はな さん プロフィール

  •  
はなさん: ダンナの過敏性腸症候群とわたし
ハンドル名はな さん
ブログタイトルダンナの過敏性腸症候群とわたし
ブログURLhttp://fodmaplog.com
サイト紹介文ダンナの腹痛解消を目指して、低FODMAPな食事をゼロから始める、料理ベタなヨメの日々の記録。
自由文低FODMAP(フォドマップ)な食事をゼロから始めることにしました。料理の苦手なヨメが『ダンナの腹痛解消』にむけて、フォドマップ除去に挑戦し続ける日々の記録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供7回 / 59日(平均0.8回/週) - 参加 2017/06/14 21:21

はな さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • おなかがゴロゴロしない『とんこつスープ』
  • こんなのを見つけました『一風堂 秘伝の とんこつダシ』 『一風堂(いっぷうどう)』とは、あの有名な、九州は福岡県『博多』発祥の行列のできる『ラーメン屋さん』のことです。なんといっても、『博多ラーメン』はウマイのですっ 『一風堂』の思い出 思い起こせば20数年前まだ『ピチピチギャル』だったわたしは『新入社員研修』という名の『出張』で、見知らぬ土地『博多』にやってきました。右も左もわかりません。だから、 [続きを読む]
  • IBSな『筋トレおじさん』、きょうの夕食。
  • うちのダンナは今年53歳。そしてIBS(過敏性腸症候群)なんだけれど、『筋トレ』大好きおじさんでもあるのです。 『筋トレ』を始めたきっかけ 食べても、食べても『ガリガリ少年』だったからです。 ⇒子どものころから腹痛で苦しんできた『ダンナの苦労話』はコチラからどうぞ【関連記事】ガーン。『腸にいい食べ物』は、みんなに『良い』ワケではなかった。 IBS持ち『筋トレおじさん』の悩み ①不定愁訴からの解放カラダに起こる [続きを読む]
  • ホントにあった、低フォドマップな『カレー粉』
  • ダンナが『カレーを食べたい』『カレーを食べたい』と言うのです。あちゃ〜そうきたかぁ『低フォドマップなカレー』の作りかたは、まだ、よくわかってないんだよなーわたし。だからダンナに聞いてみた。わたしはまだ勉強不足で、よくわかっていないから、作るとしても、『今までのカレー』しかできないよ。それでもいい?『お腹グルグル』になるかもしれないけど、今日、カレー食べる?と。ダンナは言った。『食べることをガマン [続きを読む]
  • 奥さんラクラク『大腸検査前日』の食事といったらコレ!
  • ダンナが明日、『大腸検査』を受けることになっている。すると、今日の食事は『気をつけなくてはいけない』ということです。 大腸検査『前日に避ける』食品 ・食物繊維の多いもの野菜、きのこ、豆類、海藻など・小さな種のあるもの果物、ごまなど・脂肪の多いもの肉類などこれらの食品を、前日に食べてしまうと、腸にイロイロと『食べ物のカス』が残り、ペタっと張りついてしまって、そのカスの下にある『見たいところ』が見えな [続きを読む]
  • ガーン。『腸にいい食べ物』は、みんなに『良い』ワケではなかった。
  • つい最近まで、うちのダンナは毎朝『納豆』を食べていました。見よ!この『ねばねば本』の数々。 ダンナが納豆を食べていた理由人間のカラダには『発酵食品』が大事だとテレビや新聞、雑誌、インターネット上で、ひんぱんに目にしていたからです。腸には『善玉菌』が必要だ。『納豆菌』がイイのだと。そうテレビで言っていた。新聞・雑誌に書いてあった。インターネットにもいっぱい書いてある。だから納豆を毎日欠かさず食べたい [続きを読む]
  • 低FODMAPを意識して、朝ごはんを作ってみた。
  • 『フォドマップの入っていない食事』って、いったいどんなメニューにすればいいのだろうか?『わからないことばかり』なので、まずはコチラの本を読んでいるところです。 過敏性腸症候群(IBS)は食事で治る! ―フォドマップ除去で不安のない人生を がしかし、この本はパッツィー・キャッソスさんというアメリカの栄養療法士の先生が記したものを、翻訳家の天戸文美先生が訳した著書であります。だから、『食べてもいいメニュー』と [続きを読む]
  • はじめまして。ダンナとわたしのこと。
  • はじめまして『はな』といいます。ダンナは今年53歳、わたしは43歳になる、ふたり暮らしの夫婦です。先日、ダンナが『過敏性腸症候群(IBS)』と診断されました。ダンナはモノゴコロついた時から、『腹痛もち』で、幼稚園、小学校、中学校、高校という『集団生活』の中で、あるとき突然発生する『腹痛』と『おトイレ』にはとても苦労しながらすごしてきたようです。ダンナと付き合い始めたときに、初めて作ってくれた料理が『しめ [続きを読む]
  • 過去の記事 …