ほやすんた さん プロフィール

  •  
ほやすんたさん: おまえってADHDじゃない?
ハンドル名ほやすんた さん
ブログタイトルおまえってADHDじゃない?
ブログURLhttp://tentekotekoteko.hatenablog.com/
サイト紹介文発達障害/大人のADHDの30代会社員。4コマ漫画やイラストで診断前のADHDぽい話や今の事などを
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供46回 / 108日(平均3.0回/週) - 参加 2017/06/09 03:54

ほやすんた さんのブログ記事

  • 気持ちがいっぱいになったら特急電車みたいに動き続けるよ
  • 予想外に良い映画に出会ってしまった。つい先日、前からちょっと気になっていた「新感染」という映画を観てきました。前情報はゾンビ映画ってことくらいしか知らなかったのですが、観だしたら怒涛の展開と人間ドラマの嵐に圧倒され、そろそろドラマが終結に向かうのかな、なんて思っていたら裏切ってくるしで、最後の最後まで興奮しっぱなしに。ゾンビ映画って良い意味のB級っぽい作品が多いイメージがあるので、そういうタイプの [続きを読む]
  • 大人と子供を行ったり来たり
  • ADHDは精神年齢が実年齢より若くて、子供っぽいところがあったりする場合があると聞きましたが、私の場合、本当に子供みたいな話し方や振舞まい方になってる時があります。 主にどんな状況でそうなっているかというと、例えば、頭を使いすぎて疲れ切った後とか、心を許している相手と頭を使わない話をしている時、ただただ可愛い動物や映像などを見ている時、ぼーっとしてる時とかになりやすい気がします。 こういう時は人にどう思 [続きを読む]
  • 文明の利器ばんざい!
  • 最近、スマホによって自分の生活力が上げられているなあと、しみじみ思います。忘れん坊のエキスパートとしては、特にiPhoneのリマインダー機能は今や日々欠かせない存在になっています。個々に項目を自由に入力して、指定の曜日や日時にアラームが設定できるので、毎日飲む薬の時間、宅配便の到着日、ゴミの日、月1の家賃支払日、半年に1回の使い捨てコンタクトレンズ受取日などなど色々な予定を入力しています。こうして設定した [続きを読む]
  • 共感求めすぎてこわいよ
  • 前回のブログで犬好きの事を書いていて思い出したのですが、高校生の時にこんなことがありました。親の答えはどう考えてもまともで、私が言ってることがおかしい。この時に大号泣して、親に相当怒られました。そりゃそうだ。そもそも質問が幼稚すぎて、親も困惑して説教もしたくなるのもわかります。あの頃は、母親に対して依存が強くて、自分の好意のある人には自分と同じように好きなものを好きでいてほしい、共感したいという気 [続きを読む]
  • 犬が好き過ぎて記憶力が犬みたいでほんのちょっとだけ嬉しい
  • 犬が好きで好きでたまりません。今は飼えないので、代わりに犬の画像や習性などを検索しては、ニヤニヤしたり、「ほほう、ああいう時は犬はこんなことを思っているのね」などと犬への思いを馳せる日々を過ごしています。ところで、犬の記憶力というのはとても短いものらしく、何か行動した10秒後くらいには、そのことをすっかり忘れちゃうらしいです。 だからボール投げなどをしていると、何回投げても毎回新鮮な気持ちで、めちゃ [続きを読む]
  • ADHDの薬を飲んだら「頭の中」が整った
  • 薬を飲むようになって結構経ちましたが、飲む前に比べて「よくなってきたなあ、変わったなあ」と思うことは色々あります。その中でも、私の場合、飲み始めた最初の頃の方に感じた変化がこれでした。それまでは何事に置いても今まで自分が経験してきたことや知識などを活かして考えたり、経験した出来事を順を追って思い出したりすることがとても苦手でした。よく言われるADHDの症状で部屋を片付けられないということがありますが、 [続きを読む]
  • 寝つきが良いのが自慢です
  • 子供のころから兎にも角にも寝つきが良いです。布団入って5分後には意識がなくなってる気がします。でも寝つきが早すぎるのってあまり良いことじゃないらしいですね、気絶しているのと大して変わらないとか。だとしたら私の今までの人生ほぼ毎日気絶してることになります。そのせいか、たくさん寝てるのになかなか疲れがとれなかったり、日中もよく眠くなります。年がら年中眠いわけじゃないし、起きている時に意識はだいたいしゃ [続きを読む]
  • うつ病だった時にやったこと
  • 十年ほど前、結構大きく生活環境が変わったことがあって、心身ともに追い付かずストンと深い穴に落ちるような感じでウツ病にかかってた時がありました。最初の頃は四六時中涙が止まらなくて常時体力消耗してるし、死にたい死にたいこの世界からいなくなりたいとかでずっと頭がいっぱいだし、時間感覚がめちゃくちゃになっちゃうしで、とにかく毎日しんどかった。それまではそういう状態を経験したことがなくて「自分はメンタル的な [続きを読む]
  • やっと帰ってきたのに!入れないよ!
