さくらん さん プロフィール

  •  
さくらんさん: 家庭学習はじめました
ハンドル名さくらん さん
ブログタイトル家庭学習はじめました
ブログURLhttp://sakuransakusaku.blog.fc2.com/
サイト紹介文年長の娘の家庭学習の記録と、おすすめ問題集のレビューなど
自由文5歳の長女と1歳の長男、ほとんど不在の夫の四人家族。ワーママだから毎日が時間との勝負。そんな中でも勉強意欲?に目覚めた長女に勉強の楽しさを教えたいと思って、家庭学習を始めました。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 17日(平均4.5回/週) - 参加 2017/06/10 16:43

さくらん さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 6月号
  • 三月から6月号に取り組みました。5月号になって、初めての国語の読み取り問題で躓きました。けっこう絵本の読み聞かせはしてきたと思っていたので、これは意外でした。一年生の読み取りなんて全部本文中に答えが書いてあるものなので、わからないときにはもう一度問題文を声に出して読ませて、答えの部分に差し掛かったら「え?今なんて書いてあった?」と繰り返し読ませるとわかるようでした。でも本当はどうやって教えるべきなの [続きを読む]
  • 5月号
  • 半月で終わらせてしまった4月号。長女の中で勉強は楽しいという思いがより一層強くなってきたようです。「日曜日に早く起きたら勉強していい?」と言って、朝寝坊している母を置いて一人で早起きして勉強したり、「ごはん早く食べ終わったら勉強していい?」と言って、好きではないメニューのご飯を早く食べて勉強したりしていました。※こんなこと言うのは今だけでしょうねー。10年後も同じことを言っていたら本気で褒めようと思 [続きを読む]
  • 4月号
  • あまりはっきりと覚えていないのですが、一年生の勉強を始めたのは年中の2月はじめ頃からだったと思います。チャレンジ一年生のテキストを落札したらセットでDVDがついてきました。最初にそのDVDを見せてあったので、事前にチャレンジに出てくるキャラクターのことは知っていました。そのあとで「チャレンジ一年生」の4月号を見せたときには、長女は「やったー!チャレンジだー!」と大喜びでした。4月号はひらがなと10までの数と [続きを読む]
  • 今までの記録 〜その10〜心得
  • 大量の一年生用ドリルを用意して準備万端です。年中なのに小学一年生の勉強を始めることにしました。今まで気が向いたときに気が向いただけやっていたものを、毎日決まった時間に決まった分だけやることにしました。でも、時短とはいえ正社員で働いている私にあまり時間はありません。そこで、お風呂の後の髪の毛を乾かす時間を勉強の時間に充てることにしました。長女は私にドライヤーで髪の毛を乾かされながら勉強しています。長 [続きを読む]
  • 今までの記録 〜その9〜年中編
  • 実は私は結構凝り性で、一回はまるとトコトンはまる性質です。買い物も同じで、大好きなカーターズやジンボリーの子供服をやたらたくさん買い集め、長女が一歳なのに「かわいいから」という理由で5歳用サイズのワンピースを買ったりしていました。そんな私がヤフオクで買い集めた問題集は次の通りです。・チャレンジ・ドラゼミ・ポピー・Z会・知の翼(日能研)・まいにちドリル・マイティーパルこれをほとんど全部一年分、三か月ほ [続きを読む]
  • 今までの記録 〜その8〜年中編
  • 毎日楽しくやっていたドラゼミが終わってしまって、長女は「もっとドラゼミやりたい」と言うようになりました。「でもドラゼミは本屋さんには売ってないから、違うのを買いに行こう。」と私が言うと、長女は「じゃぁネットで買えば?」鋭い。。。確かに我が家はほとんどのものをネットで買ってます。安いし玄関先まで運んでくれるし。でもドラゼミはネットでも売ってないしねー。と思って気が付いた。ヤフオクならあるんじゃない? [続きを読む]
  • 今までの記録 〜その7〜年中編
  • ドラゼミの年長コースが終わってみて、ここまでの学習内容(というほどのものでもないですが)はもうマスターしたと思い、どうせやるなら次の段階へ進んでもいいかもしれないとかがえ始めました。次の段階とは小学一年生の勉強です。先取り学習には賛否両論あると思います。今までのお遊び的なのとは違い、小学一年生の学習内容は本当に勉強であり、本来であれば教えるプロである学校の先生から正しく教わるべきことだと思います。 [続きを読む]
  • 今までの記録 〜その6〜年中編
  • 年中の秋に転機が訪れました。習い事で忙しくなって手が付けられなかったからと、知り合いからぷちドラゼミの年長コースのうち10月号〜3月号の半年分をいただきました。長女にとってはちょうど一年後にあたる教材です。ぷちドラゼミは、もじかずブックというその名の通り文字と数のドリルと、ちえブックというちょっと頭を柔らかくするクイズのような2冊セットになっています。もじかずブックの方はダイソードリルでやってきたこと [続きを読む]
  • 今までの記録 〜その5〜年中編
  • ダイソーのドリルは、長女が一人で気が向いたときに好きなページを好きなだけやっていましたが、年中の夏頃にはいつのまにか6歳の分までほとんど全部やりつくしていました。そこでなんとなく、しまじろうのこどもちゃれんじの資料請求をしてみました。今までDMが来てもスルーしていて、時々体験見本みたいなのが入っていると長女が楽しそうにやっていましたが、私は個人的にあまりしまじろうがかわいいと思えなかったことと、おも [続きを読む]
  • 今までの記録 〜その4〜年少編
  • ポピー以外に長女が喜んでやれる教材はないか探していると、しまじろう、ぷちドラゼミ、Z会などが見つかりましたがどれもポピーに比べて高いんです。というか、ポピーがコスパ良すぎるだけなのかもしれません。この頃、たまたまダイソーで幼児用のドリルを見かけてなんとなく一冊買ったらとても喜んでくれました。確か3歳用の迷路のドリルだったと思います。このシリーズは、年齢別(たぶん2〜6歳)に、迷路・数・文字・知恵・時計 [続きを読む]
  • 今までの記録 〜その3〜年少編
  • そして肝心の内容の方ですが、、、これが意外と良かったんです。当然、長女が英語に触れるのはほとんど初めてなんですが、初めてだからこそ耳で聞いた音をそのまま発音することができるのです。例えば犬だったら大人はdogだとわかっているから「ドッグ」と言ってしまいますが、子供は「ダァッグ」と言います。一番驚いたのは「ワァラァ」でした。水です。「ウォーター」ではなく「ワァラァ」がネイティブの発音です。そして語彙も [続きを読む]
  • 過去の記事 …