POPマスター さん プロフィール

  •  
POPマスターさん: POP広告研究所
ハンドル名POPマスター さん
ブログタイトルPOP広告研究所
ブログURLhttp://popmaster.hatenablog.com/
サイト紹介文POP広告業界14年の筆者が送る、メーカーPOP広告の分析・研究レポート
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供51回 / 58日(平均6.2回/週) - 参加 2017/06/15 20:18

POPマスター さんのブログ記事

  • 最近よく見る、これは効果がありそうです!
  • 最近エンドサイドでこのタイプの什器をよく見ます。コの字型に作っているので、独立したコーナー感が良く出ていますよね。ちなみにこちらはイオンで見かけた什器。S&B食品のスパイスが陳列されていますが、上記と似てますね。材料は鉄とPET、紙でできた什器ですが、設計がうまくよく考えられている印象です。エンドサイドはエンドに次ぐ優位性の高い場所なので、こうした什器で売り場確保できれば費用をかける効果も [続きを読む]
  • 恐怖!本当にこわ〜い○○
  • ドラッグストアで見つけた、ド派手なPOP。「歯周病」成人の80%が歯周病らしいです。「本当にこわ〜い」ですね。メイン通路に面したお誕生日席な売り場をエンドといいます。ここはどのメーカーも欲しい場所ですが、今回は歯周病コーナーとして様々なメーカーのオーラルケア商品が並んでいます。メインは棚の最上段にあるゼリア新薬の「マスデントプロ」のようですね。いわゆる「デカパケ」という大きなパッケージが天井 [続きを読む]
  • 子どもが走って行ったその先には!?
  • 子どもと買い物してたら、3歳の息子が「アンパンマンや!」と言って走っていく。ついていった所が、このアンパンマンコーナー。フジパンがキャラクターにアンパンマンを使っているので、パッケージも良く目立つのですが、ポイントはここ。 ・左右のサイドディバイダー ・正面POP ・棚の底にひいてる底じき以上の3点でアンパンマンの世界観を作ってますね。よくある手法ですが、キャラクターに力があると良く目立 [続きを読む]
  • 矢印に思わず誘導された結果
  • 夏場によく見るお酒の大量陳列。こちらはレジ前のいわゆる「催事スペース」という場所で、アサヒ「もぎたて」が大量陳列していました。商品を段ボールごと陳列して、CM連動のポスターを貼っただけ。非常にシンプルなのですが、ポイントが1点。このPOPが非常に効いています。この大量陳列コーナーで「買おうかな」と思っても、当然常温のまま。そこで「やめとこ」とならないように、POPでしっかり冷えてますよ訴求 [続きを読む]
  • アイス2個買ったらいいことある!?
  • コンビニでよく見かけるキャンペーンと言えばクリアフィルプレゼント。特にお菓子コーナーではよく見かけます。お菓子2個買ったらクリアファイル持って帰ってね、みたいなやつですね。今回見かけたのはアイス売り場。アイス2個買うと、シナモロールのクリアファイルが1枚もらえる仕組みです。菓子と同じですね。僕はよく知らなかったのですが、シナモロールは15年も歴史があるサンリオのキャラクターだそう。好きな人に [続きを読む]
  • 子どもより大きい!プレミアムモルツ
  • 商品がそのまま大きくなったPOP。それを「デカパケ」といいます。こちらのプレミアムモルツの瓶「マスターズドリーム」のデカパケ。見た目インパクトありますね〜。しかもただのデカパケでなく、商品が陳列できる陳列台にもなっています。透明PETで落ち止めを作って、商品が落ちないようにしています。段ボールとウッドラックを組み合わせたディスプレイですね。デカパケでお客さんの目を引き、なおかつ陳列できる [続きを読む]
  • よく見ると、、、ありますねぇ
  • よく見るコンビニの冷ケース。夏は特に冷たい飲み物が欠かせないですよね。一見ごくフツーの売り場ですが、よく見るとほら商品を囲むようにしてPOPシールが貼ってあります。静電ステッカーというのですが、冷蔵ケースのような場所に対応できるように防水仕様になっています。隣の商品は迷惑でしょうが(笑)、目をひきますよね。コンビニは規制がけっこううるさいので、あまりこういうPOP展開もさせてもらえないん [続きを読む]
  • 夏の爽快シャンプーといえば!?
