オッキー☆ さん プロフィール

  •  
オッキー☆さん: 禁煙なんて楽々♪オッキーのパラダイス日記
ハンドル名オッキー☆ さん
ブログタイトル禁煙なんて楽々♪オッキーのパラダイス日記
ブログURLhttp://fanblogs.jp/nao516/
サイト紹介文禁煙なんて楽々。様々な禁煙方法を書いて行くよ!楽しい出来事も掲載中☆
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供88回 / 64日(平均9.6回/週) - 参加 2017/06/09 04:23

オッキー☆ さんのブログ記事

  • 電子タバコでもマナー悪い
  • 駅前の駐輪場近くでIQOSを吸っていた喫煙者。吸い終わると、デバイスをトントンと叩いてヒートスティック(葉タバコ)を路上に捨てる。その後、デバイス内の葉タバコのカスも捨てる。ポイ捨ては紙巻きタバコも加熱式タバコでも変わらない。マナーは期待できないが、成人になって路上にゴミ捨てる? href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TN4OI+9LBFN6+3GRY+6A4FL" target="_blank" rel="nofollow"> [続きを読む]
  • 家で煙草が吸えなくなる!?
  • 都民ファーストの会が9月の都議会に「子どもの受動喫煙を防ぐための条例案」を提出する方針を明らかにしたと報じた。子どもがいる自宅や自家用車の中などでの禁煙について努力義務を課す案を検討中だとか。都議会は小池氏の支持勢力が過半数を占めているので、可決される可能性が高いという href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TN4OI+9LBFN6+3GRY+6A4FL" target="_blank" rel="nofollow"> [続きを読む]
  • 煙草の税金
  • 従来のタバコよりも加熱式タバコの方が税率が低く、利益率が高いためタバコ会社は儲かるのだ。さらに日本の場合はタバコ会社によって大きな税率格差がある。従来の可燃紙巻きタバコの税率は63.1%フィリップモリスのアイコス(IQOS)のヒートスティックの税率は49.2%ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BAT)のgloスティックの税率は36.2%JTのプルームテックの税率は14.9%なぜ加熱式タバコの税率が日本でここまで差があるのかの理 [続きを読む]
  • JT5650億に上方修正
  • 日本たばこ産業(JT)は、今期(2017年12月期)の営業利益予想を5650億円(従来5600億円)に上方修正した。ブルームバーグが集計したアナリスト18人の営業利益予想の平均5828億円を下回った。予想の増額は海外たばこ事業で為替の前提条件を見直したことや、医薬品事業が従来よりも増益となる見通しとなったことが影響した。  売上高予想は2兆1250億円(従来2兆1100億円)に引き上げる一方で、純利益予想は4020億円に据え置い [続きを読む]
  • 日本の喫煙者数
  • 現在日本では1500万人くらいの方がタバコを吸われています。ということは1億人以上の人がタバコを吸っていません。タバコを吸わない人は愛煙家を嫌う方は多いです。一億人から嫌われていることを認識しましょう。全員が全員嫌いというわけではないでしょうが・・・。参考までに href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TN4OI+9LBFN6+3GRY+6A4FL" target="_blank" rel="nofollow"> [続きを読む]
  • 煙草
  • 【非喫煙者の独り言】タバコ吸いながらのほうが仕事がはかどる!・・・・・・・・・そんなアホな!! href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TN4OI+9LBFN6+3GRY+6A4FL" target="_blank" rel="nofollow"> [続きを読む]
  • 喫煙よる胎児の影響
  • 閉経が早まるや、妊娠中の喫煙によって臍帯を通じて胎児にニコチンが送り込まれることにより胎児へ悪影響が出る。 乳幼児突然死症候群の原因の1つであることも明らかになってます。 母親の喫煙で子供の中耳炎や肺炎様気管支炎が増加するというデータもあります。 [続きを読む]
  • 煙草おばけ
  • 1本だけ・・・というあなたの心の中の誘惑に勝てるでしょうか?この誘惑は「1本だけおばけ」といいます。 1本吸えば、禁煙なんて一瞬で終わってしまいます。 あっという間に元に戻ってしまうでしょう。 決して「1本だけおばけ」にだまされないでください。 href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TN4OI+9LBFN6+3GRY+6A4FL" target="_blank" rel="nofollow"> [続きを読む]
