hiyoridon さん プロフィール

  •  
hiyoridonさん: ヒヨリどんの猫日和II
ハンドル名hiyoridon さん
ブログタイトルヒヨリどんの猫日和II
ブログURLhttps://hiyodon.com
サイト紹介文11歳のぽっちゃり体形の猫の宿無し生活から食べ放題・寝放題を獲得した猫の生き様の記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 13日(平均11.8回/週) - 参加 2017/06/12 17:20

hiyoridon さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • お出かけ
  • ヒヨリ ふん、ふん、ふ〜ん♪ ニイニイ 今日はごきげんですね。何かあったのですか? ヒヨリ 実はですね〜。今日はどうやら、お出かけするらしいのですよ。 ニイニイ 私も一緒にいくのでしょうか? [続きを読む]
  • お宝さがし
  • ヒヨリ ゴソゴソ・・・・ここかな?ゴソゴソ・・・・ ニイニイ 何をやっているのですか?ヒヨリさん ヒヨリ ん〜ん、ほら最近よくごみ処理施設で大金見つけたって話きくよね。 ニイニイ 福島県で1000万円見つけたって話の [続きを読む]
  • 猫の体の不思議
  • 昔、動物園で猫の骨の模型を見たことがあります。最初、何の骨かの表示を見ていなかったので、頭の形状だけ見たかんじでは、大きな蛇の頭をもったような生き物の印象をうけました。プレートの表示を見ると猫と記載されていました。猫の頭蓋骨は意外と平たい形状をしているのですね。どうやら、猫耳の存在は、かわいらしく見える為には必須アイテムのようです。猫の骨格は、ネコ科の動物にほぼ共通する造りになっていて、トラやヒョ [続きを読む]
  • カーテン登りの為の爪 きり
  • 危険ですので、二匹の爪を切ろうと思います。ヒヨリさんがニイニイさんに跳びかかる時に、爪で怪我をさせてはいけないのでヒヨリさんの爪を切ります。逃げるニイニイさんがカーテンを駆け上る時に、途中で爪が引っかかって動けなくなりしどろもどろして、手がへんな方向に曲がらないようにするために、ニイニイさんの爪も切ります。なぜか、いつも途中で爪が引っかかって動けなくなるのに、毎回カーテンを駆け上ります。まだ、体重 [続きを読む]
  • 撫でる・舐める・なでる・なめる
  • ヒヨリさんは私がどの部分をなでようが、嫌がりません。お腹であったり、脚であったり、触っても大丈夫のようです。これは、一緒に狩りごっこの遊びをして腕が傷だらけになった恩賞なのでしょうか。私は面白がって、幼い頃から、体を撫でまくっていました。余りにシツコイとヒヨリさんにかまれましたが、そのような行為をしていた事や、もってうまれた性格のおかげで、誰が触っても嫌がらない猫へと成長しました。一方、2匹目のニ [続きを読む]
  • サッカーボールを止めたがる猫
  • ヒヨリさん(オス)とニイニイさん(メス)の違う所。ニイニイさんは見える猫ですが、ヒヨリさんは見えない猫です。何が!そう、テレビの中の映像です。ニイニイさんは、テレビの中の映像の動きにとても敏感です。一番好きな番組は、サッカーの試合のテレビ放送になります。サッカーボールが転がっている映像を見て、テレビ画面に肉球で抑えてボールを止めようとします。野球のボールは小さすぎて見えにくいようですが、サッカーボ [続きを読む]
  • 猫の額を指さして願う事
  • 猫を二匹飼うと猫によって性格やしぐさの違いがある事に気が付きます。例えば、人差し指ピンと立てて猫の顔を指さすようにゆっくりと顔面に近づけます。ヒヨリさんオスの場合まず近づいてきた私の手を左手で静止さすかのように抑えこみます。やや爪が立っていますね。そして、やや顔を斜めにして、「ガブリッ!」噛まれます。本気です。噛むと同時くらいに両手て指を挟みこむようにして、倒れこみます。いったい何に見えていたので [続きを読む]
  • 子猫の教育係
  • 狩りごっこの相手変更子猫が二匹になりました。猫が増えて、幸せな事があります。私はヒヨリさんに襲われる事が少なくなりました。バトルの相手は、同じ猫属のニイニイさんに譲る事が出来たようです。ただ、ニイニイさんは逃げるだけで、高い所から見下ろして尻尾を右へ左へとフリフリしています。なんとなく、いやきっと、嫌がっているのでしょうね。がんばれ!応援してるよ。できれば、お互い噛みあって、噛む力の手加減をヒヨリ [続きを読む]
  • 匂いで確認作業 相性抜群?
