修ちゃん さん プロフィール

  •  
修ちゃんさん: 修ちゃんの人生晴れたり曇ったり
ハンドル名修ちゃん さん
ブログタイトル修ちゃんの人生晴れたり曇ったり
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/syusei0715
サイト紹介文2年半の闘病生活の峠を越え、その後の元気な日常を画像を加えながら不定期ですが書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供28回 / 19日(平均10.3回/週) - 参加 2017/06/09 20:55

修ちゃん さんのブログ記事

  • 久しぶりの友人から
  •  ようこそ今日は、高校時代の友人から、私の闘病日記「晴れたり曇ったり」の冊子のお礼の電話が入りました。久しぶりの会話で、長電話になってしまいましたが、感動したと喜んでくれました。 そんなつもりで送った訳では有りませんでしたが、これまでも何度もお見舞いをいただいた友人です。彼の奥さまも闘病生活をされていて、もう7年くらいなると聞いていました。 そんな中での励ましの電話でしたが、 彼もお世話で大変な様 [続きを読む]
  • 穏やかに旅立たれ
  •  ようこそ今日は、昨日の引き続きで、葬儀社に料理を納品し、接待をしていました 今日のお悔やみの喪主様は、以前、長女が出産前まで勤務していた金融機関の上司のお母様で、聞くと98歳5か月との事でした。 長女から御香典の依頼を受け、受付にお届けし焼香をさせていただきました。生前は、私の会社の給食も届けていました。 給食は7ルートに分かれて配達しているのですが、私がガンの告知を受ける直前まで配達していた一軒が [続きを読む]
  • 仕事現場に復帰
  •  ようこそ2年3か月の闘病生活を取りあえず終え、 今日は久しぶりに現場復帰して、朝から料理の盛り付けや冷凍車への積み込みなど、時間に追われる仕事に四苦八苦しながらも 無事に終了。盛り付けの途中に納品先から、4個追加また4個追加と結局は、当初の予約から3度の追加依頼があり、ファックスの受信に慌てふためく始末 当然の事ながら、社員の皆さんの笑顔や雑談も消え、険しい表情に急変しましたが、無事に対応する事が出 [続きを読む]
  • 今日も穏やかに元気いっぱい
  • 小林麻央さんの訃報から一夜明けましたが、同じ病気で同じ時期に闘病生活を送っていた私は、他人事とは思えない複雑な心境で 昨夜は「明日は我が身か」と思いながら床に就きましたが、何時もと比べ寝つきが悪かった様に思います。私の会社は、地元の葬儀社6箇所に、お葬儀のお料理を納品させていただいている関係で、残された御家族や御親族の悲しまれる様子を多々目にする機会がありますが、特に子供さんや孫さんが自分より先に [続きを読む]
  • 本当に悲しいです
  • 今日は、小林麻央さんの訃報を知り、本当に同じガン患者として、この上ない悲しみを覚えます。私は、平成27年3月に最初の膀胱ガンの告知を受け、翌月には前立腺ガンの告知を受けました。その翌年の平成28年7月には、悪性中皮腫の告知を受けました。もちろん私は、小林さんをテレビやブログなどで知っている程度ですが、闘病時期や同じでガンで大変気にしていました。ブログを読ませていただいて、同じような苦悩ぶりに一つ一つ納得 [続きを読む]
  • 難関を超えた日常生活
  • 少しずつ仕事の現場にも復帰しつつあり、ありがたく夢のような喜びに浸る日々を過ごしています。昨日は、事務手続きの仕事で遅くなり、帰宅が19時30分になってしまいました。普段なら何時の帰宅でもかまわないのですが、毎週木曜日は愛妻の趣味の同好会のバトミントンの日で、木曜日は18時30分の帰宅と決めていたので、ブログの更新が出来ませんでした。私の会社は、日常の給食弁当と冠婚葬祭や、イベントなどの仕出し料理の製造販 [続きを読む]
  • 人生色々
  • ありがとうございます。今日は、2年3か月に渡る私の闘病日記の冊子(このブログの第1章から第20章)を、兄に手伝ってもらい、お見舞いや激励を受けた人に150部送付したところ、沢山の連絡があり、ビックリしています。手紙やハガキ、電話、ラインも沢山いただき感謝していますが、その中の手紙に病気は違いますが、高校時代の同級生が、私と同じように最近何度も入退院や手術を受けていた事を知りました。彼も私と同時期に闘病生活を [続きを読む]
