ともぴー さん プロフィール

  •  
ともぴーさん: ともぴーの仰天ブログ
ハンドル名ともぴー さん
ブログタイトルともぴーの仰天ブログ
ブログURLhttp://www.tomopy.xyz
サイト紹介文自立を目指す主婦の雑記です。思いついたことを、こんなん書きましたという感じで書いています。
自由文50歳になってから、自分の障害に気が付きました。いろいろと「生きづらさ」を抱えていたことが、ブログを書くきっかけになっています。「うつ」から抜け出す過程を、リアルに見てもらえるのではないかと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供73回 / 69日(平均7.4回/週) - 参加 2017/06/15 02:25

ともぴー さんのブログ記事

  • ひまわりの思い
  • ↑高校野球は奈良と広島の対決ですね広島の悲しみ広島は母の故郷ですが、私が学生時代を過ごした場所でもあります。最初の一年ほどは、叔母の家にお世話になっていました。3年前に土砂災害で多くの被害が出た安佐南区の八木でした。原爆と同じ、8月にあった悲しい出来事。ですが、叔母は引っ越しをした後で難を逃れています。原爆の時には母と叔母は韓国にいたらしくやはり難を逃れています。↑この世界の片隅 [続きを読む]
  • お盆と言えば
  • 焼香盆セット 【モダン型特小】 タメ色(フチ金) ■ お盆サイズ:幅24.5cm×奥行10.5cm ■ 法事 法要 仏具 ■ 限定 国産 ■焼香盆 回し香炉 お盆 お彼岸 お墓参り 供養出版社/メーカー:やまこうメディア:この商品を含むブログを見るお墓の問題お盆休みも終わりです。お盆と言えば、お墓参りですが…欲しいものリストがあるとすれば「父のお墓」を入れておく必要があります。資金と適切な場所があればということで [続きを読む]
  • 幸せのお裾分けです
  • ↑最後の審判大塚国際美術館に行って来ました。陶板で出来た名画の数々に圧倒されました。5階のフロアに1000点余りの作品が展示されていました。原寸大で迫力があります。近づいて見ることもできます。劣化もしにくいので明るく照明されていますし見やすく展示されています。写真をたくさん撮りました。いいお土産になりました。↑モナリザ↑最後の晩餐ランチは、モネの睡蓮をイメージしたソーダ [続きを読む]
  • 徳島に行きました
  • ↑明石海峡大橋徳島に行って来ました。高校生の時代を過ごしていた場所です。高校も見て来ました。卒業して以来なので32年ぶりということになります。遠いわけではないのに、行く機会に恵まれていませんでした。今年は、50歳の記念ということではありませんが、以前から行きたいと思っていた所に行くことのできた年になりました。幸せなことです。行く途中、淡路島で美味しいラーメンを食べることもできました。ス [続きを読む]
  • 命の記念日
  • ↑「風に吹かれて」を歌っているのでしょうか命は誰にでも平等にあって唯一、かけがえがなくて だから平和でなくてはいけなくて ボブ・ディランさんのように皆が表現できたら思いを伝えられたら争いなど起こらないだろうにボブ・ディランさんがノーベル平和賞を受賞したというニュースを聞いた時に思ったことです。そして戦争を経験されていないはずなのに懸命に表現しようとしている人がいる。「この世界の片 [続きを読む]
  • 対話は大切です その2
  • スムーズにいかなくて半年ほど前、SoftBankからauに全てを変更しようとしたことがありました。その数か月前に、Y!mobileからSoftBankに変えたばかり。そのこと自体どうかしていたと思えて仕方なかったのですが、おかしな事を重ねてしまったことになります。SoftBankで契約したiPhoneは、使わずに返してしまいました。何もわからなくなっていました。昔から判断力がないと思われることはありましたが特にひどい時期だったよ [続きを読む]
  • 対話は大切です
  • matome.naver.jp政府広報オンライン「家族みんなで防ごう!高齢者詐欺!」メールって…www.tomopy.xyz母とのメールのやり取りを紹介したことがありますがメールは、時には分かりにくかったりして大変な時があります。迷惑メールもありますし。まっつんです とか 拓哉です とか嬉しくてすぐに信じます。……嘘です。次からは拒否しますと送ってしまったことならあります。……あほです。相手にされなくなりま [続きを読む]
