Y-buddy さん プロフィール

  •  
Y-buddyさん: 世界にたったひとつだけの。
ハンドル名Y-buddy さん
ブログタイトル世界にたったひとつだけの。
ブログURLhttps://ameblo.jp/y-buddy/
サイト紹介文香港、鎌倉ダブルライフ!日々のつれづれ、おうちやインテリアのことなど。愛犬バディーも登場予定。
自由文香港在中10年目。2017年、鎌倉に別宅を建てました。どうやって遠方から家を建てたのか。どんな家をつくったのか。楽しかった経験を残すための忘備録や、日常の楽しいこといろいろ。ビションフリーゼ5歳♂バディーのママやっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 76日(平均3.2回/週) - 参加 2017/06/14 23:31

Y-buddy さんのブログ記事

  • 室内ドアは建具屋さんにオーダー
  • 設計当初、建築家Sさんからは、無垢のドアにしようと思います。うちは良くシンプソン社のドア使います。無垢でサイズが自由に指定できて好きなように塗装できます。シンプソンはこちらのサイトカタログをもらって検討したのですが、なんか違う!でもなんなのかよくわからず、いろいろググっているうちにこれよ!画像お借りしています。こんな風な一枚の板で、多分無垢じゃない。ちょっとミッドセンチュリーな感じ?シンプソンの無 [続きを読む]
  • ランドリーエリア
  • 前回(2階パウダールーム)の一角にランドリーエリアがあります。大物類は乾燥機、その他は概ね室内干しをするのでこのスペースをつくってもらいました。天井にある手すりみたいなのが洗濯物を干すためのバーです。階段の手すりをつくってくださったアイアン作家さんがこのスペースに合わせて製作してくれました。ブラックに塗装しています。ランドリーバスケットはダブルデーさんで購入。右の折り戸を開けるとごく普通の洗濯機と乾 [続きを読む]
  • 2階 パウダールーム
  • 細かいことはわかりません。でもここは単にお手洗いではなく、脱衣所でもなく、勝手な思い入れで、パウダールームと呼ぼうと思います (笑)キッチンと1階洗面台同様、2階洗面台も家具職人Fさんにデザイン、作製をしてもらいました。要望として、見た目BDDW風 (参考こちら)2シンクミラー収納それから全体的には3分割で真ん中でお化粧とかできるようにして欲しい。でした。完成形が、こちら1階はウォールナットでしたが、2階は無垢の [続きを読む]
  • 1階 お手洗い
  • 1階のトイレをどんなふうにするかは、なかなか決まりませんでした。(というか、いちばんこうしたいという希望がなかったのかも)最初の頃は、大工さんに棚を一枚入れてもらって洗面器を置く感じでどうですか?と建築家Sさんには言われていました。コストが抑えられるからということようでした。でも、だんだん家が出来上がっていくうちにうーん、どうしよう。きちんとデザインしたいな。そして、ギリギリになってやっと(画像お借り [続きを読む]
  • ネオレスト故障
  • これは香港の家のネオレスト。いきなりお手洗いに写真ですみません。香港では(というか日本以外の国では)、便座が温かくなる洗浄式トイレは一般的ではありません。数年前まだ借家住んでいる時、日本から父が遊びに来た際いい家に住んでるのに、トイレはウォシュレットじゃないんだね。と。お父さん、ウォシュレットは日本では当たり前だけど、こっちでは日系のホテルとか高級日本料理店とかに行かないとないよ。初めての海外旅行だ [続きを読む]
  • 思いをこめたキッチン ラスト 冷蔵庫編
  • -写真アップロードできずこれ苦戦しました。削除した記事画面行ってしまった方申し訳ありません。 高機能で高品質、どれも便利なものばかり。香港に住んでいるから余計に日本の電化製品はすばらしいと強く感じます。ただ、あんまりデザインされてはいないなとも思ったりもするんですけど^_^ 私見ですが、冷蔵庫や洗濯機ってかわいくなりきれない性質のシロモノなんじゃないかと。 冷蔵庫を隠すためにパントリーにしまい込む [続きを読む]
  • 思いをこめたキッチン 食洗機編
  • ヴァイキングのスタンディングレンジオーブンを見にツナシマ商事さんに行った時 (思いをこめたキッチンコンロ編)、説明してくださったおじさまが、コンロや見た目かわいい冷蔵庫を見ている私に、そういうのあんまりオススメしなけど、これはね、自信持っておすすめします!(商売っ気ないというか、正直というか、おじさまステキ)と一押しされたのがASKOの食洗機でした。日本の食事事情に併せて、小鉢や小皿が洗いやすいバスケット [続きを読む]
  • 思いをこめたキッチン コンロ編
