創 さん プロフィール

  •  
創さん: 3連複Formation全頭流し!
ハンドル名創 さん
ブログタイトル3連複Formation全頭流し!
ブログURLhttp://3renpuku.hatenablog.com/
サイト紹介文競馬ニュースを中心として、週末は気まぐれに予想を公開しています!
自由文競馬好きによる自分勝手な馬券予想の公開とともに、競馬ニュースをお伝えしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 19日(平均57.8回/週) - 参加 2017/06/10 07:51

創 さんのブログ記事

  • シャイニングレイ54秒5−12秒2/CBC賞
  • 厳しいレースになるのは間違いないシャイニングレイ(牡5、高野)は坂路で4ハロン54秒5−12秒2をマークした。  高野師は「難しいところのある馬だけど、追い切りはいい動きだった。高いレベルで安定している」と及第点を与えながら「1400メートルで結果が出たからここに使うけど、前走は恵まれた面も多かった。オープン特別と重賞ではレースレベルも違う。厳しいレースになるのは間違いないでしょう」と慎重だった。 [続きを読む]
  • ダービー馬レイデオロの全弟レイエンダ 
  • 札幌開幕週のデビュー決まる今年の日本ダービーを制したレイデオロの全弟レイエンダ(牡2歳、美浦・藤沢和厩舎)が7月30日の新馬(札幌・芝1800メートル)でデビューすることが決まった。6月28日、藤沢和調教師が明らかにした。鞍上は兄の主戦でもあるクリストフ・ルメール騎手(38)=栗東・フリー=。  すでにゲート試験に合格済み。28日にはウッドチップコースで時計を出すなど、ここまで順調な調整が続いてい [続きを読む]
  • タニノフランケルは夏の新潟デビュー…
  • フランケル×ウオッカの世界的良血父フランケル、母ウオッカという世界的良血のタニノフランケル(牡2歳、栗東・角居勝彦厩舎)が8月12日の新潟・芝1800メートルでデビューすることが分かった。28日、管理する角居調教師が明らかにした。鞍上は現時点で未定となっている。 6月1日に栗東トレセンへ入厩し、15日にゲート試験を受けて1度目で合格。現在は放牧に出されている。「スタッフも(長くは放牧に)出さないで [続きを読む]
  • GI馬サトノアレス“斤量54キロ”のなぜ 
  • トップは重賞未勝利馬の57キロ/巴賞昨年の朝日杯FS(GI)の勝ち馬・サトノアレス(牡3、美浦・藤沢和雄厩舎)が、2日に函館で開催される巴賞(OP)に出走を予定している。  GI馬にも関わらず背負う斤量が54キロで、実績から見るとかなり軽い印象。一方、トップの斤量を背負うのは“重賞未勝利馬”のスーパームーン(牡8、美浦・藤沢和雄厩舎)で57キロ。斤量差は3キロ差もある。  なぜここまで軽い斤量になるのか。そこにはJRAが月ごと [続きを読む]
  • 【巴賞】サトノアレス ルメールとの新コンビに期待
  • 力は通用すると思います昨年の朝日杯FSを制したサトノアレスが、函館初参戦のルメール騎手とのコンビで、皐月賞11着以来の復帰戦に挑む。「皐月賞後は馬の状態を見ながら、ここに照準を合わせてきました。札幌でデビューしていますし、洋芝は経験済み。古馬とは初の手合わせになりますが、力は通用すると思います」と津曲助手は期待を込めた。 headlines.yahoo.co.jp [続きを読む]
  • 【巴賞】要注意の1頭!スーパームーン
  • メンバー的には力は足りますサトノアレスと同じ藤沢和厩舎のスーパームーンは、昨年のAJCC2着の実績馬。芝1800メートルの持ち時計1分45秒7は、メンバー中最速で、例年より速い時計が出る函館で要注意の1頭だ。「休み休みの出走で、流れに乗れていませんが、牧場で十分乗り込んできました。函館でも勝っていますし、メンバー的には力は足ります」と津曲助手も好勝負を見込んでいる。 headlines.yahoo.co.jp [続きを読む]
  • 大井で2669万馬券出た!
  • 公営競技では史上最高配当27日の大井競馬12Rで、1レースの配当としては地方競馬史上最高となる3連単2669万3120円の夢配当が飛び出した。  午後8時50分発走の最終レース。その名も「ロマンティックナイト賞」。フルゲート16頭立てで、単勝14番人気プラチナバディ、同15番人気メジャーメアリー、同9番人気グットドディユが1、2、3着となった。メイン11Rの重賞競走も終了し、既に競馬場を後にしたフ [続きを読む]
  • 【夏競馬トリビア〜ン】馬券必勝祈願!