  • 夏の爽快シャンプーといえば!サンスター「TONIC」のイメージがありますよね。左右のディバイダーと正面POPで世界観を作ってます。こちらは音声POP。左上の穴がセンサーになっていて、横切ると音声が鳴るような仕組みです。ちょっとびっくりしますよ。商品は本体と詰め替えのセットになっています。シャンプーではよくあるお得パックですね。「全力の後づかい」というコピーが、特にスポーツする層に突 [続きを読む]
  • 卵型のかわいいやつ
  • 昨日に続いて吊下げシリーズ。スーパーの文房具コーナーで見つけました。形がとてもかわいいですね。通常吊下げ什器というと四角い形が大半なのですが、これは技ありです。よく見ると2層構造になってます。台紙自体は「3枚合紙」という紙を貼り合せた厚みのある紙を使ってますね。この卵型のかわいさが商品とよくマッチしています。お店でも目をひきましたし、素晴らしいディスプレイだと思います!続ける励みになり [続きを読む]
  • 前に出たかがる嫌な奴!?
  • 整然と並んだ医薬品売り場に、にゅっと突き出すディスプレイ。これはハンガーディスプレイもしくは吊り下げディスプレイといわれるPOPですね。普通はこんな感じで使います。エンドサイドとよばれる部分(実はここはねらい目)に陳列された吊り下げ。ちょっとかけすぎのような気が。。このアリナミンの吊り下げは、普通で考えれば邪魔になる定番売場に置かれています。どう考えても後ろの商品にとっては迷惑ですね(笑) [続きを読む]
  • メーカーがしのぎを削る戦場考察
  • こちらは某ドラッグストアのシャンプー定番売り場。一見乱雑に各社並んでいますが、少しでも他社より目立たせようという涙ぐましい?工夫が見て取れると思います。これは資生堂ツバキの商品群。左右にサイドPOPという突き出た仕切りがありますね。これにより「ツバキはここからここまでですよ」というアピールをしているんですね。ブランドブロックともいいます。こちらは持田ヘルスケアという会社の「コラージュフル [続きを読む]
  • こんな風に並んでいるの、よく見ません?
  • 商品を積んだカゴの横スペースをうまく使った展開。こういうスペースを有効利用してワンモアの売り場を作るというのは、うまくやれば非常に効果的であると思います。ミンティアはオリジナルでパーツを製作していますね。■ロゴの入ったサイドカバー■商品を並べている斜めにかたむいたトレー■背面の紙カバー ※世界観を演出するためですね。こちらはクラシエの「ふわりんか」ミンティアと違って商品をフックで吊り下げ [続きを読む]
  • 斜めにするだけですごいインパクト!
  • ドラッグストアでよく目立ってたディスプレイ。これはいろんな店舗で見かけますね。第一三共製薬の「ロキソニンテープ」ロキソニンは頭痛などの鎮痛剤で有名ですね。病院でもよく処方されますし。右上に広がっている正面POP。斬新でよく目立ちますね。ボードは貼るロキソニンという事を強調しています。こちらは「塗るロキソニン」を訴求したサイドディバイダー。塗るという部分をカットアウトして目立たたせて [続きを読む]
  • カレーににんにくとしょうが、入れますか?
  • もうとっくに過ぎましたが。。某GMS(でっかいスーパー)で父の日にこんな売り場を見つけました。並んでいるのはハウス「バーモントカレー」とSB「ゴールデンカレー」パパ=カレー好き という非常にベタな展開ですが、そのベタさがいいですよね。ママつくろうパパありがとうカレーというコピー。子どもがパパのために作るという企画ですね。いやーこんなん作ってくれたらうれしいでしょうね。関連販売でにんにく [続きを読む]
  • TVを寝かせたらこんなにインパクトが!