  • キッチン厨房機器続きます。思いをこめたキッチン1こちら思いをこめたキッチン2こちらコンロはガスが好みです。火力の調節に慣れているから料理がしやすいので、迷わずガスにしました。ずっと憧れていたのは、オーブンと一体型のスタンディングタイプのもの。↓こんな感じ、ステキですよね。外国だと普通にあるんですが。画像お借りしています。料理研究家さんとかスタイリストさんのキッチンにあるような??探す方も多いと思うの [続きを読む]
  • 思いをこめたキッチン2
  • こちらの要望を受けとめて家具職人Fさんがキッチンをデザインしくれました。(思いをこめたキッチン1 )木の部分はウォールナット。天板は白の人工大理石。ウォールナットだけにすると全体が重い印象になるので、アイランドのシンクに立つ側を白にすることにしました。ダイニングやリビングからはウォールナット面が見えることになります。ハンドルは真鍮製。アイランドのダイニング側。ウォールナットの綺麗なフシがでている木を厳 [続きを読む]
  • 思いをこめたキッチン1
  • 建築家Sさんへの最初の要望で、キッチンは妥協なく作りたいと要望していました。香港の家のキッチンは狭く、使い勝手も悪いので料理がしずらい。ストレスフル〜から解放されるキッチンにしたいと。「ここでの減額調整はなしでございます!」と夫にも宣言(笑)お願いしたのは建築家Sさんから紹介いただいたFさん。センスもいい、腕もいい家具職人さんです。最初の打ち合わせで、まず外見のイメージを伝えました。永遠の憧れ、BDDW美 [続きを読む]
  • リピア様のその後
  • 関東地方雨降りませんね。梅雨明け宣言しないのかしら。約1ヶ月前、庭の剪定をしていただいたことを書きました。(こちら)BeforeAfterスッキリ、サッパリその時東側の空き地に植えたリピア様も無事に根付いてくれた模様。植え付け時今日定点観測しようとしたけど、ちょっと違いますね約1ヶ月、水やりは父が来てくれた一回だけ、雨はほとんど降らなかったのに、それでも広がってくれている小さな小さなお花も咲かせてくれています。 [続きを読む]
  • なんかいっすー。椅子のお話
  • 香港に来た頃、うちで見られる日本語のテレビはNHKワールドプレミアムだけでした。きっと寂しかったからだと思うけど、1日中一人の時はずっと流しっぱなし。Eテレの子供番組の時間帯でさえ。特に好きだったのが「みいつけた!」。番組内でパフォーマンスされていた「なんかいっす」っていう歌がお気に入りでした。クドカンさん作詞の楽しい曲で、椅子好きの私にはたまらなかったわ(マジで?はいはい) ちなみに作曲は今をトキメク星 [続きを読む]
  • 間接照明は計画的に- その3
  • 同じトピック続いてすみません。残り2階の照明計画、いきます!吹き抜けの階段、どんな照明をつけたらいいかという迷いを、大光さんはダウンライト3つという究極シンプルで回答してくれました。印象的なペンダントランプとかいくつかブラケットつけようかとかいろいろ考えたのですが、吊り下げたり、壁に取り付けて凸凹させるより、オープンな空間を保ちたいなと思いダウンライトに決めました。この3個のライトで、2階の廊下も十分 [続きを読む]
  • 間接照明は計画的に- その2
  • 大光電機さんから提案いただいた照明プラン。まずは1階、玄関とLDK。玄関の脇には地窓があるのですが、その上の壁を照らすコーニス照明。なぜかダンボール写ってるリビングは、窓の上にぐるっとコーブ照明。調光できます。人が集まるソファーの上にダウンライトを4つ。ここも調光可能です。壁のピンスポットは後から追加しました。天井をきれいに仕立てるには、エアコンの位置も大切。これは家元さんの本で見て、びっくりしたこと [続きを読む]
  • 間接照明は計画的に- その1
  • うちの照明はLED間接照明で、と思っていました。そんな中で、みなさんのブログやさまざまなサイトで調べて興味を持ったのが、大光電機さん。こちらの本も読みました。間接照明の女王ですって 大光さんの照明プランナー家元さんのご著書。この本が大変参考になり、うちも建築化照明を取り入れたいと建築家Sさんに打診すると、大光さんのショールームへ行きましょう!Sさんが両国のショールームへ連れて行ってくださいました。ここが [続きを読む]
  • お気に入りのイメージ
  • 新築するにあたって、うちはどんな感じにしたいだろう。という訳で、雑誌やインターネットで勉強して、ピンとくる写真(イメージ)を集めて建築家Sさんに見せていました。お気に入りのひとつがこれ。(出展: Architectual Digest)ニューヨークのインテリアデコレーターのおうちらしいです。オープンで明るくて、モダンでフェミニン。セルジュ・ムーユのシーリングライト。それに木のフシがいっぱいある感じがツボ(私、自他共に認める [続きを読む]
  • いやな虫の季節ですよね