  • 先住猫のヒヨリさん(オス)と新顔ニイニイさん(メス)の相性はどうでしょうか?まあ、先住猫であるヒヨリさんが、遊びたがり屋の性格ですので、本人に縄張り意識などは無いように思われますので、喧嘩にはならないような気がします。最初はお互いの匂いを嗅いで確認していたようでした。 猫は犬に比べると嗅覚は少し劣りますが、人間と比べると遥かに優れています。生まれてすぐの猫は目が見えませんが嗅覚のみで、母親の乳首を [続きを読む]
  • 二匹目の猫のお披露目方法
  • 新入りのメス猫さんは「ニイニイ」となずけられました。2位2位? 二番目だから? そんな感じの鳴き方をするから?良く解りませんが、捕獲したお子様が名付けてくれました。基本的にまだ、顔合わせ中でどちらか一匹は隔離されている状態です。仲良くなってくれるのでしょうか。少々不安です。「シャーシャー」言ってて、尻尾がタヌキのように太くなっています。きょとんとするヒヨリさんのようです。 猫を2匹に増やす場合の組み合 [続きを読む]
  • 品種による遺伝的病気と性別の性格
  • ヒヨリさんが家になれてきた頃に増加してしまった猫。今回はメス猫さんのようです。猫は一生飼う事でかかる費用は一般的に130〜150万円とも言われています。2匹になると、どうなるのでしょうか? 300万円? ・・・!しかし、餌の種類と病院にかかる頻度で差がでるような気がします。海外製のミート100%の高給餌にするか、国産の安い餌にするのかで大きな差が発生しそうです。国産の餌を与えていたら、泌尿器系の病気になり、動 [続きを読む]
  • 子猫のミルクというもの
  • 今日も元気に部屋を駆け回るヒヨリさん。疲れるという言葉は知らないようです。夕方にお子様がぐったりとした子猫をお持ち帰りしました。お子様の猫拾いのレベルが3に上がりました。つまり、3匹目になります。もうこれ以上レベルを上げてほしくないものです。子供には子猫のいる場所がわかるのか、不思議と野良猫を見つける事が多い気がします。ぐったりしており、カラスなどが騒いでいたので、危険だと思い連れて帰ってきたそう [続きを読む]
  • 猫の運び方
  • ヒヨリさんを動物病院につれていくことにしました。野良時代になってしまったのか、生まれた時からなのか?片目から涙がたまに出ます。他に鼻から鼻水も少々でています。その辺も含めて先生に診てもらう事にしました。前回の猫が逃げられたという反省もあるので、ペットショップで、猫用のキャリーバックを購入しました。キャリーバックは上開きのほうが、使い勝手が良く、好まれる方が多いようです。上開きの場合、猫の爪が引っか [続きを読む]
  • 猫のシャンプーのしつけ時期
  • はじめてのお風呂体験のヒヨリさん。凄い暴れようです。そして、水に濡れると、すごく貧弱になります。フクロウが驚いて、体を細くするような感じになりました。やはり、痩せていたのだと痛感した瞬間でした。猫のほとんどは、水に濡れるのが嫌です。もちろん、シャンプーされるのも嫌いなようです。しかし、生後3〜4か月頃から水で洗われるのを慣れさせておけば、お風呂の水もそれほど嫌がらなくなる猫もいるそうです。猫の生後3 [続きを読む]
  • 猫じゃらしのポイント
  • 毎日の狩りの練習を欠かせないヒヨリさん。日に日に、傷が増える私の両腕。どうにかならないかと思いつつ、お店に行ってみました。プラスチックの先端にふわふわのファーが取り付けてある猫じゃらじと卓球のボールの中に鈴を入れて周りをフェルト生地で覆われた定番の猫の遊び道具を購入しました。 基本的に猫は、緑色と青色はよく見えますが、赤い色は見えにくく緑色か黄色に見えているのだと考えられているそうです。いったいど [続きを読む]
  • 単独生活を好む野良猫
