NPO法人ヒーリング さん プロフィール

  •  
NPO法人ヒーリングさん: 山or海、選べる散骨
ハンドル名NPO法人ヒーリング さん
ブログタイトル山or海、選べる散骨
ブログURLhttp://yamadesankotsu.blog.jp/
サイト紹介文日本で初めて? 「山」か「海」か選べる散骨。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 71日(平均3.5回/週) - 参加 2017/06/12 10:45

NPO法人ヒーリング さんのブログ記事

  • 変わるお墓まいり事情
  • お盆が過ぎ、来月はお彼岸がやってきます。本当は常日頃すべきことかも知れませんが、日々の忙しい現代人、せめてこの時期くらいはご先祖様と向き合おうと考えてらっしゃる方も多いことでしょう。そんな中、「お墓が遠くにある(実家が遠い)ので、お墓参りの回数が年々減って... [続きを読む]
  • 家族が散骨を希望しています。
  • というお話、最近益々耳にすることが増えてきました。 「自分が死んだら散骨して欲しい」と言われている方のお子さんや、散骨を希望されるご本人の両方です。親が散骨を希望しているという方には、2通りいらっしゃいます。「せっかくお墓があるのに」「散骨は違法だからして欲しくない」という方・・・どちらかといえば散骨反対派でしょうか。 そして一方では、「最期の願いになるだろうから聞いてあげたい」という方もいらっし [続きを読む]
  • 熊本地震で倒れた墓石の今
  • 8月14日の熊本日日新聞、社会面の記事によると、熊本地震で被災した墓石の補修依頼が未だに山積みで、着手出来ているのは全体の6割程度とのこと。 県内の石材業者のうち、記事内で紹介されている回答では「請け負った仕事を終えるのは1年先か、1年半先か」という状況だそうで、まだまだ復旧には時間が掛かりそうです。 言及している記事のリンク⇒https://this.kiji.is/269686050078261250?c=92619697908483575これまでお話をお [続きを読む]
  • 節度ある散骨とは・・・
  • 丁度5年前の投稿のようですが、yahoo知恵袋に、登山愛好家の方が散骨に対して意見を述べておられました。 「今日の熊本日日新聞に、散骨に付いて掲載が有ります。」という書き出しですので、恐らく地元の方でしょう。阿蘇の自然への散骨に人気が有るとの事と、本文中にあります。更に・・・国は節度を守れば良いと有りますが、その節度とは一体何でしょうか。 私は山に登ります、はっきり言って良い気持ちはしません。 自然への [続きを読む]
  • 自分が元気なうちに整理するから意味がある
  • 昨日の 家系図、作ってみませんか? という記事で、今後(いつ、と断言はできませんが将来必ずおきる)私の身に降りかかる相続問題と、それに対するいくつかの疑問点を書きました。その疑問に対して専門家の回答を頂かないとその先に進めないため、とりあえずは解決したい問題点を明確にしよう・・・と思っていたところ。 NPO法人ヒーリング主催の終活・散骨セミナーで複数回、外部講師を引き受けてくださり、そして私の友人でもあ [続きを読む]
  • 家系図、作ってみませんか?
  • 今、コツコツと書いている(と言うほど進めていないかも知れませんが)エンディングノートには、「家系図」のページがあります。 他の方を例に出すわけにはいかないので、私を例に挙げますと・・・。まず、私が幼い頃、両親が離婚して父親に引き取られたという背景があります。 男手ひとつのシングルファーザーだったのではなく、祖母や独身の伯母が面倒を見てくれましたので、大人になるまで不自由なく育ちました。母親の記憶はほ [続きを読む]
  • 準備しておくことで安心だし、揉めないものは〇〇です。
  • 少し前にご家族(お父様)を亡くされた方からこんなお話を聞きました。 これは終活・散骨セミナーでもお話している内容ですので、私どものセミナーにお運びくださった方は覚えてらっしゃるかも知れません。「葬儀が大変なのは分かっていたけど、『えっ、ソコ!?』ってビックリするような事で姉妹げんかだったのよ〜。大変だったわ!」一体どんなことがあったと思いますか?それは「遺影」です。 1人は「若くてカッコ良かった頃のお父 [続きを読む]
  • 7月総括
  • 7月は2家族様の散骨を実施いたしました。 前半は梅雨まっただ中で雨続きのため、2家族様とも日程変更で夏休み前の晴天の日を選んでの実施でした。これまでのご家族も含め、頂いた感想で多いのは「墓守の問題」と「故人の希望」です。そして、最近耳にするのが増えてきたのが「親は散骨して欲しいっていうけど、法的に問題あると思うので私は反対です。お墓もあるのに・・・」という子ども世代の方(30〜40代)の声です。このご意見 [続きを読む]
  • 遺品整理の大変さ
  • 若干、捨て魔が入っている私は「片付く」ことがとても好きです。 よって、テレビ番組も住まい関係のものを見る事が多いです。そんな中のひとつで、2週に渡って「遺品整理」がテーマとなっていました。 「朝日放送:住まいのダイエット」遺品整理。 身内の遺品整理はもちろん、身内じゃないお宅の遺品整理も経験がありますが、モノに対する「思い」のあるなしで精神的疲労度が全く違ってくるものです。 特に身内の場合は急死で [続きを読む]
  • 若い年代の「終活」とは
  • 私自身の終活について、このブログでも書き始めています。 普段の仕事でパソコンを使う事が多く、またSNSも複数使っていますので、私に何かあった場合、周りの人が一番困るのはデジタル周り。そこで、まずはパスワードを「見える化」することから始めました。他にも色々とすべきことはありますが、他のモノゴトと同じように一朝一夕に片づけられる類のものではありません。 そして、例えばこのブログでもしょっちゅう言っていま [続きを読む]
  • あなたのお墓、お世話をする人は誰ですか?