  • 残業で終電ぎりぎりに家に帰ってきて、「くたくただー」と呟きながら、玄関のドアを開けようとした時に、「あれ?鍵がない」ってことがたまにあります。たいがいは鞄の中をひっかきまわして探していれば、そのうち出てくるのですが、なかには本当に職場に置いてきてしまって家に入れなかったことがあります…。ひとり暮らしなので、ドアを開けられるのは自分だけ。時間も時間なので、取りに帰るわけにもいかない…さて、こんな時は [続きを読む]
  • たまには失敗話じゃなくて、こんな対策してるよという話を
  • 遅刻しそうで駅まで走って行って定期券がなかった時の絶望感。忙しくてなかなか休憩がとれずにようやく夕方くらいになって昼食に出かけたら財布がなかった時の絶望感。休日出勤で会社に着いたものの社員証(カードキーになってる)を忘れて家まで取りに行くしか中に入る方法がないと気づいた時の絶望感。そんなしょうもないことで日々絶望を感じながら、生きてます。これだけは最低限絶対忘れちゃダメよ、というものは鞄に入れっ [続きを読む]
  • 妖怪せんたく魔あらわる(実際はそれほどでもない)
  • 洗濯機に限らず、鞄や収納場所に何かを入れてフタを閉めると、存在を忘れてしまうことがあります。なんか鞄が最近やたらに重いなとおもったら、しばらく前に入れた未開封のペットボトルが入ったままだったり、提出しなければならない書類を引き出しにしまったら、忘れてしまって提出期日をすぎてしまったり等々、いろいろ失敗してます。洗濯機に話を戻すと、閉めたら忘れるのに加えて、干して畳んで仕舞うことまでの工程を面倒に思 [続きを読む]
  • 知らず知らずのうちに相手を追い詰める戦法
  • 悪気はないんですよ、本当に。わざとやっているわけではないんです。歩いていると、なんでかどういうわけか自分の思っている道筋とは微妙にだんだんとずれた方向へ進んでいってしまいます。だから人と横並びに歩いている時などは、いつのまにやら道の片側へ一緒に歩いている人をずいずいと押し出していることがあって、時々それを指摘されては「あー、またやってたかー!ごめんなさいーー‼」って平謝りすることになります。初め [続きを読む]
  • 世の中すべての騒音が愉快な音だったらもっと平和に暮らせるのに
  • 大きな機械音や無関係な大きなしゃべり声が苦手で、どうも聴覚過敏なようです。診断前は、「単に騒音だから同じように誰もが気になるものなんじゃないか」と思っていたんですが、どうやら私は他の人よりも「うるさい」と感じやすいみたいです。特に突発的な自分に関係のない音がだめで、子供の頃は、私が見えないところで誰かが掃除機をかけ始めるたびに気が狂いそうな気持の整理がつかないような気持ちになってました。なので、一 [続きを読む]
  • パンツ売ってくれと言われた話
  • 20代の頃、夕暮れ時の梅田でのことでした。確かバイト先へ向かう途中だったと思います。この時の服装が本当に酷くて、色があせまくったTシャツに相当履き古したジーンズ(ところどころ擦り切れてる)にきったないスニーカーと、とても年頃の女性と思えないような恰好でした。そんな状態で「パンツを売ってくれ」と突然言われたので、その時は驚いたり気持ち悪いと思うより「一体なんで私に声をかけたんだ?」と不思議で仕方があり [続きを読む]
  • わかってる、先延ばしにした所で良いことなんてひとつもないって、わかってるのに
  • なんでもかんでも先延ばしにしがちです。早くやっちゃえば良いって知ってるんです。でもなんでだろう、そこへ辿り着くというか、そこへの扉を開けられない…体か心ににめちゃくちゃ重いなんかが括り付けられてるんじゃないかってくらい、足取りが重い時が結構多々多々あります。やらなきゃいけない課題や約束、規則等々、それらはいろんな場面であって、やらずに寝かせといてよかったことなんてまずないんですよ。後で後悔すること [続きを読む]