  • 勝馬神社で当たる予感勝ち運を呼び込んで夏を制す!!美浦トレセン近郊の大杉神社(茨城県稲敷市)は「あんばさま」の呼び名で信仰を集める全国屈指のパワースポット。その境内にたたずむ勝馬神社で馬券必勝を祈願すると、早くも御利益!?ほこらを囲う石柱には今週の福島、函館に有力馬を送り出す厩舎名が…。毎週火曜にスタートする「夏競馬 トリビア〜ン」。1回目は霊験あらたか勝馬守(かちうままもり)を拝受した長老記者・ [続きを読む]
  • 河内調教師と岩崎騎手に見る師弟愛 
  • 若手の台頭が難しい中央競馬厳しさこそ、本当の愛情−。河内洋調教師(62)と岩崎翼騎手(23)。師弟関係にそんなことを思った。河内師といえば、騎手時代に全国リーディングの座に3度輝き、00年には五大クラシック完全制覇を達成。03年に惜しまれつつ引退し、調教師に転身した名手だ。 厩舎開業7年目となった13年に、所属騎手として迎え入れたのが岩崎。5年がたっても「アイツが乗る時はいつも胃が痛くなる」と河内 [続きを読む]
  • 今年も有馬記念公開枠順抽選会実施!
  • レース当日の中山は12R制にJRAは26日、大阪市内で関西定例会見を開き、今年も暮れの有馬記念(12月24日、中山)で公開枠順抽選会を実施することを発表した。関係者が一堂に会して枠順を決める形式は昨年に続いて2年連続。都内ホテルで開き、その模様をテレビで生中継(17時から18時半の予定)する。また、レース当日の中山は1Rが9時35分発走となり、12R(昨年11R)まで実施。これに伴って有馬記念は1 [続きを読む]
  • 帝王賞にダート最強メンバーが集結
  • アウォーディーなど各馬の状態は?大井競馬場、ダート2000mで行われる帝王賞。レースに出走するまでの調教に関して、JRA所属馬にとってポイントとなるのは「開催が水曜日」という点。JRAのレースの場合、開催のほとんどが土曜日か日曜日となるため、レースに向けた追い切りも週中の水曜日か木曜日を基点として、調整が進められていく。しかしレースが水曜日となれば、追い切りの基点はレースの3日前である土曜日や日曜日に変更さ [続きを読む]
  • キタサンブラック陣営「ケガとかではない」
  • 今週半ばに放牧の見通し宝塚記念で断然の1番人気に支持されながら、まさかの9着に沈んだキタサンブラック(牡5歳、栗東・清水久)。レースから一夜明けた26日、清水久師が自ら同馬の様子をチェックし、「見た感じ大丈夫ですね」と無事を伝えた。 「テンの行きっぷりも、いつもの勢いがなかった」とレースを振り返り、凱旋門賞の断念には「ブラック自身が海外ではなく、国内で走りたかったんじゃないですかね」と笑顔でG15 [続きを読む]
  • 【馬場情報】東京競馬場
  • 東京競馬場の馬場状態6月23日(金)正午現在の東京競馬場の馬場状態は以下の通り。天候:晴馬場状態:(芝)良/(ダート)稍重(芝の状態)向正面から3〜4コーナー、正面直線にかけて、内柵沿いに若干の傷みが見られる。(芝の草丈)芝コースは野芝約10〜12cm、洋芝約12〜16cm。障害コースは野芝約10〜12cm、洋芝約10〜14cm。(使用コース)Dコース(Aコースから9m外に内柵を設置)(中間の降水量)18日(日)に4.5mm、21日(水)50.0mmの降水量を記 [続きを読む]
  • 【馬場情報】阪神競馬場
  • 阪神競馬場の馬場状態6月23日(金)正午現在の阪神競馬場の馬場状態は以下の通り。天候:晴馬場状態:(芝)良/(ダート)重(芝の状態)内回り3コーナー入り口、及び内回り4コーナー出口に傷みがあるが、その他の箇所については概ね良好な状態。(芝の草丈)芝コースは野芝約10〜12cm、洋芝約14〜18cm。(使用コース)Bコース(Aコースから直線部3m、曲線部4m外側に内柵を設置)(中間の降水量)21日(水)に72mmの降水量を記録した。(中間の作業内 [続きを読む]
  • 【馬場情報】函館競馬場
