KabSuke さん プロフィール

  •  
KabSukeさん: 確定拠出年金は毎日スイッチング
ハンドル名KabSuke さん
ブログタイトル確定拠出年金は毎日スイッチング
ブログURLhttp://401k-lab.com/
サイト紹介文確定拠出年金のスイッチング費用ゼロのメリット活した「超」順張り運用。天才イチローにあやかった投資法。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 42日(平均8.5回/週) - 参加 2017/06/11 21:45

KabSuke さんのブログ記事

  • ハイテク・IoT株に吹く3つの追い風
  • 米ナスダックの勢いが6月の米利上げに前後して一旦停滞しました。世界のマーケットを牽引してきたハイテク・IoT株の行く末を気にかけ騒つきました。しかし7月になって勢いを取り戻しつつあります。 ハイテク・IoT株には、少なくと3つの追い風が吹いています。 1.中国中国は、労働集約型から機械化への転換を加速させています。社会主義的なやり方では10億を超える民は、富める前に貧しくなるかも。そんな切迫感があります。中国の [続きを読む]
  • 利益確定 :「吹き値売り」が実は安全
  • 私は毎日、必ず買います。売りで調整します。 確定拠出年金(401k,iDeCo,DC)ならではの事情もあります。私の「買い」とは、元本確保型商品(定期預金)から元本変動型商品(国内株式連動)へのスイッチングです。「売り」とはその逆のスイッチングです。買いには指図を出してから最短中1営業日が必要です。一方売りは最短当日に約定できます。先のマーケットはどうなっているのかわかりません。そのため、まず買っておくのです。 [続きを読む]
  • シェアリング・エコノミー:「愛着」が「活気」を生み出す
  • シェアリング・エコノミー:個人の資産を企業は喰い物にしていないかと述べました。賃貸経営の世界では、「土地さえあれば上屋はタダ」なんて触れ込みでサブリース方式(一括借り上げ)が横行しています。2015年の税制改正にともない相続税非課税枠の縮小となりました。賃貸住宅を建てると土地の評価額は減ります。相続税納税回避の目的で、賃貸住宅の建設ラッシュがはじまりました。2016年の日銀マイナス金利導入が追い打ちを掛けま [続きを読む]
  • 利益確定:飲み会の話題にしづらいが大事な2点
  • 私は確定拠出年金(401k,iDeCo,DC)のスイッチングを毎日行っています。積み立てが基本との先入観が当たり前の中にあって、なんのことやらピンとこない人が圧倒的に多いです。そもそも、この年金制度の存在を知らない人が一般的です。 飲み会などで、確定拠出年金の話をすると大体の場合、嫌がられます。ホントに。だから飲み会中盤、たまたま隣の席の人とマン・ツー・マンになり話題が尽きたとき、確定拠出年金を持ち出すことがあ [続きを読む]
  • リビジョン・インデックスによれば、業績上振れが期待できそうだが。
  • 日経平均株価の予想PER(株価収益率)は、4月以来14台のままです。東証1部全体としても16を割り込んだままです。 PERとは企業が公表した予想利益に対して何倍の株価で市場で売買されているかを示す数値です。数値が低いほど株価は安いことを意味します。株価指標の中でも企業業績に連動した数値なので重視されます。私も、日経新聞のマーケット欄で毎日確認してます。確定拠出年金(401k,iDeCo,DC)のスイッチングの判断材料にも参 [続きを読む]
  • 上場企業数が意外と少ない米国、対して日本は?
  • バブル最盛期の1989年末、日経平均株価は史上最高38,915円を付けました。この数字を暗記している人は多いでしょう。これを基準に株価の良し悪しを判断してしまいがちです。でも、東証1部上場企業数は着実に伸び続け、東証1部時価相場は浮き沈みがあったもののバブル期の水準に回復しています。東証1部時価総額とイチロー効果 企業にとって東証1部上場は、大きな目標です。上場審査も厳しいので、一旦上場してしまえば降格はまずあ [続きを読む]
  • 金融緩和は突然終わるか、日米金融トップの任期は間近
  • 日米金融トップの任期が迫っています。米FOMCイエレン議長は2018年2月、日銀黒田総裁は2018年4月です。年明けのことなんて、のんびりはしてられません。確定拠出年金(401k,iDeCo,DC)を毎日スイッチングするうえでも、大事なマイルストーンです。 米国と欧州では金融緩和出口論が本格化しています。そんな中にあって日本は置いてきぼりです。先週7/6の国債「指値オペ」で、日本は金融緩和継続の意思を示しました。 一昨日7/12は [続きを読む]
  • 信託報酬に対する大きな誤解
  • 本年2017年から公務員や主婦を含めた20〜60歳までのほぼ全ての現役世代が確定拠出年金(401k,iDeCo,DC)に加入できるようになりました。証券会社や銀行など金融機関は、加入者獲得合戦にヒートアップしています。獲得の目玉に、信託報酬が引っ張り出されます。 確定拠出年金は手数料や税金の負担が少ないのがメリットです。自身で株式投資や投資信託を始めるより遥かにお得です。この点をまず強く認識しましょう。その上で、信託 [続きを読む]
  • ゴールドが下落傾向、3月米利上げ前後の水準に戻っている
  • 私はドル円との連動性の高い米10年債利回りは普段からよく見ています。これが上がると日本との金利差が拡大するので円安に傾きます。円安だと輸出依存度の高い日本のとっては追い風で、日経平均株価には上昇圧力がかかります。その米10年債利回りは3月時点は2.6%を付けていましたが、漸く2.4%付近まで回復しました。6月末のドラギ総裁のECB金融緩和「出口」意識した発言が債券市場を一変させました。欧州とともに米国、そして日本 [続きを読む]
  • 株は腐らない〜後編〜
