Felicia-J さん プロフィール

  •  
Felicia-Jさん: From Tenerife/テネリフェから
ハンドル名Felicia-J さん
ブログタイトルFrom Tenerife/テネリフェから
ブログURLhttp://felicia-j.hatenablog.com/
サイト紹介文テネリフェ在住の翻訳家のブログ。英詩、詩、絵画、音楽、スペイン語、写真とエッセイ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供98回 / 70日(平均9.8回/週) - 参加 2017/06/12 18:01

Felicia-J さんのブログ記事

  • 能力を、既成概念の積み重ねで伸ばそうとする人々
  • 世の中の殆どの人は、学習とは、本を読んで、与えられた問題に正しく答え、いろいろ記憶することだと思っているようだ。そういう人は、一般的に勤勉な人が多いように見える。しかし、私に言わせてみれば、ある面では怠惰だ。本や、既にあるものに取り組むのも学習かもしれないが、自分が得た情報を展開させることに対して、怠惰な人間が多い。解りやすく言うと、情報を自分の頭の中で組み合わせて、何か別の所見を見出すことに、怠 [続きを読む]
  • A Boy Wants To Be A Hero (Poem)
  • A Boy Wants To Be A HeroA boy wants to be a hero becomes a terroristHeros are good, terrorists are bad Even if both are murderersW
    e have been taught that since we were babiesThe boy was born in a place where oil comesStrangers come and steal oil, once it is dr
    awn out,Mothers look for food, fathers look for enemiesOil doesn’t give anything to eat to the nation Except causing them sorrow
    and po [続きを読む]
  • Heroism and Terrorism ヒロイズムとテロリズム
  • ヒロイズムとテロリズムの相関関係について、考えている。テロリストは、彼らの社会のヒーローになりたかったのだろう。いろいろなヒーローがいるが、結局はどれもこれも殺戮マシーンだ。こんなことは、解りきっているけれど、こういう解りきったようなことが、社会に適用されるかというと、そうではない。それは、公害、戦争、犯罪の原因を見極めるのが、それほど難しくはなくても、それらを改善することができないのと同じだ。政 [続きを読む]
  • 最低限以下の機材で作ったにしては、まあまあですが、幾つか問題があります。バックの音楽が大きすぎる。雑音これは、なかなか修正が大変です。まず、モニターの音が悪いので、問題がすぐにわからない。解決方法としては、それほど難しくないようでいて、難しい。音楽ソフトを、息子任せにしている私が悪いのかもしれない。と息子のせいにする。少しずつ機材をそろえて、問題解決を漸進的にはかっていゆきたいです。電子ピアノは [続きを読む]
  • 日本語の詩のサイト
  • 日本語の詩のサイトに、時々投稿している。自分でうまくできたと思うものはない。正直、好きな詩人もまだいない。敢えて言えば、平安時代の歌が好きだ。それ以外に、バイロンの和訳、それも、昔の和訳で、現代のは好きではない。戦前の日本の文学は、微妙な心の動きを繊細に捉えているところが、実に素晴らしいと思う。でも、殆どは私小説で、そこには、社会全体への関心があまり反映されていないように思う。社会はどうあるべきか [続きを読む]
  • 今後の方向性 ー英語学習者は、もっと、英語社会の中に入り込むべきだ
  • 自分が、どこで何を、誰と、どのように自己表現をしてゆくかを決定する節目に来ている。某英語学習サイトで書くことは、自分が英詩を書き始めるきっかけとなった。それは大きな収穫だった。しかし、英詩を本当に理解する人、読みたいと思っている人はかなり限られている。表面では、そういう風に見えて、高い資格を持って、通訳もして、翻訳の仕事もしていてという人は、大勢いるが、芸術性という観点から、英詩を読みたい人は殆ど [続きを読む]
  • 読みかけのアガサクリスティ
  • ここのところ、家族で、詩の朗読の動画作りに励んでいる。音楽を作って録音するのは、十数年ぶりのこと。機材がなくてあきらめていたのだけれど、息子の電子ピアノと、無料のソフト、安いマイクロホンで、なんとか、一つ出来た。夫の詩の朗読も準備出来た。夫の声は、録音すると高くなってしまう。だから、ちょっとピッチを低くした。音楽の録音に、今回もマイクは使用できなかった。ライン取りができればいいのだが、そのための機 [続きを読む]
  • She Blieves A Myth
  • She Believes A MythSailing toward the land where the sun will setShe discovered a myth from an old teapotShe believes the lie that
    is an old storyIn the middle of the ocean, floating like an allegoryThe wind hasn’t blown, the waves haven’t reached her yetT
    he sun still shines, darkness hasn’t come yetOn the surface of the water, she enjoys a momentary peaceThe night holds a nightmar
    e that [続きを読む]
  • 朗読
  • https://www.speakpipe.com/voice-recorder/embed/msg/43rpku69z6gjnq2n以前書いた詩を録音してみた。どんなかな。言ってること聞き取れるかな?これ3ヶ月の期限付きです。だから、3ヶ月後に消滅します。 [続きを読む]
