トザフジ1204 さん プロフィール

  •  
トザフジ1204さん: 楽しむブログ
ハンドル名トザフジ1204 さん
ブログタイトル楽しむブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/f1030da/
サイト紹介文ブログではなんでも有。 ガーデニングでは主に家庭菜園についてのサイトです。
自由文YouTubeの映像や写真で、野菜や楽しい事を表現したいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供157回 / 69日(平均15.9回/週) - 参加 2017/06/12 23:59

トザフジ1204 さんのブログ記事

  • 私の主観「思考脳は社会性、身体脳は自分」
  • 昨日は夜勤明けのため思考脳が休んで、仕事も身体脳が「慣れ」に入ったので、「満足感」でSNSへの書き込みをしなかった。と思ってみましたが、新たな主観では「引き寄せ」で、思考脳が良い思い込みをすれば、環境は変わらなくても良い環境に作り替えられるとも考えてみました。でも想いの他きっちりでなく、「いい加減」に出来ている「脳」(自分の都合に合わせ記憶したりする)。ここでイメージした事は「思考脳」は環境や人 [続きを読む]
  • 普段へ
  • 昨日お盆送りを終え、今日の夜勤から普段へ。休日はほとんど何もしなかったので、体が労働に戻ることが大変そうです。が、休日に日頃目にしないことなどをインッターネットを通し見たので、「引き寄せ」という事も知ったりと、思考で「良い事」を考え続け、良い人生に思いを集中しようと今は思っています。良い方へ波動を広げる! [続きを読む]
  • 江戸時代って
  • 江戸は世界有数の人口、識字率となりアジア最大の文明国家となる。幕府の調査によれば、1721年の人口は約2,606万人、1804年には2,562万人、1846年には2,690万人です。1870年に明治政府が調査した記録では3,279万人と、幕府の調査から24年で600万人近く増えていることになってしまいます。江戸時代の鎖国政策などにより、わが国は世界的な産業革命に大きく後れを取りました。しかし、明治の富国強兵によって瞬く間に世界に追いつき [続きを読む]
  • 江戸時代が大きく日本を変えた
  • お盆中にお盆を考える。お盆は日本の行事、仏教であり神道の日本的発想。お墓は仏教的でも、先祖崇拝は神道的です。飛鳥時代にさかのぼり、日本では「仏教」と「神道」結び付きやすかった。現代で考え易いのは、江戸時代の250年ほどが変えるのに、変わるのにちょうど良い長さだった。「古事記」にさかのぼれば、日本人は神から生まれた。先祖は神になってしまう。神であれば「拝む」対象になり、「崇拝」の対象です。仏教では「生 [続きを読む]
  • お盆
  • 何時もと違い、「お盆」をしっかり迎えたいので、早朝から片づけをしました。年を重ね精神も変化し、大切に思う事も変わったのでしょうが、「お盆」が今回ほど大切に思ったことがありません。夕方にはしっかり「お迎え」に行こう! [続きを読む]
  • この状態がいつまで?
  • 軍事解決の「準備万全」=米大統領、北朝鮮のグアム威嚇に警告 【ワシントン時事】トランプ米大統領は11日、北朝鮮が米領グアム島周辺への弾道ミサイル発射計画を公言..........≪続きを読む≫[アメーバニュース]この威嚇合戦が、発展し間違いが起こらない事を望むのみ! [続きを読む]
  • 「ふっ」と思う、東洋の宗教的発想で気楽に楽しく
  • 仏教的な発想では永遠の生命と輪廻転生であるという。自分で選択し今生の修行で人生を生きて行く約束をしたなら、前世から引き継いだ修行なのだから、目前の出来事全て自分が「佛」と約束した修行です。自分の選択なら、自分でやるのみ!誰の所為でも無く、自分から発生したモノなら、自分で生涯やり通す。これで行動するだけ、「気楽」になれた。自業自得とは良い事だ!自分から出て自分に返ってくる。「少しだけでも良い事して [続きを読む]
  • 休みは良いです!家事を手伝うのみ
  • 昨日に限らず、ここ2週間ほどキュウリ、なす、モロヘイヤは毎日収穫でき、みょうがは2・3日置きに収穫できます。食器洗いを私が担当し、キュウリにみょうがを刻み塩もみを作ったり一品に挑戦して楽しく過ごしました。昨夜はテレビCMの料理とモロヘイヤの味噌汁を妻が、私はキュウリと茗荷の塩もみを作りました。お酒の共は、キュウリに味噌を付け丸かじりしました。気楽にできる事をやるって良いです。ミツカンのCMの豚肉とな [続きを読む]
  • 自然のあわれ