  • 授乳中の女性の喫煙
  • 母親が吸ったタバコのニコチンは母乳に分泌されます母乳に分泌されるニコチンの濃度は母親の血液中の濃度より高くなってしまいます1日に20本以上喫煙する母親の母乳を飲んだ新生児はイライラしたりよく眠らない下痢嘔吐頻脈などニコチン中毒の症状が現われる報告もあります [続きを読む]
  • 喫煙のメリット・・・
  • 【喫煙のメリット】「タバコにメリットなんてあるのかよ!?」と思うかもしれませんが、実はいくつかあるんです。脳が覚醒し、気分が高揚するニコチンの影響で脳が活性化し、気分が高揚します。ぼくもそうでしたが、煙草休憩後は「よし、行くぞ!」という気持ちになれますよね。タバコは、カフェインよりも強い覚醒作用がありますので、中毒状態になるのも頷けます。【ストレス解消になる】ニコチンには「ストレス解消効果」がある [続きを読む]
  • 女性の禁煙の特徴
  • 女性の禁煙は寂しさをともないやすい:女性の禁煙の一つの特徴として、やめようと思うと気分の強い落ち込み(言いようのない寂しさや、心に穴が開いたような喪失感)が出現しやすいと言われています。これもニコチン切れ症状の一種です。 href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TN4OI+9LBFN6+3GRY+6A4FL" target="_blank" rel="nofollow"> [続きを読む]
  • 糖尿病と煙草
  • 糖尿病とたばこ:糖尿病は動脈硬化が進む病気です。そして喫煙も動脈硬化を促進します。糖尿病があって喫煙していると動脈硬化に起因する病気にかかりやすくなります。心筋梗塞や脳卒中はもとより人工透析の導入を早めるといったことも言われています。 href="https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=2TN4OI+9LBFN6+3GRY+6A4FL" target="_blank" rel="nofollow"> [続きを読む]
  • 糖尿病と煙草
  • 糖尿病とたばこ:糖尿病は動脈硬化が進む病気です。そして喫煙も動脈硬化を促進します。糖尿病があって喫煙していると動脈硬化に起因する病気にかかりやすくなります。心筋梗塞や脳卒中はもとより人工透析の導入を早めるといったことも言われています。 [続きを読む]
  • 日本の喫煙場所について
  • 海外から来る観光客や海外に在住する日本人が驚くこと。タバコが吸える環境が多い、特に飲食店。欧米では飲食店は呑み屋を含め禁煙化。東京都が先行してくれればいいが、全面喫煙可、時間帯禁煙、分煙、土日は全席禁煙などの措置は異常事態であることを知るべき。 [続きを読む]
  • 喫煙は脱毛する
  • 禁煙と脱毛:喫煙するとニコチンによって毛細血管の収縮が生じ、皮膚血流が低下することから、毛根への血流も低下し、脱毛しやすいと言われています。 そう言えば ヘビースモーカーの人で 頭真っ白な人いたね。白髪もそのせいか。 [続きを読む]
  • 煙草は1度吸うと戻れない
  • ニコチン依存は脳細胞にできる「レセプターの異常」だと分かっています。一旦この異常ができてしまうと、タバコを吸わないとニコチン切れが出てつらくなりますので、喫煙者はタバコを吸い続けることになるのですが、では禁煙したらこの「レセプター異常」はどうなるのでしょうか。実は一生消えません。 [続きを読む]
  • 煙草の害を頭に何度も叩き込む
  • ◎タール…数十種類の発ガン物質、ガンの発生を促進する物質、ガンの発生を助ける補助物質が含まれる。気管支炎など呼吸器の病気が起こりやすくなる。◎一酸化炭素…血液中のヘモグロビンと結びついて酸素を運びにくくするため、体が軽い酸欠状態になる。動脈硬化・心臓病などが起こりやすくなる [続きを読む]
  • 喫煙者の死亡率
  • 運動能力低下や皮膚の老化現象もタバコが原因です。 2000年以降、日本人の死亡総数のトップは肺がんです。 1日10〜19本吸っている人は非喫煙者の3.7倍の死亡率であることが報告されています。 毎年、喫煙者10万人、非喫煙者2〜3万人がタバコが原因で死亡しています [続きを読む]
  • 煙草による非喫煙者の害
  • たばこの害は喫煙者だけでなく非喫煙者にも及ぼされる。非喫煙者の場合はたばこの害が喫煙者の10分の1とするとたばこ1本の受動喫煙で約1.4分寿命が縮まる計算になる。受動喫煙が原因で死亡する人の割合は全死亡者の1割に上るという推計もある [続きを読む]
  • 高齢者の禁煙
  • どんな高齢者であっても禁煙すると必ずプラスになります。「夜中の咳込みが減って安眠できる」「いつかしようと思っていた禁煙ができたすがすがしさ」「高齢者特有の肌の痒さが減った」「くさいと孫に言われなくなった」などのメリットを口にされます。 [続きを読む]