lucia さん プロフィール

  •  
luciaさん: luciaの「自分のこと棚にあげて」
ハンドル名lucia さん
ブログタイトルluciaの「自分のこと棚にあげて」
ブログURLhttp://ameblo.jp/lucia1357/
サイト紹介文自分は一先ずおいといて、毎日ゆるい日常の中で言いたいこと書いてます。
自由文介護の見守りと、にんげん観察をしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 60日(平均1.6回/週) - 参加 2017/06/13 03:20

lucia さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • リュックは前に?
  • 先日、久しぶりに電車に乗り都内へ。数ヶ月ぶりだが、ラッシュの時間よりズレていたので暑い中、余裕で座って移動した。学生さんや中高年、会社員とお客さんは様々だがちょっと前に乗った時よりリュック率が高くしかも、背中に背負わないで前に背負ってる。一時、東日本大震災後にスニーカー、リュックが増えた。でも、前に背負っていたっけ?この数年、オタクさんがやっていたような?でも、中高年の前背負いは(前は、背中じゃ [続きを読む]
  • 勧誘電話
  • このところ、勧誘電話が多い。家デンを施設、病院からの連絡選択肢のひとつにしているので居留守の留守電にするわけにもいかずすわ、「緊急事態か?!」と息も切れ切れ、飛んでいくと「こちら〇〇と申しますが」「ご主人様いらっしゃいますでしょうか?」またか (´;ω;`)インターネット、墓所、外壁塗装証券会社、健康食品、カード会社etc多分、登録が夫の名前のネットや証券会社は、夫がいるか?と在宅の確認をし、不在だ [続きを読む]
  • オレさま
  • 夫は、典型的な長男だが「犬」のようなので「お犬さま」と呼びたい。そのお犬さまは、長子の長男で(兄弟姉妹の中でも最初の子)察するに、大切に育てられたにちがいない。産んだ姑も、長男にステイタスを持つ世代なのでとにかく、別格なのだ。もし、厳しく躾けられてたら反発して、「そとのメシ」でも食べて揉まれただろうに生まれてから、住所を変わった事がなく価値観も、モノの見方もさすがお犬さま、半径100mだ。お犬さまは [続きを読む]
  • 年金夫人とネガティブな感情
  • 優雅な年金暮らしの年金夫人と先日、前から約束していた携帯の機種変を一緒に行った。何年も使っているガラケーからいよいよスマホデビューするのか?スマホデビューはこの数年、繰り返される案件だ。そのたびに本当に必要なのか?ムダなのでは?と、ていねいに説明して差し上げるが納得しては、また「欲しい病」に侵されスマホを欲しがる中学生のようになってしまっている。買えるんだから買っちゃえばいいんだけど最近、詐欺的 [続きを読む]
  • 男の嫉妬
  • 私には、一人娘がいるがもう結婚をして所帯を持っている。そのムコ殿は、最近異動になり新しい環境の中で頑張っているが50代の上司とたまたま2人になったおり「おまえ、クズだな」と言われたんだそうな。ようするに未だ若いので考えが甘いとか、浅はかとか未熟さをゴミ呼ばわりするのではなくどうやら、生歴、学歴、経歴みたいなことを言ってるらしい。ふーん。そりゃ、男の嫉妬だ。ひとを見る目がなく中身が空っぽな中年男は、経 [続きを読む]
  • 匿名の言霊
  • ある時、万葉集の講座を受けていてふと思ったことがありました。「言霊(ことだま)とはね、言語そのものに霊力が宿ると信じられていて言(コト)葉は、事(こと)を起こすという呪詛的信仰なんです」飛鳥時代の古代の考え方って独自性があってすごく興味深い。ふぅーん。。。と興味なしで生きてきたが歴史好きだけど、イマイチ空白時代で(自分の中では)でも、その思想や考えが日本人のアイデンティティーだったり今も、生活の中 [続きを読む]
  • 年金夫人と金融機関
