Roro さん プロフィール

  •  
Roroさん: 時々パパまでやっています(-_- )
ハンドル名Roro さん
ブログタイトル時々パパまでやっています(-_- )
ブログURLhttp://ameblo.jp/happa-c/
サイト紹介文駆けずり回ってママにもパパにも姉にも妹にもなりながら11才の娘を育てるシンママ育児日記
自由文人間死ぬ気になればなんとかなるさ! と決意して離婚。
気付いたらドタバタで10年!Σ( ̄□ ̄;)
あんなに小さくて可愛かった娘も、
今じゃすっかり反抗期。
四苦八苦、駆けずり回ってママにもパパにも姉にも妹にもなりながら11才の娘を育てるRoroの育児日記です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供39回 / 68日(平均4.0回/週) - 参加 2017/06/09 09:30

Roro さんのブログ記事

  • 旅行代がなくても旅行的なレジャーを提供してあげられる!
  • お盆休み。電車で2時間ほどの友人宅へ遊びに行かせて頂きました!彼女と知り合ったのは、実は某SNS。ネット上で知り合った友人が、「多分、仲良くなれると思うんだ」と仲介してくれました。そのご家庭とうちは子供の年と性別が一緒。また、長期休みを母子で乗り切る境遇が一緒でした。ママ同士はいくつか年が離れていましたが、共通の趣味などの話で盛り上がり、その年の夏に初めて親子でお宅へ遊びに行かせて頂きました。当時、娘 [続きを読む]
  • 子供と話す、子供の話。〜ママは私を産むかどうか悩んだりした? 〜
  • 某テレビドラマを一緒に観ていて、そこに17歳の妊婦さんが出てきました。お腹の子の父親は不明。当然妊婦さんの親御さんは生む事に反対します。親御さんはいかに子供を育てる事が大変かと切々と語り、生まない道を示唆します、が、「私は絶対生むんだから!! 」と妊婦さんは反発。それを観ていて娘は一言。「頑張ればいいんだよね。大変かもしれないけど、頑張れば何とでもなるよ」確かにそうかもしれません。でも私はそれを聞 [続きを読む]
  • 生きててごめんなさい、と娘からラインが来た件
  • 思春期反抗期、大爆発中の娘。只今、夏休み中です。親の生活はまるで変わらないのに、毎日のお弁当作りが追加され、かつバケーションを満喫している娘はぐだぐだ。せっかく朝掃除をして行っても、家に帰れば散らかし放題。本人はのほほんと遊び三昧。そんな怠惰な生活にイライラし、朝ケンカをしました。だって昨日、「明日は学校のプールに行く」と言ったのに、朝起きたらめっちゃダラダラしてて、「やっぱ今日は行かない」って言 [続きを読む]
  • 親として、子供に1番教えたいこと
  • 娘の挨拶は良く褒められます。以前住んでいたマンションの階下のおばちゃん。引っ越す旨を伝えると、「娘ちゃんのあの元気な挨拶が聞こえなくなるのかと思うと寂しいわねぇ。。。」とホロリ。毎朝出勤していくおばちゃんを、学校に向かって走っていく娘が追い抜き様に、「おはよーございまーす!! 」と声をかけていたんだそうです。その声に毎日元気を貰っていたよ、とおばちゃん。交通安全の見守りをしてくれているママさんの井 [続きを読む]
  • Roro流秘伝の節約術! お金を貯めるには、○○をすべし!