  • 公園にウロウロしていたヒヨリさんは、いつも1人で遊んでいたような気がします。周りに他の猫は見当たりませんでした。犬などと違って、野生の猫は群れを作らず、1匹だけで暮らす動物だといわれているようです。野生の猫には独自の縄張りがあり、その中で獲物を狩って生活しているそうです。つまり他の猫といっしょに暮らすと食べ物が不足して命の危機につながる可能性が増加する為に単独生活をしているようです。子猫の幼少時代は [続きを読む]
  • 子供の首輪の利用方法
  • 何を思ったのか、お子様の要望で100円ショップで猫の首輪を購入してきたもようです。逃亡した初代猫さんの影響でしょうか?この当時はあったかどうかは分かりませんが、最近の首輪はいろんな種類があるようです。おしゃれな、デザイン重視の首輪や、首輪の表側や裏側などに携帯番号を記載する場所がある物もあります。外で迷子になった時に連絡してもらう為だとの事です。その他にも、首輪に取り付けられる迷子札というアクセサリ [続きを読む]
  • 猫の幼少期時代脅威の遊び
  • 人見知りをしない性格は、雄特有のものなのかどうかはわかりませんが、幼少期ヒヨリさんは人を人として見ていないような、気がします。上下関係などは存在しません。全員お友達感覚で遊び相手のようです。公園にいる時に、人の足に跳びかかっている動作は、家の中でも健在のようです。ただ一つ違っているのは、私たちは靴を履いていない、靴下の状態である事です。その為、ヒヨリさんの牙や爪は、「サクッ」と靴下を突き破り皮膚ま [続きを読む]
  • 品種と拳サイズで判断?猫の将来体形
  • 家にヒヨリさんが住むようになって数日後。ある事に再確認しました。とても、活発です。飛び跳ねています。ここで、注目して欲しい所は手の、拳の大きさです。犬は、拳が大きいと体形が大きくなると聞いたことがあります。その後、予想通りの肉体美?へと変身してくれました。子猫を購入したりする場合は、拳の大きさを参考程度に見た方が良いかも知れません。成長したヒヨリさんのMAX体重は8kgをオーバーした事がありました。8 [続きを読む]
  • 猫のトイレのしつけ方
  • ヒヨリさんは、トイレのしつけをする必要もなく、猫砂を利用して用をたしてくれました。ただ、いままでで1回、座布団の上に用を足した事がありました。原因は何か?ヒヨリさんは何かにイライラしていたのか?ある夜、ヒヨリさんが、しきりに鳴いておりました。眠いので、無視して寝ていました。その時に座布団を便所代わりに使用されました。どうやら、部屋の入口が全て閉まっていた為に、トイレの置いてある場所まで行けなかった [続きを読む]
  • 初代茶トラ猫さん、名前は・・・?
  • すんなりと家で飼う事が受け入れられたヒヨリさん。実は理由があります。丁度1年程前に、同じような事がありました。子猫とは言い難いですが、少々大きくなった猫を子供が捕らえてきました。その猫も結構痩せていました。どうしてでしょうかね。子供の頃は、結構生き物を飼いたがります。しかし、余り世話をしない傾向があるのはこの家だけの事でしょうか。もっぱら、一緒に遊びたいだけのようです。そして捕らえられた猫は、話し [続きを読む]
  • ヒヨリという猫の名前が誕生
  • 今、茶トラ白のおデブに変身された猫どんと一緒に生活しています。もう、11歳になります。かなりの年寄りとなってしまいました。今では、寝てばかりです。猫の名前はヒヨリといいます。彼との最初の出会いは11年前になります。 私は広島市内に住んでいます。広島市内には川が多く流れており、その川の両サイドには樹木が植えられています。一部分には桜が植えられたりしているので春はとても綺麗な風景が拝められます。私が以 [続きを読む]
  • 過去の記事 …