  • むちゃぶり
  • 一人でいる時にはいろんな事を考えてしまいます。そして、誰かといる時も…むちゃぶり変なむちゃぶりだけど 聞いて欲しい寂しい時はそっと そばにいてほしい何がして欲しいのって 聞いてほしい本当は聞かなくても わかってほしいそうしてくれたらあなたの為にできることが何倍も増えるってことに気がついてほしい私はあなたの周りをぐるぐると回る月みたいなものであなたが輝いていないとどこに行くのかもわからない [続きを読む]
  • 眼科に行きました
  • 眼科に行きました以前、母が眼科に行った(らしい)ということを書きました。その時、台風が来ていました。www.tomopy.xyz今回は私が眼科に行きました。そして台風が来ました。同じようなメールが母から来ました。何となく、歴史は繰り返しています。予約をしてありましたし、まだそれほど雨は強くありませんでした。なので、病院へと向かいました。駅までは自転車です。節約と運動をかねています。バス停までの [続きを読む]
  • わからないことは
  • 内科に行きました定期検診のようなものです。すでに診断(糖尿病)はされていますし。と思っていたのですが…「肝機能が良くなっています」と唐突に言われました。悪化していないかを調べるだけというわけではなかったのですね。当たり前ですが忘れていました。さらに「胆汁を作る細胞に炎症が…」検査の数値が悪かった原因をずっと調べていただいていたようです。初めて薬が処方されました。9年前には、すでに肝機 [続きを読む]
  • 母 メール写真もずれてます
  • 母とのメールのやり取りをまた載せてしまいます。以前のものは、実家の人びとのカテゴリーの記事にあります。私   「暑いね。家で涼んでるの?」母   「いまからあさぱん」         今から朝晩(暑い) ではないし     居間から綾パン でもない。     頭の中での変換が忙しいので     漢字に変換して欲しい。          どうやら、新語が登場したらしい     と推測。    [続きを読む]
  • 生きている意味を
  • 昔の世界に生きて[この世界の片隅に]読み終わって、書きたいことが尽きないです。今日も書いてしまいます。描かれているのは、主人公の日常です。ささやかな幸せを見つけてゆく姿  絵を描くことが好きな主人公です。無惨にも大切なものを奪われてゆく姿  繋いでいた右手と共に大切な人を無くし  絵を描くことも難しくなります。周りの人のために嘆き悲しむ姿  自分の責任だと嘆き  迷惑をかけたくない [続きを読む]
  • 女性の世界の片隅に
  • この世界の片隅に以前紹介しましたが、コミックを読み終えています。www.tomopy.xyz読み始めた時は、主人公を見て母の少女時代を思い浮かべていたのですが、次第に自分と比べるようになってきました。先日も書いたように、体が小さいと言っても可憐な雰囲気があった訳ではないと思いますし大変な状況にあって、明るく微笑んでいる…ような感じでもなかったと思います。このように、違うところのほうが多いのですが体 [続きを読む]
  • 歌が救いでした
  • ↑こちらは、横浜の小学生が書いたものあるツイートよりはてなダイアリーに匿名で書かれた日記がツイートされていました。昔、私をいじめから救ってくれたヒーローがいた - はてな匿名ダイアリーたった一言の重み。私達はヒーローではないけれど、少しの言葉と誠実さで、何かができる可能性を持つ存在なのかもしれません。 https://t.co/zlCGdn53l0― 石川うた (@cocorojin) 2017年7月19日匿名になっているのは、いじめ [続きを読む]
  • いい人でありたい
  • ↑旦那の漫画コレクションですいい子でありたい昔のこと - ともぴーの仰天ブログwww.tomopy.xyz以前「良い子でしたか」と書いたように母を困らせないようにと考える子供だったと思います。大好きな母に世話をかけまいとしたし、プレゼントもあまり欲しがらなかったような気がします。本当は野望がありました。そのぶん盛大に嫁入り支度をしてもらうというものです。名古屋生まれですし。でも、姉とは別の方向を目指す [続きを読む]
  • 詩 −いのしし− 
