住吉さくら さん プロフィール

  •  
住吉さくらさん: さくらのユーホ
ハンドル名住吉さくら さん
ブログタイトルさくらのユーホ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/sakuraryouran
サイト紹介文住吉さくらと申します。ユーフォニアムのための音楽などを作曲しています。よろしければ聴いてみて下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 14日(平均4.0回/週) - 参加 2017/06/15 18:06

住吉さくら さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 皆さんにとっての結婚とは?
  • 皆さんこんばんは。住吉さくらです。今回は、私の夢の一つでもある「結婚」についてお話したいと思います。皆さんは結婚はしていますか?。私はしていません。私は最近、自分で作曲した音楽の販売を始めました。私が創った曲は既に発表している曲以外にもありますが、完成度に満足いかなかったり、他の曲と一緒に発表したかったりで、まだ発表していない曲もあります。私は、こんな時に相談できる人がいたらいいなと思ったりします [続きを読む]
  • 大好きだけど・・・
  • 皆さんこんばんは。お体は大丈夫ですか?。私は風邪での高熱が下がった後、未だに咳が激しく、苦しいです。早く治ってほしいです。皆さんも体調を崩されないようにお気をつけ下さい。さて、皆さんには「大好きなのに聴けない音楽」はありますか?。私にはあります。その中の一つが、中村由利子さんの「パストラル」です。中村さんは私にとっても大好きな作曲で、ピアニストでもあります。彼女は自分で作曲した音楽を自分で演奏され [続きを読む]
  • スピッツの感性
  • 皆さんこんにちは。住吉さくらです。皆さんは「スピッツ」は好きですか?。私は大好きです。美しい旋律に正宗さんの歌声、三輪さんのギターに田村さんのベース、崎山さんのドラムに久慈さんのシンセ。全てがあって完成した素晴らしい音楽を奏でています。そのスピッツの代表作の一つに「運命の人」があります。皆さんは「運命の人」というとどんな事を想い浮かべますか?。たぶん恋人同士の幸せとかを想い浮かべると思います。私も [続きを読む]
  • どちらを選びますか
  • 皆さんこんにちは。今日は皆さんに考えてほしいことがあります。写真に写っている本は、私が読んだ本の一つである「涼宮ハルヒの消失」、そしてその右側に写っているのは私の障害者手帳です。私が障害者手帳を取得する根拠となった障害は二つあり、一つは先天性、そしてもう一つは後天性のものです。症状はたくさんありますが、私にとって辛い事の一つが笑えない事です。私は小さい頃から父から笑う事は悪い子とだと教えられ、その [続きを読む]
  • ありえへんw
  • 皆さんこんばんは。住吉さくらです。皆さんは体調は大丈夫ですか?。私は昨日までの数日間、38度近い熱が出て寝込んでいました。今は熱は下がりましたが、まだ喉が痛い、咳がひどい等の症状が残っています。皆さんも体調を崩したりされないようにご注意下さい。話を変えて、ある演奏のお話をします。皆さんは、「チャルダッシュ」という曲をご存じですか?。凄く速い曲で、バイオリン等で演奏されることが多い曲ですが、この曲をユ [続きを読む]
  • 配信始めました
  • 私が作曲した音楽、「ユーフォニアム小作品第一番」のダウンロード販売を、「DL-Market」というサイトにおいて始めました。販売ページでは試聴もできます。よろしければ聴いてみて下さい。演奏は全てコンピューターによる自動演奏です。DL-Market(https://www.dlmarket.jp/)住吉さくら商品販売ページ(https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=17971)ユーフォニアム小作品第一番第一楽章(楽譜)(https:/ [続きを読む]
  • これがユーフォニアムです
  • これがユーフォニアムです。私が吹いている楽器の写真です。左手で抱えて吹きます。音は息の調節とピストンの操作で変えます。私の楽器は右手に3本、左手に1本ありますが、右手に4本で左手には無い楽器もありますし、右手に3本で左手には無い楽器もあります。音域はトロンボーンと同じですが、トロンボーンより柔らかい音が出ます。また、音程を補正する機能が付いているものと付いていないものがあります。 [続きを読む]
  • はじめまして
  • はじめまして。住吉さくらと申します。音楽が好きで、中学の時からユーフォニアムを吹いています。今は楽団に所属したりはしていませんが、趣味で吹いています。中学の時、私はピッコロを吹きたくて吹奏楽部に仮入部しましたが、連れて行かれたのはユーホの人の所でした。体がそこそこ大きかったからだと思います。ピッコロは吹けませんでしたが、私はユーホを好きになり、それ以来ずっとユーホを吹いています。私が作曲を始めたき [続きを読む]
  • 過去の記事 …