KabSuke さん プロフィール

  •  
KabSukeさん: 確定拠出年金は毎日スイッチング
ハンドル名KabSuke さん
ブログタイトル確定拠出年金は毎日スイッチング
ブログURLhttp://401k-lab.com/
サイト紹介文確定拠出年金のスイッチング費用ゼロのメリット活した「超」順張り運用。天才イチローにあやかった投資法。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供26回 / 18日(平均10.1回/週) - 参加 2017/06/11 21:45

KabSuke さんのブログ記事

  • 呟くトランプ大統領への反応が薄くなってきた
  • 140文字の呟きが、世界を惑わされてきました。トランプ大統領の毎日のツイッターを使った発言にマーケットは揺さぶられてきました。 フェーク・ニュース(偽ニュース)!もし米国に流行語大賞があったら、確実に受賞するでしょう。マスコミとの闘争は相変わらず続いています。今日もツイッターで吠えてます。 にほんブログ村節税・税金対策ランキングトランプ大統領のツイッターは、和訳が続々登場しています。たとえば、https://m [続きを読む]
  • 英ハング・パーラメントと日英FTA
  • 英国保守党は、6/8総選挙で過半数割れ。4月の選挙実施の表明時は、世論調査で労働党と支持率で大差があり、メイ首相率いる与党・保守党は大幅に議席数を伸ばすと予想されていました。議席数を増大となれば、国内世論を味方にEU離脱交渉を優位に進められるとの見立てでした。ところが労働党の猛追に会いました。主に若者票を労働党は手にしたようです。にほんブログ村節税・税金対策ランキング ちょうど1年前の2016年6月のEU離脱を [続きを読む]
  • イチロー効果と日経平均株価
  • 「目先の評価損益(黒字か赤字か)にこだわらず、安い単価の口数を増やそう」と、このブログでは唱えてきました。評価損益とは打率、安い単価の口数とはヒット数です。打率よりヒット数を重視するイチローの野球哲学にあやかった投資法です。 にほんブログ村節税・税金対策ランキング イチローの生涯打率は、現在6/26時点で.323。メジャー通算だと.312。50歳まで現役続行を公言しており「冗談ではない」といっているそうです。いつ [続きを読む]
  • 民泊はシェアリング・エコノミーの試金石
  • パンク寸前の東京。2020年東京オリンピックでは、外国からの来訪者を全て受け入れるだけのホテルは東京にはありません。 アベノミクスのもと円安が進み、外国人旅行者は増加の一途です。2015年の流行語大賞は「爆買」。秋葉原のラオックスで、炊飯ジャーを何十個も購入する中国人旅行者の様子を何度となくTVニュースで目にしてきました。にほんブログ村節税・税金対策ランキング2015年と比較すれば円高傾向ですがそれでも、外国人 [続きを読む]
  • 不気味な静けさ、円安来らず。米国自動車ローンが心配
  • 米利上げがあった先週から、1円程度円安が進みました。でも今週はほとんど動きがありませんでした。 不気味な静けさです。日本10年債利回りは、0.055%で7日連続横ばい。記録が遡れる1994年7月以降初めての珍事だそうです。東証1部売買代金は活況と云われる2兆円台をキープしていますが、日経平均株価の日中値幅が4日連続で100円割れです。にほんブログ村節税・税金対策ランキング米国10年債利回りは、2.1%台のまま。これでは円安 [続きを読む]
  • WTI原油先物42ドル台、約9ヶ月ぶり安値圏
  • 原油が下がり続けてます。石油輸出国機構(OPEC)の協調減産を背景に1バレル50ドル台を推移していたWTIですが、6月になって下降が鮮明になってきました。私の手元のチャートでは42ドル台です。 2014年7月あたりは100ドルをつけていました。リーマンショックで痛んだ米国経済復活のためドル安を世界は容認してきました。そんな中、中国には世界が過度な成長期待が掛けました。中国は4兆元(約52兆円)の財政出動を行いました。ドル [続きを読む]
  • 電柱地中化を後押しした東京オリンピック