  • 夏場は電気代がかさみます。なので、微々たるものですが、洗濯機の脱水は2分前にスイッチを切ります。気付かないで脱水が終わってしまう事もありますが、時計を見なくても大体それ位の時間がわかるようになってきました。夏場の強い日差しなら、2分脱水を短くした所で何の問題もなく乾きますし、多少水分を含んで重いかもしれませんが、その分衣類のシワも目立たなくなります。トイレの便座のスイッチも、夏の間はコンセントから [続きを読む]
  • 我が子が仲間外れに?! いじめ問題に立ち向かう
  • 小学校に入学して、順調に学童にも慣れ、季節もいくつか越えた頃の話です。「一人ぼっちになっちゃうの」ポツリ、娘が呟きました。上級生♂が、「他のやつは入れてやるけどお前だけは入るな」と娘を仲間外れにし始めました。身体も大きく快活で元気なその子に誰も逆らえず、一緒に遊んでた友達がみんなそちらに入ってしまって一人になっちゃう。との事でした。周囲にもリサーチした所、その子に嫌がらせを受けた学童の同級生は何人 [続きを読む]
  • 子供に自由は必要?! うちは放課後を選ぶ権利を娘にもあげる事にしました
  • 小学校に入ってから、一人で留守番をする機会がぐっと増えました。学童から早く帰って来たがったり、学童には行かずに自由に友達と遊びたがったり・・・。段々と自由を求めるようになってきた娘。常に誰かの保護下には居たくないんですね。学童は学童で楽しい。でも学童以外で公園で遊んだりしている友達と一緒にも遊んでみたい。学童で仲間外れがあるから家で一人でゆっくりしていたい。娘の気持ちも段々複雑になって来て、それは [続きを読む]
  • 【ママ友は敵か味方か】小学校入学の時
  • 「Aちゃん、放課後連絡もなしに突然ピンポン鳴らしてくるんだよね。今日は用事があるっていって断ってもなかなか帰ってくれなくて、、、」「Bちゃんは夕方のチャイムが鳴っても全然帰ろうとしないの。大丈夫? ママ心配するよって声かけても家に帰ってもこの時間はまだ仕事だからママいないって、、、まだ1年生なのにこれ、どうなの」「Cくん、この前19時近くに一人でコンビニに来ておにぎり買ってるの見掛けたよ。ママは妹の事し [続きを読む]
  • 【Roroメソッド①】小さい頃は机に座らせない!
  • 前回の記事はコチラ私は自他共に認める「教育ママ」ですが、小さい頃から机に座らせてドリルをやったり書き取りをやらせていたかと聞かれると、「NO! 」だったりします。早期教育、断固反対!!!娘が計算ドリルみたいな、いわゆる「ワークブック」を手にしたのは年長さんの3学期。小学校入学を3ヵ月後に控えた、お正月明けの1月からでした。小さい子は、小さい子なりに色々吸収するものがあります。泥んこになって遊ぶ事で土の [続きを読む]
  • 知っていることが何より大事
  • 娘の偏差値は55です。決して高いとは思っていませんが、塾にも通わず、中学受験もしない子としては、まずまずではないかなと思っています。今日は子供の教育の話。前述しましたが、娘は塾には通っていません。が、偏差値を知っています。娘は自分がそんなにバカではないと思っていると思います。学校ではいつも先生に「総じて良くできる子です」と言って貰います。が、同時に娘は、もっと上の世界があることも知っています。偏差値 [続きを読む]
  • ワンオペ育児を辛くさせない魔法の言葉
  • 娘、11才。当時そんなしゃれた言葉はありませんでしたが、今振り返って思えば、娘の乳幼児期はきっとワンオペ育児とやらだったと思います。旦那さんは居ても仕事で夜遅く土日もない、その内離婚して出ていって影さえもなくなり、私は家事と育児と仕事をフル回転でこなし、毎日毎日娘とだけ向き合って生きていました。唯一の救いはパートだったので仕事時間が短く、心の余裕がありました。・・・まぁ、おかげで懐の余裕は一切なく、 [続きを読む]
  • 節約は○○を考えるとうまくいく!!