  • 一昨日からの家電量販店シリーズ。今日はフィリップスの電動歯ブラシ「ソニックケア」すごくインパクトのある展示台。値段を見て納得。26220円!いやー電動歯ブラシって高いんですね。そんな高単価な商品なので、展示台もそれなりに豪華。モニターを横にして、縦型スクリーンとして使ってます。これは目立ちますねー。ちょこっと吊下げられている風鈴が季節感を出してます。下取りキャンペーン中みたいです。な [続きを読む]
  • 例えるなら白スーツのホストか
  • 昨日に引き続きPanasonic展示台シリーズ。こちらは「ラムダッシュ」というシェーバーの展示台ですね。非常に美しいフォルムをしています。確か以前の展示台が黒と赤ベースだったと思うので、一気にイメチェンですね。(ホストが黒スーツから白スーツに着替えるようなものか)ともすれば男性的で角ばった展示台になりそうなところを、丸みをつけた棚で柔らかさを演出しています。黒ベースのトップ看板にひまわりがまき [続きを読む]
  • 形状◎デザイン△ な展示台
  • 今や家電の王者Panasonicの什器が店の中でひときわ目をひきます。(国内シェア27.5%!)写真はドライヤーの展示台。豪華な造りですねー。商品は4台のみ展示して、後は訴求。およそ1/3のスペースを占める電照サイン。電照ステージの上に鉄の線材で作ったホルダーが並んでます。線材もシルバーで上質感がありますね。モニターもついてます。POPのデザインが安っぽく見えるのが少し残念ですね。2万円近い [続きを読む]
  • あのコーラがまさか
  • 最近、どこもかしこも健康志向。都心では野菜食べ放題のランチなんかも増えているし、ヘルシーメニューがどこの外食店でも増えてきた。そんな中、ジャンクな飲み物の代表格といえばコーラ。そのコーラに特保が登場!いやいや体にいかにも良くなさそうなのがコーラやし。そういえば昔、ジョルトコーラとか飲んだなぁ。ビートたけしが宣伝してて、話題になりましたね。懐かしー。そもそも特保のコーラってなんでしょう? [続きを読む]
  • マニアックおまけ考察
  • 普段あまりお酒は飲まないのですが、出張の時だけは別。お風呂上りに缶ビールを飲んで寝ることにしてます。いつも買うのは「ヱビス」この黄金色に輝くパッケージがいいですよね。そのヱビスに今はおまけが付いている。いわゆる「プレミアム」「総付け」「ベタ付け」というやつですね。そのおまけですが、エル特急(昼間の本数が多いJR在来線のことらしい)ヘッドマークチャーム。・・・ちょっとマニアックすぎませんか( [続きを読む]
  • この市場が伸びるのは悲しい
  • コンタクトケア商品はラインナップが多い。そもそもコンタクト人口はどれくらいいるかというと。。特にソフトレンズがぐっと伸びてますね。今や10人に1人がコンタクトと言われています。いやー恐ろしい近眼大国ですね。かくいう僕も視力は0.05.恐ろしく近眼で、裸眼ではまともに外も歩けない状態です。悲しい、、コンタクト着用者が増えているおかげで、各メーカーもいろんな種類のケア用品を投入しています。ボシュ [続きを読む]
  • あっ!手裏剣が飛んでいる
  • 「忍者」それは何故こんなにも日本人の心をつかむのでしょうか。忍術・修行・掟、、当時はあくまで日陰の存在だった忍者。そんな忍者の小説は僕もかなりの数読んでます。そして本屋の店頭で見かけたこの本。和田竜「忍びの国」この本も読みましたね〜。カラッとした性格のスーパーマンみたいな忍者が主人公。いやはやかっこいい。司馬遼太郎の「梟の城」も面白かったですけどね。映画も良かった。もう一度見ようかな。という [続きを読む]
  • 1400円の歯磨き粉!
  • 歯磨きといえば、ブラシに歯磨き粉をつけてゴシゴシ。長年そんな習慣でしたが、今では僕は液体歯みがき派です。液体はみがきは20秒ほど口をゆすいで、その後ブラッシングするだけ。口の中が泡だたないので、じっくり鏡を磨きながらブラッシングできるのがいいところ。この習慣をはじめてから虫歯が減った気がします。今回の売り場画像はそんな液体歯みがきではなく歯磨き粉なんですが、青・緑・オレンジの3色が非常にきれ [続きを読む]
  • トースターに25000円!
  • 僕は長年パンが嫌いでした。なので昼食がパンとかありえない選択でしたね。朝も必ずごはん。日本人は朝ごはんと味噌汁やろ、という信念を持っております。子どもが出来てからパンを食べるようになり、パンっておいしいんや、とはじめて思いました。何でこんなに嫌いだったんだろう?と考えたら、小学校の時の給食が原因でした。あの時の食パンやコッペパンのおいしくなかったこと!そんな僕にとっては最近好きになりはじめた [続きを読む]
  • ただの厚紙が5000円、1万円!?
  • ちょっと前までギフトカードと言えば図書券、百貨店の商品券、ビール券などが一般的でした。そこからクオカードが登場し、キャンペーンのプレゼントでよく使われるようになったと思ってたら、今やコンビニではこんなカードが陳列されていました。GooglePlayギフトカード。各種アプリやコンテンツに使えるそう。こちらはiTunesカード。iTunesやAppストア内の様々なコンテンツに使えるみたい。こちらはニンテンドープ [続きを読む]