Shieeee13 さん プロフィール

  •  
Shieeee13さん: 若年性アルツハイマーの母と胃ろう造設からの日々
ハンドル名Shieeee13 さん
ブログタイトル若年性アルツハイマーの母と胃ろう造設からの日々
ブログURLhttps://shieeee13.amebaownd.com/
サイト紹介文若年性アルツハイマーの母。突然の肺塞栓症で心肺停止。蘇生したものの、口から食事が難しく、胃ろう造設。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供25回 / 62日(平均2.8回/週) - 参加 2017/06/11 20:45

Shieeee13 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 祖母の一周忌
  • 先日、祖母の一周忌がありました。母からすると姑。アルツハイマーと診断されてから何年も経っていた頃、祖母が亡くなった。もういよいよダメかもって時に、母を病院へ連れて行った。母は知ってか知らずか、いつものトンチンカンなかんじ。でもおばあちゃんは全てを知っている。90でも、母の世話をしていたから、殆ど認知症といえる症状はでていなかった。でもある日、骨折から入院。そして合併症。母のことをいつも気に [続きを読む]
  • 似ている
  • なんとなく重ねてみたら 似ている。親指は違うんだけれど。まだまだ絶賛微熱につき、点滴?ゼリー胃ろうによって入院しております。ちゃんと濃厚栄養食になって、水分も十分にとれないとうちに帰ってこれないよ〜なかなか目処がたちません [続きを読む]
  • カンファレンス?
  • 昨日は先生やリハビリの方々を交えてカンファレンス。時間まで母の病室にいって整容していたら、先生が回診にきた。そこで、急に「点滴は外せないんだよ。何も点滴をしたい医者がいるわけじゃない。明らかに誤嚥性肺炎だったら前の病院に戻すんだけど。」と言われた。なぜ急に点滴の話??まるでこちらが点滴を今すぐ外せと言ったかのような。その後、カンファの時間になり、全員集合。先生からは、肺塞栓症という病気につい [続きを読む]
  • 備忘録 2013年5月ごろ
  • 初めての家出から数週間。母の日。妹の当時の彼氏(現夫)から、母の日のシュークリームと、ワンチャンフラワーギフトをもらって、 ニコニコ? 「手をつけた方がいいか?」なんて言っちゃって(笑)この頃は、暇があれば自分の部屋に行き、服を畳んでは広げ、置き場所を変え。カバンの中身、主に財布の中身を気にしていた。若い頃銀行員として働いていた [続きを読む]
  • 目は口ほどに
  • ものを言う。なんて言葉があるけれど、ほんとそう思う。 いい表情なんだけどなぁ。スタンプで目元が隠れただけで、怒ってへの字口さんに見える。私は認知症の人は、わからなくなるんじゃなくて、伝えられないだけだって思ってる。だから、なんでわからないの?とかなんでできないの?なんて言っちゃいけない。伝えられないことで苦しんでるのは本人だから。優しくしたい。でもやっぱり毎日 [続きを読む]
  • 相談員と面談
  • 先週は転院後の病院の相談員さんと面談でした。本当はもっと早くにやるらしいのですが、スケジュールが合わなくて。入院からおよそ一カ月。でも一カ月経ったおかげで、色々病院の事も見えてきて、意見もできた。妹が勤めている会社の病院に入院しているのだけれど、同僚だからなのか、中々に酷いことを看護士から言われていた。『ジャンプーの仕方教えるから自分たちでやりなさい』のような。病衣の着せかたについても、『前 [続きを読む]
  • 花火
  • 今日はどこかの幼稚園か保育園の夏祭りのようで花火があがった。去年は花火があがると、『?!』『なんだ?』と言っていた母は、今は病院。自分もかなり大きな声で歌うくせに、大きい音がなると、『うるさい!!』とか、キレたりする。一年前だけど、懐かしい。 七夕の空に想いを☆ [続きを読む]
  • もうすぐ七夕です
  • 七夕に願い事。短冊に願いを書くなんて、もう何年もしていない。でも今年はなんだか書く機会に恵まれた。『母がうちに帰ってきて、良いケアができています』願いと言うか、想い。こう素直に書けたら良いんだけど。まずは健康第一!母の熱はまだまだ下がらない!なぜだ?!転院してもう1ヶ月たったよ!!今の願い。『母の熱を平熱に!!!』 [続きを読む]
  • 祝・61歳!