  • 暑い季節は特に気になる害虫対策。ゴキさんとか、ダニさんとか、その他もろもろの方々。お家で発見するとやっぱり嫌なものですよね。香港みたいなところに住んでいると一年中ですが。鎌倉も虫けっこういますねー。自然が多いからなのかしら。そんな悩みに役に立つのが、これ香港で買って鎌倉に持って行きました。これ (英語サイト)「バイオキル」っていうのですが、変温動物だけに作用して死滅させる殺虫剤です。変温動物(昆虫、爬 [続きを読む]
  • お風呂探しのラビリンス
  • 去年の今頃、古家の取り壊しと同時に新しい家の図面が確定してきた頃、お風呂をどうするかで深みにはまっていました。建築家Sさんから、お風呂は2階なのでユニットバス(システムバス)でお願いします。アーン??、私システムバスのピカピする壁苦手なんです。マット好きなもので。でも夫は、水漏れとか耐久性を考えればシステムバスは素晴らしいと。確かにユニット/システムバスとかない香港では、上階からの水漏れなんて日常茶飯 [続きを読む]
  • 庭って大変だわ
  • 梅雨の晴れ間を見つけて、庭師さんに南側の庭の木々を剪定してもらっています。(2015年秋)リビングから見えるこの庭は、四季折々の花が咲きます。香港に住んでいるから、そのありがたさはモッサモッサの中で、庭師さんがノコギリやハサミで枝を剪定中。売主さんは植物を純日本風にまーるくカットしていたので、これから数年かけて自然生育風に変えていこうとしています。長い間ほったらかしにしていたことと、これからのことを考え [続きを読む]
  • タイルを見るお家内覧会
  • ほんとはね、モザイクとか、コラベルとか、みなさんのブログで拝見したワクワク系タイルに興味津々だったんです。でも、家が出来上がってみるとうちはシンプルにおさまったなーと思います。建築家Sさんは、じゃ、現場見てから決めましょう。と、現場で雰囲気がつかめるまで決めないでギリギリまで時間をかけさせてくださる人。これは職人さんには負担をかけてしまうやり方ですが、建築家と職人との信頼関係があればこそできること [続きを読む]
  • 断熱材、見えないチカラ
  • うーん、この領域あんまり得意じゃないのですが、断熱材は家にとってとても大事な要素なので書いておこうと思います。契約書にサインした時の見積もりでは、普通のグラスウールの断熱材を使用する予定だったようです。私自身、興味があることではなかったので、スルーしてました(そんなことでいいのか)昨年6月鎌倉で建築家Sさんと打ち合わせた時、断熱材ですが、当初の予定のものではなく、アイシネンという断熱材を使おうと思いま [続きを読む]
  • 夕日に映えるアースカラー
  • 外壁(ジョリパット)の色決めの時、あまりにもたくさんの色があるので迷ってると、夫がめずらしく素晴らしい意見を言った。「外壁塗装の部分はアースカラーがいいと思う。家は西側にオープンで夕日がきれいな家だから、夕日に映える色がいいだろう。夕日に照らされたときあたたかくて美しい、近隣のランドマークになる色。サンタフェのアースカラーの家みたいに、夕日に照らされるとなんとも言えない暖かな色味に変わる、そんなエク [続きを読む]
  • いつかのジョウトウの日
  • いやー、記憶が曖昧なんです。お家建築ブログはほぼみなさん現在進行形ですが、重い腰がやっと上がったのが最近なので。上棟がいつだったのかはっきり思い出せない一生懸命メールをさかのぼったり、SMSをたぐったり。だいたいはわかるんですが(ほんとかー?)2016年9月に入ってすぐ、建て方開始。足場ができてる。垂木がきれい。上棟札もてっぺんに!(ってことは上棟済み)窓がはめられ始めたのは、9月下旬ころお風呂の窓はブライン [続きを読む]
  • 夏、動き出した現場
  • 古家が取り壊されて更地になり、2016年7月に基礎工事始まりました。見学に行った時、夫婦で、なんか思ったより狭くない?もっと大きくすればよかったかも。なんてヒソヒソ話していたら、現場の方が壁がないと狭く感じるんですよ。壁ができて窓が入るとよくわかりますよ。心配しないで大丈夫。と。へぇ〜囲われたほうが狭く感じるだろうと思ってたけど。広さは比較するものがないとわかりずらいってことでしょうか基礎の下には、地 [続きを読む]
  • 減額調整という名のもとに
  • 2016年4月に新築にすると決めてから、細かい家の間取り決め、詳細な図面づくり、各所への申請、古家の取り壊し、地鎮祭と迅速にスムーズに動き出しました。古家がなくなり、鎌倉宮さんによる地鎮祭。ほぼ一年前の6月29日大安。誰もが格闘する減額調整も始まりました。ただ、うちの大きな減額調整はとても簡単だったんです。この和室の離れ。やめちゃった 土地はあいているので、必要になったら、あるいはお金に余裕ができたら近い [続きを読む]