  • 散骨をなさるご家族の目的は様々です。私どもに依頼された、依頼されていないに関わらず「山(海)が好きな故人の願いだったから」というのが最もポピュラーな目的だと思われますが、それと同じくらいお聞きするのが「墓じまい」です。「自分でお墓の世話をするのが最後だから」「遠方に行ってしまった子ども達にお墓の面倒はかけたくない」というお声を良く耳にします。 また最近では、「災害でお墓が壊れてしまったので、墓じまい [続きを読む]
  • 明日7月8日は終活・散骨セミナーです。
  • 明日は、NPO法人ヒーリング主催「終活・散骨セミナー」です。早いものでこのセミナーの開催も10回を数えます。 ところで、片づけのプロフェッショナルが、住まいに関するお悩みを持つ家庭を直接訪問し、課題の解決を手助けするというテレビ番組があります。先週の日曜日に何気なく見ていたら、テーマがたまたま「住まいの終活」でした。終活、というと「人生の終わりの時期の活動」という意味に受け取られる方が多いと存じますが [続きを読む]
  • パスワードの壁は高かった!
  • NPO法人ヒーリング 理事長の糸永です。 私が自分自身の終活として、最初に取り掛かる決意をしたものが「パソコン周り」のことでした。パソコン関係も、更に細分化させてパスワードを一元管理するべく、一昨日から取り掛かっていましたが、ようやくひと段落です。自分自身が元気で、気力体力ともに十分な今でも3日がかりです・・・こちらの本の著者によると、人は平均して50個のパスワードを持っているそうです。 2015年10月に [続きを読む]
  • デジタル遺品が危ない
  • NPO法人ヒーリング理事長の糸永です。昨日から早速、パソコン・インターネット関連の生整理整頓に取り掛かりました。 いきなり見つけたのは、「何年も前に書き始めて、続かなかったブログ(しかも複数)」です。ちょうどこちらの本を読むのと同時進行でスタートさせたものですから、最初に整理すると決めた「私に万一のことがあっても、残った人が仕事で困らない体勢づくり」を更に細分化させる必要を感じ、そこで「残された人に余 [続きを読む]
  • 終活の第一歩は、今すぐ取り掛かるべき事と、準備だけやっておく事を明確に
  • NPO法人ヒーリング 理事長 糸永です。終活の第一歩として、私が考えたこと。それは・・・。「自分が不安に感じていることや気になることの整理」を、皮切りに行動開始したいと思いました。①お墓の後始末はどうする?②たいした財産はないけど、自分が死んだ後の財産の行方はどうなる?③万一、私が急死しても仕事を受け継いでもらう体勢はどうしたら良い?終活を意識して、見えてきた私が抱える問題点です。その中でも、例えば①の [続きを読む]
  • なぜ終活が必要なのか
  • NPO法人ヒーリング 理事長の糸永です。私どもでは現在、月に一度のセミナーを通して「終活」と「散骨」を皆様にお伝えしています。 散骨については賛否両論ございますが、マナーを守った節度あるやり方で、ご家族の癒しとなるものをご提供しています。さて、このセミナーも昨年10月から開始して、まもなく10回を迎えようとしています。今お越しいただいている皆様は、ご自分にとって「終活」の必要性を感じている方が多数ですが [続きを読む]
  • ご存知ですか? デジタル遺品
  • 「デジタル遺品」という言葉をご存知でしょうか?  「遺品安心ナビ」というサイトによると、パソコンやスマホ、携帯電話などのデジタル機器の中には、使っている本人の情報がたくさん入っています。高齢者の中にも、毎日のようにデジタル機器を使用している人は多いでしょう。今の時代、80歳以上の高齢者でも20%以上の人がインターネットを利用していることが分かっているのです。持ち主が亡くなると、そういった機器は「デジタ [続きを読む]
  • 空き家の廃屋化問題は、死後にも続いている・・・?