  • 小説 土曜の昼下がり 
  • ある土曜日の昼下がり、白い雲と灰色の雲が折り重なり、青空の中にひしめくように、詰まっていた。その間を縫うように、鳶が一羽、餌を探し回っている。そのうち雨が振ってきそうな空だ。それにしても、鳶は本当に気持ちよさそうに空を飛ぶ。まるで、空に半分浮いているようだ。時々羽を殆ど動かさず、空中に停止している。なぜ、人間にはそれができないのだろう。空に浮くことができたらどんなに気持ちが良いだろうなどと考えてい [続きを読む]
  • Swimming
  • SwimmingWater is moving slowlyAs time passing hereI am swimming freelyWith shadows of my hairI saw something over thereWhile I am
    moving my armsI heard something around hereThat’s the voice in ancient timesSwimming toward the lightsBut I never know who I amH
    aving distorted sightsIn the depth where I’m from [続きを読む]
  • ジャマイマの散歩
  • うちの猫のジャマイマの散歩風景。シャム猫は、犬のようだ。こんなことができる。大好きなお散歩だけど、好きすぎてきりがない。ずーっとお散歩していたいらしい。帰ってきてからも、玄関の前で、ミャオミャオと続けるが、美味しいご飯を食べた後は、静かになる。 [続きを読む]
  • MarioではなくManuelだった
  • 配管工はマリオではなく、マヌエルだった。電話での口調から察した人物像よりも、気の良い、優しそうなおじさんだった。パイプはなおったが、洗濯物の山はこれから解決してゆかなくてはならない。今朝方、ボスから、山のような仕事をもらった。1週間辛い。英語から日本語なので、何とか家事を夫にお願いしようと思う。でも、料理は私がやるしかないのだ。息子には、料理をきちんと教えねば。 [続きを読む]
  • パイプ
  • パイプが詰まった。テネリフェの水は、カルキがたくさん入っている。洗濯機の水が、台所のシンクに入り込み、その水は排水されずに、洗濯機に戻ってゆく。パイプマンはなかなかこない。昨日の朝10時に来ると言って、道をまちがえ、その後、何度か連絡をしたが、いつこれるかわからないと、電話でわめく。わめいているのではないかもしれないが、スペイン語はわめいているように聞こえる。結局こなかった。洗濯はできない。食器洗 [続きを読む]
  • 動画アップしました。
  • 初めての試みで、緊張しました。まずは第1作。ピアノもいきあたりばったりの即興で弾いてます。だから、動画のジャンルは「音楽」で、タグに「Free jazz」入れておきました。https://www.youtube.com/watch?v=wemaPv0Viwg&t英語の発音も、録音も、音楽もいろいろ問題あるけど、雰囲気を味わってくださいな。こんどはもっと、面白くて変わったものを作りたいです。マイクが欲しいな。 [続きを読む]
  • 夫が帰ってきた ー 動画づくり
  • お葬式で、イギリスに言っていた夫が帰ってきた。日本食パーティはもう終わり。夫がいない間、息子と、動画を作成していた。音楽と写真を背景に、以前つくった詩の朗読をした。もうすぐ完成。息子にピアノで即興してもらおうと思ったのだけれど、録音するとなると、緊張してしまって何も弾けなくなった。しょうがないから、私が即興で創って音楽を入れた。私だって緊張する。だから、普段よりも、おとなしくなってしまった。エンジ [続きを読む]
  • 夫のいない数日ー日本食
  • 夫は両親のお葬式のためにイギリスに急きょ渡り、息子と二人でここ数日過ごしている。 その間に食べたものは、おにぎり、味噌汁、昨日は焼きそばで、普段夫があまり食べたくないものばかりだった。夫には、日本やアジア系のものを好む傾向がない。アジア系の女性にも関心がないのに、なぜか私と結婚している。女性の好みはエリザベス・テーラーで、食べ物の好みも、チキンパイとか、ミートパイ、ヨークシャープディング、ロースト [続きを読む]
  • 我が家のシステム
  • トイレと洗面所にタオルを置くのだけど、みんなでいっしょに同じタオルを使うことに抵抗を感じませんか。本当は、タオルペーパーなんかが衛生的だと思うのですが、コストもかかるし、環境にも悪いです。だから私の家では昔から、小さなタオルをたくさん用意して、使ったらすぐに洗濯します。手を一回拭いたきりで洗濯にだすのももったいないので、手を拭いたタオルで、毎回鏡とか、洗面器、その周囲を軽く拭き掃除します。写真はタ [続きを読む]
  • 空港のおみやげ屋さん ズラッと並んだペンギンブック
  • テネリフェ南空港のおみやげ屋さんには、英語の本がたくさん並んでいた。普段あまり家から出られないことと、本屋が殆ど無いこと、本屋があっても、スペイン語の本ばかりだったりして、普通の英語の本がなかなか読めない。アパートには小さなライブラリがあるけれど、ほとんどがドイツ語の本で、英語の本は読みたい本がない。テネリフェ空港の売店に、ずらりと並んだペンギンブックに感動した。表紙がきれいだ。手にとって中を見た [続きを読む]
  • Is popularity important for you?
  • Is popularity important for me?I believe that "NO" should be the answer. But I also believe that we naturally have a des
    ire to be popular. Probably it is natural for us to feel happy when we are loved by someone. The more people love us, the happier
    we are.But, I still believe that popularity shouldn't be important for us. Why?Because human history shows that popular opini
    ons are sometimes wrong a [続きを読む]