  • 涼しくて良いのですが、人とは不思議で曇り空が多いと、日光が恋しくなります。適度にいい感じはないです。自然と云えば、中国の地震が気になります。あの素晴らしかった景観は見る事が出来なくなってしまった。この美しい景色は戻って来ません。自然の出来事なので仕方ないのですが、この景色を見たかった。今回も自然の偉大さと、無慈悲な阿波礼『さまざま言ひ方は変りたれども、その意(こころ)はみな同じことにて、見る物、 [続きを読む]
  • これほど自分を見つめた事が無かった
  • 台風一過、昨日は本当に暑かった・・・前の職場で3年、他人とあまり係わらず機械の点検等をしていた。その為か今の製造の現場で、作業上の他人との係わりが多くなり、戸惑う事が多く悩むことも多いです。自分を多く見つめる結果となった。四捨五入したら60歳です。とにかく現代は、人と進歩(AIなど)と自然と様々な事が、私が生きて来た人生でも変化が多くなったと実感しています。自然が人間に警告しているようにも思いま [続きを読む]
  • 絆が築けない自業自得
  • 私達の(派遣社員)多くの人が思っていることが、自分自身を一番苦しめる。「社員では、煩わしい事が多いから派遣社員でいる」という。けれど私のように壮年期に入ると、人間として「浅い」「軽い」と思われていると痛感し、「絆」を築けない事がその原因です。「絆」「信用」「信頼」「人脈」は、長く継続的に築いて行くものです。その人間関係が、浅薄で寂しい人生となります。人は煩わしく思っても、人間関係を築いた人の人生 [続きを読む]
  • ”無駄を大切にしたい・・・”これは一つの「口惜しさ」から!
  • 「昨日は詭弁か?」と思うほど悔しく悲しかった。一時は今の派遣先を辞めるか、変えてもらいたい衝動に駆られた。その製品は私が確認した時点では無かった。その事を忘れるほど、日々生産に追われる形で次へ次へと進んでいます。2時間ほどした時、「この製品が、なぜ今ここにあるのですか?」聞かれた瞬間は訳が分からず、「生産し出しました」としか答えられませんでした。冷静になり本心では「その時は無かった」と口にでそうで [続きを読む]
  • 無駄を大切にしたい・・・
  • 無駄を無くす究極は死となる。「そもそも何故生まれた?」となれば、生きる理由を考えると究極必要無しとなる可能性大。「生まれた以上は、生きてやる!」と自分で決める事!自分の人生自分で決めなけば誰も決めない!自分の目前に現れた問題は自分のため!それを面倒くさがったりしたら、その考えが無駄になる。大変であろうが、何であろうが自分の問題と解決し続ける事が、価値を創る。だから私は無駄に思わず、辛く悲しくなる [続きを読む]
  • 身に付ける
  • 思考脳が活発な間は、未経験、未熟、未開発です。人工物という形にして人は安心する。自然を壊すこともしますが、自然の力が偉大過ぎて、その恐怖に打ち勝つために思考脳が発達し、人工物を多くする。身体脳が発展し技術などを身に付けますが、自然を望みます。人工物が多くなると、身体能力以上に進んでしまう事があり、身体的にも精神的にも病んでしまう。人間が思考脳と身体脳を一致させるが如く、常に自然を多めに人の手でで [続きを読む]
  • ”鍾乳洞へ”行ってきました。夏の避暑に群馬はいかが・・・
  • 夏の鍾乳洞は天然クーラーで、朝早くから行って1日中ゆっくり涼みたい気になりました。扉が有り開けた瞬間に、冷蔵庫のような冷気が「あッ!」という間に全身に広がりました。数万年掛けてできた風景を見ながらゆっくり、くつろぎたい気分でした。家族全員で、森林浴と鍾乳洞の冷気でリフレッシュし、明日からまた「やる気」になりました。いいですよ群馬は!首都圏の避暑地にピッタリ!「不二洞」は埼玉の「長瀞」「秩父」も近い [続きを読む]
  • ”オイゲン・ヘリゲル著「弓と禅」”を私の主観で感じたこと
  • 私の主観的に感じたことは「それが下りてくる・・・」と師が、ヘリゲルに教えるところに感動しました。仏教の教えに34個の「非ず」が説かれている経典が有ると、私は聞いたことがあります。それに近いものを「道」の極める事としたのか?「其身非有亦非無ごしんひうやくひむ非因非縁非自他ひいんひえんひじた非方非円非長短ひほうひえんひちょうたん非出非没非消滅ひしゅつひもつひしょうめつ非造非起非為作ひぞうひきひいさ非坐 [続きを読む]
  • オイゲン・ヘリゲル著「弓と禅」
  • 弓と禅 Amazonスティーブ・ジョブズの本棚にあった本として2015年に再版されましたが単行本: 165ページ出版社: 福村出版; 改版 (1981/11/1)言語: 日本語明治に来日ドイツ人哲学者が、現在の東北大学で「カント」の哲学の教鞭を執りつつ、6年に亘り「禅」を学ぶために「弓道」を通し、禅に通じる日本の「道」を理解して行く。これは、西洋にはなかった日本の技と信教が発展し、「〇道」として存在する。素晴らしい思考で海外でも [続きを読む]