  • 闘病後の穏やかな一日
  • ようこそ平成29年4月28日に、7回目の抗がん剤治療を最後に、検診以外の治療は受けていません。最近、テレビの報道で、よくアスベスト被害の報道があり、私も食い入るように見ていますが、当時の鉄骨住宅のほとんどに、このアスベストが使われているようです。発病までに40年位の時間がかかると言われています。 私の場合は、当時を思い出してもアスベストの環境に居た事はありませんが、アスベストが原因で無い患者さんも、数は少 [続きを読む]
  • 最後の戦い
  • ようこそここえ約2年間に渡るガン連合軍との戦いも最終章を迎えました。約2年前に膀胱ガン君が、修ちゃんの体に住み着いている事が分かりましたが、その半月後には前立腺ガン君も同じように仲良く住み着いていました。 が、手術によってその後の検査で肺にもガン君が見つかり、 翌年の6月の生体検査の手術の結果、アスベストで有名な悪性中皮腫ガン君と判明しました。 一時は、生きる事さえ諦めた時期もありましたが、生き延び [続きを読む]
  • 新しい手術方法
  • ようこそこれまでの悪性中皮腫の手術の標準治療は、「胸膜肺全摘出手術」と言う、患部の肺を全部取り除く手術でしたが、合併症も伴い術後に寝たきりになる確率も50%~60%とあると言われる手術でしたので、最初は手術を諦めて、生活の質が大きく変化しない緩和治療を決断し、生きることを諦めました。その後の受診で、3年前より新たな手術方法として「胸膜切除、肺剥ぐ皮手術」と言う、ガンの患部である肺を覆っている胸膜を剥ぎ取り [続きを読む]
  • 生きる事をあきらめた瞬間
  • ありがとうございますいよいよ修ちゃんの手術の打ち合わせが始まりました。この悪性中皮腫君は、アスベストを吸う環境で生活して居た人が多くなる最悪最強のガン君です。膀胱ガン君と前立腺ガン君は、それを見越してガン仲間でも最強のもっとも恐れられている中皮腫君を味方に付けた訳です。これには修ちゃんも一時は、うつ病を患う程落ち込み元気を無くしていました。精神科にも受診したりしましたが、家に閉じこもりがちになって [続きを読む]
  • 抗がん剤 対 中皮腫君
  • ようこそ兵庫医科大学病院は、大学に併設された大学の付属病院です。日々、ガン君達との対決を研究しています。悪性中皮腫は、肺ガンと違い肺を覆っている外側の粘膜に出来るガンで、部分切除は出来ません。流石の兵庫医科大病院でも、肺を全摘出するのが標準治療らしいのです。その位に恐ろしい強敵ですが、とりあえず、抗がん剤治療を3回して対決し、中皮腫君が弱った隙に手術でやっつける事になりました。、抗がん剤 対 中皮 [続きを読む]
  • 正体が判明
  • その正体は、大勢のガン君達の仲間でも、もっとも恐れられている不良のガン君でした。その正体の名前は、悪性中皮腫と言うガン君でした。ガン君の仲間でも最も凶暴で、多くの人が泣かされ亡くなっています。これまでの2人のガン君とは、レベルの違う恐ろしく凶暴なガンです。2人のガン君は密かに近づき、応援を依頼していたのです。何と卑怯な2人のガン君達修ちゃんが知らないうちに着々と怖い不良のガン君を味方につけて、反撃の [続きを読む]
  • 最悪の事態発生
  • ご覧いただき、ありがとうございます。そして、それは、隣近所のガン君では無く、遠く離れた所から見ず知らずの応援者を密かに募っていたのです。膀胱ガン君も前立腺ガン君も手術で負けた事が、よほど悔しかったのか何時かの機会を見て反撃攻勢を相談していたのです。その応援を依頼した相手は、肺で生活して居るガン君でした。普段は付き合いがない新しく知り合った不良のガン君との先生君の話です。転移でも再発でも無い、新しい [続きを読む]
  • 穏やかな日々
  • その後、修ちゃんは、親戚約30人に集まってもらい仮の快気祝いを行い、その後も社内の快気祝いを行い、ガン君2人とも仲良く過ごしています。会社の行事にも参加し、3人で仲良く過ごしていますが、ガン君達も少し広々とした海が見たいと言い出し仕方なく、兄はクルーザーを自己所有していますのでお願いして、瀬戸内海の島々を見学するクルージングの船旅に出かけました。ガン君達も大人しく機嫌よく船旅を楽しんでいます何時もは膀 [続きを読む]
