なりりな さん プロフィール

  •  
なりりなさん: 気ままな音楽雑感ノート
ハンドル名なりりな さん
ブログタイトル気ままな音楽雑感ノート
ブログURLhttp://naririnamusic.blogspot.jp/
サイト紹介文クラシック・吹奏楽・ジャズなどのひとりごと。気が向いたときに思うまま綴ります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 7日(平均10.0回/週) - 参加 2017/06/16 09:11

なりりな さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 「部活」としての吹奏楽を考えてみる
  • 何回かにわたって吹奏楽についていろいろ考えてみようと思います。今回は日本とアメリカ、ヨーロッパとの吹奏楽の事情や違いについて少し考えてみます。以前の記事にも書いたのですが、日本では10人に1人が吹奏楽経験者という事実、これはすごいことだと思うのですが、やはり一般には吹奏楽ってあまり馴染みがないのではないかと思います。日本では吹奏楽は「部活」として盛んです。確かに一般の楽団も多く存在し、地区のイベント [続きを読む]
  • 映画の音楽が好きならクラシックへ
  • 今日は大阪音楽大学のユーフォニアム・チューバアンサンブルの演奏会に行ってきました。この感想は改めて書いてみようと思います。さて、以前の記事「吹奏楽から広げる音楽」http://naririnamusic.blogspot.jp/2017/06/blog-post_16.htmlでも吹奏楽からオーケストラ作品などに広げていけることを色々書きましたが、今日は映画の音楽から抵抗なくクラシックにつながる道をたどってみたいと思います。映画で効果的に使われる音楽。ス [続きを読む]
  • もっと聴かれてもいい作曲家や作品
  • 昨日の題名のない音楽会では、東京芸大を特集していました。その中で澤和樹さんが、ポーランドの作曲家シマノフスキを取り上げ、日本ではまだまだ馴染みのないシマノフスキの魅力を伝えようと尽力されています。日本ではクラシックが一般に少し敬遠されるきらいがあって、その中でクラシックの観客動員を増やすためにはクラシックの名曲と呼ばれる作品を演奏しないと、なかなかチケットが売れない、という話をもう何年言われ続けて [続きを読む]
  • 清々しい中・高生の演奏会
  • 今日は高槻現代劇場へ、「そよかぜコンサート」に出掛けました。北摂の高校中心の吹奏楽部の演奏会で、出演は10校。 感じたことをいくつか…。この時期なので、どの学校もコンクールの曲を演奏するのかと思いましたが、一般の方が楽しめるプログラムでした。そしてどの学校も楽しそうに演奏していたのが印象的でした。個人的にはある意味、ホッとしました。芥川高校 吹奏楽部再結成から、今年は2,3年生合計より多い新入生が入部、 [続きを読む]
  • 教会音楽 / テレマン室内管弦楽団 演奏会
  • 昨日は、テレマン室内管弦楽団の演奏会に行ってきました。今回は教会音楽シリーズと題して、ヘンデルの「主は言われた」、シュッツの「十字架上の七つの言葉」、そしてJ.Sバッハ 「ミサ曲ト短調BWV235」の教会音楽でした。指揮はテノールも歌われた新井俊希さん。バロック声楽や合唱指揮を学ばれた方です。ミサ曲や教会カンタータも最近は音楽ホールで演奏される機会が多いのですが、やはり教会で演奏する本来の形がしっくりきます [続きを読む]
  • (無題)
  • 昨日は、テレマン室内管弦楽団の演奏会に行ってきました。今回は教会音楽シリーズと題して、ヘンデルの「主は言われた」、シュッツの「十字架上の七つの言葉」、そしてJ.Sバッハ 「ミサ曲ト短調BWV235」の教会音楽でした。指揮はテノールも歌われた新井俊希さん。バロック声楽や合唱指揮を学ばれた方です。ミサ曲や教会カンタータも最近は音楽ホールで演奏される機会が多いのですが、やはり教会で演奏する本来の形がしっくりきます [続きを読む]
  • 吹奏楽から広げる音楽
  • 中学校や高校で吹奏楽部に所属している or 過去に吹奏楽部に所属していた人、多いそうですね。人口の10人に1人は吹奏楽経験者とか…。1,000万人の経験者がいるそうな。これって世界的にもスゴいことで、日本では吹奏楽が盛んで、しかもそのレベルは非常に高いそうです。また、最近は吹奏楽部をテーマに映画やドラマ、アニメが立て続けにヒットしました。そんな吹奏楽ですが、演奏曲のジャンルも他の演奏形態(オーケストラとか軽音 [続きを読む]
  • 敷居が高いわけではないクラシック音楽
  • 一般的にクラシック音楽は「敷居が高い」といわれていますね。今日はそのあたりを考えてみます。クラシック音楽が好きな私個人的な意見としては、それは馴染みのない方が難しく考えすぎてるんじゃないか?中身を知らず見た目で判断して食わず嫌いなだけではないか?と思うのです。ポピュラーな音楽、例えばJ-Popやロックなどは特に音楽に詳しくないというか、専門的知識がない方も楽しんでいらっしゃいます。その特長として、1曲 [続きを読む]
  • 過去の記事 …