  • ー猪突猛進ー進め 進め怖がるな進め 進めまっしぐら今は小さいコロコロの瓜にそっくり 瓜二つ転がったほうが速くても自分の足で走るだろう進め 進め恐れるな進め 進めまっすぐに今は小さいガタガタのママにそっくり 牙二つもっと大きくなるだろうきっと誰かを守るだろう [続きを読む]
  • 詩 −いぬ− 
  • ーcats and dogsーIt's raining cats and dogs争いの火蓋が切られてどしゃ降りの雨が降るIt's raining cats and dogs争いの火種は尽きないどしゃ降りの雨が降る悲しみなど消えてしまえと願いながら消えてしまいそうな自分がいる未だ止まないどしゃ降りの雨が降るIt's over the rainbow悲しみの時代の向こうに煌めきの虹が出るIt's over the rainbow悲しみの世界の向こうに煌めきの虹が出る幸せなら永遠に続けと願いながら空 [続きを読む]
  • 詩 −とり− 
  • ー鳥のように魚のようにー鳥のように 空が好き青く広がる 空が好き翼を持とう しなやかな心で鳥のように 旅をしよう風を切って 明日へ進もうさあ 行こういつでも 人は自由だから魚のように 海が好き青く広がる 海が好き鱗を持とう しなやかな心で魚のように 旅をしよう水を切って 明日へ進もうさあ 行こういつでも人は自由だからーーーーーーーところで鳥といえばTwitterバードには先代があったのですね(右 [続きを読む]
  • 詩 −さる− 
  • ーサルかにーサルかに合戦賢いのはどんなサル柿をカニにぶつけるサル柿を柿にぶつけるサル柿を柿の木にぶつけるサル柿を食べるだけのサル柿を食べ過ぎるサル柿のタネをカニに渡すサル柿の種(ピーナッツ入り)をカニに渡すサル何もしないサル柿のタネを植えるサル柿の種を植えるサル柿のタネに水をやるサル柿の種に水をやるサル柿をカニと一緒に育てるサル賢いカニはどんなカニ友だちがたくさんいるカニ [続きを読む]
  • 詩 −ひつじ− 
  • −雲のひつじ−ひつじが一匹 ひつじが二匹ひつじだって 夢を見るふわりと浮かんで 雲になる雲になったひつじが 夢を見るまわりはあおいろ 空の色カイトになって すいすいと風をきって 旅をするひつじが四匹 ひつじが五匹ひつじだって 夢を見るぷかりと浮かんで 雲になる雲になったひつじが 夢を見るまわりはあおいろ 海の色ヨットになって すいすいと風をきって 旅をする−群青−君がまるで羊のよう [続きを読む]
  • 詩 −うま− 
  • ―馬と親子―親子が馬を売りにゆく馬が歩く 親は歩く 子は歩く人は言う「なぜ乗らないの」馬が歩く 親は歩く 子は馬に乗る人は言う「親がかわいそう」馬が歩く 親が馬に乗る 子は歩く人は言う「子がかわいそう」馬が歩く 親も子も馬に乗る人は言う「馬がかわいそう」馬は親子に担がれて暴れて 落ちて 売られずじまいこれでは 皆が かわいそうーーーーーーーこの詩は、実際にある物語をまとめたものです。馬 [続きを読む]
  • 詩 −へび− 
  • ―へびの昼ね−へびは眠る 夢見て眠る魔法の呪文 唱えて眠るうさぎのように 跳ねたくて耳よ伸びろ龍のように 飛びたくて髭よ伸びろ目覚めたら きっと暖かな 春になっているからへびは眠る 夢見て眠る魔法の呪文 唱えて眠るキリンのように 上を見て首よ伸びろかたつむりのように 前を見て目よ伸びろ目覚めたら きっと花の咲く 春になっているから [続きを読む]
  • 詩 −りゅう− 
  • −りゅうの愛−竜の涙は 銀の色零れて 落ちて雨になるしとしと しとしと降り注ぎ大地を潤す愛の雨竜の鱗は 金の色剥がれて 落ちて雪になるはらはら はらはら降り注ぎ大地を潤す愛の雪 [続きを読む]
  • 詩 −うさぎ− 
  • −月のうさぎ− うさぎ うさぎ啼いて 泪の水溜まり赤い目映して 水溜まりうさぎ うさぎ啼いて 滲んだ月明かり 耳を澄まして 月明かりやがて不思議な 夜の虹すうっと優しい 音がするすうっときれいな 音がする [続きを読む]
  • 詩 −とら− 
  • −風のトラ−トラが 吠える心の翼で 風になる伝えたい 伝えたい溢れる思いを ありったけ千里の道を 進めもっと強く なるためにトラが 走る心の翼で 風になる守りたい 守りたい愛しい家族を 全力で千里の道を 進めもっと強く なるためにーーーーーーー詩をいくつか載せました。最新の3つ(干支の順になっています)はTの世界の日記から転載したものです。その時、コメントをいただけたので日記に、次のように [続きを読む]