  • 今日は母の61回目の誕生日です。まさか、寝たきりになっているとは一年前にはこれっぽっちも思わず。当たり前と思う日々がどれだけ素晴らしい事なのか。今は母が生きていることに感謝する毎日です。 病院に病衣を後ろ前に着させないでと、意見したおかげで普通に着ています。他の寝たきりの方(恐らく認知症で意見が言えないだろう人たち)は、後ろ前のままです。悪しきしきたりを改善して [続きを読む]
  • 身体障がい者手帳申請のアレコレ
  • 2月に倒れて、肺炎から極度の貧血になり輸血をしたので、血液検査をしなければならず、先日まで入院していた病院へ受診に。合わせて、身体障がい者手帳の申請をしようと、医師の診断書を書いてもらいたく。ストレッチャーで通院なので、ちょっと仰々しい(笑)予約していたので、割と待たずに診察室へ。現在の状態を説明する。転院してから微熱が下がらないこと。その為に胃ろうから栄養を入れてもらえず、点滴のみなこと。 [続きを読む]
  • じょくそう管理セミナー
  • 今日は褥瘡管理セミナーに参加してきました。今は入院中ですが、在宅で介護したいと思っているので、勉強に。病院、施設、在宅では褥瘡のケアの仕方もかけられる介護力も違う。在宅のケアはとにかく家族の介護力によって状態が良くも悪くも変化するそう。まず、身体に圧がかからないように。これが大事。予防として、10センチ幅以上のマットレスを使う事でかなりの発生率を抑える事。ギャッジアップは30度までだと仙骨部にか [続きを読む]
  • 母の許可
  • 面会に行って、母に「小さい猫拾ったんだけど、飼っていい?」って聞いたら「うん」と、お返事いただきました!調子がいいと少し喋る。この日は少し喋る日。こんな母だけど、うんと思ったことにしか「うん」とは言わないらしい。時々変な事を聞いても「うん」とは言ってくれないもの。猫はオッケーという事だな!(笑)母の許可をもらったので、あとは子猫を迎い入れるだけだ!と思っていた矢先、突然の永遠の別れでした。や [続きを読む]
  • 父が面会に
  • 今日は父が面会に行ったらしい。どうやら調子が良かったらしく、反応もよく、話しかけると笑顔が見られたそう。前の病院にいた時は「お父さんに会いたい?」って聞くと、決まって「いや」とか無反応なのに(笑)ツンデレですか?!(笑) この子も引き取り手が見つかって笑顔になりますように。 [続きを読む]
  • リハビリについて
  • まだ微熱は続き、絶食も続いています。熱があるとリハビリもできないのです。嚥下のリハビリは難しいかもしれない。。。でも、寝たきりになってから、どんどん身体が縮んでいる気がする!もともと介護されることが怖くて、いくら声をかけても、ぎゅっと力が入ることがあった。もう3ヶ月も寝たきりで、拘縮も始まってるんじゃないかと心配していた。PTさんが母に面会に来てくれて、身体の動きの確認や、今後のリハビリの方向 [続きを読む]
  • 入浴してほしい
  • 倒れる前まではデイサービスに通っていたので、ほぼ毎日入浴することができた。肺塞栓で入院していた病院では、入浴の頻度は分からなかったが、何度か入れてもらっていた。今の病院に転院してから10日。未だ入浴できず。というのも、ずっと熱がで続けているから。微熱から下がらない。週に2回ある入浴日に入浴できない時は、清拭で対応してくれるらしい。それだけでもありがたい。これから、暑くなるから [続きを読む]
  • 備忘録 2013年4月ごろ
  • この年、この月に、高校を卒業してから10年以上住んでいた街から、地元へ戻ってきました。母のそばに寄り添うために。およそ一年前よりも着実に進行している病気。でも危ないながらもまだ台所には立てる。洗濯もできる(干し方アバンギャルドだけど笑)。風呂にも1人で入れるし、着替えもできる。二階の部屋にだって階段を登ったり降りたりしていける。この頃から、少しずつイライラするとプツッと切れる様になってきた。妹 [続きを読む]
  • 障害者手帳の申請について
  • これから受診等で福祉タクシーも使う機会も増えるだろうという事で、障害者手帳の申請をするとこにしました。本人の写真が必要なのね。スナップ写真は可だけども、家庭用カラープリンタはだめとな?!美人に撮ってあげたいが、いいタイミングで笑ってくれるかな(笑)申請には医師の診断書が必要との事で、指定医である、前病院へ持参。病棟のナースへ相談したら、入院していない場合は外来に来て出してくださいとの事。診断 [続きを読む]
  • 衝撃の面会!?