  • 金融商品としての株は劣化しないのがメリットです。 実際には、劣化しないのは「現物株」と云われる株です。金融商品には時間の経過とともに劣化するものがあるので、敢えて現物を名乗るのです。 かつて私は信用取引で酷い火傷を負いました。信用取引とは、手元に資金がなくても証券会社からお金や株を借りて行う売買です。手元資金をテコに最大3倍の取引ができます。 証券会社からお金を借りて株を買います(買建て)。値上がりし [続きを読む]
  • 長期投資は長い旅路、ツール・ド・フランスだ
  • 確定拠出年金(401k,iDeCo,DC)は長期投資です。企業型DC(401k)はご自身の意思によらず企業が勝手に導入します。個人型DC(iDeCo)におても加入したものの放ったらかしの人も多いでしょう。60歳になって受給できる資金なのでリアリティが沸かず、資産の目減りのリスクがあります。 仕方なく運用している人が多いでしょう。ワクワク感がほしいです。よくわからないモノに向き合うとき、ワクワク感が継続の鍵です。何かに例えると(アナロ [続きを読む]
  • 株は腐らない〜中編2〜
  • 金融商品としての株は、野菜の株と違って腐りません。 英語では株、ストック(stock)あるいはシェア(share)と呼びます。日本語においても「株券」と「株式」の二つの言葉があります。ストックは株券、シェアは株式に対応します。株の世界では、二つの概念を無意識のうちにも使い分けています。「株券」よりは「株式」を使う機会が多いです。株券には単体としてのモノのイメージが強いですが、株式はモノとともに「数量」のイメ [続きを読む]
  • 株は腐らない〜後編〜
  • 金融商品としての株は、野菜の株と違って腐りません。 英語は株券は、stock(ストック)あるいはshare(シェア)と呼びます。ストックと云えば株券の意味合いです。保管していた株券一方、シェアと云えば株式の意味合いで使います。 図らずしも、株とストックは語源が似通っています。ストックは切り株 [続きを読む]
  • 株は腐らない〜中編1〜
  • 八百屋で買う株ではありません。ここでの株とは、金融商品としての株です。株券ないし株式です。野菜の株と違って賞味期限はなく、腐りません。会社は活動するための資金を得るために、株券を発行します。発行しただけでは誰も買うことができません。野菜の株だって畑で育った後には、店先に置かなければ売れません。私の住んでいる周りは生産緑地が多く、取れ立ての野菜が地主さんの家の前で販売されています。コインボックスが立 [続きを読む]
  • 株は腐らない〜前編〜
  • かつては株券は紙で発行され、手にとって触ることができました。 暴落すれば「紙切れ同然となる」なんて云い方をします。市場で売り買いされる価格より大きく下回っている状況で、自分が手にしている株券を眺めて嘆く様がこの言葉から目に浮かびます。 私自身は株券を触った経験がありません。電子化された株券で体感するしかありません。かつては株券は大事に金庫にさぞ保管されていたことでしょう。湿度の高いところに放置すれば [続きを読む]
  • 米住宅は在庫不足気味
  • 6/27発表の4月S&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(主要20都市)は、前年同月比5.7%上昇でした。 当指数は、毎月末に前月分が公表されます。米国住宅価格の動向を知る上で一般的な指標です。住宅価格は個人消費動向への影響が大きいため注目されます。 にほんブログ村節税・税金対策ランキング 今週7/2日経ベェリタス『米個人消費に底堅さ』によれば、同指数は金融危機前の水準を回復しています。その理由が、在庫不足に [続きを読む]
  • 「スイッチング」で指先が震えないために操作方法を解説します
  • 株や債券に連動した商品に、毎月掛金を出しています。購入商品に儲けがでれば売ることができます。売ると云っても、60歳までは受給できないので、現金として手元に残すわけにはいきません。売ると同時に別の商品を購入します。 この操作を「スイッチング」と云います。電気のスイッチは、ONにすれば部屋が明るくなりOFFにすれば暗くなります。確定拠出年金(401DeCo,DC)におけるスイッチングとは、商品間での資金の移動です。売却分 [続きを読む]
  • ログインしてみよう
  • 確定拠出年金(401k,iDeCo,DC)に加入すると、まずはじめに、毎月の掛金をどの商品に配分するかを設定します。以降は、毎月決まった日に、設定した配分比率に従い商品が購入されます。掛金の配分比率は、いつでも変更できます(配分変更)。 そして、購入商品に儲けがでれば売ることができます。売ると云っても、60歳までは受給できないので、現金として手元に残すわけにはいきません(※)。売ると同時に別の商品を購入します(スイッチ [続きを読む]
  • デメリットの前に知るべきこと〜積立額〜
  • 確定拠出年金は、60歳まで引き落とせません。 子供の教育費や住宅ローン返済、現役世代は何かと物入りです。確定拠出年金への過度な積立ては、イザというときに手元に現金がなく困ります。「年金」と名の付く制度なのだから、60歳まで自由に使えないのは、致し方ないとも思えますが、これをデメリットと捉える人は多いです。国民年金、厚生年金どれも公的年金は受給開始が可能となるのは60歳です。その点では確定拠出年金も変わり [続きを読む]
  • デメリットの前に知るべきこと
  • 確定拠出年金(401k,iDeCo,DC)は、将来貰える受給額が定まっていないのが気持ち悪い。株式や債券といった得体の知れない知識が必要とされ、取っ付きにくい。「年金制度なのに保証がなく面倒臭い」のが、確定拠出年金が世間でなかなか受け入れられない最大のデメリット(欠点)です。 今年2017年は確定拠出年金は新たな元年。公務員や主婦などが加入できるようになり、20〜60歳までの現役世代のほぼすべての人が加入できる制度と [続きを読む]