  • 「まったく!!アタマにきちゃう!」年金夫人、お怒りのご様子。「どしたの?」どうやら、先週某〒銀行に定期解約を申し出たところすぐに解約出来なくてもう少し待って下さいと説得されたそうな。「仕方ないよ。小さな街の〒局だからキャッシュなかったんじゃない?」でも、百万ぐらいだったら解約できそうだが?まさかの大口か?それと金融機関の「差し出がましいですが、、」と、使徒理由をあれこれ聞いてくるのが年金夫人、いち [続きを読む]
  • 年金夫人の食事
  • 食事を作るのは、大変だ。買い物へ行き、食材を見極め重いレジ袋を提げ、歩く。年金夫人の自転車は、かごに荷物を入れ運ぶための道具らしい。買い物もつい億劫になりがちだが数日おきには行っている。それでも、マメだと思う。私に比べたら…自分で作ったものというのはイマイチ美味しくない。食べてくれる人が居れば作る張り合いがあるから料理自体に楽しさも感じられる。また、独り暮らしは、食材のムダも多い。最近は小分けも増 [続きを読む]
  • ワイド化の次は、ピエロ化
  • 洋服のトップス、お袖がベルスリーブが多く見られたがさらに、ピエロの様相になっている。ベルスリーブは、かわいい。「ダウントンアビー」に出てきそうな夜着みたいな感じ。このドラマは、いつもファッションに釘付け。ディテールまで、こだわりと本気と時代背景が読み取れる。で、今日は、街のお洋服やさんにちょっと立ち寄り。(てか、ファストファッション)お袖が膨らみ、ベルスリーブをこえてピエロみたいになっている。フリ [続きを読む]
  • 年金夫人の紙の山
  • 「ワタシね、ネットの取引辞めるわ」ある日、年金夫人はこう言って証券口座や、ゆうちょダイレクトなど口座の整理を始めた。この年齢で、ネットを駆使しFXまでやっていたのはすごいなと思っていたがネットショッピングはいいとしても株や投信は、判断力が必要だ。自ら衰えを感じ辞めると言うのを反対する気はない。ただ、証券口座の口座開設には年齢制限があるので再び開設するのはもうできない。話しを聞きながら「そう言えば、マ [続きを読む]
  • 年金夫人の病院通い
  • 年金夫人は、いたって健康である。 生まれて80年余り。手術もしたことないし、入院は出産のみ。 でも、病院へ通っている。自分の話をよく聞いてくれる先生なら近所の医者より、ちょっと不便な遠くの病院まで足を運ぶ。 60代になったころ「動悸がする」と言って、病院へ行ったら血圧が200近くあり早速、受診した。 「高血圧デスネ」喜々として薬を服用し、家庭用血圧器を購入。毎朝、毎晩と血圧測 [続きを読む]
  • 年金夫人の趣味
  • 年金夫人は、旅行が大好きだった。 しかし、80歳を越えたあたりから好きな旅行に行かなくなった。 「ワタシ、ツアーとかキライなの」「だって、決められた時間でまわるだけだし」「行くなら、ひとりがいいわ」 そうですか。そうですか。 勝手に好きなところへ行ってくださいまし。 数年前に、高速バスを使ってひとりで秘湯の温泉に行く計画を立てていた。 「電車とか [続きを読む]
  • テレビショッピング
  • ポチッとしてしまった。深夜、ぼーっとテレビを観ていたらなんかピンときた服があり(レギンスだから、まあいいか)みたいなノリでスマホから検索、新規登録してポチッと注文。テレビショッピングは、基本電話だけど待たされたり夜中喋るのも気がひける。健康食品、家電、化粧品、高齢者の方々にはテレビショッピングはありがたいだろうけど何だか、怪しげなものも多い。ネットでお買い物をするのももはや日常となり定番商品は時間 [続きを読む]
  • 憂いは続く年金夫人
  • 「倒れたとき、どうするか?」 年金夫人は、独り暮らしなのでたまにニュースになる、発見されないで亡くなってしまう孤独死をとても気にしている。 しかし、よくよく考えたら年齢に関係なく突然死は誰でもリスクがある。事故だってそうだ。 注意して生活するのはとてもいいことだが誰でも平等なリスクまで憂うのは、客観的な見方ができなくなる高齢者特有の近視眼的なモノの見方だ。 年金夫人は誰かに発 [続きを読む]
  • 過去の記事 …