  • 土曜に面会に行きました。相変わらず熱があるようで、氷まくら対応。でも枕から頭外れてるし(笑)それよりも衝撃は、病衣の着方!!!着物の様な前合わせのワンピースタイプなんだけれども、後ろ身頃が前にきていて、その状態で袖を通している。なので、右袖に左腕、左袖に右腕、前中心には衣類の後ろ中心がくるという。前後逆!!!なんでー?シャツ着てるから?オムツ交換しやすいから??ちょっと衝撃でした。 [続きを読む]
  • 備忘録 2012年9月ごろ
  • 20年に一度の大型の台風と言われる中、初めての沖縄へひとり旅。バスでちゅらうみ水族館へ行ったけど、まさかの閉館時間が早まる!とか、海辺にとっていた宿が浸水の心配から、急遽大雨の中那覇へ戻ってきたり。ゲストハウスに泊まり大嵐の中、泊まっていた皆んなで大宴会をしたり。 楽しい旅行でした。そんな旅行から、帰ってきて妹からの電話ですぐに現実へ引き戻され [続きを読む]
  • Dr.初面談
  • 今日はリハビリ病院に転院してから初めてのDr.面談。 窓の外、見える天気は良いけれど、こっち向きだよ、お母さん(笑)Dr.とは入院後の様子や今後の話等々。最初の10分はほとんど、前の病院の先生から聞いていたこと。母は2月に肺の血管がつまり、心肺停止した。肺塞栓症。長時間寝ていたり座っていて身体を動かした弾みに、血管の中にできていた血栓が血管につまり、血が廻らなくなるの [続きを読む]
  • 備忘録 2012年2月ころ
  • 物忘れなどの症状に気づいたのは今から6年くらい前。一緒に暮らしていた妹からの連絡。もうその頃には字がほとんど書けなくなっていた。同じものを買ったり、料理を失敗したりは何度もあったよう。すぐに若年性アルツハイマーを疑った。検査に連れて行こうにも、当時は別々に暮らしていたので直ぐには連れて行けず。2012年2月に初めての脳神経科へ。 こんな今までにないありえない大雪の [続きを読む]
  • 記事一覧
  • 物忘れなどの症状に気づいたのは今から6年くらい前。一緒に暮らしていた妹からの連絡。もうその頃には字がほとんど書けなくなっていた。同じものを買ったり、料理を失敗したりは何度もあったよう。すぐに若年性アルツハイマーを疑った。検査に連れて行こうにも、当時は別々に暮らしていたので直ぐには連れて行けず。2012年2月に初めての脳神経科へ。 こんな今までにないありえない大雪の [続きを読む]
  • やっぱり発熱
  • 朝から微熱と連絡あり。夕方には38.5℃まで上がったようだ。転院の際のストレスなのか。先生は誤嚥性肺炎の疑いとの事で抗生剤を投与しているとの事。入院当初も熱が8℃台まで上がり、時期的にインフルエンザの疑いとの事でタミフルを投与。結果、誤嚥性肺炎だった。2日ほどインフルエンザを疑っていたため、初動が遅れ、熱がながびき、結果身体の中が炎症反応を起こしたらしく、血液が作られず極度の貧血。輸血をした。とい [続きを読む]
  • Home
  • 朝から微熱と連絡あり。夕方には38.5℃まで上がったようだ。転院の際のストレスなのか。先生は誤嚥性肺炎の疑いとの事で抗生剤を投与しているとの事。入院当初も熱が8℃台まで上がり、時期的にインフルエンザの疑いとの事でタミフルを投与。結果、誤嚥性肺炎だった。2日ほどインフルエンザを疑っていたため、初動が遅れ、熱がながびき、結果身体の中が炎症反応を起こしたらしく、血液が作られず極度の貧血。輸血をした。とい [続きを読む]
  • 転院からスタート!
  • 胃ろう造設から早1ヶ月半。急性期病院からリハビリ病院へ転院。転院は午前中。朝ごはんの後。早くからバタバタして、同室の皆様には慌ただしい朝だったと思う。1人ずつに転院の挨拶。皆さん、母の事をとても気にかけてくださって、皆さんも色々な事情で大変なのに。もっと早くに話していたら良かったとも思う。移動は馴染みの福祉タクシーさんにお願いした。馴染みといってもプライベートの馴染みで、利用は初。親切にしてい [続きを読む]
  • 過去の記事 …