  • 修ちゃんの喧嘩の後遺症
  • 10時間に及ぶ喧嘩に勝ち、2人のガン君はおとなしくなりましたが、修ちゃんは喧嘩の後に大きなダメージが残りました。膀胱ガン君や前立腺ガンが住み着く場所を全部手術で取り払った為におしっこを出す管の変りに、腸を20センチ程切り取って尿路変更をしてもらいました。従って、修ちゃんにはそれらの臓器は有りませんので、おしっこの尿意や貯める、排出するなどの機能は有りません。腸を使って別のルートでお腹から、おしっこを袋 [続きを読む]
  • 今後も仲良くします
  • 私は、来月62歳になるオヤジです。名前は修ちゃんと言います。平成26年の秋ごろより、頻尿になり仕事にも支障が出始めました。平成27年3月に地元では一番大きな総合病院を受診したところ、直ぐに「膀胱ガン君が怒って暴れている。」との先生君の診断で、早速に手術をして退治する事になりました。手術後は、少しは膀胱ガン君も大人しくしていましたが、今度は膀胱ガン君の友達である前立腺ガン君を味方に連れて来て、二人で反撃攻 [続きを読む]
  • 今日も仲良く
  • 今朝は、3人のガン君達を連れて、仲良く関西のスキーのメッカ神鍋高原に行ってきました。朝は晴れていて、初夏の高原の爽やかな空気を皆で満喫してきましたたまにはガン君達にも、新鮮な空気を吸わせないと、いつも暗闇の狭い所で生活していますので、怒り出すと大変です。特に、今は改心しておとなしくしている元不良の中皮腫君が怒り出すと大変です。今日も膀胱ガン君も前立腺ガン君も中皮腫ガン君も気分がよさそうで、怒り出す [続きを読む]
  • 快晴の一日
  • 僕の名前は修ちゃん、君の名前はガン君、二人合わせて修ガンだ。君と僕とで修ガンだ。私が、ガン君と最初に知り合ったのは、2年半前の平成27年3月です。最初に知り合ったガン君の名前は、膀胱ガン君で、翌月の4月には前立腺ガン君とも知り合いになりました。翌年の平成28年6月には、新たに悪性中皮腫ガン君という不良のガン君とも知り合いになり、4人で仲良しになりました。仲良く友達になろうとプレゼントをしたり、しましたが [続きを読む]
  • 雨のち晴れの一日
  • 今日も悪性ガン君は寝ているようで、穏やかな一日に成る予定でしたが、昼過ぎに突然報告を受け、弊社のミスでトラブルが発生したとの事。それも何時もお世話になっている業者様のトラブルで青ざめましたが、社長と店長が最善の方法でお詫びし、お許しをいただき難関を突破しました。正に雨のち晴れの一日でした。今日も、この業者様から、ありがたいお仕事をいただきました。何事も正直に一生懸命が大切ですね 人生晴れたり曇った [続きを読む]
  • 今日も穏やかな一日
  • 今日は久々の雨降りです。入院していた当時は、晴れも曇りも雨も関係なかったのですが、社会復帰すると雨降りは嫌ですね。兵庫医科大学病院に入院していた当時は、季節の移り変わりを感じることもなく、暑さ寒さを感じる余裕もなかったのですが、雨降りが嫌だと感じられるだけでも幸せです。今は、特に担当している仕事もなく、社員の皆さんと会話したり、仕事ぶりをみたりする事が一番の楽しみで、一番の良薬です。こんな穏やか日 [続きを読む]
  • 穏やかな一日
  • 4月28日の抗がん剤治療以来、治療はしていませんので、抗がん剤の副作用もほとんどなくなり、穏やかな日々を過ごしています。次の診察予定は、6月9日ですが、経過診察で大きな治療はありませんので、心配はしていません。最近では、今の期間が一番過ごしやすい体調の時期です。みなさん検診は怠ることなく受診して、゜早期発見、早期治療」を心がけましょう。では又ねカニ料理 兵庫城崎温泉おすすめの/Kinosaki Spa&Garden 湯 [続きを読む]
  • 今日は仕事です
  • 料理を製造販売している弊社は、昨日は日曜日と言う事もあり、大変忙しく久しぶりに現場仕事を応援しました。闘病生活をしている私にとっては少し不安もありましたが、無事に事無きを得て終了しました。とは言え、人の半分くらいの仕事しか出来ませんが、恐怖の闘病からの復帰は本当に充実感あふれる一日となりました。生きていて、何かの役に立てる事に幸せを感じる一日でした。では又ねカニ料理 兵庫城崎温泉おすすめの/Kinosak [続きを読む]