  • 小池都知事肝入りの政策が条例制定されました。6/7、都議会で可決・成立しました。 直近は、市場移転問題で盛り上がっています。どうも、築地か豊洲かという、場所ハードは置いといて、共存の道を都知事は探ろうとしている報道が飛び交ってます。市場関係者の前でのディスカッションでも、意見は様々なようです。まだまだこの問題の解決には時間が掛かりそうです。 その影に隠れて、電柱地中化問題は法案成立です。2020年東京オリ [続きを読む]
  • 日経平均VIが全く機能していない
  • VI(ボラティリティー・インデックス)とは別の名「恐怖指数」。マーケットの不安定が増すほど高くなる指標です。恐怖指数が近年になく安定のランプを灯してます。現在の日経平均VIは13台。15で底を打つのがこれまでの常識でしたが、歴史的な停滞が続いています。日経平均VI連動ETFを買い進みましたが、今のところ不発です。 にほんブログ村節税・税金対策ランキング 今月第2週のメジャーSQを先物市場は無難にこなしたせいか、E [続きを読む]
  • 避難訓練。毎日スイッチングのなぜ
  • 確定拠出年金(401k,iDeCo.DC)を、飽きもせず懲りもせず、私が毎日スイッチングするのはなぜか。 飲み会などでゆったりと話す場であれば、確実で安定的に収益をあげられる手段でしかも費用ゼロでオトクだからと、このブログにぶら下げている資料をみせながら説明します。アブストラクト・ピクチャーズ ただ、電車の中だとかの立ち話だとそうもいきません。株式投資をしている人とだと、手数料・税金がかからないからだと言うと [続きを読む]
  • 全米を襲う「デッドモール」の波
  • 6/14発表(日本時間夜)の5月の米消費者物価指数(CPI)は前月比低下で、発表直後に1円近く円高が進みました。米利上げ発表の数時間前で「何事か」と驚きました。 米国消費者の動向に、マーケットは心配しています。やはり同じ6/14、日経新聞の朝刊に『米商業モール苦境』と題する記事が載りました。怖い記事です。ショッピングモールの苦境が米国内全土で広がっています。テナントの撤退で閑散としたモールは、「デッドモール」 [続きを読む]
  • プライマリー・バランス黒字化目標が揺れている
  • 2020年度までに、「国・地方を合わせた基礎的財政収支(プライマー・バランス=PB)を黒字化」を国際公約として安倍政権は掲げてきました。6/9の『骨太方針』で、公約に待ったをかける兆しが現れました。 PBとは、「国と地方が実効する施策は、借金に頼らずその年の税収の範囲でやろう」ということだと理解しています。お金が無ければ、やりたいことをガマンしようという発想です。少子高齢化に伴い社会保障費は年々増加の一途です。 [続きを読む]
  • 導入10年の企業でも、確定拠出年金はホットな話題
  • にほんブログ村節税・税金対策ランキング 今年2017年は確定拠出年(401k,iDeCo,DC)にとって新たな元年です。法改正により、公務員や主婦など20〜60歳のほぼ全ての現役世代が加入できるようになりました。 勤め先のある会合て先日、確定拠出年金の話をしました。第一声が「えっ」です。会社から毎月拠出されているのに、全然知らない人が以外と多いです。世の中の実態を映し出しています。 アブストラクト・ピクチャーズ 私の勤め [続きを読む]
  • 米利上げ決定、ダウ・ナスダックが映す現実と未来
  • にほんブログ村節税・税金対策ランキング FRBは、マーケットの予想通り、政策金利引き上げに踏み切りました。イエレン議長は記者会見で、年内のバランスシート縮小、年内もう一回の利上げを示唆しました。ただインフレ見通しは、1.9%から1.7%に引き下げ。 議長記者会見前に発表された米消費者物価指数は、市場予想を下回りました。昨夜6/14の22時頃です。ちょうど、ブログ記事『米利上げ確実視、米消費者は重みに耐えられるのか』 [続きを読む]
  • 米利上げ確実視、米消費者は重みに耐えられるのか