  • 函館競馬場の馬場状態6月23日(金)正午現在の函館競馬場の馬場状態は以下の通り。天候:晴馬場状態:(芝)良/(ダート)稍重(芝の状態)1週使用したが、大きな傷みは発生していない。全体的に良好な状態。(芝の草丈)芝コースは野芝約10〜14cm。(使用コース)Aコース(内柵を最内に設置)(中間の降水量)21日(水)に22.0mmの降水量を記録した。(中間の作業内容)●芝コース18日(日)〜20日(火)芝の生育管理のため散水を実施した。19日(月)芝刈 [続きを読む]
  • キタサンブラックにデータの死角
  • 宝塚記念逆転候補はシャケトラだ! 1番人気は安定しているが、勝率は20.0%にとどまる宝塚記念。人気薄でも8番人気まで優勝馬が出ているほか、頭数が少ない年でも穴馬の激走が見られる。近年は外枠の成績が良く、年齢は4〜5歳が中心。特に前走G1出走馬の好走は4〜5歳馬ばかりだ。また、前走G1連対馬は過去10年勝利なし。G2以下なら前走人気で好走し、なおかつ1年以内に芝2000〜2500mのG2以上での勝利が欲しい。 [続きを読む]
  • 今年の「金星候補2頭」がキタサンをやっつける
  • 実は稼げる宝塚記念。長い歴史の中でも、稀(まれ)に見る”断然ムード”となっている今年のGI宝塚記念(6月25日/阪神・芝2200m)。もちろん、その中心にいるのは、キタサンブラック(牡5歳)である。【写真】ミッキークイーンが狙える「裏情報」 GI通算5勝。今年に入ってから、GIに昇格した大阪杯(4月2日/阪神・芝2000m)を制し、GI天皇賞・春(4月30日/京都・芝3200m)でも圧倒的な強さを見せて連覇を達成した。5歳を迎えて [続きを読む]
  • 【宝塚記念】スピリッツ道悪歓迎!
  • 全5勝中やや重2勝、重2勝梅雨時に開催される宝塚記念。過去30年で、やや重〜重馬場で開催されたのは7回。近年は特に道悪傾向が強まっている。今週水曜、阪神競馬場がある兵庫県宝塚市は相当量の降雨。さらに、宝塚記念が行われる日曜は曇り時々雨、降水確率80%の予報。  雨量によっては、かなりの馬場渋化が予想される。キタサンブラックは、やや重の昨年、マリアライトとドゥラメンテに差された“前科”。道悪での実績 [続きを読む]
  • 【宝塚記念】横山典 アクター復調へ
  • “歩くフォーム”チェック変化が即、結果につながるとは限らない。それでも現状を打破するために何かを変える必要がある。横山典の起用にはゴールドアクター陣営のそんな思いがこもっているように見える。「調教や普段の馬の様子をずっと見ていた。それもあるポイントに気をつけて」。初コンビを組んだ天皇賞・春(7着)を敗れた後、百戦錬磨のベテランはアクターを見つめ続けた。  特に注視していたのは歩くフォーム。天才肌の [続きを読む]
  • 【宝塚記念】ルメール&デムーロ“ジンクス”破る 
  • なるか外国人J初勝利“最強コンビ”が、新たな歴史の扉を開く。今年で58回目を迎える上半期のグランプリだが、いまだに外国人ジョッキーは未勝利。ダービーを含むG1・3連勝など絶好調のクリストフ・ルメール騎手(38)=栗東・フリー=はシャケトラで、先週7勝の固め勝ちで全国リーディング首位を快走するミルコ・デムーロ騎手(38)=栗東・フリー=は、サトノクラウンで初制覇を狙う。  17年前半の日本競馬界は、 [続きを読む]
  • 最内ミッキーロケット変わりなく順調/宝塚記念
  • できれば偶数枠が良かったミッキーロケット(牡4、音無)は1枠1番に入った。  出遅れ癖があるため生野助手は「どこでもいいと思っていたが、できれば偶数枠が良かった」と話す。  7着に敗れた前走・大阪杯の後はゲート練習も積んできた。「練習では悪いことをしないんですよ。実戦でもうまく出てくれれば」と切望。この日は、厩舎周りで運動をこなし「変わりなく順調です」と状態面は万全だ。headlines.yahoo.co.jp防災士 [続きを読む]