  • 10年前に書いた4コマ漫画が無自覚のうちにADHDっぽい
  • 10年前くらいにもブログを書いていた時期がありました。十数回くらい更新して、そのまま止めちゃったんですが。その時は創作4コマを書いてアップしてました。その中の1本がこれです。久々に読み返してみたら、ADHDが忘れっぽいってこと書いてるのかしら、みたいな内容でした。このころは当然まだADHDとは診断されてないですけど、忘れっぽいことに関しては結構悩んでたような…ということは、この忘れん棒は自分のことを描いてい [続きを読む]
  • 靴なんて逆に履いても行きたい所にはちゃんと行ける
  • 小学生くらいまでだったと思うけど、しょっちゅう逆に履いてて、よく親とか先生とかに怒られてました。怒られたら、履きなおすことができる。その言葉で自分が逆に履いていたことを理解できるから入れ替えればいい。だけどまた靴を脱いだら、どっちがどっちが分からなくなるのです。私の目の中には、右の靴も左の靴もおんなじ形に見えてるから。だからみんなが正しい靴の形がわかるのが不思議でしかたなかったし、わからない自分と [続きを読む]
  • マンガじゃないんだから
  • 昔から運動全般が苦手で、今も「好きな運動は?」と聞かれたら「散歩です!」と言うくらいですが、中学の時は親が文化部入部は許してくれなかったので、運動量の少なそうな卓球部を選んで入りました。…が、予想に反して、気合入りまくりの地方大会もガンガン勝ち進んでいくようなばっりばりのスポ根運動部だったのです…。部員は同学年だけで20人くらいいて、私はいっつもその中の補欠部員で、たまに他校との試合に出られることが [続きを読む]
  • ポケットに何か入れたら、たいがい忘れます
  • 今日大変良い天気だったので、張り切って朝から洗濯機回したら、すべての洗濯物がティッシュの小さな屑だらけで仕上がってきました。ポケットに何か入れるとほぼほぼ忘れて洗濯機に入れちゃうので、そもそもなるべくポケットに物を入れないようにしてるつもりなんですけど、いつのまにか入ってるんですよね…ティッシュ。同じくポケットに入れたままのメモとかアメとかガムとかも結構よく一緒に洗います。それ以外にもipodとかクレ [続きを読む]
  • ADHDという言葉を初めて知った日
  • この時の事が、このブログのタイトルの由来になってます。その時に聞いた症状は、確かに私にあてはまるものばかりだったと思います。気になってADHDについて、ちょっと調べたりはしたのですが、当時わかったことは、参考になるような本なんて全然出てないし、専門医はほとんどいなくて、治療法はカウンセリングが主で、薬はないということでした。(もしかしたら子供への投薬は認可されたものがあったかもしれませんが、成人に対し [続きを読む]
  • 現実が見えてしまった‼
  • ADHDの診断を受けて以降、専用の薬を飲む治療を続けてます。薬の効き方って個人差はあるとは思うんですが、私の場合は良い方向に効いている気がしてます。効果を感じてる部分はいろいろあって、その中でも一番変化を感じたのは今までぼんやりとしか見てなかったものが、はっきりと見えるようになったことでした。それまで、はっきり見えなかったのは視力が弱いからということではもちろんなく、視界にばっちり入ってても脳が認識で [続きを読む]
  • 今日が台風だって忘れてて、そして更に忘れた
  • 今朝テレビの天気予報で「夜は台風」って聞いてたのに、出かける時に傘を持っていくのを忘れてしまって「あちゃー」と思ったけど、会社には置き傘をしてたのです。よかったー!さすがだねえ、よしよし、と自分に感心してたのに、帰る直前に思い出した仕事を片付けて、それが終わった時には傘の存在をすっかり忘れておりました。会社を出た瞬間に結構な雨が降ってたんで、傘を忘れた事は思い出したけど取りに戻ったら乗ろうとした電 [続きを読む]