  • 6/14のFRBイエレン議長の記者会見が注目です。日本時間では日付変わって6/15の未明3時頃だそうです。もうすぐです。 利上げは確実視されてます。今後の金融政策に対するイエレン議長の発言に、マーケットは注目してます。年内に再度利上げするのか?保有資産の縮小を始めるのか? どんなに慎重な言葉で語られても、マーケットはyesとnoに発言内容を振り分けます。英EU離脱のような歴史上はじめての大問題と違い、金融政策の話です [続きを読む]
  • 米利上げは確実視、IoT・ハイテク株は打ち勝てるのか
  • 米連邦公開市場委員会(FOMC)が開催中です。6/14のイエレン議長の記者会見が注目です。日本時間では日付変わって6/15の未明3時頃だそうです。3月に引き続き、今年2回目の利上げが確実視されています。 景気が良いとされているから政策金利を引き上げます。景気はいつかは下降局面に入ります。停滞期に金利の引き下げができるように、少々景気にダメージがあっても今のうちから準備しておくわけです。 米国株式市場は、主要3指数とも [続きを読む]
  • 確定拠出年金は盆栽であり箱庭
  • 日本人は、自分だけの小宇宙を作るのが得意で大好きです。盆栽であり箱庭。日本が誇るアートです。 1980年代を席巻したソニーのウォークマン。日本発祥なのは頷けます。故スティーブ・ジョブズは、日本愛好家でミニマリスト。iPoneは、盆栽・箱庭アートを世界に広げました。アップル社のスマフォが、なぜ日本人にひときわ人気なのかも、盆栽と箱庭で説明できそうです。 私は、懐かしのウォークマンが出てくる映画『世界の中心で愛 [続きを読む]
  • 日経平均株価ばかりを気に掛けない、イチロー効果
  • 私たちは、日々の景気の動向を日経平均株価から判断しようとします。テレビでニュースをみていても、テロップで表示されます。一日に3%も動けば、原因となる事件が何か起きているはずで、テレビでも大きく報道されるでしょう。 このブログでは、イチロー効果を説いてきました。時価総額=口数×時価私たちは、時価の動きに敏感です。時価が下がれば時価総額の評価損に悩み、上がれば評価益に浮足立ちます。野球でいえば、打率を重 [続きを読む]
  • バフェット指数と米利上げ
  • 日本人には馴染みが薄い米国中西部のネブラスカ州。片田舎とも云われる州のオマハという町に住む一人の投資家は、日本でも大人気です。「オマハの賢人」こと、ウォーレン・バフェット氏。彼自身は本を書いたことがないらしく、しかも日本企業の株なんて1株も持っていないのに、日本では「バフェット本」が溢れています。 ビル・ゲイツに次ぐ長者番付2位が常連のバフェット氏。マクドナルドのハンバーガーをこよなく愛したり、気さ [続きを読む]
  • 投資に男女差はあるらしい、それはさておき
  • 男性は、頻繁に売買する傾向が高いそうです。 FXの世界では、機関投資家が恐れるミセス・ワタナベは有名です。主婦層の売買が可能な日中の時間帯に相場が大きく動くことから、日本ではありふれた苗字の「ワタナベ」さんは世界に知られています。そうなると、投資の男女差なんて実は無いのかもしれません。 男女差はさておき、ここで述べたいのは、性格的に売買にのめり込みがちな人へのアドバイスです。 確定拠出年金(401k,iDeCo, [続きを読む]
  • 本日6/8はスーパー・サーズデー(Thursday)
  • 英国総選挙と、コミー前長官の議会証言。二つが6/8(木)に重なりました。どちらも今後のマーケットを振り回しそうな重要なポイントです。 英国総選挙の投票時間は、日本時間で夕方4時〜翌朝7まで。開票結果は、半日経て午後に判明するそうです。出口調査は投票開始と同時にはじまるわけですから、もっと早く判明するかもしれません。コミー前FBR長官の議会証言は、日本時間で午後11時頃とのことです。 6/8の日本市場のオープン時間 [続きを読む]
  • 住宅ローン金利と物価上昇率
  • トランプ大統領誕生したとき、ひょっとインフレになるかもと慄きました。 1990年以降、日本はデフレ・マインドに慣れきってます。私が高校生だった1980年代後半は、今ではとんでもない感覚ですが、「デフレにすべき」との論調が強かったと記憶してます。テレビに出てくる土地神話で生まれた成金社長は、インフレの象徴。一般庶民ウケで成り立つ情報番組は、デフレ待望論一色でした。その後バブル崩壊。大学入学した頃からデフレが [続きを読む]