  • 著名な葬送ジャーナリスト、碑文谷創始氏が書かれたコラムの一説に、かつては次男・三男が家を出たものだが、今や長男も家を出る時代となった。高齢者世代だけが残り、それもやがて死亡していくと、その家は空き家となる。その家屋は売買されることなく廃屋化していく。墓も同じ運命にある。特別なことではない。という文があります。廃屋と墓が同じ運命とはいったいどういうことでしょうか? さらにこのコラムでは、熊本県人吉市 [続きを読む]
  • ご遺骨を粉骨(パウダー状)する理由
  • ご遺骨をパウダー状にしたいというお問合せが増えております。 代表的な理由として、 「遺骨をパウダー状にすることで、骨壺よりスペースを取らずに自宅で手元供養ができるから」 「パウダー状にしておくと、いつでも散骨出来る」という回答が寄せられました。ご遺骨を粉末化(パウダー状に)する方法は、いくつかあります。 もしかしたらご遺骨は全て揃っていないと成仏できないという考えをお持ちの方もいらっしゃるでしょ [続きを読む]
  • 散骨のインフォームドコンセント
  • (英: informed consent)とは、「正しい情報を得た(伝えられた)上での合意」を意味するもので「説明責任」のことです。 お申込み前に今一度、下記を一読され、ご納得のうえお申込下さい。散骨に関しては、人それぞれの価値観、人生観、死生観、宗教、慣習など様々な視点での考え方があります。従って次の様に考える方もおられますので、一部ですがご紹介いたします。 【散骨反対派の主なご意見】 (1)お墓があるのにわざわざ散 [続きを読む]
  • まずは、遺骨の移動から
  • ▼はじめに核家族化、少子高齢化が進み、自然災害も多発している近年、「お墓を守りきれない!」「修復にも経費が掛かり過ぎて困っている!」などの声が多くなってきています。勝手に遺骨を持ち出しお墓はそのまま放置したまま・・・なんてことがおきています。取り出した遺骨はゴミ同然に山中に投げ捨てる。これで故人の尊厳はどうなるのでしょうか?またそのご祖先様は成仏されるでしょうか? 正しい墓じまいの手続き、遺骨の葬 [続きを読む]
  • NPO法人ヒーリングについて
  • NPO法人ヒーリングは人と自然(生き物)、人と物、人と人など様々な体験活動を通したコミュニケーションの場を提供すること、ならびに終活や散骨などの活動によって心身が癒され、健やかで豊かな人づくりと人生の構築を目指し社会に貢献する事を目的としています。「ヒーリング:Healing」と聞くと、エネルギーワークをイメージされる方、あるいはともすれば「救い」と勘違いされて使われているケースなどもございます。そして現代 [続きを読む]
  • 世界の葬り方あれこれ
  • 先週末は9回目のセミナーでした。週末の午後という貴重な時間、回を重ねるごとにお越しになる方々の人数も増え、関係者一同身が引き締まる思いです。それと共に「どんな点でお困りなのか?」「疑問に感じてらっしゃるのはどこなのか?」といったことが、段々と幅広くなっています。 家族の数だけ、思いがあるということでしょうね。さて、私どもで実施しているのは「山野」と「海洋」の2種類の散骨ですが、世界を見渡すと、本当に様 [続きを読む]
  • 家族のコミュニケーションとは?
  • この週末に2冊、終活関係の本を読みました。身近な人がの方は、いざという時に必要な手続きを、親や自分自身が元気なうちに俯瞰するためのツールとして良さそうです。 そして、親とさよならする前に、は筆者の実体験も交えて「家族のコミュニケーション」ということをとても具体的に書かれています。セミナーに来られた方たちの中からも、「親が病気をして、入院が必要になった時に医者から病歴や飲んでる薬を聞かれて答えられな [続きを読む]