  • 真の節約を考えるなら断然固定費を見直すべきである。食費や光熱費などという流動費は、頑張れば頑張るほど減るものではあるのだけれど、その「頑張る」ことが1年365日続くということはまず人間だったら至難の技だからだ。切り詰めて切り詰めて頑張って食費が1000円減ったけど、次の月にその反動で外食が多くなって結果的に赤字。なんて経験はないだろうか。頑張ったのに・・・という自己否定感しか生み出さない節約は辛い。対して [続きを読む]
  • ママ友は敵か味方か 
  • 先日、娘の学校で宿泊学習がありました。2泊3日、元気に楽しんで帰って来たようで、お土産とお土産話がたっぷり!楽しめたのはとても良かったなって思っています。さぁ。小さな小さな話かもしれませんがこの宿泊学習。うちの学校は父母がお見送りに来たりします。勿論全員じゃぁありません。専業主婦のママさんとかが多いかな??学年の3分の1のママさんがお見送り、そしてお出迎えに待ってらっしゃいます。え、うち・・・? [続きを読む]
  • 幸せになりたい
  • 誰だって離婚したいと思って結婚する人は居ない。離婚して良かった!って言う人は、結果的に今の自分での幸せを見つけられただけであって、結婚状態が幸せに継続できるというのに、「なんか離婚して一人になってからの幸せを探してみたいんだ」て言って離婚した人ではないんだと思う。って以前日記にも書いたと思う。私は常々、そう思っている。だから、結局の所、「離婚して幸せになった! 」って言うのは結果論なんだと思う。離 [続きを読む]
  • 就職活動でシングルマザーが有利になる戦術
  • 実は転職活動をしています。現職は正社員4年半目。しがない零細企業の経理です。 大した資格もない、高卒、34歳のシングルマザー。 世間的に考えると得策でない事は一目瞭然。沢山の人に反対をされました。 ですが、この度、内定を頂きました。 中小企業ですが資本金の規模も今より数段大きく、年収も現状より十数万円UPで提示されました。完全土日祝日休みで、待遇で言えば、かなり改善されます。 残念なお話ですが就業開始日 [続きを読む]
  • 一人で決断! を迷わないために
  • 人はよく迷う生き物です。 ランチでどっちのデザートを頼もうか迷ったり、 気になってた洋服を買うべきかどうか悩んだり、あの人へのラインの返事をどうしようか、そういえばこの仕事のあれ、誰に聞こうか・・・・。 などなど。 母子家庭の辛い所は、 子供の事でそういう風に迷った時、同じ責任者として考えを相談しあえる人間を失くすという事になります。 子供が誰かを怪我させてしまったらどう対応しようか、 同級生同士の [続きを読む]
  • 昇給と保険等級を上手に乗り切れ!
  • 健康保険料と厚生年金保険料というものは、通勤費を含めた全ての給料をとある表に当てはめて算出します。総収入20万だとしても通勤費が2万円だとしたら、その徴収額を決める表では「22万」のラインで計算することになります。なので、余談ではありますが、「遠いけど通勤費貰えるからいーや」って思っていると、こういう方面では少しだけ不利になります。そして。健康保険では毎年4-6月分の給料を平均して「算定基礎」という再計算 [続きを読む]
  • 離婚するってエネルギー
  • 先日のりを頂いた。「いつもありがとね」って。私は特別何もしてなくて、自分が楽しむ為に友達を誘ってあっち行ったりこっち行ったりしてるだけなんだけど、それでもそうやって言ってくれる事は凄く幸せで贅沢なことだなって思った。私は地元で子育てをしているシングルマザー。だから、大体同じような境遇になるだろう地元の友達は、特に声をかけなくても寄って来る。「ねぇねぇ、Roroはこういう時、どーした? 」みたいな感じ [続きを読む]
  • 奨学金を借りるか、借りないか
  • とある経営者の知人がいる。経営は順調。特に借入をしなくても、自社資金だけで経営していける。けれど、銀行からの借入を一括返済しようとはしない。利息が取られる分勿体無いのに、どうしてお金を返そうとしないのか?私は彼に尋ねた。「バカだね、Roro」銀行がお金を貸してくれるのは、お金がある企業だけなんだ。本当にお金に困った時に、銀行に泣きついてごらん。銀行は、間違いなくお金を貸してはくれないだろうよ。いつなん [続きを読む]
  • 気持ち悪い
  • てんで言うことを聞かない。少し前の私は、娘に対してそういらいらしていた。でも最近、そうじゃないんだって気付いた。娘の年齢は、世の中の良い悪いを知らない年じゃない。何をしたら怒られ、何をしたら褒められるかを彼女は知っている。そう。知った上で動いている。言ったことをやらないのは、彼女がそれを出来ないからではない。彼女がそれを望まないからで。それをした方が良いことを知っているけど、それをしたくない気持 [続きを読む]