることもできるらしいが、うちは癌家系。この際取ってしまおうと考え、すぐに病院に手術の相談に行きました。 [続きを読む]
  • 胆嚢癌になりました
  •  昨年のことです。 40歳。偶然、胆嚢癌がみつかりました。 初期だったにも関わらず、今でも心乱れること しばし。がんブログを夜な夜な見る自分。保険 に詳しくなりました・・・、いろいろありまし て。記録に残さねばと思いました。 [続きを読む]
  • 過去の記事 …